着物の種類

着物買取の中でも高額査定がつく『友禅』の買取のポイントについて

  • 友禅買取
  • 現代では昔に比べて大量生産されるようになった友禅ですが、昔ながらの技法を用いて一枚一枚丁寧に時間をかけて描かれた荘厳な柄が特徴です。この友禅は着物の中でも格式の高い着物で、買取においても高い価値が期待できる逸品が多いのですが、中には箪笥にしまったままになっている品もあることでしょう。ここでは友禅の買取に関して述べつつ、友禅という着物の魅力にも迫ってみたいと思います。

    着物買取の中で高い価値を誇る友禅について

    着物の種類と思われる方もいらっしゃいますが、実は染め方の技法の名前を指し、日本各地に独自の発展を遂げた友禅が数多く生み出されました。多くの方が知っている友禅といえば「京友禅」や「加賀友禅」ですが、実は他にもあります。日本各地で独自の発展を遂げた代表的な友禅をいくつかご紹介します。

    貴族の華やかさや雅さを表現している京友禅

    京友禅(きょうゆうぜん)とは、京都の伝統工芸品の1つで「友禅染」とも呼ばれます。元禄時代に扇絵師であった宮崎友禅斎に考案された技法により、絹織物の白布に絵を描いてから染色されたものです。鴨川の流水でさらす光景は、昭和30年以降は禁止されてしまいましたが、夏の風物詩として有名です。現在では観光客むけに、水を汚さずに済むように整えた状態のものを使った実演風景を見ることが可能です。

    京友禅は刺繍や金箔による装飾が施され、色使いは華やか。模様は古典文様柄を使用したものが多く、絵画に近い表現が今にいたるまで多くの人の心を魅了しています。そして京友禅は全ての作業が分業になっており、下絵・色差し・染めという工程に分かれています。技術には手描きと型染めがあり、一般的には手描きのものが高額買取の対象となっています。

    武家社会が持っている質実さを取り入れた加賀友禅

    加賀友禅(かがゆうぜん)とは、宮崎友禅斎が加賀御国染に大胆な趣向を織り交ぜて確立した技法と作品を指します。また、京友禅は貴族の華やかさを意識した作りであるならば、加賀友禅は武家社会の質実さを持っている対となる友禅です。黄土、藍、臙脂(えんじ)、草、古代紫を基とした多彩な配色と絵画調のタッチで、自然な描写を重んじる中で生まれた“外ぼかし”や“虫食い”など、独特な装飾手法も特徴です。

    この技術を用いることで、開いた花の繊細な色味の変化や光の当たっている様を表現したり、敢えて虫食い加工を施すことで、自然本来に存在する光景を上手にアクセントとして魅力にすることが出来るのです。伝統の文様がモチーフで、落ち着いた地色や文様、風格のある品だからこそ活きる技術でしょう。加賀友禅を作りあげるためには高い技術が必要とされ、高値がつきやすい着物です。

    昭和に花開いた大衆向けの十日町友禅

    十日町友禅(とおかまちゆうぜん)とは、新潟県十日町地方で昭和に花開いた大衆向けの友禅です。元来染めの伝統を持たない織物の産地として知られていた土地でしたが、地元の織物工業協同組合の取り組みにより、昭和30年代に京都から友禅染の技術を導入、昭和40年代にはその名が広く知られることになります。

    他の友禅に比べて見ると、慎みを持ちながらも華やかな色彩・柄行のものが多数を占めており、現在では振袖の生産量が多いほか、留袖や訪問着、付下げなども染められています。若手の職人育成にも積極的に取り組み、おぼろ染や辻が花の技法のような、新しい感覚を取り入れた染織物の開発が活発です。独自の発展を遂げたこの友禅は高い注目を集めています。

    武家文化や町人文化の影響が大きい東京友禅

    東京友禅(とうきょうゆうぜん)とは江戸発祥の着物です。江戸時代には庶民文化が発展し、着物も独自の発展を遂げました。特徴は他の友禅とは異なり手書糸目となり、江戸の好みの色合いを抑えた柄が特徴です。当時の江戸には全国各地から着物染め師が集まり生まれた友禅といわれ、当初は京都発祥の友禅と同じ分業でしたが今では一人で全ての作業をこなすようになりました。

    東京友禅は江戸の町人が好んだ白や藍の色をシンプルに使い派手さよりも落ち着いた色合いに仕上げています。他にも、例えば明るめの色が使われることもありますが、どちらかといえば控えめな色が好まれます。東京友禅は武家文化や町人文化の影響が大きく、派手さよりも落ち着きや渋さを好む傾向が反映されています。また、伝統工芸としての価値もあり、他の友禅と同様に高い人気があります。

    友禅の買取価格が高い理由について

    友禅は買取価格が高い傾向は強いのですが、これは友禅が作られる過程が大きく関係しています。友禅には「型友禅」と「手描友禅」に分かれ、一枚を仕立てるにあたりどちらが手間がかかっているのかという点では圧倒的「手描友禅」が手間と時間がかかります。これは名前の通り手で柄が描かれており、価値の高いものですと一枚を制作するのに半年以上がかかる友禅もある程です。

