着物コラム

着物買取の相場価格はどれくらい?高く売るコツは?

着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

箪笥(たんす)の中にぎっしり詰まった着物を前に「着る予定もないから処分しようか」とお考えではありませんか?

成人式の記念に買ってもらった振袖や結婚式で着た留袖、ご両親から譲り受けた着物や帯など、それぞれに詰まった思い出もあり捨ててしまうには忍びないのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが不要になった着物を対象に値段をつけて買い取りしてくれるのが着物買取で、査定時の値段は「着物の買取相場」を基準として値段が付けられます。

着物には様々種類があるため、着物の買取相場はどのような仕組みになっているのか気になるところです。

ここではそんな着物買取の相場価格や高く売るコツを紹介します!





着物買取とは?

着物買取とは?

着物買取とは、着用機会のなくなった着物や不要になった着物を対象に査定を行い、値段を付けて買い取りしてくれるサービスです。

着物はお宮参り、七五三、成人式、結婚式などさまざまな節目の行事で着る機会があるものの、昔と比べると着る機会が減ったことで箪笥に収納したまま眠らせてしまうケースや、整理に困り仕方なく処分してしまう場合もあると思います。

そんな「不要になった着物をどうすれば良いか」という悩みや困りごとを解消する方法として、着物買取はたいへん利便性の高いサービスであるといえます。

着物買取に人気が集まるもう一つの理由、訪日外国人の増加

着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

着物買取に人気が集まるもう一つの理由は訪日外国人が増加したという背景も大きく関係しています。

ご存知のように日本をはじめ、あらゆる日本文化はいまや世界中から注目されるようになりました。

着物はある意味「日本文化の象徴」とも言え、今では日本へ訪れる外国人向けとした着物の販売や、自国へのおみやげとして外国人の多くが着物を購入していくという活況を見せています。

そのため中古品の着物は新品に比べて安価なため購入ニーズが高く、自宅の箪笥(たんす)に眠っている着物への買取需要が伸びているのです。

着物買取がはじまったのはいつから?

着物買取のはじまりはいつ?

着物の買取自体は実は昔からあり、呉服販売店の中には中古の着物の下取りや買取を実施しているところや質屋でも質入れ(質屋からお金を借りる際に保証として品物を預ける方法)といった方法はありました。

しかし、近年注目を集めている着物買取(不要になった着物の査定を行い値段を付けて買い取りする)サービスをメインとしているのは着物買取業者のみとなります。

着物の買取業者が実施している着物買取の良さは、なんといっても着物に特化した買取サービスを実施しており、古い着物や汚れた着物など、どんな着物でも査定を行ってくれます。

着物買取を行っている業者とリサイクルショップの違い

着物買取を行っている業者とリサイクルショップの違い

着物買取に注目が集まるようになり、最近では着物買取専門店の他にリサイクルショップでも取り扱いされるようになってきました。

それぞれの特徴と違いを見てみましょう。

リサイクルショップにおける着物買取

リサイクルショップの多くは店舗型で、着物をはじめ様々な商品を取り揃えています。

取り扱い品も多数で、着物だけでなく洋服から日用品・家電や家具など幅広く商品を取り扱っているのが特徴です。

取り扱い品目が多く何でも売れるというのがメリットな半面、ひとつの商品に特化していないので着物のように見極めが難しい商品の場合、二束三文の買取価格となる可能性は否めません。

着物には総じて大切な思い出が詰まっているので、「大切な着物だから高く売りたい」とお考えの方にとってはデメリットに感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

着物の買取専門店における着物買取

着物を専門で買取してくれる業者ですが、これはリサイクルショップとは異なり、着物や帯、和装品に特化した査定を行い、買取してくれるサービスです。

着物や和装品に限定されますがその分深い知識と熟練した査定技術を持っています。

さらに、着物は枚数が多くなるとかさばり、運ぶのも手間に感じる面もありますが、着物買取専門の業者は電話1本ですぐに出張査定をしてくれますし、インターネットから簡単に申し込めるなど昔に比べて簡単に買取対応や受付方法を選ぶことができるのが強みといえます。

