着物コラム

高額査定を狙おう!着物の下取り

 
着物買取下取り

着る予定のない着物があったり、贈り物として着物をもらったけれど扱いに困っていたりするという人の中には、古い着物を下取りに出して新品の着物を購入しようかと考えている人もいるのではないでしょうか。

着物は素材や種類、生産地などによって下取り価格が異なります。

また、買い取り査定額との比較も重要になってくるため、下取りに出す時は充分に注意が必要です。





まずは保存状態をチェック

どんなものにも言えることですが、下取り価格の査定には保存状態の善し悪しが大きく関わってきます。

着物の下取りにおいて高額査定になりやすいのは新品や未着用のもので、着た回数が多いものほど査定額が下がっていく傾向にあります。

着用すれば着物が傷む可能性が高まりますし、皮脂や汗が付着することで色落ちやシミを招くからです。

無論、保存状態がよければたくさん着た着物でも高額で下取りしてもらえることもあるでしょう。

しかし、どれだけ丁寧に保存しても経年劣化は避けられませんから、下取りに出すなら、なるべく早く決断したほうが高額査定に繋がりやすいと言えます。

種類やサイズに注目

着物は種類によって価値が変わります。

美しい意匠が施された訪問着や振袖なら高額査定が出やすいでしょう。

紬や留袖などでも、有名作家の作品や伝統工芸品であれば高く査定してもらえることもあります。

また、どんな生地で織られているかも重要で、正絹(しょうけん)で織られた着物は価値があり、匁(もんめ)と呼ばれる絹の重さを示す値が大きいほど高額での下取りが期待できます。

一方で、ポリエステルなどの化学繊維やウールなどで作られた着物は下取りの対象になりにくく、下取りしてもらえたとしても査定額は低くなるでしょう。

さらに、着物のサイズも大切です。サイズが大きく仕立て直しのしやすいものであれば問題なく下取りしてもらえるでしょうが、あまりサイズが小さすぎると査定は厳しくなってしまいます。

作家や産地も査定額に影響

着物にもブランドというものがあり、有名な作家や産地の着物であれば高額査定になる可能性が高まります。

羽田登喜男や森口華弘、由水十久や松井青々などの有名職人の手による作品なら高額での下取りが見込めるでしょう。

結城紬や大島紬、芭蕉布や宮古上布といった各地の伝統工芸品も人気が高く、高額で取引されています。

さらに証紙という産地や品質を保証するための紙があると査定額がアップしますので、手元にある場合は必ず着物と一緒に下取り査定に出しましょう。

下取りに出す前に買い取り価格も確認

下取りをしてくれる呉服屋や着物取扱店に着物を持ち込む前に、着物の買い取りを専門にしている業者に買い取り額の査定を依頼しましょう。

場合によっては、下取り価格より買い取り価格のほうが高くなることがあるからです。

着物の買い取り専門業者に査定を依頼する方法は自分で店舗に持っていく「持ち込み買い取り」、店舗に発送して査定してもらう「宅配買い取り」、業者に自宅まで来てもらう「出張買い取り」の3つが主流です。

どの着物買い取り専門業者に依頼すればいいのかわからないという人は、無料で出張査定を行っている業者をいくつか選び、それぞれに査定額を算出してもらって比べてみましょう。

そして、提示された中で最も高い買い取り査定額を基準とし、各店舗での下取り価格と比較していきます。

下取り価格が上回ればそのままその店舗で下取りをしてもらえばいいですし、買い取り価格が上なら改めてその査定額を提示してくれた業者に連絡し、買い取りを依頼するといいでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!