着物コラム

着物のおしゃれを決める帯締め

 
着物買取帯締め

帯まわりのおしゃれに欠かせない帯締めは多く持つほどにコーディネートの幅が広がりますが、フォーマルな場にふさわしいものとカジュアルな場では似合うものも変わってきます。

TPOや季節に合わせてふさわしいものをご紹介します。





着物のセンスを決める帯締め

帯締めとは、着物を着る際に使う帯を固定するために締める紐です。

色や柄、太さのほか組み方にもさまざまな種類があり、着る場や季節に応じて使い分けられます。

着こなしの最後に付ける帯締めが全体の印象を左右します。着物姿のセンスの良さを決めるのは気の利いた小物使いです。

帯締めとして使われる組紐は江戸時代から広く普及するようになり、羽織の紐などとして使われました。

明治になって今のように帯締めとして用いられるようになったのです。

昭和に入って登場した平らな紐状の帯締めで丈夫で結びやすいものとなります。

現在の組紐は機械組と手組がありますが、手組のものはその繊細な美しさで最高級品とされています。

機械組も技術が進化し、質の良いものが手ごろな価格となっています。

そのため、流行を取り入れた現代風のものもあり、ファッションとして気軽に楽しむこともできます。

帯締めの種類を知る

時代によって定番とされる帯締めは変わってきます。

明治の終わりころまでは丸ぐけが主流でしたが、その後、組紐が取って代わります。

今では、丸ぐけは花嫁衣装で使われます。丸い断面のものは丸組です。

振袖用に使われることが多く、華やかな結び方で着こなしに華を添えます。

断面が角ばったものは角組で、普段使いで締めます。

平安時代の貴族に使われた組み方の冠(ゆるぎ)組は今も人気です。

平べったい帯締めは平組です。最も格式が高く、礼装用に使われます。

フォーマルな装いに映える帯締め

改まった席では訪問着や色無地に品のある平組の帯締めで格調ある着こなしをしましょう。

金銀ないしは白地に金銀をあしらった平組や白の冠組は、礼装用となります。

白の冠組はフォーマルからカジュアルまで活躍してくれる帯留めです。

礼装の場合は着物や帯が主役なので、あまり主張の強い帯締めは避けた方が間違いありません。

準礼装には白のほか、淡い色合いのもので上品にまとめるのも良いものです。

パーティーでは濃い色みのものを合わせるのとアクセントとなります。

普段着や季節に応じた合わせ方

普段着としての着物に合わせるなら、金銀の入った礼装用の帯締めは不似合いです。

その代わり、個性的で主張の強い帯締めもカジュアルな着こなしならばおしゃれとして楽しめます。

基本は合わせやすい無地の冠組で多くの色を揃えると、着こなしが楽しくなります。

濃い色を効かせれば着こなしのアクセントにもなります。どれにするか迷ったなら、きれいな淡い色を選べばすんなりなじみます。

帯締めそのものは季節を問わず使えます。夏用に作られたレース組の帯締めもあります。

夏の装いには淡色系の色合いが涼し気です。太さはやや細めのものが良いでしょう。

着物と帯が同じであったとしても夏を意識した爽やかな色やデザインの帯留めを選ぶことで着こなしの印象が変わります。

小物にまで気を使うことが着物美人への近道です。

着物と違って小物だけについつい数が増えてしまう帯留めですが、めったに使わないものもあるのではないでしょうか。

手持ちの品を一度整理して使わないものがあれば、思い切って売りましょう。出張買取なら簡単に買い取ってもらえます。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!