着物の種類

【小紋買取】相場が高くなる条件や高値の傾向

  • 小紋買取、相場が高くなる条件や高値の傾向
  • 着物を着用する様々なシーンで出番の多い小紋をお持ちの方も多いことでしょう。小紋は買取の場においては、比較的多く見られることが多いのですが、小紋という着物の特徴もさることながら、実際の買取価格や買取相場が気になるところですね。ここではそんな小紋を買取に出した場合の相場や、押さえておくべきポイントにも触れていきたいと思います。

    小紋の買取価格が知りたい!有名な小紋を一挙紹介

    小紋は型染めと呼ばれる技法を用いられているのが特徴ではありますが、全国に独自の発展を遂げた小紋が存在しています。ここで紹介するのは主要な小紋で、基本的には査定対象となると思って良いでしょう。また、ここで紹介している小紋をお持ちの方は一度該当するかを照らし合わせていただき、もしも該当するならば一度ご相談いただくことをおすすめします。

    江戸小紋は非常に細かい柄や模様が特徴

    江戸小紋(えどこもん)とは、遠目には無地に見えるほど非常に細かい柄や模様が特徴で、代表的な柄に文字どおりその肌のように見える「鮫」、規則的に正方形の柄が並んだ「角通し」、霞模様を斜めに並べた「行儀」などが有名です。そして、江戸小紋は小紋染めという技法を用い、江戸時代に武家の裃(かみしも)の染め模様として隆盛し日本全国で代表的な染色技法の一つとなりました。細かな単位模様を一面に配して一色に染めるところに特色があります。明治以後、一般の着物の柄としても広く普及し、技法にはもち米粉を主剤にした防染糊づくり、型紙を用いた型付け、色調の表現などに高い技術が用いられています。それ自体は日本の型染の基本的な技法でもありますが、同時にその染めはすぐれた工芸美として高い評価を受けていることから、査定時にも状態が良いきものであれば高価買取に繋がっています。

    既存の技術に独自性を合わせた加賀小紋

    加賀小紋(かがこもん)とは、石川県で作られ作られる型染めの着物のひとつです。これには大きく2つのタイプがあり、ひとつは江戸小紋に加賀の感性を加えた「加賀伝統小紋」で、細かい模様を1色染めで染めています。加賀の大名・前田家の武士の裃に用いられて発達し、江戸小紋と同様に、伊勢型紙を使用しています。

    もうひとつは、繊細で上品な華やかさのある作家もので有名な「加賀友禅小紋」です。これは京小紋に影響を受けたもので、加賀友禅と同様に加賀五彩とよばれる、黄土、藍、臙脂(えんじ)、草、古代紫の色を使い、型染で作られています。明治以降、京都で華やかな京小紋が作られるようになると、それに習って加賀友禅に似た色柄が作られるようになりました。既存の技術に独自性を合わせることにより広がる加賀小紋の魅力は、着物査定時の高価買取へ繋がっています。

    京友禅の派手な柄行と型染めを融合させた京小紋

    京小紋(きょうこもん)とは、京友禅の派手な柄行と型染めを融合させた、その名の通り京都で染められる小紋です。多色染めで様々な生地を用いており、柄は江戸小紋と比べるとやや大ぶり、全体的に抽象柄より具象柄が多いのが特徴です。はんなりとした雅やかな雰囲気を持ち、色使いにも伝統的なやさしさと気品があふれています。

    普段着寄りの立ち位置にある小紋ですが、京小紋の持つ独特な雰囲気は「ちょっとおしゃれ度合いの高い着物」として現在も人気が高く、仲の良い友人の集まりやお出かけ、身内だけのちょっとした席で楽しめる気軽な着物ですから需要も高いのです。お茶会や慶事などでの着用は世代によって賛否がわかれるようですので、プライベートの領域で存分に楽しんでいただくのがお勧めです。気軽に着られる素敵な着物だからこその需要も高く、状態が良いものならば買取額も期待できるでしょう。

