着物コラム

着物着付けに必要なもの

  • 着物の着付けをしてみる

    着物の着付けをするにはどうすればよいのでしょうか。そのためには何が必要で、どういった順序で着ていけばよいのでしょうか。そこで着物の着付けに最低限必要なものをご紹介していきます。 ここでは着物の着付けのために必要なものを一覧にまとめてみました。

    肌襦袢

    肌襦袢は着物用の肌着です。汗や皮脂の汚れをつけないために必要です。肌触りが良く吸湿性の高いサラシやガーゼなどの素材が適しています。市販の浴衣用下着(肌襦袢や裾除け)を用いても良いでしょう。

    裾除け

    一般的によく使われるのが巻くタイプで紐で留める腰巻式です。静電気が起こりにくい素材を選ぶのがおすすめです。

    長襦袢

    長襦袢は着物の袖口や襟元から見える下着です。着物の下に着る物なので着物に合わせたサイズのものを使用します。肌襦袢や裾除けと違い白無地だけでなくピンク色などの色や柄が存在あします。

    腰紐

    腰紐は、長襦袢や着物をずれにくくするために必要なものです。長襦袢に1本か2本、着物に2本の計3、4本使用します。 よく締まってくい込まない物がおすすめです。さらに着付けの際に帯の仮止め用に1~2本が必要になるので、5本ほど用意するのがよいです。ゴム製でもよいです。

    半衿

    長襦袢の衿に縫い付けて使います。汚れを防ぐ役割があります。 白色の無地が基本です。

    衿芯(差し込み芯)

    衿芯は厚紙のようなもので衿元をきれいに見せるために必要です。長襦袢の衿に芯として入れるものです。長襦袢の襟に入れたり半衿の中に入れて使用します。 衿がきれいになり礼装のお着物を着られる際には必須です。

    重ね衿

    幅が広い物は2つ折りにして使用します。最近はパール等の飾りがついたおしゃれな小物もあります。


    着物の着付けで必要な帯に関連するもの

    伊達締め(伊達巻き)

    長襦袢を止める帯のような役割があり、着崩れを防ぐのに必要です。 胸下のあたりに使用します。

    袋帯・名古屋帯など色々な種類があります。 「袋帯」を使用した場合一枚の生地を様々な結び方によって着物姿をより美しく演出します。

    帯枕

    帯の後面でお太鼓を作るもので、帯の結び目が下がったり、崩れたりするのを防ぐために使います。お太鼓をふっくらと作るために必要です。様々な形や大きさの物が存在し、例えば振袖にはやや大きめで厚みのあるものがおすすめで、ガーゼ付の物が良いです。
    着物を着るときに結ぶ帯の形を補助する小物の一つで、背中につける小物です。主に名古屋帯でのお太鼓結び、袋帯での二重太鼓や飾り結びの際に用います。

    帯あげ

    帯枕を固定して前面を華やかにするもので、帯の上の部分を飾る布で、帯を固定するために使用します。 例えば振袖に合わせる帯揚げの定番としては絹でできた絞りのものが主流です。 豪華な着物や帯を引き立ててくれるボリューム感のあるものです。

    帯締め

    組紐でできた帯締めは、崩れないように帯を固定して締めるのに必要です。 帯の中心で結び、引き締める役割があります。最近では華やかな飾りのついたものが一般的となってます。


    着物の着付けは足元も重要

    履物

    草履は着物のときの履物です。素材も蛇皮やエナメル製など豊富です。 例えばパーティや式典に履くフォーマル草履は金や銀が多く使われています。 おしゃれものの草履は、台の色合いと花緒の柄が豪華さや季節の色合い、楽しさを表現しています。

    足袋

    あらゆる着物に合わせやすいのがキャラコ足袋です。足袋の中で足が泳いでいたり、逆に足袋に締め付けられて足が痛くなっていたりしないように足に合うものを選びましょう。シワがでないように履く事が、着物を引き立たせるための美しい履き方です。礼装の時は白い足袋を履きます。 ストレスなく履けて、足を小さく細く見せることが足袋選びのポイントです。


    着物の着付けは難しくない

    こうしてみると着物の着付けは非常に難しいように思えますが、順序良く着つけていけば、決して難しくはありません。 長い歴史の中において、着物は様々な工夫が施されて現在に至っています。
    そしていかに美しく自然に見えるように、もしくは着られるように進化してきたのです。一度は着物を着て出かけてみるのもよいでしょう。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報