着物コラム

【着物コラム】美術展覧会で購入したものか

美術展覧会で購入したものか

着物の買取りを依頼した際、お話の中で購入場所の確認をされることがあるかもしれません。

というのも、実はデパートの店舗ないし美術展覧会で購入したものだと、上々な査定評価をされることも多いのです。

それはなぜなのか。今回はそれについてお話したいと思います。





展覧会の着物は買取においても価値が高い

きもの店が単独で店舗を構えることのめっきり減った現代ですが、日本人の礼装である和装品店は、デパートなど様々なところでテナントを構えることで、柔軟に時代に対応し販売を行っています。

美術展覧会や展示イベントへの出店は、レンタルスペースでの出張販売店舗と同じだと思っていただくと分かりやすいですね。

あなたはショッピングに出かけたデパートの一角に、綺麗な振袖や訪問着、友禅帯などが飾られているのを見た事がありませんか?そうして飾られた着物類は、製造元である業者や取扱店舗の自信作である事がほとんどです。

実際のところ価格差はあれども、展示されていない商品との品質の著しい乖離はありえませんので着物買取りのときにも質の良さを判断する情報基準として重要視され、高額査定をされ易いポイントと言われています。

もしあなたが展覧会の着物をお持ちなら

店内に入らなければ見えない位置で展示見本とされている場合は作家ものや伝統工芸品であることは稀で、質は良くとも普通の着物と同じように査定されがちです。

一方で店頭など目を向けなくても視界に入る場所に展示されている品物は、それを取り扱う店でも最高の品ということが多く、中には展示会などの催事において客寄せのために破格の値段で購入できることもありますが、基本的には群を抜いたもの高額のものが多いのではないでしょうか。

加えて、特に渾身の一作となっているような着物の場合、購入されたお客様の手元でも適切な状態の維持やたんすへの収納がなされている割合も高く、そのエピソードとあなたの丁寧なケアが組み合わさることでプレミアムとして付加価値に換算された買取り額となることもあるのです。

着物をもしも買取に出すなら目利きのプロに相談を

着物買取りは決して安く買い叩くわけではなく、相場に則って適正な価格を算出してくれます。

今後着用予定がない着物があれば、たんすの整理がてら一度無料査定を依頼してみるのも良いのではないでしょうか。

不安な点があれば、事前に受付担当者に質問だけの電話をしてみるのも良い方法かもしれません。

可能であれば複数の会社のサイトをチェックして、これまでの実績を閲覧したり、働いている方であれば土日やあなたのお休みに合わせて対応してくれるかどうかも重要です。

あなたの大切な時間を無駄にすること無く買取業者を上手に使いこなせたら、心を痛めながら処分する以外の道が開けるかもしれませんね。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!