和装品

【反物買取】相場を知って高値が付く条件とコツ

知ってるようで知らない反物の特徴

反物とは、和装に用いられる織物をまとめて指す呼称です。

いわゆる着物に仕立てる前の前の状態のもので、使われる素材や種類によって多くの種類があります。

反物は着物を仕立てるために使われますが、一方で人々の生活の変化に伴い反物から着物へ仕立てる人は減り、また反物から着物を仕立てるには費用もかかるので、頻繁には行われなくなってきました。

古くから着物をお持ちの方の中にはご自宅に反物を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

ここではそんな反物の特徴や、反物を買取に出した際の相場などご紹介していきます。

知ってるようで知らない反物の特徴

幅が36cmから72cm、長さが4mから26mほどの長い布から着物を作り上げていくのですが、通常、女性の長着(裾まである和服)を仕立てるには12メートルほど必要です。

着物の仕立てには昔ながらの鯨尺を使用するのですが、鯨尺の一尺は約38センチ、10寸=1尺、10尺=1丈(約380センチ)という単位とサイズ感です。

長着を一枚仕立てる反物の長さと幅を着尺地と言い、一反の長さは現在では並幅の布幅で鯨尺の九寸五分(約36センチ)、総丈約三丈(約11メートル)あります。

振袖用の布地ですと袂が長い為にさらに長く約四丈(約16メートル)ぐらいの長さがあります。

現代人は体が大きな人もいるので、もっと余裕を持った大きさの反物も作られています。

また、羽織を仕立てる長さと幅を羽尺地といい、長さが異なります。

並幅の布幅で、現代では二丈四尺(約9メートル)~二丈六尺(約10メートル)ほどの長さが一般的です。

気になる反物の買取相場と需要、高額買取になる条件は?

気になる反物の買取相場と需要、高額買取になる条件は?

反物は着物に仕立てるための長い布ですが、上項で挙げたとおり時代の変化と共に、反物から着物へと仕立てる方や需要が減ってきました。

そのため反物を買取に出す方というのが増えてきたという傾向が考えられます。

その上で、反物は着物に比べて大きく需要があるわけではありません。

ですからもしも自宅に反物をお持ちの方ですと、果たして買取してくれるのか?という不安を感じられるかもしれませんね。

着物買取を行う専門店は反物も査定してくれるので安心です。

しかし、反物は着物に比べて需要が減ってきているので、場合によっては買取に出した場合の値段は想像よりも下回ってしまう可能性もあるので注意してください。

では、反物で高価買取が期待できる条件とは何があるのでしょうか?

着物と同じように、反物にも伝統工芸品や作家物が存在します。

こういったものは買取需要が高い傾向が見られるので注目のポイントといえるでしょう。

また、大島紬や結城紬、帯であれば老舗機屋の品(西陣織や博多織)という品もあるので価値は知っておくべきでしょう。

このように、反物にも様々な種類がありますのでまずはお持ちの反物の価値を知るためにも、着物買取を実施している業者へ査定に出してみましょう。

もしかしたら驚く価値が付く反物があるかもしれません。

反物買取のお客様の声

  • 反物って売れるんですね

    作家着物買取 | 50代 | 女性

    部屋の整理を進めていたら反物が出てきました。

    活用方法が分からず、処分も考えていましたが着物買取専門というスピード買取さんに相談したところ快く査定してくれました。

    置き場に困っていた反物を一度に買取してもらうことができ、感謝しています。

  • 反物の買取対応に大満足

    作家着物買取 |50代 | 女性

    反物が自宅の押し入れに沢山保管されており、売り先を探していました。

    そんな時、御社の出張買取サービスを知り、全て査定して下さいました。

    買取価格云々よりも、着物を専門で買取されていることや、直接来てくれる便利さに感動しました。

    店に持って行くことが難しい身としてはこのような買取形態は本当にありがたいです。

    また次回もお願いします。

  • 価値の不明な反物が、結城紬の反物と判明しました

    沖縄着物買取 | 40代 | 女性

    スピード買取.jpさま、この度は反物を買取いただいてありがとうございました。

    古くなった着物や反物の多くを押し入れに片づけてずっと放置してしまっておりましたがしっかり値段を付けてもらって満足しています。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報