丸帯買取

丸帯とは

丸帯は帯の中でもとりわけ長い歴史があり、昔は主に礼装用として用いられていましたが、昭和にはいり袋帯が出始めてくると、丸帯に変わり、徐々に袋帯が礼装に用いられるようになりました。

丸帯の生地は、全面に「有職(ゆうそく)文様・模様」や「吉祥(きっしょう)文様・模様」などの柄が施されていることが多く、そのため、他の帯に比べ重量もあります。

これらの柄には「鳳凰(ほうおう)」や「鶴」などの縁起の良い柄や、格調高い柄がよく用いられていることから、袋帯にとって代わられた礼装用の帯としては、いまでは、結婚式の和装の花嫁衣裳ぐらいでしか見かけることがありません。

丸帯は、幅帯68cmの生地をふたつ折りにして片側を縫い合わせた帯で、サイズは幅30~34cm、長さが4mほどになります。

いまではアンティークとしての扱いもある丸帯ですが、着物買取でも良い状態の丸帯はなかなか出てくることはなく、使用される場面も少ないことから、たいへん希少な帯といえます。

ここではそんな丸帯を買取に出す前に知っておきたい、相場の傾向と価値の高い名品が多い理由をお伝えします。

丸帯は礼装用として着用される
フォーマルな帯

丸帯(まるおび)とは、江戸時代の中期に考案されました。その頃はちょうど正装用の帯幅などを大きくするのが流行したので、それに合わせた帯だと言われています。

丸帯は最も格の高い帯とされていますので、礼装用として花嫁衣裳や留袖などに使用するため、見た目の華やかさも他の帯よりも格段に際立つものが多いです。

そんな丸帯も、華やかさとは裏腹に重くて扱いづらいことから後に考案された袋帯にとって代わられてしまい、芸者、舞妓等の花柳界や、婚礼衣装でしか使われなくなってきました。

帯地に錦織や金襴・緞子などの織物が使われておりとても綺麗な丸帯ですが、残念ながら現代の結婚式では着用しない方も多くなって来ています。

少し昔に遡れば、親の丸帯を受け継ぎ自分の子が結婚する時に着用するというのが普通に行われていました。

しかし自分が締めた帯を娘にもつけて欲しいという風潮もいつしか薄れていき、ウェディングドレスだけで和装へのお色直しはしないといった方が増えている背景には時代の流れが切り離せません。

やはり、時間やお金と言ったコスト面での要因も絡むと思われますが、今は受け継ぐ方が減ってきているのが実情なのでしょう。

日本の伝統が薄れていく事は少し寂しい気持ちになりますね。

たんすに眠る丸帯があるならば、その素晴らしい帯を沢山の方に見てもらえるように買取に出してみるのも一つの手ではないでしょうか。

丸帯買取をご利用のお客様の声

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 出張買取

    着物

    東京都

    30代

    昨年、母から留袖や和装の小物を数点もらいました。特に着る機会が無ければ売ってもよいとのことだったので、思い切って売ることにしました。出張買取がよかったのでこちらを利用しました。査定額は期待以上だったのですべて買取してもらいました。ありがとうございました。

  • 出張買取

    着物

    宮城県

    40代

    母が呉服店を営んでいた方から30着近くの着物や帯などをもらいました。ただ、母は着物を着る機会がない為、私に売り先を探してほしいとお願いしてきました。ネットの口コミ評価がどこのウェブサイトでも高評価なこちらに査定をお願いしました。有名作家さんの着物が多かったみたいで、高値での買取になり嬉しかったです。

  • 出張買取

    着物

    大阪府

    30代

    母親が私の中学生時代に買ってくれた着物が、もうサイズが合わなくて着る事ができないので、査定に出してみたらどうかと言われました。そして着物の出張買取サービスを利用して、着物を査定してもらいました。サイズが少し小さくても有名作家さんの着物だった為、高値での買取になりました。買取して頂きありがとうございました。

他の着物買取ご利用者様の声はこちら▶︎

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「丸帯買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは丸帯などの着物や帯、和装品を主軸とした買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物を専門で買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    丸帯などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。全て0円でご利用できます。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    丸帯の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • スピード対応

    あなたが「丸帯を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    丸帯などの着物買取技術に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

丸帯買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

気になる丸帯の買取相場と逸品について

丸帯の買取相場は全体的に高めの傾向が見られます。

特に礼装用として着用されるケースが多いので、中古市場においてもよく見かける帯のひとつといえます。

しかし、礼装用で用いられるがゆえに例えば結婚式やフォーマルな場で着用する機会に絞られるので、頻繁に着用する機会はそこまで多くないというのが実情です。

丸帯の中で買取相場の傾向が高い種類には西陣織など老舗機屋のものや、手織りのものなど様々あるので、もしご自宅に眠ったままの価値のわからない丸帯をお持ちでしたら、まずは価値を知るだけでも一度相談してみると良いでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

着物処分で悩んでいませんか?スピード買取.jpが高額買取致します!無料査定はコチラ!