着物の種類

小紋買取

小紋とは

小紋とは、振袖や訪問着等とは異なり、柄が生地の上下に関係なく細やかな模様が散りばめられている着物のことをいいます。

小紋は型染めと呼ばれる技法を用いて作られるのが特徴ですが、全国には様々な方法で独自の発展を遂げた小紋が多数存在しています。

具体的には、有名な「江戸小紋」「加賀小紋」「京小紋」の三種類の小紋をはじめ「紅型(びんがた)小紋」「絞り小紋」「更紗(さらしな)小紋」などの小紋着物が、それぞれの技法により作られているのです。

ほとんどの小紋の着物はその模様から、礼装としてではなく知人との食事会や観劇など、またお稽古事などに普段着もしくは外出着として着用するのが一般的です。

そのため、買取の場でも小紋着物は比較的多く見受けられます。

ここではそんな小紋の代表的な種類や買取価格の相場、またその際に押さえておくべきポイントについてご紹介をいたします。

江戸小紋は
非常に細かい柄や模様が特徴

江戸小紋(えどこもん)とは、遠目には無地に見えるほど非常に細かい柄や模様が特徴で、代表的な柄に文字どおりその肌のように見える「鮫」、規則的に正方形の柄が並んだ「角通し」、霞模様を斜めに並べた「行儀」などが有名です。

そして、江戸小紋は小紋染めという技法を用い、江戸時代に武家の裃(かみしも)の染め模様として隆盛し日本全国で代表的な染色技法の一つとなりました。

細かな単位模様を一面に配して一色に染めるところに特色があります。

明治以後、一般の着物の柄としても広く普及し、技法にはもち米粉を主剤にした防染糊づくり、型紙を用いた型付け、色調の表現などに高い技術が用いられています。

それ自体は日本の型染の基本的な技法でもありますが、同時にその染めはすぐれた工芸美として高い評価を受けていることから、査定時にも状態が良いきものであれば高価買取に繋がっています。

既存の技術に
独自性を合わせた加賀小紋

加賀小紋(かがこもん)とは、石川県で作られ作られる型染めの着物のひとつです。

これには大きく2つのタイプがあり、ひとつは江戸小紋に加賀の感性を加えた「加賀伝統小紋」で、細かい模様を1色染めで染めています。

加賀の大名・前田家の武士の裃に用いられて発達し、江戸小紋と同様に、伊勢型紙を使用しています。

もうひとつは、繊細で上品な華やかさのある作家もので有名な「加賀友禅小紋」です。

これは京小紋に影響を受けたもので、加賀友禅と同様に加賀五彩とよばれる、黄土、藍、臙脂(えんじ)、草、古代紫の色を使い、型染で作られています。

明治以降、京都で華やかな京小紋が作られるようになると、それに習って加賀友禅に似た色柄が作られるようになりました。

既存の技術に独自性を合わせることにより広がる加賀小紋の魅力は、着物査定時の高価買取へ繋がっています。

京友禅の派手な柄行と
型染めを融合させた京小紋

京小紋(きょうこもん)とは、京友禅の派手な柄行と型染めを融合させた、その名の通り京都で染められる小紋です。

多色染めで様々な生地を用いており、柄は江戸小紋と比べるとやや大ぶり、全体的に抽象柄より具象柄が多いのが特徴です。

はんなりとした雅やかな雰囲気を持ち、色使いにも伝統的なやさしさと気品があふれています。

普段着寄りの立ち位置にある小紋ですが、京小紋の持つ独特な雰囲気は「ちょっとおしゃれ度合いの高い着物」として現在も人気が高く、仲の良い友人の集まりやお出かけ、身内だけのちょっとした席で楽しめる気軽な着物ですから需要も高いのです。

お茶会や慶事などでの着用は世代によって賛否がわかれるようですので、プライベートの領域で存分に楽しんでいただくのがお勧めです。

気軽に着られる素敵な着物だからこその需要も高く、状態が良いものならば買取額も期待できるでしょう。

喜びのお客様の声が続々届いています

※お客様の声から当社で選択の上で掲載しています。

  • 母が若い頃に着ていた小紋を買取してもらいました
    出張買取 | 神奈川県 | 40代

    母が若い頃に着ていた小紋や訪問着等の着物がたくさん見つかりました。そこで、買取を受け付けている業者を探してみたところ、自宅まできてもらえることを知り、とても便利だと思いました。査定も満足できる価格だったし、これからも利用したいと母が言っていました。

  • 不要な着物は買取するのがおすすめです
    出張買取 | 和歌山県 | 30代

    自宅に不要な着物があるなら、買取を依頼する方法がおすすめです。今回は母が使っていた小紋や羽織を売却しましたが、自宅まで買取に来てもらえたので重宝しました。ネットから簡単に申し込むことができる点も助かりました。

  • たくさんある小紋の買取をお願いしました
    出張買取 | 奈良県 | 30代

    母から、着物の売却について相談されました。たくさんある小紋の着物を売りたいけれど、売却の方法が分からなかったそうです。そこで買取業者をネットで調べてホームページから申し込みました。その結果、自宅まで取りに来てもらえましたし、満足価格でしたから、母にも感謝されました。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

「小紋買取」で
バイセルが
選ばれる
6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちは小紋などの着物や帯、和装品を主軸とした買取専門店。だから一般的なリサイクルショップで鑑定が難しい着物を専門で買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    小紋などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金は一切かかりません。全て0円でご利用できます。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    小紋の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • 最短30分のスピード

    あなたが「小紋を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、熟練した経験を持つ査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    小紋などの着物買取技術に定評のあるバイセルは独自ノウハウを元に上質のサービスを提供しています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

小紋買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0120-938-105
簡単メール申込

小紋の買取相場と少しでも値段を高く査定してもらう方法

小紋の買取価格はあまり高くないように見られがちですが、そんなことはありません。

もちろん小紋といっても幅広い種類があるので一概には言えませんが、伝統工芸品もあれば、中には作家物のように稀少価値の高い逸品と呼ばれる小紋もあります。

いくつか紹介すると、六谷梅軒という昭和時代の型紙彫刻師で、鮫(さめ)小紋,通し小紋など,細密な紋様を得意な作家でした。

他に久保田一竹や中村勇二郎といった著名な作家が名を連ねる種類でもあるのです。

有名作家が手掛けた小紋であるならば、買取相場は高い傾向が見られますので期待しても良いといえます。

次に値段を少しでも高く査定してもらう方法について、小紋をはじめ着物は大変デリケートな性質を持っています。

ですから着用した際についてしまいがちな汚れやシミには気を付けるべきです。

加えて保管時にも湿気などはシミの原因になりますので定期的に風通しの良い場所に保管しておくのがオススメです。

そんな小紋を少しでも高く査定してもらうためには、なによりも着物を専門で査定している着物買取業者に相談すると良いでしょう。

なぜなら着物を査定する上で豊富な知識は何よりも必要で、査定経験が多いということはそれだけ買取相場にも詳しいということなのです。

お申し込み・ご相談はこちら
0120-247-234
簡単メール申込