着物コラム

国の無形文化財でもある、歴史ある技法「首里の織物」

 
着物買取首里の織物

沖縄の布製品と言えば、工芸品やお土産物としても人気のある紅型染めやミンサー織がよく知られています。

しかし、沖縄の染め織物の中で忘れてはならないのが「首里の織物」です。

重要無形文化財にも指定されている首里の織物についてご紹介します。





首里の織物の歴史

1429年~1879年の約450年間、琉球諸島を統治した球国では多様な染織技法が育まれ、発展していきました。

琉球国の統治は最盛期において奄美諸島から八重山列島まで及んだと伝えられています。

14~15世紀ごろは、琉球国と中国や東南アジアとの間で盛んに交易が行われ、文化の交流が行われました。

その際に伝わった南方の「絣」と中国の「紋織」の技術をもとに、沖縄の風土に根ざした琉球国独自の染織技術が発達したと考えられています。

その中でも、特に琉球国の王都である首都を中心に、王族や士族のために作られた染織物が首里の織物です。

異文化が出会う交易国であった琉球国をルーツに持つ沖縄には、日本国内の他のどの地域よりも多種多様な織物技法が存在しています。

高貴な身分の女性によって織られた首里の織物

首里の織物は主に王族や士族のために作られた格調高い特別な織物です。

平民の中から特に織物の技術が高い女性が選ばれて琉球王府に集められ、布織女として王族のために織物を織りました。

布織女のほか、身分の高い士族階級の妻や娘たちも家族のために機に向かい布を織ったとされています。

王妃や王女も糸を紡いで機を織ったと伝えられていることからもわかるように、首里において織物を織ることは女性としての最高のたしなみの一つであり、誇りある重要な手仕事でした。

家々にはそれぞれ代々伝わる門外不出の織物があり、子から子へと口伝でその織技法が伝えられたといわれています。

女性初の人間国宝により復活を遂げた首里の織物

琉球国で華やかに花開き多種多様な発展を遂げた首里の織物も、琉球国の崩壊と第二次世界大戦を経て衰退の一途をたどりました。

大戦時に首里が受けたダメージはすさまじく、一時は首里の織物も途絶えたかと思われましたが、焼失をまぬがれた僅かな織物や資料をもとに首里の織物の7つの技法がふたたび継承されることになりました。

この首里の織物の復興に尽力したのが、沖縄県出身の染織家である宮原初子氏です。

宮原氏は首里の織物の技術保存と技術者育成に努め、平成10年には首里の織物の技術を持つ重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

現存する首里の織物の種類

戦後焼け残った布や資料をもとに、現在技法が伝えられている首里の織物は花織(ハナウイ)、花倉織(ハナクラウイ)、道屯織(ロートンウイ)、手縞(ティジマ)、諸取切(ムルドゥッチリ)、 煮綛芭蕉布(ニーガシバサー)、花織手巾(ハナウイティサージ)の7種類です。

これらの中でも、花倉織は模様が浮き出る紋織である花織と絽織を市松模様に組み合わせた特別な絹織物です。

花倉織は王妃や王女、琉球国を霊的に守護する聞得大君など特別な身分の女性だけに許された織物でした。

このほか、道屯織は主に上流階級の男性用、煮綛芭蕉布は役人の制服などに用いられたと伝えられています。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!