和装品

和装上着の流行に歴史あり

和装上着

  • 和装上着は、大きく分けて羽織と道中着・道行コートに分けられます。

    羽織は着物の上に着る丈の短い上着、洋服で言うならジャケットに相当するものです。古くは男性向けの防寒着や正装に用いられるばかりでしたが、江戸時代に深川芸者の羽織姿が名物となって以降、徐々に花柳界で女性による羽織着用が常態化し、明治になってようやく一般女性の中にも浸透します。後追いで浸透した文化の為か、女性向け羽織は黒紋付羽織を除き正装としては認められていません。しかしながら、普段使いの防寒着として女性の羽織はしっかりと根付いていきます。明治から大正にかけて流行したのはひざ下まである長羽織、昭和30年頃には帯が隠れる程度の短い丈の物が流行しました。

    羽織と着物をコーディネートする場合は、濃い色と薄い色の組み合わせですとシックで無難に、濃い色同士の組み合わせですと個性的な印象に、薄い色同士の組み合わせですと品のある印象になります。また同系色の色合いであわせると、洋服のように現代的な印象にもなります。柄であわせるときには、羽織と着物の柄が同じような大きさにならないように気を配ると、すっきりと纏まり易いでしょう。

    一方の道中着・道行コートは、文字通り洋服でいうコートにあたります。こちらは飽くまでも防寒・防雨や着衣を汚さないための用途の上にそれぞれの役割を持つ物です。

    道中着はいわば略式のお洒落コート、道行コートは衿元が四角く作られている、フォーマルな場にも着ていけるコートと思って下さい。羽織とは異なり、こちらは目的地に到着したら脱ぐのがマナーですので、場所を取らずに手早く畳めるよう、手順を慣らしておくと周囲から見てもスマートですね。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報