着物の種類

友禅買取

友禅とは

「友禅」と聞くと、着物の種類と思われる方もいらっしゃいますが、友禅とは扇絵師「宮崎友禅斎」の名から由来する「友禅染め」という染め技法の名前のことを指しており、日本各地で、独自の発展を遂げた友禅が生み出されているのです。

また友禅染めには複数の種類があり、手描きを主とする「本友禅」、型紙を使用した「型友禅」、小麦粉を利用した糊を使用する「玉糊友禅」など、他にもいくつか種類が存在します。

有名な友禅としては、京都で作られる華やかな色使いの「京友禅」、金沢で作られる落ち着いた色味の「加賀友禅」、京友禅や加賀友禅とも違った色彩の「十日町友禅」、また白や藍色などを使用して落ち着いた色合いに仕上げている「東京友禅」などがあります。

友禅は希少価値も高い物が多く、需要が高いです。

そのため、友禅は、買取においても高い査定額が期待できる逸品が多いのですが、中には箪笥にしまったままになっている品もあることでしょう。

ここでは友禅の買取についてご紹介しつつ、友禅という着物の魅力に迫ってみたいと思います。

貴族の華やかさや
雅さを表現している京友禅

京友禅(きょうゆうぜん)とは、京都の伝統工芸品の1つで、元禄時代に扇絵師であった宮崎友禅斎に考案された技法により、絹織物の白布に絵を描いてから染色されたものです。

鴨川の流水でさらす光景は、昭和30年以降は禁止されてしまいましたが、夏の風物詩として有名です。

現在では観光客むけに、水を汚さずに済むように整えた状態のものを使った実演風景を見ることが可能です。

京友禅は刺繍や金箔による装飾が施され、色使いは華やか。

模様は古典文様柄を使用したものが多く、絵画に近い表現が今にいたるまで多くの人の心を魅了しています。

そして京友禅は全ての作業が分業になっており、下絵・色差し・染めという工程に分かれています。

技術には手描きと型染めがあり、一般的には手描きのものが高額買取の対象となっています。

武家社会が持っている質実さを
取り入れた加賀友禅

加賀友禅(かがゆうぜん)とは、宮崎友禅斎が加賀御国染に大胆な趣向を織り交ぜて確立した技法と作品を指します。

また、京友禅は貴族の華やかさを意識した作りであるならば、加賀友禅は武家社会の質実さを持っている対となる友禅です。

黄土、藍、臙脂(えんじ)、草、古代紫を基とした多彩な配色と絵画調のタッチで、自然な描写を重んじる中で生まれた“外ぼかし”や“虫食い”など、独特な装飾手法も特徴です。

この技術を用いることで、開いた花の繊細な色味の変化や光の当たっている様を表現したり、敢えて虫食い加工を施すことで、自然本来に存在する光景を上手にアクセントとして魅力にすることが出来るのです。

伝統の文様がモチーフで、落ち着いた地色や文様、風格のある品だからこそ活きる技術でしょう。

加賀友禅を作りあげるためには高い技術が必要とされ、また制作に相当な手間暇がかかっています。

だからこそ、希少価値の高いものも多く、また人気があるため買取価格も高値になりやすい傾向にあります。

武家文化や町人文化の
影響が大きい東京友禅

東京友禅(とうきょうゆうぜん)とは江戸発祥の着物です。

江戸時代には庶民文化が発展し、着物も独自の発展を遂げました。

特徴は他の友禅とは異なり手書糸目となり、江戸の好みの色合いを抑えた柄が特徴です。

当時の江戸には全国各地から着物染め師が集まり生まれた友禅といわれ、当初は京都発祥の友禅と同じ分業でしたが今では一人で全ての作業をこなすようになりました。

東京友禅は江戸の町人が好んだ白や藍の色をシンプルに使い派手さよりも落ち着いた色合いに仕上げています。

他にも、例えば明るめの色が使われることもありますが、どちらかといえば控えめな色が好まれます。

東京友禅は武家文化や町人文化の影響が大きく、派手さよりも落ち着きや渋さを好む傾向が反映されています。

また、伝統工芸としての価値もあり、他の友禅と同様に高い人気があります。

昭和に花開いた大衆向けの
十日町友禅

十日町友禅(とおかまちゆうぜん)とは、新潟県十日町地方で昭和に花開いた大衆向けの友禅です。

元来染めの伝統を持たない織物の産地として知られていた土地でしたが、地元の織物工業協同組合の取り組みにより、昭和30年代に京都から友禅染の技術を導入、昭和40年代にはその名が広く知られることになります。

他の友禅に比べて見ると、慎みを持ちながらも華やかな色彩・柄行のものが多数を占めており、現在では振袖の生産量が多いほか、留袖や訪問着、付下げなども染められています。

若手の職人育成にも積極的に取り組み、おぼろ染や辻が花の技法のような、新しい感覚を取り入れた染織物の開発が活発です。

独自の発展を遂げたこの友禅は高い注目を集めています。

喜びのお客様の声が続々届いています

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • スムーズな買取に満足です
    出張買取 | 群馬県 | 40代

    母から譲り受けた友禅の処分に悩んでいたところ、買取してくれるところがあると聞き、早速電話で問い合わせました。後日査定の方がみえ、買取っていただきました。電話をしてからスムーズに事が進み、買取っていただいた価格にも満足しています。

  • 不要な着物を買い取ってもらいました
    出張買取 | 広島県 | 50代

    友禅や振袖など不要な着物を査定してもらいました。査定員さんには丁寧な説明をしていただき、今回お願いして良かったです。ネットで依頼ということで不安もありましたが、査定額に満足して買取ってもらいました。ありがとうございました。

