着物の種類

【留袖買取】相場が高い理由や押さえるべきポイント

  • 留袖買取
  • 留袖は着物買取において比較的値段面で高値が期待できる種類といえます。もちろん中古着物という性質上、着物が保管されていた状況にもよるのですが、着物には「格」というものがあり、なかでも留袖は格の高い着物に該当することがその根拠となっています。そういった面からも、留袖は着物の中で最も格の高い着物のひとつですから、着物の価値としても評価を得やすいのです。そんな留袖は裾の部分に縫い目をまたぎ模様が描かれているのが特徴で、趣向を凝らした鮮やかな柄は見ているだけで引き込まれそうになる魅力に溢れています。

    留袖は大きく分けて二つの種類に分けられ、それぞれ「黒留袖」と「色留袖」という名称の着物に分類され、黒留袖は名前の通り着物そのものが黒く、色留袖は様々な色合いの種類があります。この二つの留袖の中で格が高いのは黒留袖で、着物の価値を決める上で格式というのは重要なポイントです。また、着物には着用する上で守らなければならないルールがあり、例えば未婚の女性は留袖は着用せず、振袖の着用が望ましいとされ、基本的に既婚女性のみが着用を許される着物なのです。

    留袖は格式が高く、既婚女性のみ着用を許されてるという点から、何かと出番の多い着物ですが、こういった理由から買取需要や買取における価値もあります。もし自宅に留袖が眠っているならば、価値を知るという点でも査定に出してみてはいかがでしょうか。

    留袖は種類によって買取時の価値も変わる

    留袖には二つの種類があると前項でお伝えしましたが、この項目ではさらに黒留袖と色留袖の特徴や違いを深く紹介していきます。そして買取に出した場合の価値も変わってきますので、ここではそれぞれの種類を紹介します。

    • 黒留袖
    • 黒留袖は既婚女性の礼装として最も格の高い着物

      黒留袖(くろとめそで)は、地色が黒の留袖を指し、既婚女性の礼装として最も格の高い着物です。生地には“濱縮緬”や“丹後縮緬”などの地模様のない縮緬を用いており、裾に模様が入れられています。 五つ紋を入れること既婚女性の第一礼装として扱われ、現代では結婚式や披露宴で親族の既婚女性、仲人夫人の服装として用いられることが多くあります。

      戦前は、白羽二重または白一越縮緬の下着と重ねて着用されており、丸帯が合わせられていましたが、1960年頃には下着の代わりにつけ比翼が一般的になり、帯についても1960~1970年代には袋帯や格調高くしつらえられた名古屋帯へと簡略化されていき、1980年代には袋帯が一般的になっていきました。 また八掛(裾回し)は「無垢仕立て」と言い、必ず表と同じ生地を用いて仕立てられています。

      表からは見えませんが、八掛にも模様が入ることもあるので確かめてみるのも楽しいですね。 着物の査定時、もともと高い品質の着物である黒留袖はブランドや状態によって高額買取りになることもあります。

    • 色留袖は留袖に次ぎ格式の高い着物

      色留袖(いろとめそで)は、地色が黒以外の留袖を指し、黒留袖に次ぎ格式の高い着物です。生地には地模様のない縮緬だけではなく、地模様が織り出された紋意匠縮緬や綸子や緞子、朱子地が用いられる場合もあり、紋は着用目的により、五つ紋、三つ紋、一つ紋、あるいは無紋などがあります。

      色留袖は、黒留袖と訪問着の中間に位置づけられる事が多く、程良く落ち着いた色合いと柄行から、五つ紋の色留袖を身内の慶事に着用する方も少なくありません。黒留袖・色留袖共通の特徴は、胸元に柄が無いこと。そこから生まれる慎ましく落ち着いた上品な雰囲気は、既婚未婚を問わず礼装として押えて置きたい着物です。 着用範囲や有名作家の手による作品も多いことから、色留袖は高価買取価格が付きやすい品の一つと言えます。

    • 色留袖

    気になる留袖の買取相場と価格は?

