着物の種類

留袖買取

留袖とは

留袖は着物買取において比較的値段面で高値が期待できる種類といえます。

もちろん中古着物という性質上、着物が保管されていた状況にもよるのですが、着物には「格」というものがあり、なかでも留袖は格の高い着物に該当することがその根拠となっています。

そういった面からも、留袖は着物の中で最も格の高い着物のひとつですから、着物の価値としても評価を得やすいのです。

そんな留袖は裾の部分に縫い目をまたぎ模様が描かれているのが特徴で、趣向を凝らした鮮やかな柄は見ているだけで引き込まれそうになる魅力に溢れています。

留袖は大きく分けて二つの種類に分けられ、それぞれ「黒留袖」と「色留袖」という名称の着物に分類され、黒留袖は名前の通り着物そのものが黒く、色留袖は様々な色合いの種類があります。

この二つの留袖の中で格が高いのは黒留袖で、着物の価値を決める上で格式というのは重要なポイントです。

また、着物には着用する上で守らなければならないルールがあり、例えば未婚の女性は留袖は着用せず、振袖の着用が望ましいとされ、基本的に既婚女性のみが着用を許される着物なのです。

留袖は格式が高く、既婚女性のみ着用を許されてるという点から、何かと出番の多い着物ですが、こういった理由から買取需要や買取における価値もあります。

もし自宅に留袖が眠っているならば、価値を知るという点でも査定に出してみてはいかがでしょうか。

黒留袖は
既婚女性の礼装として
最も格の高い着物

黒留袖(くろとめそで)は、地色が黒の留袖を指し、既婚女性の礼装として最も格の高い着物です。

生地には“濱縮緬(はまちりめん)”や“丹後縮緬(たんごちりめん)”などの地模様のない縮緬を用いており、裾に模様が入れられています。

五つ紋を入れること既婚女性の第一礼装として扱われ、現代では結婚式や披露宴で親族の既婚女性、仲人夫人の服装として用いられることが多くあります。

戦前は、白羽二重(しろはぶたえ)または白一越縮緬(しろひとこしちりめん)の下着と重ねて着用されており、丸帯が合わせられていましたが、1960年頃には下着の代わりに、付け比翼が一般的になり、帯についても1960~1970年代には袋帯や格調高くしつらえられた名古屋帯へと簡略化されていき、1980年代には袋帯が一般的になっていきました。

また八掛(裾回し)は「無垢仕立て」と言い、必ず表と同じ生地を用いて仕立てられています。

表からは見えませんが、八掛にも模様が入ることもあるので確かめてみるのも楽しいですね。

着物の査定時、もともと高い品質の着物である黒留袖はブランドや状態によって高額買取りになることもあります。

色留袖は
黒留袖に次ぎ
格式の高い着物

色留袖(いろとめそで)は、地色が黒以外の留袖を指し、黒留袖に次ぎ格式の高い着物です。

生地には地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された紋意匠縮緬や綸子(りんず)や緞子(どんす)、朱子地(しゅすじ)が用いられる場合もあり、紋は着用目的により、五つ紋、三つ紋、一つ紋、あるいは無紋などがあります。

色留袖は、黒留袖と訪問着の中間に位置づけられる事が多く、程良く落ち着いた色合いと柄行から、五つ紋の色留袖を身内の慶事に着用する方も少なくありません。

黒留袖・色留袖共通の特徴は、胸元に柄が無いこと。そこから生まれる慎ましく落ち着いた上品な雰囲気は、既婚未婚を問わず礼装として押さえて置きたい着物です。

着用範囲や有名作家の手による作品も多いことから、色留袖は高価買取価格が付きやすい品の一つと言えます。

留袖買取実績留袖の買取実績をご覧ください!

  • 大切なお着物をきちんと査定させていただきました!

    大切なお着物をきちんと査定させていただきました!
    買取参考価格 
    150,000円
    出張買取|埼玉県

    はじめはお見積りだけのご相談ということでお伺い致しました。とても大事にされていた着物ということでしたが、訳あって手放されるとのことで、適当な業者ではなく、着物のわかる方にきちんと査定してほしいというお客様からのご要望でした。

    査定させていただいたのは、本加賀友禅と有名老舗工房の黒留袖をあわせて3点でした。証紙付きの着物はもちろん、他の着物も劣らず状態がよく、査定した3点でしっかりとお値段をつけさせていただきました。

    バイセルでは、大切な置物はもちろん、どんな着物でもきちんと査定致します。

  • 京友禅・加賀友禅の黒留袖買取させていただきました!

