着物コラム

絹織物の人気3選のひとつ、本場黄八丈の魅力

 
黄八丈

目にも鮮やかな黄色の黄八丈、鮮やかでありながら品のある織物です。

色は黄のほかに黒、樺の三色のみで、柄も縞、格子だけ。草木染めの原点といわれるシンプルな美しさが、この絹織物にはあるのです。





古くから貴重品として扱われていた黄八丈の由来

八丈島の人が「黄八」と呼ぶ黄八丈、これに黒色の「黒八」、樺色の「鳶八」を合わせて黄八丈と呼ぶこともあります。

由来は古く、平安時代にまでさかのぼるともいわれています。本土には、室町時代に貢ぎ物として伝わったようです。

江戸時代になると、年貢として扱われるようになりました。

当初は将軍家や大名、御殿女中といった階級の人々だけが使っていましたが、江戸時代後期に、浄瑠璃や歌舞伎で黄八丈の衣装が使われて人気を博し、江戸庶民の間にも広がったとされています。

また、黄色が不浄を避けるとの意味合いから医者が用いるようになったこともあり、八丈島産の黄八丈は、手に入れにくい高級品として扱われたのでした。

黄八丈はあまりに人気で希少であったため、秋田や米沢でも作られるようになります。

そのため、八丈島の黄八丈を「本場黄八丈」と呼ぶこともあります。

手間のかかる黄八丈づくり

黄八丈づくりは、植物の栽培から始まります。糸を染める職人が、植物を育て、刈り取りまでも行うのです。

黄染の材料はコブナグサ、八丈島ではカリヤスと呼んでいます。樺染の材料にはマダミ(タブノキ)の樹皮を使います。

黒染は枯らせた椎の樹皮を使用します。これらを使って糸を染め上げる仕事までを、染め師は一人で行います。

黄八丈の織りは女性の仕事です。熟練した高齢者が織るイメージですが、実際には若い人が織っていたそうです。

特に江戸時代には、20歳から40歳までと制限まであったようです。若い人による、打ち込みの力が必要だったのです。

この強い打ち込みが、しっかりとして長持ちのする黄八丈を生み出すのでしょう。

黄八丈の魅力を確かめるには

黄八丈の魅力は、何といってもその色鮮やかな染めにあるでしょう。

また、強く打ち込まれることによって生まれる、しっかりして丈夫な布地にあります。

黄八丈の染めの色合いや強い布地は、何代にもわたって保つといわれる所以です。

本場黄八丈を実際に目にするのは、なかなかに難しいものがあります。

鮮やかで艶のある黄八丈を存分に目にし、触れてみるには八丈島まで出かけてみるのもいいでしょう。

島にある黄八丈会館や黄八丈ゆめ工房では、随時見学などを受け付けているようです。

次の旅行先に、八丈島を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

現代ももてはやされる黄八丈の価値

黄八丈という名称が使われるようになったのは、意外と新しく戦後になってからのようです。

それまでは、丹後、八丈絹などと呼ばれていました。

この黄八丈、現代においては伝統工芸品にも登録され、作者の山下ゆめ氏と山下八百子氏が、東京都指定無形文化財技術保持者に認定されています。

美しくシンプルでかつ希少である本場黄八丈は、呉服屋においてもなかなか目にすることのできないものです。

古い物にも価値が見いだされていて、中古市場でも結城紬や大島紬と並んで人気を博しているのです。

有名作家のものはさらに価値を生んでおり、得に山下八百子氏の黄八丈は、着物の色艶がすばらしく最高級品とされています。

ただし、山下氏の作品は、全て自らの工房内で作られていたため、生産量も少なく、市場に出回るのも稀です。

その希少性がより価値を高くしているといえるでしょう。もし黄八丈がタンスや押し入れに眠っていたならば、思わぬ価値を生み出すかもしれません。

一度、詳しい人に見てもらい価値を調べてもらうのも良いのではないでしょうか。

出張買取サービスを利用すれば、店舗まで出かける面倒もなく、確かな目を持った査定員が家まで出向き、着物の価値を査定してくれます。

着物の需要が高まっている昨今、染めと織りの伝統技術が込められた黄八丈を人目に触れさせずにおくには、あまりに惜しいことでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!