着物の種類

男性着物は自由な着こなし

男性着物

  • 着物は男女問わずわが国の伝統的な服として発展してきました。着物は大きく女性着物と男性着物に分けることができます。
    男性着物の礼装は黒紋付の羽織袴です。結婚式などに招待されたときに着物を着る際には準礼装として色羽二重か、色縮緬の無地に染め抜きの五つ紋付の着物と羽織袴が一般的です。男性の着物は女性の着物よりも自由な着こなしが多く、着物自体は地味な無地で女性のような華やかさありませんが、羽織の裏など普段は見えない部分に変わった柄や粋な柄など、見えない部分に凝るというのが、男性着物の醍醐味といえます。
    男性着物の買取りというと、女性物の訪問着や付け下げ、あるいは振袖などと比べると、買取りをしてもらえないようなイメージがありますが、大島紬や結城紬などの紬やアンサンブル(同じ反物で作る羽織と着物のセット)、また江戸小紋においては色柄が珍しいもの、本場結城紬、作家ものなどであれば男性着物でも状態がよければ思わぬ高値がつく場合もあります。
    大島紬は、手紡ぎ糸で褐色紬が織られていた鹿児島県の奄美大島が発祥で、近代以降から盛んに作られるようになった着物です。高級和装品として名高い紬に名を連ね、天然の染料特有の渋みと柔らかさを持つ独特の質感があり、軽いながらも耐久性に優れ評価の高い紬とされています。結城紬は、昭和31年に重要無形文化財に、昭和51年には伝統工芸品に指定された伝統のある着物です。結城紬の中でも最高峰の絹織物と称されている本場結城紬は真綿から糸を全て手作業でつむぎ、地機と呼ばれる古くからの織機で作られる着物です。全国に多くある紬には見られない特色をもっています。その特色は縦糸、横糸の両者に手つむぎ糸を使用しているという点です。また、江戸小紋も男性着物の染め着物の中では人気の高い和服の1つです。江戸小紋は小紋染めという技法を用いて、江戸時代に裃の染め模様として隆盛し、代表的な染色技法の一つとなりました。細かな単位模様を一面に配し、単色にに染めるところが大きな特徴の1つです。明治以後、一般的な着物の柄としても広く普及しました。代表的な柄に文字通りその肌のように見える「鮫」、正方形の柄が規則的に並んだ「角通し」、霞模様を斜めに並べた「行儀」などが有名です。技法にはもち米粉を主剤にした防染糊づくり、型付け、色調の表現などにも高い技術が用いられています。
    これらの和服は礼装よりも格が落ちるかもしれませんが、シーンを選ばずに気軽に着ることができるため、男性着物の中では人気と言えるものです。ご自宅の箪笥の中に眠っている男性着物がございましたら、お気軽にご相談ください。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報