着物コラム

着物の着付けと帯の種類や結び方を徹底紹介!

  • 日本に生まれた女性ですと、幼少には七五三、成人式では振袖、習い事で茶道や生け花教室など、こと着物を着用する機会も多いのではないでしょうか。「着物の着付けは難しい」そんなイメージを持つ女性は少なくないといいます。しかし、着物の着付け教室に通ったり、着付けの方法や帯の結び方を知れば、難しくなんてありません。
    着付けを行う中で悩みがちなのが帯の結び方。帯は様々な種類があり、それぞれ結び方も違います。ここでは代表的な帯の種類に触れつつ、ベーシックな結び方から個性的で可愛らしい結び方と、シーンごとにおすすめの帯の結び方をいくつかご紹介します。
    着物の着付けに関する「いろは」を知ることで、着物を綺麗に着こなす方法を知るだけでなく、大和撫子ともいえる、美しい日本女性を目指してみましょう。

    着物の着付けに使う代表的な帯の種類と結び方を紹介

    着物を着付けるときには必ず必要になるのが、帯。一口に帯といっても数多くの種類が存在します。それぞれの帯に用途があり、素材などによっても使用する場面、合わせる着物の種類も異なってくるのです。そして帯の素材や種類だけでなく、結び方によっても合わせる着物は変わってきます。
    ここでは着物の着付けにおいて着用される帯の中でも代表的とされる袋帯・名古屋帯・半幅帯についてそれぞれの特徴と結び方をまとめてみました。それぞれの帯は特徴が異なり、結び方も大きく変わります。その場にふさわしい帯を適した形で結べることは、マナーでもあり着物姿をさらに気品あるものにしてくれるでしょう。

    汎用性の高い着付け帯といえば袋帯

    袋帯は主に留袖、訪問着、振袖などの着付けに用いられ、最も一般的なフォーマル帯といえる でしょう。二枚の異なる生地の両端を縫い合わせた袋状のつくりが特徴で、着付ける際は二重太鼓で結ぶのが一般的です。礼装の着付けに用いられるのが一般的ですが、帯の柄行によっては、順礼装の訪問着・着け下げ・色無地、そしてお洒落着の小紋など、幅広く締められる帯となります。

    着付けの時に押さえておきたい結び方:袋帯編

    二重太鼓は帯の結び方で最もポピュラー

    袋帯を使った結び方の中で最もポピュラーと言える「二重太鼓」という結び方についてご紹介します。二重太鼓は晴れやかな場やお祝いの場での着物の着装時にこの結びを用いることがほとんどです。社交の場や礼装の場といえばこの結びが最もポピュラーといえるでしょう。振袖、留袖、訪問着から小紋、紬などの着物に合わせるのが一般的と言われています。

    扇太鼓はお祝いの場に向いた結び方

    この結び方に用いられる帯は、袋帯だけでなく名古屋帯でも結ぶことができます。扇太鼓という名前は袋帯を使った場合の名前となり、名古屋帯を使った際は名前が変わります。ちなみに花街の太鼓橋の形が名前の由来と言われています。二重太鼓と同じく、お祝いの場に向いた結び方と言え、お祝いの気持ちを表現する意味合いが込められています。訪問着や着け下げなどの着物の着付けに用いられますが、数ある帯の結び方の中でも華やかさは一番といえるでしょう。

    福良雀は帯の結び方の中でも粋とされる

    この結び方は振袖の帯結びとして考案された結び方です。帯の見た目から、寒さをしのぐ雀を正面から捉えた姿が由来とされています。また、名前には幸せが長く続くようにという先人の願いが込められています。本来はお見合いや結納などの場面で結ばれていましたが、最近では見かける機会も少なくなったのではないでしょうか。しかしその愛らしい雰囲気は時代を超えても晴れやかな場に合うといえるでしょう。

    袋帯に改良を加えたのが名古屋帯

    名古屋帯は、 素材や柄によってはフォーマルな場面でも着用されるとても便利な帯 です。この帯は名古屋女学校の創立者、越原春子が考案したことからこの『名古屋帯』という名称になったとされています。当時は着物の着装には袋帯を用いるのが主流で、着付けるのに時間がかかっていました。そこで着付けの時間を短縮するために幅や長さをデザインし直し、帯の利便性、実用性を大きく向上させました。この名古屋帯は袋帯と比べて素材も軽いため、着付けも比較的簡単と言えるでしょう。