着物を買取に出す前に押さえておきたい「着物の買取相場」

着物を買取に出す前に押さえておきたい「着物の買取相場」

着物の買取相場や買取価格で最初に知っておきべきこと、それは「着物は値段が付きづらい」ということです。

なぜなら着物はとてもデリケートな性質を持ち、洋服のように頻繁に着る機会がないため着用してから箪笥にしまったままで、気付いた時には修復できない汚れやダメージが蓄積し劣化してしまうからです。

シミや汚れについては次項で紹介しますが、その前に着物や帯、和装品に関しての買取相場をみてみましょう。

着物の買取相場と買取価格の目安は?

着物の買取相場と買取価格の目安

着物買取の相場に関して、値段が付きやすい傾向が見られる着物の種類として

  • 作家物(有名作家物/人間国宝など)
  • 留袖(色留袖/黒留袖)
  • 振袖
  • 友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など)
  • 訪問着
  • 付け下げ
  • 紬(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など)
  • 小紋
  • 色無地
  • 上記であれば状態にもよりますが、査定時の着物買取価格は比較的値段が付きやすい傾向が見受けられます。

    着物の買取相場を決める上で重要視されるのが市場の需要がどれだけあるかという点ですが、ここで紹介した種類は比較的需要が高いのです。

    上記種類においての買取相場は以下の通りです。

    着物の種類 買取相場(相場価格)
    作家物(有名作家物/人間国宝など) 3,000円~800,000円
    留袖(色留袖/黒留袖) 2,000円~200,000円
    振袖 2,000円~500,000円
    友禅(京友禅/加賀友禅/東京友禅/十日町友禅など) 3,000円~500,000円
    訪問着 2,000円~500,000円
    付け下げ 2,000円~200,000円
    紬(大島紬/結城紬/黄八丈紬/塩沢紬/牛首紬など) 1,000円~500,000円
    小紋 1,000円~20,0000円
    色無地 1,000円~50,000円

    ※上記に記載のある買取相場はあくまでも目安のため、お持ちの着物の状態次第では大きく買取価格が変わる可能性もありますのでご注意ください。

    下記より主要な着物の種類に関しての紹介ページがございますのでご覧下さい。

    参考記事:作家着物買取について
    参考記事:留袖買取について
    参考記事:振袖買取について
    参考記事:訪問着買取について
    参考記事:付け下げ買取について
    参考記事:小紋買取について
    参考記事:色無地買取について
    参考記事:紬買取について
    参考記事:友禅買取について

    帯・和装小物の買取相場と買取価格の目安は?

    帯の買取相場と和装小物の買取相場

    帯の買取相場については、名古屋帯や袋帯などであれば買取需要もありますので状態次第で値段が付きやすい傾向はあります。

    さらに着物と同様に作家のものや伝統工芸品もあり、そういったものならば買取相場も高い傾向といえます。

    ただし、丸帯や半幅帯などは他の帯と比べてやや低い傾向が見受けられます。

    次に和装小物に関しては着物や帯に比べて全般的に値段が付きづらい傾向はあるものの、小物の中には老舗呉服屋のバッグや草履、帯締めや帯留めなど種類は絞られますが需要のある品も複数あります。

    上記種類においての買取相場は以下の通りです。

    帯・和装小物の種類 買取相場(相場価格)
    名古屋帯 500円~300,000円
    袋帯 500円~300,000円
    丸帯 1,000円~100,000円
    半幅帯 500円~150,000円
    和装小物 100円~50,000円

    ※上記に記載のある買取相場はあくまでも目安のため、お持ちの帯や和装小物の状態次第では大きく買取価格が変わる可能性もありますのでご注意ください。

    下記より主要な帯の種類と和装小物に関しての紹介ページがございますのでご覧下さい。

    参考記事:名古屋帯買取について
    参考記事:袋帯買取について
    参考記事:丸帯買取について
    参考記事:半幅帯買取について
    参考記事:和装小物買取について

    高額査定が期待できる着物の条件は?

