着物コラム

【着物コラム】伝統工芸の紬で証紙があるか

伝統工芸の紬で証紙があるか

着物買取りでは、すぐに転売できるくらい状態が良く需要のある品が重宝され、買い取りの評価と価格に大きく影響します。

一方で需要の変動に左右されず高い値段がつく「紬」について、今回お話したいと思います。





着物における伝統技法の詰まった紬

和装品の買取りにおいて、業者から歓迎されるのは格が高い留袖や訪問着、振袖といった礼装や、友禅のように多くの人から愛される伝統技法によって作られた品です。

しかし、本来ならば普段着として扱われる紬が、現在では例外的に高額な査定をされる対象商品の一つとなっています。

紬はそもそも、生糸として使えないくず繭から作られた織物で、丈夫で鈍い光沢を放ち、独特な風合いを持っているのが特徴です。

くず繭から作られた物ですから、その多くはその土地の方たちが使用する作業着や野良着に消費されていたのですが、想定外にもその独特の風合いが都心部の洒落者の間で人気となり、後追い的に評価が上がり、伝統技法も加わることで華々しく名をあげました。

更には手作業によって織られているために生産量が非常に低いという事情も重なり、きもの業界においても長く上位の相場を保っています。

あなたの紬にもあるかもしれない紬

特に予定もない土日、気が向いたら一度あなたのたんすの中を整理してみてください。

収納された紬に添えるように、証紙が見つかる事でしょう。証紙は生地の織り元や織物工業組合等が発行している紙のことで、品質の証明書だと思って下さい。

「○○紬」のように種類が記載され、押印されています。反物で購入して仕立ててもらった場合ならばハギレとして一緒にたとう紙に入れられているはずです。

紬のまとめと買取りについて

実はこの証紙の有無も買取依頼をする際の値段に影響します。

その紬のプレミアムも一目瞭然に証明する物ですから、もしもあなたがお客様として店舗や出張、宅配での査定を依頼するのであれば、そのままたとう紙の中に。

インターネットサイト上で写真査定を依頼するであれば一緒に画像を添付しましょう。

受付ける業者側にとっても証紙があれば品質確認にあてる時間の大幅な節約になりますし、とても有用で大切な情報なのです。この方法はスピード感を持った対応をしてもらうのにも有効ですよ。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!