着物コラム

【着物コラム】訪問着について

訪問着について

素敵な訪問着を買ったのに着る機会がないな…という方、実は多いのではないでしょうか。

せっかく買ったのですから着たい!でも洋服の中に1人だけきものでは、周りから浮いてしまうのではないかしら?と結局たんすに収納したまま、これも良く聞くお悩みです。

でもその悩み、実は杞憂だと分かれば堂々とお披露目出来ますよね。





訪問着を着ていく場について

これは結婚式への出席やお茶会、パーティのような場所へ参加するための正装として認められています。

未婚既婚を問わず、しっとりとした鮮やかさをもつので、華やかな場を更に彩る和装での出席というのは日本人として歓迎されることの方が多いのではないでしょうか。

また、よく話題になる附下との違いですが、最大の違いは、襟から胸元まで柄が繋がっており、着物自体が1枚の絵のようになっているのが「訪問着」。

柄が胸元に留まり、襟は無地のものが「附下」と思っていただければ分かりやすいです。

「訪問着」は絵羽模様と呼ばれる手法で模様付けを行います

生地を裁断して着物の形に一度仮縫いを行います。それは「仮絵羽」と言われ、着物として仕立ててから絵を描く。

それ後仮縫いを解いて染色を施し、本縫いを行うことでやっと完成します。

「附下」は「付け下げ」と書かれることも多く、反物の時点で柄が染められているのでそのまま着物に仕立てられるものの、仕上がりの際には飛び柄になることも多く、傾向として柄合わせを気にせずに済む小さめの柄が主流です。

着物のレンタルサイトや店舗で、お客様用の着用イメージ写真を見比べてみると尚分かりやすい

訪問着の場合付け下げよりも格がやや上とされ、フォーマルに着用できるのは訪問着、観劇や同窓会などの身近なお洒落着には附下という使い分けになるため、需要としてはいざという時のために訪問着を選ぶ方の方が多いようです。

友禅の訪問着などは、振袖とはまた異なった趣の大胆な柄行の物も多く、目にも楽しいです。

説明ばかりが長くなってしまいましたが、あなたは普段、どのようなコーディネートをして訪問着を着用していますか?

多くの方は、仕立てを依頼した着物屋さんや、土日にも開催される着物市などでプロからの情報やアドバイスを元に、購入した訪問着に見合う帯や小物をそれなりの値段で揃えているのではないでしょうか。

もちろんプロの意見を受け入れるのはとても大切

実はそれは、世間的に「着物は難しいと」思われてしまう落とし穴だったりするのです。

評価の方法は様々ですが、帯1本でがらりと印象が変わる。洋服と比べても1枚あたりが高額な着物だからこそ、あなたの好みで時間をかけて、価格ばかりに捉われずに余すことなく楽しむことが重要です。

それでも着る機会はもうない、整理が必要な状態であると思えたならば、買取りをしてくれる業者へ査定に出してみるのも良いかもしれませんね。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!