半幅帯はカジュアル性が高い

半幅帯

  • 半幅帯(はんはばおび)とは、公的な場で着用の際は外から見えないところ、羽織や打ちかけの下に使用されるような、使用頻度の高い略式の帯です。

    特徴は、名前の通り“半幅”であること。鯨尺(くじらしゃく)四寸で仕立てられており、 “四寸帯”とも呼ばれています。鯨尺では1寸=約3.8センチほどですので、大体15センチほどと思ってもらえれば良いと思います。単衣で着用する浴衣のような物には、専用でひとえ帯と言われる物がありますが、半幅帯を袋帯状に仕立てた「小袋帯」というものも存在しますので、色々使い分けてみる楽しみがありますね。

    最近では“細帯”と呼ばれることも多いのですが、実は細帯は半幅帯よりも更に細く、三寸(約12センチ)ほどの幅のものを言います。使いどころに替わりはませんので、厳密な意味合いにこだわる人でないならば問題視するほど大きな違いでもありません。

    阿波踊りのように民間の祭事などで浴衣に合わせて結ぶ機会も多いですが、総じて「顔見知りがいる範囲」程度で着用するような、普段着の位置づけと思って頂くとイメージし易いかと思います。

    時代の移り変わりにより、現代では少々着用の範囲が広がり、普通の着物と半幅帯をうまく組み合わせたり締め方を変えたりすることで、着物自体をカジュアルダウンさせるような着こなし方も生まれました。しかし、半幅帯自体はカジュアル性がとても高いという認識がまだ根強いため、礼装・準礼装の場に締めるのは避けた方が良いでしょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報