着物の種類

沖縄着物の洗練された芸術性

沖縄着物

  • 琉球紅型

    琉球紅型は14世紀から15世紀の中国や東南アジアとの交易によって中国、インド、ジャワの技法が沖縄に伝わり、琉球、首里、浦添を中心に女性の礼装等として摺込みの手法で染められたのが起源とされています。中国の福建市場では東洋花布と呼ばれ貴重な交易品とされ、紅型の華麗さや洗練された芸術性は現代に受け継がれています。
    紅型の「紅」は色全般を指し、「型」は様々な模様を指しています。一般的な染物は染料を使用するのに対して、紅型は主に顔料で色づけをします。顔料は染料に比べて染まりにくいものの、発色がよくビビッドでカラフルな風合いになり、太陽光による色あせにも非常に強いという特徴をもっています。昔から紅型の代表的な色である黄色は、高貴な色とされ、着用できるのは王族のみと決まっていましたが、それは、明るい黄色を皇帝の色と定めていた中国の影響を受けているようです。また、模様は鳳凰や龍、雪輪、鶴など中国や本土からの影響うけたものが多く、デイゴ、海、魚などの沖縄独特の新しい文様も誕生しています。
    琉球紅型の有名作家としては、紅型で初めて人間国宝に認定された玉那覇有公(たまなはゆうこう)のほか、近現代の紅型の名匠と称される城間栄喜(しろまえいき)、またその長男の城間栄順(しろまえいじゅん)などがおります。これらの有名作家の和服や帯などは大変貴重なものであり、高額で買取りされる場合もありますので、是非一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

    花織

    花織は沖縄の読谷・与那国島・竹富島の織物のことをいいます。中でも有名なのは、読谷山花織(ゆんたんざはなうい)や読谷山ミンサーなどです。
    読谷山花織は経糸と緯糸を複雑に組み合わせて模様を織り出す紋織物の一種です。15世紀頃に交易していた中国や東南アジア諸国から絣や浮織の技法が伝来し、その技術を元に読谷山花織として現代まで受け継がれてきたのです。しかしながら、この技術も明治の中頃から衰退し、第二次世界大戦後は記憶から忘れ去られ、「幻の花織」になっていました。
    1964年、読谷村の有志によって約90年ぶりに「幻の花織」が復活し、約600年の歴史を誇る読谷山花織が甦りました。はじめは愛好会からでしたが、読谷山花織事業協同組合の組織へと発展し、現在では沖縄県指定無形文化財、経済産業大臣指定伝統的工芸品として、全国に多く知られるようになりました。
    読谷山花織は絹糸や綿糸で、染料は福木(ふくぎ)、車輪梅(しゃりんばい)、琉球藍などの植物染料を主に用いています。模様を表すのに花綜絖(はなそうこう)を用いる「経浮花織」「緯浮花織」と「手花織」があります。経浮花織・経浮花織は布幅の経糸方向又は緯糸方向に色糸を用いて模様を織ります。手花織は、竹べらを使い手で色糸を縫い取るように模様を構成して織ります。読谷山ミンサーは「グーシ花織」とも呼ばれ、綿糸を用いた細帯で、模様を表すのに紋棒又は花綜絖を用いて織ります。
    読谷山花織の大きな特徴として色糸で浮き出す幾何学模様は花のように美しく、図柄には立体感が出ています。このような織り方で作られる読谷山花織の帯や和服は平面的な生地に浮き出させて柄を織り上げる技法で細やかな刺繍のようにも見える繊細さが特徴です。
    沖縄県内で4人目となる重要無形文化財「読谷山花織」保持者として読谷山花織に多大な影響を与えた与那嶺貞の和服や帯は現在では貴重となっており、高額の買取りが期待できる花織の1つです。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報