    黒留袖と色留袖の違いを紹介してまいりましたが、この二つの留袖は買取に出すにあたりどの程度値段面で違いがあるのでしょうか。

    留袖に限らず着物というものは例え同じ種類の着物であっても、様々な理由や条件によって査定した場合の値段は大きく変わります。インターネットで「留袖 買取相場」と検索してみると、様々な情報が見つかります。

    この買取価格については前提として【留袖の種類(黒留袖か色留袖か)】【留袖の状態(シミ・汚れ)】【作家物かどうか】というような様々な条件が関係しますが、中古の場合は黒留袖で6000円~30000円、色留袖だと5000円~50000円というように、買取価格には大きな差があるとうかがえます。さらに、ここに記した値段は必ずしも保証されるわけではなく、参考価格とお考え下さい。

    もちろん素材や質によっても値段は大きく変わってくるのですが、着物の中でも高い買取価格を期待できるものとなっています。加えて、全ての査定評価を満たした上で著名な人間国宝や未着用であればここに記した値段以上の買取価格が付いたという例も見受けられます。いずれにしてもまずは査定に出す、というのがベストでしょう。

留袖を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    着古した色留袖を新しい着物を購入しました!
    着ていない色留袖があり売る事にしました。ネット検索して出張買取をお願いしました。すぐに来てくださり丁寧で安心できました。枚数が多かったですが、着物と帯もきちんと査定してくれたので嬉しかったです。買取価格はとても満足のいく物で大喜びでした。そのお金で新しい着物を購入しました。また、お願いしたいと思います。
    野口彦太郎の手書き友禅の熟練の技術がふんだんに盛り込まれた色留袖を買い取らせて頂きました
    色留袖は中古市場で需要も高い傾向で、野口彦太郎は京都の老舗、大彦の三代目として人気の作品を数多く生み出しています。今回のお着物は全体的に保管状況も良好で、色留袖に関しては証紙も付属していたこともあり、金額もお客様のご期待に添うことができました。 証紙や証明書に関しては無くても買取は可能ですが、有無によっては金額が大きく変わる場合もございます。価値はわからないけど自宅に着物があるという方の中には、実は価値の高い逸品という場合もございます。そして査定の結果、捨てようとしていた着物が有名作家品と判明することもありますので是非ご利用下さい。
  • 40代 女性
    結婚式で着用した黒留袖を買取ってもらいました
    新しい着物を購入したので今まで着ていた黒留袖を含む着物を何点か買取ってもらいました。遠方にもかかわらず電話した当日に来てくれて助かりました。買取してもらえるかと不安でしたが、一点一点丁寧に査定していただき安心しました。合わせて帯などの小物類も査定してもらいました。着物は古いものでしたが大切に保存していたので思ったより満足のいく価格で引き取ってもらえました。また機会があれば利用したいと思います。
    この度は大切な黒留袖をお売り頂きありがとうございました
    今回は白坂幸蔵氏の作品を含めた着物複数枚を買い取らせて頂きました。白坂幸蔵氏は本加賀友禅作家として著名で、中でも黒留袖は中古着物市場でも人気があります。伝統の深みのある色合いで、品格のある存在感を持った着物で、加賀友禅の魅力が詰まった一品でした。定期的なお手入れも行なっていたようで、全体的に状態の良好な着物ばかりでした。 着物はお手入れを欠かすと、すぐにシミなどの汚れがついてしまいます。黒留袖などの格の高い着物だったとしても、買取金額に少なからず影響が出る要因になりますのでご注意ください。 当社ではそういった着物も一つ一つ心をこめて査定いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。
  • 60代 女性
    タンスに眠っていた留袖がまさかの値段に
    引っ越しを機に買取っていただきました。ネットで依頼ということで少し不安はありました。しかし査定員さんが一枚一枚丁寧に着物の査定を行って下さり不安は解消できました。ネットで簡単に依頼でき便利です。また、お願いしたいと思ってます。
    京友禅着物の老舗、千總の留袖など買い取らせて頂きました
    千總の色留袖は、紅葉や桜などの意匠が染められており愛らしく、また柄には金彩や金駒刺繍が施されていて、豪華な印象もある素晴らしい作品でした。また証明書も保管されていたため、金額にも満足していただけたかと思います。 留袖などの礼装に限らず、着物は購入する際、証紙、もしくは証明書が付属するかと思いますが捨ててしまう人が多いのですが、着物を手放す際に価値の証明となりますので残しておきましょう。スピード買取ではもちろん証紙のない着物でも精一杯査定させて頂きますので是非当社にお任せください。

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について 

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報