和装品

羽織の処分に困ったら着物買取で査定がおすすめ

羽織買取

羽織は着物の上から着用するもので、羽織を含む上着類を総称して「和装コート」とも呼ばれることがあります。

そんな羽織は洋服でいうところのジャケットにあたり、趣向を凝らした様々な羽織が存在しています。

ここではそんな羽織にスポットを当て、どういった着物なのか、そして羽織を買取に出す前に押さえておきたいポイントを紹介いたします。

羽織とは?

羽織は着物の上に着用する着物の一種で、その多くは着物に比べて丈が短く、手間をひもで結ぶような作りになっています。

羽織が他の着物と異なる点は、なんといっても汎用性の高さといえます。

羽織を上から着るだけでパリッとした印象になり、比較的薄手のものが多いので一年を通して様々なシーンで活用されていて、1着あると着こなしの幅を広げてくれる「万能アイテム」と呼ぶにふさわしいといえます。

 

羽織の処分に困ったら着物買取で

汎用性の高い羽織ですが、買取においてはそこまで高値になることはないようです。

オークションを例に挙げると、着物や帯の売買も活発に行われており、状態にもよりますが値段が付きやすい種類も多いです。

しかし羽織となると安い値段でないと買い手がつかないというケースも見られます。

これは着物の需要という点においてそこまで高くないことを示しています。

 

着物買取で歓迎される羽織は?

羽織にはそれぞれ素材や織られている製法の違いによっていくつか種類が分かれますが、作家が作ったものですと買取需要もあるので値段が付きやすいです。

そして作家の違いにもより買取価格の幅も異なり、人間国宝が作った羽織となると稀少価値も高いです。

また、丈の長さがあるものは無名品であっても値段が付きやすいといえます。

 

羽織の買取相場はどれくらい?

羽織は一年を通して様々なシーンで着用されますが、着る機会が減ってしまった羽織は買取に出した際の買取相場はどのくらいになるのでしょうか。

羽織は着物と同様に状態や価値の有無により値段の幅も異なります。

その上で作家物や刺繍の度合いにもよりますが数千円から数万円が買取相場といえます。

ただしこれが作家物や伝統工芸品などの場合はこの値段の範疇からは外れますので値段は下がります。

 

羽織の高額買取されるポイントについて

この項では羽織を買取に出すにあたって押さえておきたいポイントをご紹介します。

 

丈の長さ

査定ポイントは他の着物とは相違なく、基本的には素材と状態が前提となりますが、羽織に関して特に注意すべきはなんといっても「丈の長さ」が買取価格を決めるポイントです。

羽織を含む着物類は買取された後、中古市場で再度業者向けに販売されます。

着物の中古市場全体に言えることですが、丈が長い着物は需要も多く、需要が多いということはそれだけ買取時の値段も付く可能性があるのです。

 

買取に出す時期

羽織は年間を通して着用される機会の多い着物の種類であると前項で述べました。

しかし、着物はそれぞれ需要の高まる時期や季節というものがあります。

例えば真夏に出すのと寒くなりかけた時に出すのでは当然ながら需要も違うといって良いでしょう。

これは着物に限らず衣類全般に言えますが、次のシーズンを見越して買取に出すというのも羽織を買取してもらうための一つのテクニックといえます。

 

買取市場における流行やアンティーク品

こちらも同じく他の着物と同じポイントになりますが、いわゆる有名作家が制作した羽織やその時期に流行している色合いや柄も評価のポイントといえます。

ここ最近の流行で例を挙げると、今風の絞りの効いた柄やアンティーク着物に多くみられる特殊な染め方が人気が高まりつつあります。

 

まとめ:羽織は着物買取専門店で買取査定を

いかがでしたでしょうか。羽織には様々な種類もあり、売り先によっても付けられる値段は幅があるとご理解いただけたかと思います。

価値の不明な羽織の価値を見極めて、適性価格を提示してくれるのが着物買取の専門店です。

着物に特化した買取りを行っていますから、価値が不明でも豊富な知識と高い査定技術で価値をしっかり見極めてくれるでしょう。

 

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報