    高額査定が期待できる着物の条件

    値段が付きづらいとご説明した着物の中には、ある特定の条件を満たすことで高値が付く着物や、稀少性が高く驚きの買取価格が付いた逸品も存在しており、目が離せません。

    では、どういったものが高値に繋がるのでしょうか。着物が高値になる条件、それは「着物にどれだけ価値があるのか」が重要です。

    その価値を決める条件やポイントを紹介します。

    着物の価値を決めるポイント1:新品/未使用のもの(汚れやシミが一切ない)

    新品や未使用の着物であること

    着物買取では、多くの品が一度袖を通した着用品がメインとなりますが、着物愛好者や着物が好きでコレクションされている方がお持ちの品などの中には一度も袖を通したことのない未着用品というのもあります。

    ただし、いくら新品や未着用だからといっても保管状況が悪くシミや汚れがついてしまうとマイナス評価となってしまうのでご注意ください。

    着物の価値を決めるポイント2:正絹や麻、綿素材のもの

    正絹や麻、綿素材のもの

    着物には正絹(絹)・麻・綿・ウール・ポリエステルという5つの生地素材があり、この中で着物買取の相場や需要のある素材は正絹(絹)・麻・綿が該当します。

    なぜ絹・麻・綿が高値になるのかといえば、価値の高い着物の多くでこの3素材が使用されているからです。

    割合でいえばもちろん正絹(絹)が圧倒的ではあるものの、伝統工芸品の中には正絹以外にも麻や綿が使用されている逸品も存在しています。

    着物素材の見分け方としては証紙などの一部素材が載っている場合もありますが、必ずしも載っているわけではなく、着物査定のプロは「手触り」で判別できます。

    このように、着物の素材の見分け方は知識や経験を要しますので、ご自宅にある着物がどういった素材なのか知りたい場合は買取専門店へ相談して頂くと良いでしょう。

    着物の価値を決めるポイント3:産地物の着物(伝統工芸品)や有名作家の着物

    産地物の着物(伝統工芸品)や有名作家の着物

    着物は日本全国の各地域で独自の特色を持つ着物や帯が作られています。

    古い歴史を持つ着物の中にはいわゆる伝統工芸品に該当するものもあり、有名なものですと鹿児島県奄美大島の本場大島紬や、沖縄の琉球紅など、その地域で独自の発展を遂げた素晴らしい逸品が全国に存在しています。

    また、着物作家という染めや織りの技法を持つ作家の着物や帯は着物買取の相場は特に高く、人間国宝に該当する作家ですとさらに高値の要素が高まります。

    着物の買取価格を下げてしまうマイナスポイントとは?

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物買取における傾向として、これよりご紹介する「マイナスポイント」が理由で価格が下がってしまうことが多いです。

    その上で、着物買取ではこのマイナスポイントや価値を下げる条件をどれだけ省くことができるのかが重要なのです。

    以下でマイナスポイントとなってしまう代表的な特徴をご紹介します。

    シワや汚れのあるもの

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物は衣類ですから着用するたびに少しづつ汚れやシワが蓄積していきます。どんなに気を使って着用したとしても必ず付いてしまいます。

    その上で着用した後のお手入れをするしない次第で、着物の寿命を延ばすだけでなく、いざ買取に出した時に大きな差が出ます。

    着物には様々な要素が関係し、買取価格が算出されるのですが、このシワや汚れは多少ならまだしも、放置して取り返しのつかない価値の低下を招きます。

    大量生産品の着物や帯

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物や帯の製造技術は近年劇的に向上しました。

    大量生産品や手織りではない機械織りで作られており、それまで一着数十万円~数百万円していた着物が格安で購入できるようになりました。

    しかしながらこういった大量生産品は買取価格が極端に安くなるだけでなく、最悪値段がつかないケースもあります。

    着物の産地や着物作家の証である「落款」や「証紙」がない

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    新品で購入した産地物の着物(伝統工芸品)や作家が仕立てた着物には必ず「落款(作家物の場合※)」や「証紙」が付いています。

