着物コラム

精好仙台平の織り手は一子相伝の人間国宝

 
着物買取精好仙台平

精好仙台平は、頑丈さと独特の光沢としなやかさを併せ持ち、「仙台平」と言えば袴の代名詞のようになっています。

現在では江戸時代から脈々と続く伝統工芸でもあるのです。





精好という言葉通りの絹織物

精好仙台平とは、精好仙台平織袴地を略した言い方です。単に仙台平という呼ばれ方もします。

仙台平と言えば袴地の中でも最高級品を生み出す地域で有名です。

藩が保護し発展させて現在まで伝わっているのです。精好織とは、絹織物の一種です。経糸に練り糸、緯糸に撚りをかけていない糸を使って織り上げます。

精好仙台平は緯糸を水で濡らして引き締め、さらに強く打ち込むという織り方をしているため、絹地がしっかりした厚みを持っているのに非常にしなやかです。

精好仙台平の「精好」とは、細かいところまでよくできているという意味なのです。

気品と実用性に富んだ一流品

精好仙台平の黒みがかった青や灰色の縞模様の落ち着いたシックな色合いは、伝統の草木染で出されています。

この染色は、絹糸を強くする役割も果たしているのです。精好仙台平は能楽や茶の湯、弓道など、上質の袴を求める人に好んで用いられています。

しわが付きにくく、座れば端正なふくらみができ、立ち上がれば裾が自然に垂れ下がってまくれるようなことがありません。

その上に舞や茶の湯など異なる用途に合わせて、色合いや織り上げ方を変えています。

実用性に富みながらも気品が漂う精好仙台平は、皇室や将軍家への献上品とされ、その技は重要無形文化財に指定されています。

さまざまな種類の袴や小物を制作

精好仙台平は袴だけでなく、帯や和装小物なども制作しています。

ネクタイや名刺入れなどもあって、袴の仙台平よりも華やかな色で作られたものもあります。

袴は芸能用や茶道、華道用、礼装などさまざまな種類が制作されています。

袴と言っても、大まかには馬乗り袴と行燈袴に分けられます。

筒のような形状が行燈に似ていることから、このような名前になっているのです。

さらにこの形は舞うしぐさを美しく見せるために一般のものよりも腰板を大きく、ひだを深めにするというように作りを工夫しています。

加えて、精好仙台平は動きに沿って袴が整うような秘伝の織り方をしているのです。

希少価値が高い精好仙台平

精好仙台平は一子相伝の技術なので、市場に出回る数は多くありません。

しかし、品位の高さと着心地は著名人にも愛され、川端康成はノーベル賞の授賞式に精好仙台平の袴で臨みました。

需要はあるのに数が少ないため、希少価値があるのです。そこで買取の際の取引相場も高額になっています。

精好仙台平の技術保持者に認定された織り手は人間国宝です。

そして精好仙台平は、すぐれた実用性と歴史に裏打ちされた伝統工芸品の両面を持ち合わせています。

着物の買取で持ち込むものとしては、振袖や留袖など女物のイメージが強い人もいるでしょう。

しかし、落ち着いて上品でありながら強さも兼ね備える精好仙台平は、着物を整理する場合には査定に掛けてみると思わぬ価値が見つかるかもしれない絹織物なのです。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!