着物コラム

長野県の伝統工芸!伊那紬の魅力と歴史

 
着物買取伊那紬

長野県は蚕の国と呼ばれるほど養蚕業が盛んであり、古くから絹織物が発達してきました。

地方によってさまざまな技法が編み出されてきましたが、その中に、県南部の伊那谷地方に伝わる伊那紬があります。

今では、工房がひとつしか残っていないという伊那紬の魅力や歴史などについて説明します。





伝統工芸に指定されている長野県の絹織物

長野県の絹織物は全国的に有名で、1975年には、当時の通商産業省から信州紬の名で伝統工芸品に指定されています。

信州紬とは長野県の各地方に伝わる絹織物の総称であり、江戸時代に藩が養蚕業を推奨し、農家が余ったくず繭で着物を織ったのがそのルーツだと言われています。

信州紬には真田家が上田城を築城した際に始められたとされる上田紬、天蚕の繭からつくった緑色の糸が有名な山繭紬、縞模様や格子模様が多くて飯田格子の名で親しまれている飯田紬などさまざまな種類がありますが、天竜川の豊かな水によって育まれてきた伊那紬もそのひとつです。

多彩な糸と色調豊かな草木染めが織りなす伊那紬の魅力

伊那紬は伊那谷の良質な生糸に加え、玉繭からとれた玉糸や天蚕糸などの多様な糸を組み合わせてつくられています。

それを高機で丹念に織り込んでつくりあげた織物には、手織りならではの柔らかくしっとりした風合いが感じられます。

伊那紬の反物を織り上げるには、熟練者でも1週間以上、複雑なものであれば数カ月以上を要する非常に時間と手間のかかるものです。

それだけに、ひとつひとつに織り手の個性が表れると言われています。

また、くるみ、カラマツ、白樺など、野生の植物を用いて染め上げた草木染めは色調豊かでありながら、自然の染色によるやさしい色合いがあり、大きな魅力となっています。

伊那紬の誕生から現在まで

信濃の天竜川沿いでは18世紀初めに地場産業として養蚕が興りました。

蚕の繭を収穫し、京都や名古屋などに出荷していたのですが、中には蚕が繭を食い破り、穴があいて出荷できないものもありました。

そうした不良品を集めて自家用に染め織りを行ったのが、伊那紬の始まりだと言われています。

しかし、もともと伊那谷の織物の生産規模は小さなものであり、その後、大きく発展することもありませんでした。

それでも、昭和50年ころには120軒ほどの工房があったのですが、次第に数を減らして現在では、久保田織染1軒のみとなっています。

当然、生産量は大きく減少してしまいました。

しかし、すべての工程を自社内の工房で手作業によって行うという久保田織染のこだわりによって、伊那紬ならではの色調の豊かさや柔らかな質感は今でも健在です。

伊那紬を買取に出す際の注意点

伊那紬は希少価値が高いため、売却する際は高値での買取が期待できます。

実際に買取強化を行っている業者も増えており、結城紬の5万円、大島紬の3万円といった有名紬の買取相場にも追いつく勢いがあります。

中でも、人気が高いのが格子柄のもので、帯よりは着物の方に希少価値があると言えるでしょう。

ただし、より高く買取ってもらうには、いくつかの注意点があります。まず、ひとつには証紙の有無です。

証紙とは着物の生産地や品質を証明する保証証です。買取時にこれがないと大きく減額される可能性があります。

購入時に着物に貼り付けられているはずなので大切に保管しておきましょう。

そして、着物の状態です。いくら希少価値が高くても、シミや汚れがあったのでは買取額は下がってしまいます。日頃から手入れをしっかり行うことが大切です。

さらに、実際に売却する際には、直接業者の店に持ち込むのではなく、出張買取サービスを利用するのがおすすめです。

店舗まで運んでいたのではその間に着物を汚したり、傷をつけてしまったりする可能性があるからです。

その点、出張買取サービスはスタッフが自宅を訪れて査定を行うので着物を傷める心配がありませんし、証紙などを忘れてもすぐに探せるという利点もあります。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!