着物コラム

袷の特徴、着こなし、買い方のヒント

袷の特徴、着こなし、買い方のヒント

和装と洋装を比べると、和装はフォーマルな場所での装いとの印象を持つ人が多いようです。

たしかに、一般的な現代生活をしていれば、日常的に着物を着る機会というのはそれほどありません。

それでも、基本的なことがらは常識として押えておきましょう。





着物の種類:袷と単衣

着物には裏地の有無でおおまかに2種類の区別があります。

「袷(あわせ)」と「単衣(ひとえ)」です。袷とは透けない生地で裏地をつけて仕立てた着物のことです。

袷長着とともに、広い意味では袷羽織、袷コート、袷長襦袢(ながじゅばん)なども袷に含めます。

また、このような着物を着る時期を指すこともあります。

普通に「着物」と言えば、この袷のことを指していると言っても良いでしょう。

もう一方の、単衣とは裏地を付けずに仕立てた着物のことです。

裏地がないので、軽量で通気性も良く、涼しく着こなせます。

薄手の生地は「透け」が気になるところですが、その場合はお尻の部分に「居敷当て(いしきあて)」という布をあてます。

 

袷の特徴と男女別の着こなし

表布に裏布を付けると、裏側の縫い目や縫い代が見えなくなり、丈夫になります。

さらに間に空気層が出来るので、保温効果が生まれるため防寒性能が高まります。

着物は見た目と違って温かい(場合によっては暑すぎる)と言われる理由はこのあたりにあります。

表布としては、男物には羽二重(はぶたえ)、結城紬、大島紬などが一般的で、礼装としては黒羽二重五つ紋付きとなります。

女物は、さらにバリエーションが豊富です。

縮緬(ちりめん)、綸子(りんず)、綸子縮緬、お召(めし)、羽二重、黄八丈、結城紬、大島紬などの絹織物系、また、絣(かすり)、縞(しま)などの綿織物系やモスリンなどの毛織物系や化学繊維系などもあります。

礼装用としては、既婚者は黒留袖五つ紋付、未婚者は色留袖が一般的です。

 

着物の装いと着用時期:着る時期が一番長いのが袷

日本には四季があり、それぞれ温度や湿度が異なるため、衣替えの伝統があります。

着物にもそれぞれの時期にあわせて装いが決まっています。

年間を通して見た現代的な着物の装いを考えると、まず最も長い時期着用できるのが袷です。

神無月(かんなづき、10月)から正月をまたいで、皐月(さつき、5月)ころまで、つまり秋から春までは袷の時期です。

温度と湿度が高くなる夏とその前後の季節は、裏地を付けない単衣を着ます。

単衣も細かく分けると時期により仕立てが変わります。

まず、初夏となる水無月(みなづき、6月)には、「春単衣」を着ます。

最も暑い時期となる文月(ふみつき、7月)と葉月(はづき、8月)には「盛夏(せいか)」と呼ばれる、透ける生地を用いた裏地がない着物を着ます。

初秋となる長月(ながつき、9月)には「秋単衣」を着ます。

 

購入場所のヒント

袷に限りませんが着物の買い方は、呉服屋・百貨店の店頭や百貨店の催事場などで開かれる販売会・展示会などがこれまで一般的でした。

最近では、リサイクルショップ、ネットショップなど様々な店舗で購入できるようになりました。

もし、近くに着物に詳しい頼れる人がいる場合には、アドバイスを受けるのも良いでしょう。

ただし、着物の世界は人と人とのつながりが濃密な場合も多く、そのような人間関係が苦手な場合は百貨店の呉服売り場が無難かもしれません。

 
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!