和装品

和装小物買取で有望な品

和装小物

  • 和装小物は、着物の装いを更に輝かせてくれる大切なアクセントです。落ち着いた色合いの着物に華として添えたり、逆の場合であっても全体の調整に欠かせないものですので、複数お持ちの方が多いのではないでしょうか。

    一口に「和装小物」と表現していますが、その種類は多岐に渡ります。帯締め・帯揚げ・帯留め・腰紐といった紐類から、バッグ類・足袋や草履・扇子・かんざし・風呂敷まで実に様々です。ここでは、それについて少しお話ししたいと思います。

    帯締めは、江戸時代の歌舞伎役者が、装飾の意味だけなく着物の着崩れ防止に締めたのが始まりと言われています。筒状での布の中に綿をつめた“丸ぐけ紐”(“丸くげ”と呼ぶ方もいらっしゃいます)が使われていましたが、色糸を用いた“丸打ち” “平打ち” “角打ち”と分けられる組み紐の帯締めも、遊び心溢れる美しい品です。礼装時には、現在も丸ぐけ紐が適していますが、観劇など気軽な場の和装であれば、組み紐でお洒落に合わせておられる方も多いですね。素材については、伸縮性のある絹が好まれる傾向にあります。そして帯締め・帯揚げを選ぶ時は、着物や帯に含まれている中の一色を選ぶとシックなコーディネートに、補色を選ぶと遊び心のあるコーディネートになります。帯締めも夏物と冬物で使い分けますので、紐類を多めに準備しておくのも楽しいですね。

    帯留めは文字通り留め具です。結んだ帯を押さえる一方、装飾品としての意味合いも強く、素材には珊瑚・瑪瑙・象牙・べっ甲など、宝飾として扱われる品も少なくありません。着飾るためのアイテム、アクセサリーとしての位置づけですのでお祝いの場で身につけたくなりますが、残念ながら礼装や喪の席には不適切とされていますので心に留めてください。

    履物は草履、下駄、雨草履などがあり、素材も夏に使用する素材や冬に使用する素材と様々です。しかし、草履やバッグは、やはり着物の装いや格式に合わせるのが原則です。草履は高さで格を判断することが多く、礼装は高めのもの、喪や普段着は低めのものを履くのが一般的ですので、お店の方に使用目的の相談をしておくと安心ですね。こうした和装小物も、有名な作家ものや常時100色を揃えている老舗の帯締め、宮内庁御用達のお店の草履などがあり、着物や帯と同様に高額での査定がでるのは決して珍しくはありません。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報