    小紋の買取相場と少しでも値段を高く査定してもらう方法

  • 小紋の買取価格はあまり高くないように見られがちですが、そんなことはありません。もちろん小紋といっても幅広い種類があるので一概には言えませんが、伝統工芸品もあれば、中には作家物のように稀少価値の高い逸品と呼ばれる小紋もあります。いくつか紹介すると、六谷梅軒という昭和時代の型紙彫刻師で、鮫(さめ)小紋,通し小紋など,細密な紋様を得意な作家でした。他に久保田一竹や中村勇二郎といった著名な作家が名を連ねる種類でもあるのです。有名作家が手掛けた小紋であるならば、買取相場は高い傾向が見られますので期待しても良いといえます。

    次に値段を少しでも高く査定してもらう方法について、小紋をはじめ着物は大変デリケートな性質を持っています。ですから着用した際についてしまいがちな汚れやシミには気を付けるべきです。加えて保管時にも湿気などはシミの原因になりますので定期的に風通しの良い場所に保管しておくのがオススメです。

    そんな小紋を少しでも高く査定してもらうためには、なによりも着物を専門で査定している着物買取業者に相談すると良いでしょう。なぜなら着物を査定する上で豊富な知識は何よりも必要で、査定経験が多いということはそれだけ買取相場にも詳しいということなのです。

小紋を買取させていただいたお客様の声

  • 50代 女性
    小紋の買取ありがとうございました。信用できるサービスでした
    正直、買取してもらえるかどうか半信半疑でしたが、作家ものの小紋は期待通りの高値をつけてもらうことができ、信用できるサービスだと実感しました。古い着物もきちんと査定してもらうことができ、大変満足しています。
    素敵な小紋の着物を売っていただきありがとうございました!
    この度買取らせて頂いた小紋は、年代物でしたが作家物で証紙もついておりました。いまだに着物の買取市場では根強い人気を持つ作家の逸品でした。
    昔のお着物ですと証紙なども失くしてしまっている方も多いですが、スピード買取.jpではそういった着物も大歓迎です。豊富な買取実績を持つ私たちがあなたの着物をしっかり査定します。古いお着物をお持ちの方はぜひ一度お問い合わせください。
  • 50代 女性
    笑顔で対応してくれたのが印象的でした
    スタッフの方が終始、笑顔で対応してくれたのが印象的でした。どんな方が大切にしていた小紋を買取に来るのか不安だったので安心しました。
    査定額の説明もわかりやすかったです。処分に困っていたたくさんの着物類が片付き、家の中が広く感じています。
    この度はスピード買取.jpをご利用いただきありがとうございました
    大切にされていた小紋とのことで、売却にはなかなか踏み出せなかったかと思います。 実は、着物には思い入れがある方が多く、どのように処分もしくは売却するべきか分からないという方も少なくありません。
    こういった着物を必要とされている方へ、スピード買取.jpは責任をもって届けさせていただきます。ご不要になった着物は是非お任せ下さい。
  • 40代 女性
    本格的な着物買取サービスで良かったです
    着物の価値は素人にはわからないので、本格的な買取サービスがあって助かりました。保管していた小紋など価値が分からなかった私ですが、着物の話も楽しく聞くことができました。着物の価値がわかるプロの方に買取してもらえて良かったです。
    着物は価値の分かる買取業者に査定してもらうのがポイントです
    今回はお母様が以前着られていたお着物の買取ということでご利用頂きました。 着物数枚の査定でしたが、中には有名作家藍田正雄の江戸小紋もあり、高額での買取となりました。
    着物は、留袖、訪問着、付け下げ、小紋・・・と種類もたくさんあり、また作家物であると高額査定となることもあります。スピード買取.jpでは商材知識の研修トレーニングを徹底しており、査定員一同日々、査定技術の向上に努めています。
    価値の分からない着物をお持ちの方は、是非一度スピード買取.jpにお問い合わせください。

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について 

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報