和装品

和装小物買取

和装小物とは

和装小物とは、草履や足袋や帯締め、バッグなど、着物を着用する際に欠かせない小物のことを指し、和雑貨として沢山お持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一口に「和装小物」と表現していますが、その種類は多岐に渡ります。

帯締め・帯揚げ・帯留め・腰紐といった紐類から、バッグ類・足袋や草履・扇子・かんざし(簪)・風呂敷まで実に様々なアイテムがあります。

和装小物は、着物の装いを更に輝かせてくれる大切なアクセントです。

着物の小物には、帯締めや足袋など着物を着用する際に必ず必要となるものと、かんざし(簪)や帯留めなどの着姿を装飾するためのものの二種類があります。

落ち着いた色合いの着物に華として添えたり、逆の場合であっても全体の調整に欠かせないものですので、複数お持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、和装小物を買取に出そうと思っても「買い取ってくれるのだろうか」という不安やお悩みの声も多いと聞きます。

実際にも全ての品に、必ずしも値段が付くわけではないという実情もあります。

ここでは、どんな和装小物なら買取に繋がるのかをご説明いたします。

帯締めは
作家物なら査定評価も高い

帯締めは、江戸時代の歌舞伎役者が、装飾の意味だけなく着物の着崩れ防止に締めたのが始まりと言われています。

色糸を用いた“丸打ち” “平打ち” “角打ち”と分けられる組み紐の帯締めも、遊び心溢れる美しい品です。

礼装時には、現在も丸ぐけ紐が適していますが、観劇など気軽な場の和装であれば、組み紐でお洒落に合わせておられる方も多いですね。

素材については、伸縮性のある絹が好まれる傾向にあります。

また、宝石がついた物や作家物もあり、見逃せないポイントです。

帯留めは
稀少な素材があしらわれたものや
金やプラチナ製も存在

帯留めは文字通り留め具です。

結んだ帯を押さえる一方、装飾品としての意味合いも強く、素材には珊瑚・瑪瑙・象牙・べっ甲など、宝飾として扱われる品も少なくありません。

希少な素材が使われている場合は使用済みであっても値段が付きます。

草履なら伝統工芸品、
バッグならビーズバック等が需要あり

草履やバッグは、やはり着物の装いや格式に合わせるのが原則です。

草履は高さで格を判断することが多く、礼装は高めのもの、喪や普段着は低めのものを履くのが一般的ですので、お店の方に使用目的の相談をしておくと安心ですね。

こうした和装小物も、有名な作家ものや常時100色を揃えている老舗の帯締め、宮内庁御用達のお店の草履などがあり、着物や帯と同様に高額での査定がでるのは決して珍しくはありません。

加えて、和装のシーンで着用が好まれる和装バッグは、特にビーズバッグと呼ばれる趣向を凝らした細かい細工がついたものですと評価が高くなる傾向が見られます。

喜びのお客様の声が続々届いています

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • ついでに和装小物も!嬉しかったです!
    出張買取 | 長崎県 | 50代

    少し汚れのある着物があったのですが、買取してもらうことができました。着物のみでなく、関連した小物類も買取してもらうことができ、嬉しかったです。対応もしっかりしていて、とても頼りになりました。金額にも満足です。

  • 持て余していた和装小物も売ることができました!
    出張買取 | 福島県 | 50代

    買取を依頼した時には着物だけの予定でしたが、実際に自宅まで来てもらい話をしているうちに和装小物や雑貨についても話が広がり、それらも買取してもらうことになりました。持て余していた小物でしたので、嬉しい想定外でした。

  • 着物と和装小物を買取してもらいました
    出張買取 | 静岡県 | 40代

    家の大掃除に伴って大掃除したのですが、着物や関連の小物がたくさんでてきました。もう必要ないので処分しようと思ったのですが、どうすればよいかわからず、インターネット検索したところ、こちらを知りました。買取金額も十分なもので、迅速な対応で感謝しています。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「和装小物買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは和装小物などの着物や帯、和装品や和雑貨を主軸とした買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物を専門で買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    和装小物などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。全て0円でご利用できます。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    和装小物の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • 最短30分のスピード

    あなたが「和装小物を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    和装小物をはじめ和の雑貨といった着物買取技術に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

和装小物買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物買取における和装小物(雑貨)の買取について

和装小物にはとても種類がたくさんあるので、値段の幅がとても大きいです。

中には高価買取の以前にそもそも値段が付かないと判定されてしまうものもあります。

例えば草履やバッグ類で、使用感が出ていると買取価格の下落を招きます。

そういった点では、和装小物は未使用のものの方が良いといえるでしょう。

しかしながら着物買取における需要が高まっているものなどは該当しないものもあります。まずは着物買取の業者へ相談してみましょう。

着物買取で和装小物をより高く売るコツ

着物や帯と比べて和装小物はサイズも小さいので帯留めや帯締めは専用ケースに入れて保管される場合も多いでしょう。

そして草履やバッグも同様ですが、和装小物を高くうるコツとして、購入した際の箱や付属品を全て残しておくと良いでしょう。

付属品は残しておこう

買取された後の和装小物は、改めて和装小物を欲しがっている方へ販売されますので、裸の状態の中古品と箱月の中古品なら、どちらが欲しいと感じるかは一目瞭然ですね。

和装小物の保存状態

和装小物をより高く売るコツで忘れてならないこと、それは保存状態や使用感です。

和装小物の中には使用してしまったがために買取が望めないというケースもあり、加えて高値になる種類なのに使用感が強く低く査定されてしまうということもあります。

骨董品や美術品としての価値が見込まれる和装小物の特徴

製造年代が特に古い和装小物(明治時代/大正時代/昭和初期/昭和後期)は骨董品や美術品として高値が付くケースもあります。

以下のような和装小物は高値が付く可能性もありますのでまずは査定士(鑑定士)へ価値を見極めてもらいましょう。

  

在銘(作家の名前)がある

作家(作家の名前)が分かれば製造年代を調べることができ、著名な和装小物の作家が手掛けたものであれば高値が見込めます。

  

素材に純銀や珊瑚が使用されている

年代物の和装小物の中には着物の価値だけでなく骨董品の価値も見込まれ純銀製が高値になるほか、珊瑚は宝石類の中でここ数年中国からの需要が高まっています。

  

作りが非常に細かい

年代の古い和装小物は作りが繊細なものが多く、骨董品としての価値に加え美術品としての価値も見込まれます。

和装小物や雑貨を買取に出す前に押さえておきたいポイント

和装小物は買取において、値段が付きやすい種類と付きにくい種類があるとお伝えしました。

それ以上に「買取価格を付けるのが難しいジャンルである」ということが前提となります。

ですから着物の知識や査定に詳しい業者でなければ価値を見抜くことが難しいため、例えば一般的なリサイクルショップに出した際に値段が付かないと判断される場合も十分にありえます。

ですから査定に出す時は極力着物の査定に詳しく、和装小物も取り扱いしている買取業者へ出すことで、価値の見落としを減らすことができるでしょう。

また、和装小物は着物や帯に比べて極端に需要が多いわけではないことと、極端に稀少価値の高い品でなければ値段はそこまで高値を見込むのが難しいのも事実です。

いずれにしても和装品の価値の算定は豊富な知識と熟練の査定経験が必要ですから、もしかしたらというお品をお持ちならばまずは査定相談が賢明といえるでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込