袋帯買取では状態が重要なポイント

袋帯

  • それまでの帯との最大の違いは、裏を無地にすることにより、軽く締めやすい帯になっているということです。軽量化されているからと言っても、決して粗放な物ではないということも大事なポイントです。

    袋帯には制作方法によって「本袋」「縫い袋」「片縫い袋」などがありますが、素材の種類や柄一つで格調高い礼装用~おしゃれ用まで、着物を着る方ならば持っていないはずが無いといわれるほど重用される品です。

    袋帯には種類が非常に多く、文様だけでも「正倉院文様」「有職文様」「幾何学文様」「名物裂文様」「吉祥文様」「具象文様」「抽象文様」など、細かく分類していくとその種類は数えきれないほどになります。そんな袋帯の中でも高額なものとなると、やはり産地や有名作家の作品であることが大切な条件になります。西陣織り最高峰との呼び声高い龍村美術織物の袋帯などは良い例です。とはいえ和装品は衣類ですので、流行や時間の経過による品質の劣化を考えると、どのような条件の物であっても価値や価格が上がり続けるということはありません。人間国宝の作品であっても、金額として価値を付ける際には状態が重要なポイントになるためです。

    日本の伝統的文化であるきものを次の世代へとしっかりと受け継いで繋げていく事、そしてあなたにとって最も利益となる形を考えますと、締める人がいない帯ならば、良い品であればあるほど少しでも早い段階で買取を依頼するのが良策でしょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報