着物の種類

付け下げは訪問着を簡略化した染着物

付け下げ

  • 付け下げ(つけさげ)とは、未婚、既婚を問わず着用できる、訪問着を簡略化した染着物を指します。戦争時に訪問着の着用を禁じられた際に生まれた、派手さを控えた着物で、生地も縮緬、綸子から白紬地まで幅広く用いられています。従来は訪問着と比べて模様が少なく、仮縫いをした上に柄を入れていく訪問着と異なり反物の段階で既に柄が入っているおり、模様がすべて上(肩山)を向き、ポイント風で飛び柄が多いとされています。仕立ての際に縫い目を跨いで繋がる模様はないのが特徴ですが、近年ではデザインや染めの技術向上により、反物の段階で仕立て上がりをイメージした絵付けが可能となったため、柄行によっては“付け下げ訪問着”と呼ばれるなど、準礼装まで対応できる品となりました。

    あっさりした柄の付け下げに織りの名古屋帯や染め帯を、準礼装として用いる場合は訪問着に近い柄の付け下げに袋帯や格の高い柄の織りの名古屋帯を合わせます。衽・上前・後身頃・袖・胸の箇所に絵柄が描かれているケースが多く、しとやかで上品な柄行の付け下げはお茶会などの席に向いており、格の高い正式な茶会を除く一般的な茶会でよく着用されています。

    仕立てに手間のかかる訪問着とは異なり、事前に柄つけの済んでいる付け下げは比較的安価に入手しやすい品物です。しかしその分、付けられた紋様や生地そのものの価値が純粋に評価されますので、着物を買取りに出した時、思わぬ高額査定が出るかもしれません。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報