和装品

反物の買い取りは需要の高さがカギ

反物

  • 反物とは、和装に用いられる織物をまとめて指す呼称です。

    幅が36cmから72cm、長さが4mから26mほどの長い布から着物を作り上げていくのですが、通常、女性の長着(裾まである和服)を仕立てるには12メートルほど必要です。着物の仕立てには昔ながらの鯨尺を使用するのですが、鯨尺の一尺は約38センチ、10寸=1尺、10尺=1丈(約380センチ)という単位とサイズ感です。

    長着を一枚仕立てる反物の長さと幅を着尺地と言い、一反の長さは現在では並幅の布幅で鯨尺の九寸五分(約36センチ)、総丈約三丈(約11メートル)あります。振袖用の布地ですと袂が長い為にさらに長く約四丈(約16メートル)ぐらいの長さがあります。現代人は体が大きな人もいるので、もっと余裕を持った大きさの反物も作られています。また、羽織を仕立てる長さと幅を羽尺地といい、長さが異なります。並幅の布幅で、現代では二丈四尺(約9メートル)~二丈六尺(約10メートル)ほどの長さが一般的です。反物の素材は正絹・木綿・ウール・化繊などが挙げられ、これがすなわち種類の別になります。着物の素材として昔から主流になっている正絹は、絹100%の生地のことをいい、種類も豊富で日本各地の産地で生産されてます。美しい光沢や滑らかな風合いを持つ正絹は、吸湿や通気性、保温性に優れ、着心地も袖通しも良いことから、最も着物に向いている生地とされています。特に本場結城紬や大島紬などの伝統的工芸品や有名作家もの反物は上質である場合が多いために需要も高く、比較的高価な金額で買取ってもらえるケースがあります。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報