着物コラム

シンプルで素朴なデザイン性の高さで人気の織物「丹波布」について知ろう!

 
着物買取丹波布

今回は、丈夫な木綿地と素朴で優美な格子柄のデザインで、和装ファンの間で大変人気のある丹波布についてご紹介します。

近年では小物などのおしゃれアイテムも製作されており、和装ファン以外のおしゃれ好きにも知られるようになっていて、中古市場でも高い評価を受けるようになっています。





丹波布とは?

丹波布は現在の兵庫県丹波市青垣地区で作られていた、絹と木綿を手紡ぎで交互に織り合わせて作る平織の手織り布です。

この地域で採取される藍や栗の皮、ヤマモモの樹皮などを染料にして主に藍色と黄色の縞柄に織りあげます。

自然の染料によって表現される柔らかで多彩な色合いとシンプルながらデザイン性の高い格子柄の布地は、近年のエコブームや染め物人気もあって和装ファン以外の人々にも注目されるようになっています。

また、木綿地の織物で布地自体も頑丈で肌触りも心地よいため、和装ファンの間ではデザイン性だけでなく、使い勝手の良さという点でも高く評価されているようです。

幻の布からの復活丹波布の歴史

そもそも丹波布は丹波氏青垣地区で野良着や仕事着として製作されていた織物です。

しかし、デザイン性の高さや色合いの美しさで周辺地域でも人気となり、比較的京都に近い距離で生産されていたことなどから、幕末から明治にかけての京都では小袖などに仕立てられて愛好されるようになりました。

ところが大正時代になると綿織物の輸入が盛んになったこともあって作り手も減り、丹波布は衰退してほぼ表舞台から姿を消すことになります。

復活の契機は昭和初期、思想家としても有名な柳宗悦がたまたま京都の朝市で美しい縞柄の織物を発見し、長らく忘れられていた丹波布の存在を特定しました。

その後、1954年に柳宗悦やその協力者である織物職人の上村六郎などの努力によって丹波布を再現することに成功します。

こうして幻の布からの復活を遂げた丹波布は、伝承者不足という問題に悩みながらも何人もの優れた作家や職人の手によってすぐれた作品を生み出し続けており、現在では和装ファンやおしゃれ好きの間で人気の織物として愛好されているのです。

丹波布の着こなし活用術

丹波布はシンプルで素朴で柔らかな色合いでありながら布地は丈夫であるという特徴もあり、和装では着物の布地としてだけでなく帯の布地としても使用されます。

丹波布の帯を華やかな色合いや柄物の和服に合わせると、着物の印象をがらりと変えてくれる効果的なアクセントとなるので、和装ファンの間で丹波布の帯はとりわけ人気のアイテムとなっています。

また、もともと野良着や作業着として使用されていたので布地は丈夫で、地元では親から子へ、子から孫へ受け継がれる着物として親しまれていました。

そのため、一度仕立てた着物は長く使用することができますし、年月が過ぎることによってその色合いが変化して、より味わいのある布地となっていくという点も和装ファンを引き付ける魅力のひとつのようです。

人気の作家やアイテムは?買取の場合のおすすめ方法

丹波布は様々な織物作家や職人によってそのメソッドが継承されています。

中でも、和風とモダンさの融合した美しいデザインやベージュを基調とした藍色や黒色と白の格子柄のデザインなどで有名な福永世紀子さんの作品は、随一の人気を誇ります。

買取市場や中古市場でも福永さんの作品は安定して高値で取引されていますので、もし興味のある方は作品を探してみてください。

家の中を整理するともしかしたら作品が見つかるかもしれません。

ただし、着物にあまり詳しくない方の場合、もし丹波布の着物が見つかってもなかなかそうとは気付きにくい可能性があります。

そういった場合は出張買取サービスを利用しましょう。

出張買取サービスは対象地域内だと低価格で、着物鑑定のプロがその場で出張査定をしてくれますから、手続きもスピーディでたくさんの着物を持ち運ぶ手間も省けます。

出張買取サービスを実施している業者は販売ルートを豊富に持っていることが多く、比較的に高価格で買取する傾向にあります。

丹波布は小物やアクセサリーなども人気ですから、「こんなの売れるかな?」というような小さなアイテムであっても積極的に査定してもらうとよいでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!