    着付けの時に押さえておきたい結び方:名古屋帯編

    お太鼓は今の着物女性のスタンダード

    名古屋帯を用いた結びの中で代表的な帯結びといえば、お太鼓でしょう。名古屋帯はカジュアルな場面で着用されることが多く、街で見かける着物姿にも広く用いられています。また名古屋帯の結び方では、このお太鼓結びが最もポピュラーであり、目にする機会も多いでしょう。そのため名古屋帯は種類が豊富で、利便性や実用性が高いものも多いようです。美しい着物姿に仕上げるために、お太鼓の形を作る時には、身長なども考慮して全体の見た目のバランスを調整することが重要です。着付けの際は、お太鼓の大きさを自分好みのサイズにまとめると良いでしょう。

    角出しで街着や普段着の着物にシャープな印象を

    江戸時代に考案された古い結び方の一つです。紬など普段着の着物の帯にこの結び方が一般的です。結び方も近代になるにつれ変化しており、現在の角出しの形と古来の結び方とは形状も異なっています。お太鼓の中に手を通したような形になり、下の部分がやや角張り、シャープな印象を与えます。

    銀座結びで着付けにアクセントをプラス

    この結びは角出しをアレンジしたもので、戦後に銀座のホステスが考案して結び始めたことからこの呼び名がつきました。作り方としてはお太鼓を作り、長めにとった手先をお太鼓の中に入れ、帯締めを締める方法で結ばれます。お太鼓に飽きた方におすすめ、良いアクセントになることまちがいなしです。

    カジュアルに着用することが多い半幅帯

    この半幅帯は三種類の帯の中では、格が一番低く基本的にはカジュアルに着用することが多い帯 です。合わせる着物としてはやはり浴衣が代表的といえるでしょう。また小紋や紬などにも使われています。名古屋帯よりも帯幅が狭いため、着付けの際もとても扱いやすい帯といえるでしょう。また結び方の種類も豊富で、華やかな飾り結びなどは、カジュアルな場面ではあなたの着物をより一層引き立ててくれるでしょう。

    着付けの時に押さえておきたい結び方:半幅帯編

    浴衣の着付けには文庫結び

    文庫結びは半幅帯だけでなく浴衣帯でも同様に結べるお手軽な結びです。この結びが生まれたのは戦国時代といわれ、古典的な帯結びです。しかし現代においては浴衣を着用する若い女性の大半が文庫結びにしていることもあり、多くの割合を占めるといえるでしょう。なぜこの割合が多いかというと、浴衣とセットで販売されている付け帯は最初から蝶結びもしくは文庫結びになっており、それも原因の一つかもしれません。

    帯の結び方といえば一文字結び

    半幅帯や浴衣帯の代表的な結び方といえば、この一文字結びといえるでしょう。カジュアルな場面にはおおよそ用いることができ、着姿にシンプルですっきりした印象を与えてくれます。お祭りの時や軽快な装いの着物に似合う結びです。また、普段の装いの場合だけでなく、袴といった装いの時は一文字結びが似合いますね。この一文字結びは結び方自体、比較的簡単なので、着付けに慣れていない方も挑戦してみてはいかがでしょうか。

    着物に落ち着いた印象を目指すなら貝の口

    貝の口結びは、名前の通り、背中に貝の口がぴったりと付いたような見た目で、着物に落ち着いた雰囲気を演出してくれます。華やかさよりも動きやすさなど実用性を優先させているので日常で着物を着る時に用いられる結びと言えます。他の結びのように引っかかりがないので動きやすいです。ちょっとした買い物にも貝の口がおすすめといえます。また大人びた雰囲気ですので、広い用途で使うことができます。着物を着付けるときには、覚えておくととても便利な結び方です。

    着物の着付けと帯の種類や結び方についてまとめ

    このように帯の結び方は帯の種類によりこれだけ多様で、ここに紹介した以外にも帯の種類も結び方は数多く存在しています。着物の着付けの中で帯の締め方を知っておけば、今まで以上に着物を楽しむコツに繋がります。また、着物の着付け方法や帯の結び方に慣れることでさらに美しい和装女性を目指してみませんか。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報