    着物を査定する上で査定士がまず最初にチェックするのがこの証紙と落款です。特に証紙は着物の価値を証明する重要な証拠ですので捨てずに保管しておきましょう。

    この証明書がない場合、価値を保証する証拠がないため、買取価格が低下してしまう要因になりますのでご注意ください。

    着物買取でより高く着物を売るコツ

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物買取において、少しでも高く売るコツは簡単なようで実はとてもたくさんのチェックすべきポイントがあります。

    前項でお伝えした部分にも付随しますが、改めて紹介しますので、高く売るコツを押さえて、少しでも高く着物を売りましょう。

    着物の状態は少しでもきれいな状態で

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    基本的に一度でも袖を通した着物は肌に触れるため衿元や首周りに汚れが付着します。

    また、未使用であっても箪笥にずっと眠っていた着物や帯ですと、シワや汚れの他に湿気でカビが生えてしまったり虫食いで大切な着物に穴があいてしまったりと、思わぬ価値の低下が懸念されます。

    保管にしている着物は定期的にお手入れしたり箪笥の中の空気を入れ替えてあげると良いでしょう。

    着物の丈(サイズ)も買取相場を決めるポイント

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物買取ではこの丈というのが重要で、着物は買取された後に中古市場で小売業者や消費者へ向け再販されます。

    比較的需要の見込めるサイズですと150センチが望ましく、仮に極端に大きなサイズであっても丈詰めすることにより調整できます。

    しかし、子供サイズのものや140センチ未満の着物ですと着用できる層が少ない=需要が見込みずらく敬遠される傾向があります。

    よって丈は少しでも長いものが良いでしょう。

    伝統工芸品や作家の証明書は忘れずに提示

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    これはいわゆる証紙なのですが、この証紙があるかないかで着物の買取価格や相場というのは大きく変動します。

    稀少な着物であると証明する証拠がないということは、買取後に再販される際にも同様で、需要が見込みづらいのです。

    由緒ある価値を有した着物を購入した際には必ず証紙はついてきますので、間違って捨ててしまい後になってから後悔しないように、必ず忘れずに査定時に提示しましょう。

    着物だけでなく帯や和装品も一緒に

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物買取を行っている専門店の多くは、いわゆる和装品全般の査定を行ってくれます。

    せっかく大切な着物を査定してもらう機会に、どうせ帯や小物なんて値段がつかないのでは?と諦めてしまう前にお手持ちの和装品を全て買取専門店に出してみましょう。

    着物買取の専門業者なら価値を見落とさない

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    着物の買取を行うために必要な知識や査定技術は豊富な経験がなければ着物の価値を見抜くことは難しいです。

    一般的なリサイクルショップは手軽ですが思い入れの深い大切な着物の価値が見抜けない可能性もあります。まずは着物の専門店へ相談をしましょう。

    着物買取の相場価格と高く売るコツまとめ

    着物買取の相場はどれくらい?高く売るコツは?

    今回は着物買取の相場価格と高く売るコツをご紹介しました。

    着物の買取相場を決めるポイントや条件は数多くあり、ご紹介したコツを活用することであなたがお持ちの着物も今よりも高値で買い取ってもらうことも夢ではありません。

    なによりも着物買取は着物の状態や着物そのものの価値や市場の需要などが関係し、相場は大きく異なってくるため、適切な情報を収集することが大切です。

    あなたにとって納得のいく着物買取をしてもらう可能性を高めるためにも、まずは着物の買取専門店へ相談してみてはいかがでしょうか。

    お申し込み・ご相談はこちら
    0120-938-105
    簡単メール申込

    お申し込み・ご相談はこちら
    0120-938-105
    簡単メール申込

    着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!