着物コラム

【着物コラム】色無地について

色無地について

本サイトに寄せた他のコラムでも触れて来たように、着物買取りにはいくつか条件がついて回りますが、基本的には正絹のきもので、よほど酷い傷みや汚れがなければどのような種類でも引き取ってもらえることが多いです。

しかしその場合、必ずしも驚くような値段をつけての買い取りとなるわけではありません。





和装にも色々ある

和装にも様々な種類があり、柄による格の変動など、正絹であれば必ず高価格の値がつくとは限らないのです。

現実問題として、買取業者にとっては転売する時に需要があるかどうかと、 買取る着物自体の価値がどれくらいあるかということがネックになってきます。

正絹という枠の中で、より状態の良い品に高額を提示して買い取るのは自然な成り行きです。

あなたにとっての「売りたい」着物と「処分したい」着物の比較と、中古でも構わないから着物を求めるお客様目線を合わせて考えるとイメージしやすいですね。

色無地に関する解説

色無地は、その名の通り黒以外の無地の着物のことで、着物としては地味な部類に入りますが、対応領域の広い非常に便利な着物です。

生地は柔らかいものが多いですが、近頃では紬の色無地があり、独特の光沢があって無地でも華やかな印象を与えます。

洋服で言うとドレスに近いワンピースのようなポジションで、紋入りの色無地は振袖とは異なり、未婚既婚を問わない礼装です。

結婚式などの大切な場で、親族の方がお召しになって写真に納まっていることも多いのではないかと思います。

汎用性の高い色無地は高値に?

そんな色無地の本領発揮は、紋によって様々に使い分けることができるところです。

一つ紋の色無地に友禅帯のコーディネートは何とも上品な略正装、三つ紋になれば紋の無い訪問着よりも格が上ですし、また、抑えた色の物に黒の帯を締めれば、お通夜や法事にも着ることができます。

更に淡い色合いの色無地の場合、染め直すという方法もありますのでいくつになっても着られます。 長く大切にしたくなる着物である事に疑いはありませんね。

そんな汎用性の高い色無地は、着物買取りのときにも柄物に負けず、いい査定金額が出ることがあります。

色無地を手放すならとにかく早くが一番

着物買取りの段階では、通常の査定に加えて柄行が古臭くないか、美品であるか、生地の質がどういったものかなどがチェックされます。

プレミアムの有無はさておき、無地は流行による相場に基づいた評価に影響されにくので、普段からきちんと風通しをして、たんすのなかを適切な状態にして収納できているかが肝心です。

次の休日、たんすの整理をしてみるのはどうでしょうか。

改めてお手持ちの着物を確認してみると、これまでとは違う発見ができるかもしれません。気になる着物があったら、少し情報を調べてみても楽しいですね。

そうすると、手元に残したい着物と手放しても良い物が分れてくることでしょう。そんな時は気が変わらない内に手放す思い切りが大切です。

色無地まとめ

時間があれば店舗へ持っていくのも、出張査定を依頼するのも、宅配査定を検討するのも良いでしょう。

バイセルならば土日祝も24時間受付をしてくれますし、最短での訪問実績もあるので、ちょっと気が向いたからお願いしようと言う時にも助かりますね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!