着物コラム

着物の種類と季節の関係

  • 着物は日本の四季に合うように、一年を通して3回衣替えの時期があります。それぞれ袷、単衣、絽や紗という名称の着物の着用シーズンに分かれ、着物は洋服と同じように季節に合わせたコーディネートが存在します。季節感を取り入れた装いを楽しむ方は見ていて惚れ惚れしますね。
    着物にこだわりを持つ方ですと、次の季節が変わる直前に、先取りした季節感を取り入れるのが粋、逆に季節が変わったのに一つ前の時期の装いは野暮、といった意見を持つ方もいらっしゃいます。
    しかし、着物は洋服のように購入価格がそれほど値段が安くはありませんし、頻繁に衣替えも難しいです。そんな時は季節を選ばない柄や色合いの着物や帯をチョイスして、季節感の演出は小物で補うというのも良いでしょう。では、季節ごとの和装について述べていきます。

    春・秋・冬の季節に着る着物の種類

    春・秋・冬の着物は袷の時期といい、袷の着物とは、表裏2枚の素材の生地が合わさった着物を指します。 着物に詳しくない方の大半が「きもの」といえば袷の着物を指し、年間を通して最も着られて、かつ流通している種類の着物です。柄次第で一年を通して着用できますから、汎用性も高いといえます。
    小紋や紬はこの季節に適した生地といえます。最近ではポリエステル素材の比較的安価な素材も登場しています。また、冬の時期や雪が降る地域ではウール素材が良いでしょう。ウールは保温性に長けとても温かいのですが、虫食いしやすい素材ですから保管には注意を払いましょう。市販の防虫剤も良いですし、着物専用の防虫剤というのもあります。

    初夏と初秋の季節に着る着物の種類

    単衣という着物は、袷の着物のように裏地の付いた2枚の生地が重なったものではなく、一枚で作られた着物を着用します。この着物は夏本番の少し前の時期、さらには暑い夏が終わり本格的に季節が変わる時期にのみ着用するものです。
    実はここ数年の地球温暖化の影響でそれまでの時期のものとは異なり、残暑厳しい日などは着用しても良いとされる場合もあるようです。この時期は四季というものを存分に感じられる期間といえますし、日本人としての文化やこだわりを感じられる大切な文化でしょう。

    真夏の季節に着る着物の種類

    真夏は何を着ても暑くて気が滅入ることもあるでしょう。しかし、夏こそ着物を一年で一番楽しめる季節なのです。 洋服ならば半袖に薄手のパンツ、というのが定番かもしれませんが、着物は洋服とは違う涼しさを感じることができます。夏の着物は解放感にあふれ、風通しも良いので夏の暑さをまぎらわせることができます。夏になると祭りの時期も重なり浴衣や甚平を楽しむ方も増えます。着物の本当の良さを感じたいならば、ぜひ真夏の着用をおすすめします。
    この時期に着用する着物は、絽や紗の着物がメインとなります。他には麻素材の上布というのもあります。麻は通気性が良く夏向きの素材です。この麻素材の織物を上布といいますが、代表的な素材に宮古上布や越後上布が有名です。
    上布について少し細かく説明すると、先染めした織物の他に白い生地から染めた生地など使い、様々な織り方が存在しています。絽の中でも産地などにより色々な織物があります。

    季節感を取り入れた着物の着こなしのメリット

    季節感を取り入れた着こなしを楽しめるのも着物の楽しみ方のひとつです。着物は四季を心と体で全身を使い味わうことができます。そして楽しみ方も決まりはなく、季節ごとの素材で楽しむ、柄で楽しむなど、楽しみ方の幅は無限大です。「着物は日本の心」と表現される理由はこういった部分あるでしょう。
    日本独自の季節の移り変わりや風情、そして情緒を感じることができる着物は、日本という世界でも稀に見る美しい自然に囲まれた四季の変化に恵まれた国です。衣食住全てを日本で過ごしている私たちは日本という独自性になかなか気づきにくいかもしれません。そんな時こそ、「きもの」を身に付けることでその魅力を感じられるかもしれませんね。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報