着物コラム

【着物コラム】黒留袖について

黒留袖について

黒留袖は文字通り地色が黒の留袖です。

5つ紋の黒留袖は既婚女性の第一礼装にあたり、自身が結婚式などのおめでたい席で立場の重い列席者にあたる場合に着用します。

逆にあなたがお客様として招かれている席のきものならば、色留袖もしくは3つ紋の訪問着が適切でしょう。





黒留袖に合わせる帯のスタイル

古くは黒留袖には丸帯、というのが一般的でしたが、最近では着用時の手間を軽量化する意味も込めて袋帯が浸透しています。

祝賀用礼装と言うこともあり、それにふさわしく金箔や銀箔を用いた上等の帯を二重太鼓の形で締めるスタイルを見かける機会も多いのではないでしょうか。

近親者の結婚式に参加したことがある方でしたら、式場のレンタル衣装、もしくは提携業者から同様のコーディネートを提案された経験があるかもしれませんね。

格式としてもコストパフォーマンスの面でもかなり高い黒留袖

そんなおめでたい席に用いられる黒留袖は、一昔前であれば嫁入りの際に仕立てを依頼し、落ち着いた柄行の物を持たされる方も多かったようです。

「仕立てる」=「高額」とイメージしがちですが、あなたがこれまで、そしてこれから立ち会うであろうおめでたい席を数えてみてください。

それぞれ年齢に合わせて相当のドレスを用意したり、合わせるバッグなどを加味した金額を掛け算してみると、意外と驚く金額になりませんか?

長い目で見ると、普段はたんすで大切に収納されたままの黒留袖というのは、格式としてもコストパフォーマンスの面でもかなり高い地位なのではないかと思います。

黒留袖は着物買取においての価値は?

一方、そんな評価と反比例するように処分をしようとするには価格面でシビアなのも特徴です。

これは着物や和装品の取り扱いをしている店舗でも、宅配・出張による査定や買取をしている会社でも大きな差はありません。

気になる方は、試しにネット査定を受付ているサイトを探して写真を送ってみるなど、情報を集めてみるのも良いでしょう。

人生の大切な場面に立つ装いですから、購入に際してはがぜんこだわりも出てきますし、振袖と違い既婚女性であればずっと長く着られるものですので、必要となるサイクルが時間に直すとかなり長期的なため相場が付きづらい事も要因の1つなのでしょう。

黒留袖まとめ

このようにあらゆる面で独特な存在である黒留袖は、絵柄についても一種独特です。

留袖の絵柄は基本的に帯より下のみなのですが、かなりの割合で左上から右下へ流れるように描かれているのに気づくことでしょう。

左前の着物ですから、視覚的に最も効果的となるように対応しているわけですね。

更に、色留袖であれば地色に馴染みながらも引き立てる図案が多数なのに対し、黒留袖はまるで蒔絵のように鮮やかな図案が主流です。

あなたのたんすに大切にされて眠っている黒留袖はどのような状態と柄行か、整理しがてら確認してみるのは如何でしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!