  • 出張買取は気軽さがいいですね
    出張買取 | 岩手県 | 30代

    買取に来てくれた方が、すごく明るくて丁寧な方だったので安心しました。査定をお願いした訪問着や友禅も丁寧に査定してくれて、全部買取ってもらいました。出張買取なので家にいるだけですし、この気軽さもとても良いと思いました。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「友禅買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは友禅などの着物や帯、和装品を主軸とした買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物を専門で買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    友禅などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。全て0円でご利用できます。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    友禅の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • 最短30分のスピード

    あなたが「友禅を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    友禅などの着物買取技術に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

友禅買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

友禅の買取価格が高い理由について

友禅は買取価格が高い傾向は強いのですが、これは友禅が作られる過程が大きく関係しています。

友禅には「型友禅」と「手描友禅」に分かれ、一枚を仕立てるにあたりどちらが手間がかかっているのかという点では圧倒的「手描友禅」が手間と時間がかかります。

これは名前の通り手で柄が描かれており、価値の高いものですと一枚を制作するのに半年以上がかかる友禅もある程です。

また先ほどご紹介した「京友禅」「加賀友禅」「東京友禅」は日本の3大友禅とされ、友禅染の中でも非常に人気が高く、中古の着物市場でも需要の高い着物です。

そして友禅の買取価格が高い理由がもう一つ、それは友禅作家と呼ばれる着物を創作している作家です。

代表的な作家ですと松井青々や羽田登喜男が有名です。こういった作家が創作した友禅の買取価格は特に高値が付くといえるでしょう。

手描き友禅の工程

友禅染は「糸目糊」という工程で色同士が混じり合わないように、糊を境目に置き、この糸目糊によって緻密な柄の多色染めができることが特徴です。

友禅染の種類にもよりますが、一般的に手染めの友禅では非常に複雑な工程があり、その工程を経ることで精密な柄の友禅染めの着物ができます。

以下は友禅の工程の中でも、鍵となる工程をピックアップしたものです。

※友禅染の種類によっても工程が若干異なる場合も多いです。


  • 【下絵】
  • 着物の白生地に、つゆ草から絞った「青花」などを用い下絵を描く工程

  • 【糸目糊置き】
  • 下絵に沿って細く糊を置いていく工程

  • 【地入れ】
  • 染料を染み込みやすくするために、生地に豆汁という大豆の汁を引く工程

  • 【挿し友禅】
  • 糸目糊置きした中の模様部分に色を付ける工程

  • 【伏せ糊置き】
  • 色挿しが終わった部分に糊や蝋をかぶせる工程

  • 【地染め】
  • 刷毛で薄い色を引いて乾かし、鑞(ロウ)を撒き濃い色を重ねたり、ぼかしたりする工程

  • 【蒸し】
  • 地染めの終わった生地は揮発水洗で糊などを落とし、その後蒸すことで染料を定着させる工程

  • 【水元】
  • 蒸しが終わった生地についた余分なものを水で洗い落とす工程

  • 【箔置き】
  • 必要な部分に糊を置き、金箔やプラチナ箔、金銀すなごを置く工程

このような複雑な工程を要する友禅染は江戸時代当時には画期的な染織方法であり、友禅染によって絵を描いたような模様を入れることを可能としました。

買取でも人気の手書き友禅

職人や作家によって手仕事で「手書き友禅」や「型友禅」が生み出されているのに対し、現在は友禅柄をプリントした着物も友禅と称しているケースがあります。

友禅は着物の中でも人気が高いため、早く安価で大量に生産できるインクジェットを使って、友禅柄をプリントした着物が増えています。

中には友禅柄がプリントされた着物に「友禅」というシールが貼られてる場合も少なくないです。

友禅柄がプリントされた着物が増えているからこそ、手仕事で作り出される友禅、特に「手書き友禅」は非常に価値が高く、買取業者も高額で買い取ってくれる着物買取店が多いです。

ご自宅に着用しなくなった友禅があれば査定に出し、お手持ちの友禅にどのくらい価値があるのか調べてみることをおすすめします。

確かな査定を受けるために「保証書」を忘れずに

友禅の買取価格をアップするための方法、それは「価値の証明となるものがあるかどうか」という点が重要です。

着物買取においても友禅買取においても同様のことがいえますが、由緒正しい着物には購入時に『証紙』が付属されます。

これは着物の価値を示す保証書のようなもので、着物買取時にこの証書があるかないかで買取価格が極端に変わる場合もありますので注意しましょう。

もしも「証紙」がない場合はどうする?

証紙を探したけれど見つからない、誤って紛失してしまった、などの場合はどうしたらよいのでしょうか。

友禅には描かれている柄や織られている刺繍の鮮やかさ・友禅の状態(汚れやダメージ)が加味されます。

加えて作家が仕立てたものであれば落款などもついているので仮に証紙がなくてもこのあたりの項目がクリアになれば証紙がなくても極端な価値の低下を防ぐことは可能といえます。

友禅の保管や状態について

友禅をはじめ数多くの着物は頻繁に着られることがなく、箪笥や収納ケースにしまっている場合も多いと思います。

買取に出される着物のダメージの傾向として、収納時にシミや汚れがついてしまったという場合があります。

実は着物というのは収納時の湿気が着物に移り汚れとなり、放置したまま時間が経過して価値が下げてしまったということもありますので、着ないからといって眠らせておくのではなく、定期的に空気の入れ替えなど行い湿気がたまらないようにしましょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込