着物の種類

沖縄着物買取

沖縄着物とは

沖縄は江戸時代までは「琉球」と呼ばれ(諸説あります)、当時、東南アジアや中国などと交易があったことから、現地から染色の技法を学び、取り入れたことで、琉球織物(沖縄着物)の基礎が出来上がったといわれています。

沖縄の着物には、日本伝統の着物とは異なる沖縄独特の色彩や織りなどに特徴があり、やはりアジアの影響を受けた独特な雰囲気が強く感じられます。

沖縄着物(琉球織物)には様々な種類が含まれますが、「琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)」と「読谷山花織(よみたんざんはなおり)」などは特に有名です。

そんな長い歴史のある沖縄の着物についての着物買取における価値が気になるところですが、実は他の地域の着物に比べて買取相場が高い傾向にあり、高価買取される品がたくさんあります。

これは歴史的価値はもちろんのこと、沖縄という土地柄が大きく関係し、他の地域の着物とは異なる独自の発展を遂げたのが大きな要因といえます。

ここではそんな沖縄着物(琉球織物)を買取と相場に迫ってみたいと思います。

琉球紅型は
沖縄着物(琉球織物)の代名詞

琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)は14世紀から15世紀の中国や東南アジアとの交易によって中国、インド、ジャワの技法が沖縄に伝わり、琉球、首里、浦添を中心に女性の礼装等として摺込みの手法で染められたのが起源とされています。

中国の福建市場では東洋花布と呼ばれ貴重な交易品とされ、紅型の華麗さや洗練された芸術性は現代に受け継がれています。

紅型の「紅」は色全般を指し、「型」は様々な模様を指しています。一般的な染物は染料を使用するのに対して、紅型は主に顔料で色づけをします。

顔料は染料に比べて染まりにくいものの、発色がよくビビッドでカラフルな風合いになり、太陽光による色あせにも非常に強いという特徴をもっています。

昔から紅型の代表的な色である黄色は、高貴な色とされ、着用できるのは王族のみと決まっていましたが、それは、明るい黄色を皇帝の色と定めていた中国の影響を受けているようです。

また、模様は鳳凰や龍、雪輪、鶴など中国や本土からの影響うけたものが多く、デイゴ、海、魚などの沖縄独特の新しい文様も誕生しています。

琉球紅型の有名作家としては、紅型で初めて人間国宝に認定された玉那覇有公(たまなはゆうこう)のほか、近現代の紅型の名匠と称される城間栄喜(しろまえいき)、またその長男の城間栄順(しろまえいじゅん)などがおります。

これらの有名作家の和服や帯などは大変貴重なものであり、高額で買取りされる場合もありますので、是非一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

読谷山花織は
一度歴史が途絶えた「幻の花織」

読谷山花織(よみたんざんはなおり)は沖縄の読谷・与那国島・竹富島の織物のことをいいます。

読谷山花織は経糸と緯糸を複雑に組み合わせて模様を織り出す紋織物の一種です。

15世紀頃に交易していた中国や東南アジア諸国から絣や浮織の技法が伝来し、その技術を元に読谷山花織として現代まで受け継がれてきたのです。

しかしながら、この技術も明治の中頃から衰退し、第二次世界大戦後は記憶から忘れ去られ、「幻の花織」になっていました。

1964年、読谷村の有志によって約90年ぶりに「幻の花織」が復活し、約600年の歴史を誇る読谷山花織が甦りました。

はじめは愛好会からでしたが、読谷山花織事業協同組合の組織へと発展し、現在では沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として、全国に多く知られるようになりました。

読谷山花織は絹糸や綿糸で、染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。

模様を表すのに花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮花織」「緯浮花織」と「手花織」があります。

経浮花織・経浮花織は布幅の経糸方向又は緯糸方向に色糸を用いて模様を織ります。手花織は、竹べらを使い手で色糸を縫い取るように模様を構成して織ります。

読谷山ミンサーは「グーシ花織」とも呼ばれ、綿糸を用いた細帯で、模様を表すのに紋棒又は花綜絖を用いて織ります。

読谷山花織の大きな特徴として色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、図柄には立体感が出ています。

このような織り方で作られる読谷山花織の帯や和服は平面的な生地に浮き出させて柄を織り上げる技法で細やかな刺繍のようにも見える繊細さが特徴です。

沖縄県内で4人目となる重要無形文化財「読谷山花織」保持者として読谷山花織に多大な影響を与えた与那嶺貞の和服や帯は現在では貴重となっており、高額の買取りが期待できる花織の1つです。

喜びのお客様の声が続々届いています

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 宅配査定は便利ですね
    宅配買取 | 沖縄県 | 30代

    祖母が持っていた琉球紅型の着物を買取してもらいました。どれぐらいの査定額になるのか想像もつきませんでしたが、思ったよりも高額な査定でしたので買取をお願いしました。うちは本土から離れていますので、宅配査定は便利と感じました。

  • 処分する前に依頼してみてよかった
    出張買取 | 岡山県 | 50代

    譲り受けた着物で種類や価値がよくわからなかったのですが、査定の方のお話では沖縄の着物ということで、予想より高額な値段に驚きました。処分する前に査定してもらって本当に良かったです。

  • 利用は初めてでしたが安心でした
    出張買取 | 熊本県 | 40代

    母の着物を処分するにあたり、初めて買取サービスを利用しました。子供がまだ小さいため、自宅まで来てもらうことができて助かりました。目の前で査定してもらうことができるので、初めてでも安心することができました。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「沖縄着物買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは沖縄着物などの着物や帯、和装品を主軸とした買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物を専門で買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    沖縄着物などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。全て0円でご利用できます。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    沖縄着物の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • 最短30分のスピード

    あなたが「沖縄着物を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    沖縄着物などの着物買取技術に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

沖縄着物買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい!
お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

沖縄着物の買取相場は他の地域に比べて特に高い傾向があります

沖縄着物の買取相場は他の地域に比べて高い傾向がみられます。

この理由として顕著な理由として、やはり伝統工芸品が多いことや、それぞれの品の多くが稀少価値が高いということが挙げられます。

こういった伝統工芸品としての要素に加えて、作家物というポイントも加わるため、買取価格は総じて高い傾向が見られます。

着物の買取価格は、価値という面も加味されますが、沖縄の着物は独自の技術が多く見られ、その点も反映されているといって良いでしょう。

沖縄着物(琉球織物)の買取において、前項で挙げた琉球紅型と読谷山花織はトップクラスの稀少性がありますが、他にも久米島紬や琉球絣、首里花織といった品も価値がある=高価買取になる可能性はとても高いのです。

ここで注意したいのは、なんといっても着物の価値を左右する着物の状態です。

どんなに良い品や逸品に該当する着物や帯であっても、シミや汚れなどダメージが感じられる場合ですと、一気に価値が下がり、高価買取を望むのがきわめて困難になってしまいます。

加えて伝統工芸品ならば証紙があるか、作家物ならどんな作家なのか、というところも押さえておきましょう。

自身で価値を把握するのが困難ならば、着物買取業者に価値を見極めてもらうのが手間もかからず良い方法と言えるでしょう。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込