着物コラム

【着物コラム】色留袖について

色留袖について

色留袖といえば着物において各の高い着物の種類のひとつです。今回は、色留袖を今まで以上に楽しむコツやもしも着なくなった場合の良い活用方法についてお話します。





色留袖の特徴

留袖は大きく2種類、黒留袖とそれ以外の色に染められている色留袖に分けられます。

「和装の種類は見分けづらい」とお思いの方もいらっしゃいますが、色留袖は着席した時に卓の上から見える上半身には絵柄がないのが特徴です。

そして言わずと知れた女性の第一礼装なのですが、実はこれには「5つ紋ならば」という条件が付きます。

3つ紋であれば準礼装、1つ紋ならば略礼装というように、格が変わります。

最近では着用の間口を広げるためにも、敢えて1つ紋・3つ紋に留めて「訪問着よりはやや格が上」の外出着とすることを選択して対応領域を広く取る方も多いですね。

色留袖のコーディネート

次に、色留袖のコーディネートについて、淡い色合いが多い色留袖ならば派手な帯を締めれば良いというのはあまりに安直ですし、あまり主張の強い帯は違和感を覚えます。

レンタルで1式まとめられているならば悩まずに済みますが、着物の組み合わせはバランス感覚が大切ですので、お時間のある時にたんすの中身を整理しがてら、今のあなたを1番輝かせる着物と帯の組み合わせを作ってみるのも楽しいですね。

それらを出来る限り写真に残して組み合わせ内容を分かり易く並べた収納をしておけば、急な出番で時間がない時にもスピード感を鈍らせること無く対応が可能になります。

インターネットで色々な着物店舗のサイトを探し、そこの情報やモデルの着用イメージと組み合わせの実績を参考にするのも良いですね。

歓迎される傾向が高い着物である色留袖

着物の買取りや販売を行う業者の方から話を聞くと、正絹で美品の着物であれば値段の差はあれども大抵は買い取ってもらえるようですが、中でも留袖は歓迎される傾向が高い着物です。

歓迎される理由として、市場での需要が比較的高いことと、振袖などと同じくそれなりの値段で売買が成立するということですから、仮にあなたがお客様という立場でお持ちのきものを処分しようとする場合、ただ捨てるのではなく、査定依頼に出すという方法があると言うことになりますね。

インターネット等で検索すれば、無料で出張や宅配の査定を受付してくれる業者や評判を沢山見つけることができます。

あなたの着物を相場と併せて適切に扱ってくれる業者もきっと見つかる事でしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!