    そして友禅の買取価格が高い理由がもう一つ。それは友禅作家と呼ばれる着物を創作している作家です。代表的な作家ですと松井青々や羽田登喜男が有名です。こういった作家が創作した友禅の買取価格は特に高値が付くといえるでしょう。

    確かな査定を受けるために『保証書』を忘れずに

    友禅の買取価格をアップするための方法、それは「価値の証明となるものがあるかどうか」という点が重要です。着物買取においても友禅買取においても同様のことがいえますが、由緒正しい着物には購入時に『証紙』が付属されます。これは着物の価値を示す保証書のようなもので、着物買取時にこの証書があるかないかで買取価格が極端に代わる場合もありますので注意しましょう。

    もしも『証紙』がない場合はどうする?

    証紙を探したけれど見つからない、誤って紛失してしまった、などの場合はどうしたらよいのでしょうか。友禅には描かれている柄や織られている刺繍の鮮やかさ・友禅の状態(汚れやダメージ)が加味されます。加えて作家が仕立てたものであれば落款などもついているので仮に証紙がなくてもこのあたりの項目がクリアになれば証紙がなくても極端な価値の低下を防ぐことは可能といえます。

    友禅の保管や状態について

    友禅をはじめ数多くの着物は頻繁に着られることがなく、箪笥や収納ケースにしまっている場合も多いと思います。買取に出される着物のダメージの傾向として、収納時にシミや汚れがついてしまったという場合があります。

    実は着物というのは収納時の湿気が着物に移り汚れとなり、放置したまま時間が経過して価値が下げてしまったということもありますので、着ないからといって眠らせておくのではなく、定期的に空気の入れ替えなど行い湿気がたまらないようにしましょう。

友禅を買取させていただいたお客様の声

  • 20代 女性
    加賀友禅の買取ありがとうございました
    譲り受けた加賀友禅の着付けができないので、着物の買取をしているスピード買取さんに査定してもらいました。汚れもみられないということで、思った以上の値段で買取をしてもらうことができたので、うれしかったです。また利用したいと思います。
    加賀友禅の着物を買取らせて頂きました
    お母様から譲り受けたという加賀友禅の着物を査定させて頂きました。 手触りの良い濱縮緬に深みのある黒地が美しい黒留袖でした。また意匠として式の草花、花籠柄が描かれた風光明媚な逸品で、お手入れもしっかりされていたようで状態の方も問題ありませんでした。
    また今回は着付けにも悩みをお持ちだったようで、帯や襦袢などの和装品のお話もさせて頂きました。また着物についてお悩みや相談などできましたら是非お気軽にお問い合わせください!
  • 50代 女性
    親切な査定員さんでしたので安心して京友禅を買取に出せました
    親戚の人が「着ていない着物があったら着物のスピード買取を利用するといい」と教えてくれたので、連絡をしてみました。電話をしたらすぐに自宅に来てくれる日にちが決まりました。担当の人が親切な口調だったのが印象的でした。箪笥に眠っていた京友禅が目の前で現金に変わって感謝しています。自宅での買取もとても楽でしたのでまた利用したいです。
    京友禅の仕立てが美しい着物を査定させて頂きました
    この度はスピード買取.jpをお選び頂きありがとうございました。 出張買取の利用は初めてだったようですが、満足して頂けたようで嬉しく存じます。
    買取らせて頂いた京友禅の着物は、発色の美しい鮮緑の生地に、淡いピンクや藤色、グレーなどが絶妙に移り変わる、息を呑むような麗しさのある色留袖でした。
    京友禅の着物は中古でも高額で取引されることが多い着物です。お持ちの方は是非一度お問い合わせください。
  • 50代 女性
    出番の無かった東京友禅にいい値段がつきました
    東京友禅がタンスに眠っていましたが、帯などの小物類も処分してしまい、着る機会もないだろうと思ったので買取をお願いしました。スピード買取さんは、依頼したその日のうちに出張買取してくれて、買取の流れも簡単で、迅速な対応がよかったです。しかもしばらくタンスに眠らせていた着物なのに満足価格で買取ってもらえて本当に嬉しかったです。
    刺繍や色使いに個性が感じられる東京友禅の着物でした
    最近はあまり出番の無かったという東京友禅の訪問着の買取をさせて頂きました。
    今回買取らせて頂いた東京友禅は、東京友禅の名門「大彦」製の着物で、淡い柳茶色の地にイチョウや紅葉、梅や菊などの描かれた大変美しいお品でした。また地紋は定番の吹寄文様ですが、刺繍の細やかさや全体の色使いには個性が感じられ、上品な印象のある友禅です。
    この度は素敵な東京友禅のお着物を査定させて頂きありがとうございました。またの機会ございましたらご利用お待ちしております。

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報