着物コラム

着物の着付けに必要な小物

着物の着付けに必要な小物




着物の着付けの際にあると便利な小物

着物を着付ける際に肌襦袢や長襦袢などは必要なものです。しかし基本的に必要なもの以外にも様々な小物が存在します。

これらは見た目を美しく見せたり、着心地良くするための重要なアイテムです。 ここでは着付けの際にあると便利な小物をご紹介します。

補整用品

補整用品はウエストやヒップのラインなどを目立たなくするためのもので、パッド以外にもタオルでも代用できます。

着こなしの半分は補正で決まるといわれ、補正の良し悪しは着物姿に影響します。

まずは自分の体をよく観察し、どこに何をどれくらい補正すればよいのかを見極めましょう。

和装用のブラジャー

和装用のブラジャーはバストを小さく平らにします。バストをこじんまりとまとめる役目を担っています。

特にバストが大きめの方は和装用のブラジャーを着用すると、着物を着た時に見た目が美しくなります。

二部式長襦袢

上下が分かれた2部式になっており、サイズの変化にも対応できます。ポリエステル素材ですと気軽に洗うことが可能です。

長襦袢はおはしょりがないのですが、これに対して二部式襦袢は上下セパレートタイプなので、丈の調整が可能です。

つまり自分の身長に合わせて着ることができるのです。 さらに二部式襦袢の方が着崩れしにくいともいわれています。

汗取り襦袢

汗による着物の変色やシミなどを予防します。大切な着物を着る際は揃えておきたいものの一つです。

草履バッグ

着物姿にはなくてはならないものといっても過言ではありません。 絹織物製や革製など色々な種類が存在します。 サイズも幅広くあります。

ショール

冬のような肌寒い季節の必需品です。衿元の防寒にも役立つ小物です。

きものスリップ

着物着用の際のワンピースタイプの下着(肌着)です。 肌着や裾よけでもよいです。

着物スリップは上下が繋がっており、肌襦袢の場合は上下が別で、上と下は裾避けとなっています。

襟は普通は付いてなく、付いている着物形の物が長襦袢です。

着物の着付けで必要な帯の種類

びょうじめ

伊達締めの代用品として使え、マジックベルトになっているので使いやすいです。

和装ベルト(着物ベルト)

伊達締めと同じ役割の小物です。マジックテープになっているので簡単にとめられます。

着物の胸元の合わせに使うのが一般的ですが、胸の豊かな人は胸がはだけないように長襦袢に使用したり、振袖などで重ね襟にボリュームがある場合、襟が動かないように使用することもできます。

腰紐と同じように使え、ベルトで簡単にしっかり固定でき、襟元の着くずれ防止にもなります。

帯板(前板)

帯の前面を整えるもので、帯の形を整えてシワが寄らないようにするために使う小物です。

帯締などを締めた時に、帯にしわが寄らないようにすれば美しく仕上がります。 横が約50cm、縦が14cmほどの物がおすすめです。

帯板(後板)

前同様、帯の後ろの部分にも帯板を使用します。平らに整え美しくなるようにします。

例えば振袖では後ろも同じく少し短めの後板を使います。

帯止め金具

帯を結ばずに締めたい場合や、帯丈が短い場合、ポリエステルなどの締まらない生地の場合などに使用します。

三連紐(トリプル仮ひも)

三連になっている部分のある紐のことです。 華やかな帯結びの際には必要です。 紐の一部分がゴム製になっています。

さらに三連紐は他の和装小物で隠されることになり、 着付けが終わった段階で表から目につくことはないのも特徴です。

着物の着付けに必要な小物はたくさんある

着物の着付けに必要な小物を、基本的なものからあると便利なものまで一通りご紹介しました。実際にはかなりの数の種類があります。

それぞれに小物ととしての重要な役割があって必ず必要なものです。しかもそれぞれの小物は洗練された形状をしています。

こうしてみると着物を着つけると一言で言っても結構大変なのがわかります。

しかし順番に一つ一つを着つけていけば、美しい着物の姿になることができます。是非チャレンジしてみましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!