    京友禅・加賀友禅の黒留袖買取させていただきました!
    買取参考価格 
    60,000円
    出張買取|兵庫県

    この度買取させていただいた着物は、京友禅と加賀友禅の老舗の黒留袖の2点となります。

    松・菊・オシドリなど花鳥山水が描かれた京友禅の黒留袖は、落ち着いた配色の絵柄となっており、加賀五彩を基調とした配色が特徴の加賀友禅の黒留袖は、鮮やかな配色となっています。

    2点共、結婚披露宴や会合等で一、二度着られたのみということで、比較的新しい状態での買取となりました。

  • 着なくなった色留袖がございましたらお売りください!

    着なくなった色留袖がございましたらお売りください!
    買取参考価格 
    50,000円
    出張買取|奈良県

    着物を沢山お持ちというお客様から、着なくなった着物だけを処分したいとご相談をいただきました。

    今回買取させていただいた着物は全て「色留袖」の着物で、落ち着いた青い生地に華やかな図柄、上品な色遣いがなされており、普段のお出掛けにも使用しやすい着物です。

    沢山の着物をお持ちとお伺いしておりましたので、重ねによるシワなどを心配しておりましたが、そんなこともなく査定も滞りなく進めることができました。

    バイセルでは沢山の着物でも1枚1枚しっかり査定いたします。

  • 作家物の黒留袖を買取いたしました!

    作家物の黒留袖を買取いたしました!
    買取参考価格 
    20,000円
    出張買取|神奈川県

    この度買取した着物は、初代から現在の三代目まで百年続いている有名作家の黒留袖になります。この着物は二代目の作品ですが、京友禅の第一人者ともいわれた作家らしく、鮮やかな色遣いによる品格の高い図柄など、この作家でない限り表現しえない、まさに芸術品といえる黒留袖です。

    大事にしまっていたとお話しされていただけあり、汚れなどなく大変綺麗な状態でした。

喜びのお客様の声が続々届いています

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 古い着物でしたが予想以上の金額がつきました!
    出張買取 | 千葉県 | 50代

    長年タンスの肥しとなっていた留袖数点を買取っていただこうと思い、貴社に電話をいたしました。いくら着ない着物とはいえ、時々虫干しをしておりましたので、汚れや痛みは少なかったのですが、とにかく古いことが心配でした。それでも予想以上の金額に嬉しく思っています。

  • 母の黒留袖を買い取っていただきました
    出張買取 | 宮城県 | 40代

    実家に母の黒留袖がありました。親戚の結婚式で一度母が着ているのを見て、とても綺麗な着物だと思っていました。母から、全く着ることがなくなったので譲ると言われたのですが、私も着る機会がないため、母と相談して、買取の業者にお願いすることにしたのです。電話してから事がスムーズに進んでとてもよかったです。

  • 数十点あった留袖などを処分することができて助かりました
    宅配買取 | 島根県 | 30代

    祖母から譲り受けていた古い着物を数十点買取ってもらいました。黒留袖や色留袖をはじめ訪問着など、様々な種類がありましたが、汚れがついていた着物が少なかったこともあり、すべて買取っていただけました。着物を宅配で送って査定していただけるなんて思いもしませんでしたが、置き場に困るほど数が多かったので助かりました。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「留袖買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは留袖などの着物や帯、和装品を主軸とした買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物を専門で買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    留袖などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。全て0円でご利用できます。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    留袖の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • 最短30分のスピード

    あなたが「留袖を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    留袖などの着物買取技術に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

留袖買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

気になる留袖の買取相場と価格は?

黒留袖と色留袖の違いを紹介してまいりましたが、この二つの留袖は買取に出すにあたり、どの程度値段面で違いがあるのでしょうか。

留袖に限らず着物というものは例え同じ種類の着物であっても、様々な理由や条件によって査定した場合の値段は大きく変わります。

インターネットで「留袖 買取相場」と検索してみると、様々な情報が見つかります。

この買取価格については前提として【留袖の種類(黒留袖か色留袖か)】【留袖の状態(シミ・汚れ)】【作家物かどうか】というような様々な条件が関係しますが、中古の場合は黒留袖で6,000円~30,000円、色留袖だと5,000円~50,000円というように、買取価格には大きな差があるとうかがえます。

さらに、ここに記した値段は必ずしも保証されるわけではなく、参考価格とお考え下さい。

もちろん素材や質によっても値段は大きく変わってくるのですが、着物の中でも高い買取価格を期待できるものとなっています。

加えて、全ての査定評価を満たした上で著名な人間国宝や未着用であれば、ここに記した値段以上の買取価格が付いたという例も見受けられます。

いずれにしても、まずは査定に出す、というのがベストでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込