着物コラム

通好みの希少な織物!川平織の魅力や高く売るためのポイントについて

 
着物買取川平織

川平織は、石垣島の希少で人気のある織物です。

深石美穂さんによって生み出され、今も多くのファンの間で着物や帯、反物などが高値で取引されています。

ここでは、川平織の魅力や高く売るためのポイントなどについて説明していきます。





川平織とは?

沖縄県は織物の産地として有名で、川平織も沖縄の人気の織物の一つです。

石垣島の美しい川平湾のある川平地区がその名前の由来となっています。

川平織は『からん工房』の深石美穂さんという一人の女性によって生み出された織物で、伝統的織物である浮き花織りをはじめ、複雑でモダンなデザインが人気を呼び、大勢の人から支持されています。

川平織の着物や帯、反物などは、中古市場でも大変高値で取引されています。

川平織は滅多にお目にかかれず、織物によほど詳しい人でなければ存在を知らないという通好みの希少な着物といえるかもしれません。

川平織の魅力について

深石美穂さんによって生み出された川平織は他の伝統的な沖縄の織物とは異なり、発色の美しさやモダンなデザインが強い個性を放っています。

染材に川平地区の豊かな自然の草木を用いていて、発色の美しさやしなやかな風合い、さらりとした仕上がりが魅力となっています。

川平織はその美しさから『石垣島の絹の宝石』といわれているそうです。

上品で落ち着いた印象にも、華やかで可愛らしい印象にもコーディネートを楽しめるので、一度は手にとってみたい織物といえるのではないでしょうか。

川平織は、本物の着物を求めるこだわりのある大人の女性にピッタリです。

深石美穂さんの『からん工房』について

川平織を考案した深石美穂さんは、武蔵野美術大学卒業後、石垣島に移住しました。

そこで本格的に絹織物に携わるようになり、独立して1982年に『からん工房』を構えるようになります。

工房には弟子が何名かいるそうです。深石美穂さんは東京で個展を開くなど、認知度も高くなってきています。

日本工芸会会長賞や文化庁長官賞などのさまざまな賞に入選、受賞を重ね、独自の織物技法を見出してきました。

全国の染織物、着物が集まるといわれる京都の問屋街でも、川平織は今や出会えることが奇跡というような、大変希少な品になっています。

そのため、織物ファンの間では"幻の着物"ともいわれています。

人気の川平織の着物を高く売るためのポイント

大変人気のある川平織ですが、身につける機会がなく、タンスに仕舞ったままになっている人もいるのではないでしょうか。

川平織は希少なため、買取ショップでは高値で買い取ってもらえる可能性があります。

通常、川平織には証紙が付けられていますが、この証紙があるかないかによっても買取価格に大きく差が出ます。

すでに処分している場合は仕方がありませんが、証紙がある場合は必ず一緒に買取査定をしてもらうと良いでしょう。

川平織は知る人ぞ知るお宝なので、川平織を積極的に買い取っているお店や、川平織の買取実績が豊富なお店を探して売るというのも高く売るためのポイントです。

査定費用無料で出張買取や宅配買取を行っているところも多いので、遠方に住んでいる人でも気軽に買取サービスを利用することができます。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!