和装品

着物買取では和装小物も買取可能!高価買取のポイントとは?

和装小物買取

和装小物は、着物の装いを更に輝かせてくれる大切なアクセントです。

落ち着いた色合いの着物に華として添えたり、逆の場合であっても全体の調整に欠かせないものですので、複数お持ちの方が多いのではないでしょうか。

和装小物を買取に出そうと思っても「買い取ってくれるのだろうか」という不安やお悩みの声も多いと聞きます。

実際にも全ての品が必ずしも値段が付くわけではないという実情もあります。

それでは、どんな和装小物なら買取に繋がるのかを説明してまいりましょう。

和装小物には驚きの価値を誇る逸品が数多く存在する

一口に「和装小物」と表現していますが、その種類は多岐に渡ります。

帯締め・帯揚げ・帯留め・腰紐といった紐類から、バッグ類・足袋や草履・扇子・かんざし・風呂敷まで実に様々です。

実は買取においても和装小物はその多くが買取対象になりうるのですが、中でも買取評価が高まる可能性のある種類を紹介していきましょう。

 

帯締めは作家物なら査定評価も高い

帯締めは、江戸時代の歌舞伎役者が、装飾の意味だけなく着物の着崩れ防止に締めたのが始まりと言われています。

色糸を用いた“丸打ち” “平打ち” “角打ち”と分けられる組み紐の帯締めも、遊び心溢れる美しい品です。

礼装時には、現在も丸ぐけ紐が適していますが、観劇など気軽な場の和装であれば、組み紐でお洒落に合わせておられる方も多いですね。

素材については、伸縮性のある絹が好まれる傾向にあります。

また、宝石がついた物や作家物もあり、見逃せないポイントです。

帯留めは稀少な素材があしらわれたものや金やプラチナ製も存在

帯留めは文字通り留め具です。

結んだ帯を押さえる一方、装飾品としての意味合いも強く、素材には珊瑚・瑪瑙・象牙・べっ甲など、宝飾として扱われる品も少なくありません。

希少な素材が使われている場合は使用済みであっても値段が付きます。

草履なら伝統工芸品、バッグならビーズバック等が需要あり

草履やバッグは、やはり着物の装いや格式に合わせるのが原則です。

草履は高さで格を判断することが多く、礼装は高めのもの、喪や普段着は低めのものを履くのが一般的ですので、お店の方に使用目的の相談をしておくと安心ですね。

こうした和装小物も、有名な作家ものや常時100色を揃えている老舗の帯締め、宮内庁御用達のお店の草履などがあり、着物や帯と同様に高額での査定がでるのは決して珍しくはありません。

加えて、和装のシーンで着用が好まれる和装バッグは、特にビーズバッグと呼ばれる趣向を凝らした細かい細工がついたものですと評価が高くなる傾向が見られます。

着物買取における和装小物の買取について

和装小物にはとても種類がたくさんあるので、値段の幅がとても大きいです。

中には高価買取の以前にそもそも値段が付かないと判定されてしまうものもあります。

例えば草履やバッグ類で、使用感が出ていると買取価格の下落を招きます。

そういった点では、和装小物は未使用のものの方が良いといえるでしょう。

しかしながら着物買取における需要が高まっているものなどは該当しないものもあります。まずは着物買取の業者へ相談してみましょう。

 

着物買取で和装小物をより高く売るコツ

着物や帯と比べて和装小物はサイズも小さいので帯留めや帯締めは専用ケースに入れて保管される場合も多いでしょう。

そして草履やバッグも同様ですが、和装小物を高くうるコツとして、購入した際の箱や付属品を全て残しておくと良いでしょう。

 

付属品は残しておこう

買取された後の和装小物は、改めて和装小物を欲しがっている方へ販売されますので、裸の状態の中古品と箱月の中古品なら、どちらが欲しいと感じるかは一目瞭然ですね。

和装小物の保存状態

和装小物をより高く売るコツで忘れてならないこと、それは保存状態や使用感です。

和装小物の中には使用してしまったがために買取が望めないというケースもあり、加えて高値になる種類なのに使用感が強く低く査定されてしまうということもあります。

和装小物を買取に出す前に押さえておきたいポイント

和装小物は買取において、値段が付きやすい種類と付きにくい種類があるとお伝えしました。

それ以上に「買取価格を付けるのが難しいジャンルである」ということが前提となります。

ですから着物の知識や査定に詳しい業者でなければ価値を見抜くことが難しいため、例えば一般的なリサイクルショップに出した際に値段が付かないと判断される場合も十分にありえます。

ですから査定に出す時は極力着物の査定に詳しく、和装小物も取り扱いしている買取業者へ出すことで、価値の見落としを減らすことができるでしょう。

また、和装小物は着物や帯に比べて極端に需要が多いわけではないことと、極端に稀少価値の高い品でなければ値段はそこまで高値を見込むのが難しいのも事実です。

いずれにしても和装品の価値の算定は豊富な知識と熟練の査定経験が必要ですから、もしかしたらというお品をお持ちならばまずは査定相談が賢明といえるでしょう。

 

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報