着物コラム

着物の着方について

  • 着物を着る機会がだいぶ少なくなった現在、着物は持っているけれど着れない方も多いです。 逆に着物の着方を知っており、一人で着物を着付けることができる人はあまりいないのではないでしょうか。 たとえ着物の着方を知っていても、普段から着物を愛用していなければ忘れてしまいます。 若い時に着付け教室に通い自分で着ていても、今では出来なくなってしまった方もいることでしょう。 年配の方が、自分の好きな着物を気軽に着て出かけて行く姿は素敵ですね。 友達との待ち合わせに着物を着ていたら、粋な感じがします。 一昔前は、祖母から母に、母から娘にという具合に着物の着方を教えていく物でした。 正月や成人式の時などに、娘の振袖の帯結びに初挑戦してなんとか無事完成させ、娘が喜んでくれた懐かしい思い出のある方もいることでしょう。 もちろん着物の着付け教室に通う方法もありますが、自分で着物が着れたら嬉しいものです。

    着付けの基本のまとめ

    着物の着方、着付けの基本をまとめてみました。

    ①肌襦袢と裾除けの下着を着ます

    ここでのポイントは、タオルを使って身体のくぼみをなくすための補正をする事です。

    ②長襦袢を着ます

    長襦袢が着物の着付けを決めると言われるほど重要です。きちんと襟を抜いて胸元は緩まないように整えていきます。

    ③着物を着ます

    ここで大切なのは、着丈を決めて緩まないようにするために腰紐でしっかり締めることです。

    ④帯を結びます

    文庫結びや二重太鼓などの結び方がありますが、一般的にはお太鼓結びがよいでしょう。これが結べれば、まず基本はクリアできたと言えるでしょう。

    ⑤帯締めで帯をしっかりと結びます

    帯は帯締め一本でのみ留められているので、きつく締め上げるぐらいの結び方がちょうどよいです。

    このように、着付けというものは意外に簡単で、何度も繰り返し練習をすれば上達していくことでしょう。 着物の着方が全くわからない、着付けは難しいと思われている方もぜひ試してみましょう。 着物を身近なものとして感じることができます。 着物の着方をマスターするだけで、気軽に自分の好きな着物を着て出かけることができるというのも趣があります。 結婚式やパーティーの出席なら美容院で、同窓会やショッピングは自分で着付けるという様に、 着付けの使い分けをして大いに着物を楽しみましょう。

    着付けには欠かせない帯の結び方

    帯の結び方と一口に言ってもその種類は様々です。 基本となるお太鼓結びや文庫結び、振袖を着る際のふくら雀結び、さらにはアレンジした結び方まで色々な帯結びがあります。 その主な結び方をまとめてみました。

    一重太鼓結び

      基本の結び方で、比較的習得しやすい結び方です。これが結べるようになれば、殆どの着物を手軽に着る事が可能です。

    二重太鼓結び

      袋帯で礼装の時等に締める結び方で、お太鼓の部分を二重にして結びます。二重にすることで見栄えもよくなり、装いが華やかに仕上がります。

    角だし結び

      基本の文庫結びをアレンジした結び方で、基本形よりも大人びた印象を受けるようになります。紬などの普段着に向いており、半幅帯を使うと浴衣に適した形になります。

    文庫結び

      浴衣帯結びの基本となる形です。まず前で結び、後ろに回す結び方で簡単に習得できます。一番手軽で一般的な結び方で、文庫結びと同様に前で結んで後ろに回します。年配者やミセス向きの大人びた着こなしを演出する結び方です。

    蝶結び

      髪に結ぶ蝶結びと同じ結び方を帯で結ぶ方法です。女の子なら蝶ちょ結びの経験があるはずですので、浴衣用に結んでみるのもよいでしょう。

    男結び

      角帯で結ぶ男性の帯結びです。代表的な結び方として貝の口結びがあります。

    ふくら雀結び

      振袖用の結び方で、ふくらみのあるお太鼓が古典的な印象の女性らしい結び方です。お太鼓の大きさを変えることで、どんな体型の方にも似合う結び方ができます。雀が飛び立つイメージの結び方で、特に若い女性が似合います。

    蝶文庫結び

      同じく振袖用の結び方で、可愛らしい文庫結びに蝶の羽根をアレンジして可愛らしくなります。小柄な方にお勧めの結び方です。

    花結び

      こちらも同じく振袖用の結び方で、古典的なふくら雀を変化させた結び方です。仕上がりは羽根の形がまるで蝶がとまっているように見えて麗しいです。

    成人式にはふくら雀結び、仕事始めには蝶文庫結びで出勤というように、 時と場合に応じて気に入った結び方を愛用し使い分けるのもよいです。 共に、華やかな中にも凛とした雰囲気のある和装の装いです。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】
着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報