着物の種類

留袖の高い品質

留袖

  • 黒留袖

    黒留袖(くろとめそで)は、地色が黒の留袖を指し、既婚女性の礼装として最も格の高いものです。生地には“濱縮緬”や“丹後縮緬”などの地模様のない縮緬を用いており、裾に模様が入れられています。 五つ紋を入れること既婚女性の第一礼装として扱われ、現代では結婚式や披露宴で親族の既婚女性、仲人夫人の服装として用いられることが多くあります。
    戦前は、白羽二重または白一越縮緬の下着と重ねて着用されており、丸帯が合わせられていましたが、1960年頃には下着の代わりにつけ比翼が一般的になり、帯についても1960~1970年代には袋帯や格調高くしつらえられた名古屋帯へと簡略化されていき、1980年代には袋帯が一般的になっていきました。
    また八掛(裾回し)は「無垢仕立て」と言い、必ず表と同じ生地を用いて仕立てられています。表からは見えませんが、八掛にも模様が入ることもあるので確かめてみるのも楽しいですね。
    着物の査定時、もともと高い品質の着物である黒留袖はブランドや状態によって高額買取りになることもあります。

  • 色留袖

    色留袖(いろとめそで)は、地色が黒以外の留袖を指し、黒留袖に次ぎ格式の高いものです。生地には地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された紋意匠縮緬や綸子や緞子、朱子地が用いられる場合もあり、紋は着用目的により、五つ紋、三つ紋、一つ紋、あるいは無紋などがあります。色留袖は、黒留袖と訪問着の中間に位置づけられる事が多く、程良く落ち着いた色合いと柄行から、五つ紋の色留袖を身内の慶事に着用する方も少なくありません。
    黒留袖・色留袖共通の特徴は、胸元に柄が無いこと。そこから生まれる慎ましく落ち着いた上品な雰囲気は、既婚未婚を問わず礼装として押えて置きたい着物です。
    着用範囲や有名作家の手による作品も多いことから、色留袖は高価買取価格が付きやすい品の一つと言えます。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報