和装品

【羽織買取】相場と高値が付く条件はズバリ「丈の長さ」

  • 羽織買取
  • 羽織は着物の上から着用するもので、羽織を含む上着類を総称して「和装コート」とも呼ばれることがあります。着る機会の減った羽織は着物買取の専門店でももちろん査定対象品なのですが、羽織は特に「丈の長さ」に注目してください。

    さて、そんな羽織は洋服でいうところのジャケットにあたり、趣向を凝らした様々な羽織が存在しています。そんな羽織は一年を通して様々なシーンで着用されますが、中には着る機会が減り箪笥に眠っているなんていう場合もあるかもしれませんね。ここではそんな羽織にスポットを当て、どういった着物なのか、なぜ「丈の長さ」が重要なのかなど、羽織を買取に出す前に押さえておきたいポイントを紹介いたします。

    羽織は着物の装いをアップしてくれる万能アイテム

  • 羽織は着物の装いをアップしてくれる
  • 羽織は着物の上に着用する着物の一種で、その多くは着物に比べて丈が短く、手間をひもで結ぶような作りになっています。古くは男性向けの防寒着や正装に用いられるばかりでしたが、江戸時代に深川芸者の羽織姿が名物となって以降、徐々に花柳界で女性による羽織着用が常態化し、明治になってようやく一般女性の中にも浸透します。

    後追いで浸透した文化の為か、女性向け羽織は黒紋付羽織を除き正装としては認められていません。しかしながら、普段使いの防寒着として女性の羽織はしっかりと根付いていきます。明治から大正にかけて流行したのはひざ下まである長羽織、昭和30年頃には帯が隠れる程度の短い丈の物が流行しました。

    また、羽織は夏用になると「ちりよけ(塵よけ)」ともいい、季節によって名称が変わるのも羽織の特徴なのですが、羽織と着物をコーディネートする場合は、濃い色と薄い色の組み合わせですとシックで無難に、濃い色同士の組み合わせですと個性的な印象に、薄い色同士の組み合わせですと品のある印象になります。また同系色の色合いであわせると、洋服のように現代的な印象にもなります。柄であわせるときには、羽織と着物の柄が同じような大きさにならないように気を配ると、すっきりと纏まり易いでしょう。

    特筆すべきは、なんといっても汎用性の高さといえます。羽織を上から着るだけでパリッとした印象になり、比較的薄手のものが多いので一年を通して様々なシーンで活用されていて、1着あると着こなしの幅を広げてくれる「万能アイテム」と呼ぶにふさわしいといえます。

    羽織を買取に出す前に押さえておきたい重要なポイント

  • 羽織買取の重要なポイント
  • 羽織を買取に出す場所、それは着物買取専門店ですね。着物買取が専門ですから羽織だけとはいわず、着物や帯も一緒にみてもらうと良いでしょう。しかし、着物買取を行っている業者を利用したことのない方は、買取業者がどのような部分を見て査定を行っているのかというのはなかなかわかりにくいことでしょう。この項では羽織を買取に出すにあたって押さえておきたいポイントをご紹介します。

    羽織の高価買取りを望むなら、ズバリ丈の長さが重要です

    査定ポイントは他の着物とは相違なく、基本的には素材と状態が前提となりますが、羽織に関して特に注意すべきはなんといっても「丈の長さ」が買取価格を決めるポイントだと言えます。羽織を含む着物類は買取された後、中古市場で再度業者向けに販売されます。着物の中古市場全体に言えることですが、丈が長い着物は需要も多く、需要が多いということはそれだけ買取時の値段も付く可能性があるのです。

    ただし、羽織は着物全体の需要や相場を見る限り、全体の総数としてはあまり多くはありません。ですから丈が短いものですと値段がつきにくい傾向が見られたり、最悪値段が付かないなどというケースも考えられますので、もしも気になる羽織などお持ちでしたら一度査定を受けられることをおすすめします。

    羽織は買取に出す時期や稀少性の高さも高値のポイントに

    羽織は年間を通して着用される機会の多い着物の種類であると前項で述べました。しかし、着物はそれぞれ需要の高まる時期や季節というものがあります。例えば真夏に出すのと寒くなりかけた時に出すのでは当然ながら需要も違うといって良いでしょう。これは着物に限らず衣類全般に言えますが、次のシーズンを見越して買取に出すというのも羽織を買取してもらうための一つのテクニックといえます。

    こちらも同じく他の着物と同じポイントになりますが、いわゆる有名作家が制作した羽織やその時期に流行している色合いや柄も評価のポイントといえます。ここ最近の流行で例を挙げると、今風の絞りの効いた柄やアンティーク着物に多くみられる特殊な染め方が人気が高まりつつあります。とはいえ、着物に詳しくない方ですとどういった流行があるのかなどなかなか分かりにくいかもしれませんね。そんな時は価値を知るという意味でも着物買取を行っている業者へ出すのもおすすめです。

羽織を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    母から譲り受けた大切な総絞りの羽織
    実家の呉服店が閉店するに伴い、扱っていた着物や羽織、小物類を複数譲り受けました。しかしあまり似合わなかったため、親に了承を得て買取査定をしてもらいました。元々が良い品のためか、想像以上の金額で大変満足しています。
    滅多にない程、鮮やかな絞りが特徴の羽織でした
    呉服店を営まれておられたお客様より、ご両親からお譲りいただいた総絞りの羽織に関するご相談をいただきました。査定させて頂いたお品物の中には羽織だけでなく多数の著名作家の品も多く、整理も兼ねてとのお話でした。 特に羽織は鮮やかな絞りが特徴的で状態もよく、ここまで良い羽織も珍しい印象でございました。このように箪笥に眠ったままのお品があれば一度査定をおすすめいたします。
  • 50代 女性
    着なくなった羽織がいい値段になりました
    若い頃好んで着ていた羽織。久々に箪笥から出して着てみたらサイズも合わず着られなくなってしまったので、買取に出しました。いろいろな思い出も詰まっている羽織でしたが、十分満足できる価格を付けてもらえて、買取に出してよかったと思いました。
    お客様の控えめで上品な印象を引き立てる羽織でした
    ここの度は羽織の買取、誠にありがとうございました。配偶者様の職業柄、着物を重用しているというお客様宅へお伺いしました。拝見させて頂いた羽織は、全体的に周囲への馴染みも良いしっとりとした色彩で、柔らかで上品な風合いが感じられました。丈の長さも程良く、刺繍で小振りな花を咲かせたものなど、お客様の控えめで上品な印象を引き立てるお品物でした。
  • 60代 女性
    作家物の羽織も買取対象と聞いて安心しました
    和装が好みの私は、よそ行き用で購入した作家物の羽織を数着持っていました。その中でも着る事が無いものを買取依頼に出したのです。インターネットにて買取の依頼をしました。とても丁寧な対応とスムーズな進みで無事に買取頂けました。
    拝見した羽織は年月を感じさせない素敵な逸品でございました
    長く着ていなかったという羽織を含む和装品の買取り依頼をいただきました。作家物の羽織のほか、西陣の老舗である長嶋成織物の袋帯や無名ながら柄行の良い帯や織着物、振袖などを拝見しました。使用感があったりやや古かったりということはありますが、いずれも良いお品物でした。購入されてから年数が経過していたとお聞きしましたが、年月を感じさせない素敵な逸品でございました。

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について 

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報