着物コラム

着物とは違う浴衣の価値とは?

 
着物買取浴衣

着物は持っていなくても、夏は浴衣を着るという人は多いようです。

浴衣は柄や色が豊富になっただけでなく、帯や小物類もさまざまなデザインのものが増えて独自に進化しています。

着物とは違う浴衣の価値と魅力とは何でしょうか。





浴衣は寝間着?

浴衣の歴史は古く、平安時代には貴族など身分の高い人が蒸し風呂や沐浴の際に着用したのが始まりと言われています。

その後時代とともに少しずつ変化し、入浴後の着物として利用されるようになります。

江戸時代に入って庶民にも広まると、現代のように花火大会やお祭りの外出着としても着られるようになったようです。

昭和初期頃までは就寝時に着用する寝間着として利用されることが多かった浴衣。

ですが、戦後から少しずつ着物を普段着として着る習慣が薄れ、それに連動するように浴衣を寝間着にする人も減少しました。

今も浴衣で寝る人はいますが、寝間着に用いられる浴衣の素材は木綿の他にもガーゼなどの肌触りの良いものが増えています。

寝間着から夏の外出着へ

現代は、浴衣と言えば花火大会やお祭りの時に着るという印象の人も多く、浴衣は寝間着から夏の外出着として定着しつつあります。

帯も半幅帯だけでなく飾り帯も豊富になっています。

鮮やかな色のものも増えた上に結び方も工夫が見られ、従来の帯結びを変化させたものや兵児帯を使用して花やリボンをモチーフにしたものなども見られます。

美容室で着付けてもらう人も多い一方、動画サイトを参考に自分で自由に結ぶ人もいます。

女性だけでなく、男性も浴衣に帽子を合わせたり雪駄や下駄に凝ったりと、浴衣を夏のお洒落着の一つとして楽しむ人は増えています。

デザインに見られる変化

浴衣を寝間着として着る習慣は、主に温泉地などを中心とした宿泊施設にも残っています。

寝るだけでなく、入浴後の外出着としても利用しやすいよう、ホテルや観光地ならではの特色を出すなどデザインにも工夫が見られます。

色や柄のバリエーションを増やすだけでなく、客が自由に選択できるところもあります。

一般に着られる浴衣もデザインの種類が豊かでカラフルなものが出ています。

訪問着や小紋といった着物と同等の柄をデザインした浴衣も出ていますが、生地の染色技術の変化にも関係があります。

着物の染色や絵付けにインクジェットプリンターが使用されるようになったことです。

従来と比較して細かい柄の再現や自由な色の表現がしやすくなり、ブランド浴衣を中心に以前に比べるとカラフルなものが作りやすくなっています。

着用しなくなった浴衣は?

浴衣には、他の着物とは異なる独自の変化が見られます。

寝間着として使うものは比較的手頃な価格のものが多いですが、外出着としての浴衣の中には数万円という価格のものも珍しくはありません。

特にブランド浴衣の人気は高く、毎年購入するという人もいるようです。

デザインのバリエーションも豊富で、中古でも売りやすい傾向にあります。

浴衣を買取り、リサイクルする業者が増えている理由は、安定した浴衣の人気にあるようです。

箪笥にしまったままの浴衣も他の人には探していたものかもしれません。査定してみると思わぬ高値がつくこともあるでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!