着物コラム

人気の弓浜絣!高額で買い取ってもらうコツは?

 
着物買取弓浜絣

有名作家の作品や各産地の伝統工芸品である着物は価値が高く、市場でも高額で取引されています。

鳥取県の弓浜絣(ゆみはまがすり)も価値ある着物の1つで、高額買取が期待できるでしょう。

しかし、業者に高い査定額を提示してもらうにはいくつかのコツがあります。





弓浜絣はなぜ人気がある?

弓浜絣とは鳥取県の弓ヶ浜半島で織られている綿織物で、繊細で美しい絵絣として有名です。

国の伝統工芸品、鳥取県の県指定無形文化財に指定されるなど、文化的にも価値のある着物だと言えます。

染色方法は、不純物を取り除いた木綿糸を括って染色する括り染めです。

染色後は括っていた部分は染料が染み込まず元の色のままで、括っていなかった部分は染料の色に染まります。

その色の差を駆使して柄を描いていくのです。弓浜絣は絵絣の風合いが素晴らしく、丈夫で日常的に着用できることから元々着物愛好家から人気を集めていました。

それに加えて、後継者不足などの理由で生産量が減少したために希少価値が高まって、より市場価格が上昇している状況です。

買取希望時に注意したいこと

どんな着物でも買取で重要になるのは保存状態です。

最も高額査定を狙いやすいのは製作日時の新しい未使用品で、着用するごとに査定額が減少していく傾向にあります。

また、サイズの大きいものなら仕立て直しがやりやすいので、高額査定に繋がります。

さらに有名呉服店や百貨店などで販売されていた着物であれば価値が高まるケースもあります。

著名な作家や工房の作品も高額査定が期待でき、弓浜絣であれば「嶋田悦子」の作品の人気が高く、高値でやり取りされています。

作家や産地の保証となる証紙があれば、査定時に必ず一緒に提出するようにしましょう。

良好な保存状態を維持するための心得

使わないほど価値が上がるとはいえ、弓浜絣は日常的に着られることで人気のある着物です。

それゆえに、好きな時に弓浜絣を着て思う存分その魅力を楽しみつつ、売却のことも想定して正しいお手入れを入念に施しておくという方法を選択するのもいいでしょう。

丁寧なメンテナンスを怠らなければ着物の品質を良好に保つことは可能です。

着物の傷みや汚れを抑えるために、まずは着用後のお手入れに気をつけましょう。

着物は脱いだらすぐにハンガーにかけて型崩れを予防します。

この際、袖まで通るような着物用ハンガーを使用するといいでしょう。

さらに、着用後は皮脂や汗が付着しているので、定期的にクリーニングに出すのが好ましいです。雨や飲み物で濡れてしまった場合は乾いた布でできる限り水分を吸い取って乾かしましょう。

汚れがひどい時はなるべく早くクリーニングに持っていきます。保管する時は防湿性の高い桐ダンスを利用するといいでしょう。プラスチックのケースや段ボールに収納するとカビや色落ちを招きますので注意してください。

買取業者選びも重要

どれだけ保存状態のいい弓浜絣でも、価値を見抜いてもらえなければ高額査定は望めません。

せっかくの弓浜絣をただの綿織物と判断されて安値で買い叩かれないよう、ネットオークションやリサイクルショップでの売却は行わず、着物の価値を正確に見抜いてくれる着物買取専門業者に買取を依頼するようにしましょう。

買取の主な方法は着物を店舗に持って行く「持ち込み買取」、店舗に発送して着物を査定してもらう「宅配買取」、買取スタッフに自宅を訪問してもらう「出張買取」の3種類です。

少しでも高額での買取を希望するなら、複数の業者に査定を頼んで提示額を比較するといいでしょう。

信頼の置けそうな業者をいくつかピックアップして、無料の出張査定を依頼しましょう。

状態のいい弓浜絣であれば、綿織物とは思えない高額査定が提示されることもあります。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!