着物の種類

小紋は現在も人気が高い

小紋

  • 江戸小紋

    江戸小紋(えどこもん)とは、遠目には無地に見えるほど非常に細かい柄や模様が特徴で、代表的な柄に文字どおりその肌のように見える「鮫」、規則的に正方形の柄が並んだ「角通し」、霞模様を斜めに並べた「行儀」などが有名です。そして、江戸小紋は小紋染めという技法を用い、江戸時代に武家の裃(かみしも)の染め模様として隆盛し日本全国で代表的な染色技法の一つとなりました。細かな単位模様を一面に配して一色に染めるところに特色があります。明治以後、一般の着物の柄としても広く普及し、技法にはもち米粉を主剤にした防染糊づくり、型紙を用いた型付け、色調の表現などに高い技術が用いられています。それ自体は日本の型染の基本的な技法でもありますが、同時にその染めはすぐれた工芸美として高い評価を受けていることから、査定時にも状態が良いきものであれば高価買取に繋がっています。

    加賀小紋

    加賀小紋(かがこもん)とは、石川県で作られ作られる型染めの着物のひとつです。これには大きく2つのタイプがあり、ひとつは江戸小紋に加賀の感性を加えた「加賀伝統小紋」で、細かい模様を1色染めで染めています。加賀の大名・前田家の武士の裃に用いられて発達し、江戸小紋と同様に、伊勢型紙を使用しています。

    もうひとつは、繊細で上品な華やかさのある作家もので有名な「加賀友禅小紋」です。これは京小紋に影響を受けたもので、加賀友禅と同様に加賀五彩とよばれる、黄土、藍、臙脂(えんじ)、草、古代紫の色を使い、型染で作られています。明治以降、京都で華やかな京小紋が作られるようになると、それに習って加賀友禅に似た色柄が作られるようになりました。既存の技術に独自性を合わせることにより広がる加賀小紋の魅力は、着物査定時の高価買取へ繋がっています。

    京小紋

    京小紋(きょうこもん)とは、京友禅の派手な柄行と型染めを融合させた、その名の通り京都で染められる小紋です。多色染めで様々な生地を用いており、柄は江戸小紋と比べるとやや大ぶり、全体的に抽象柄より具象柄が多いのが特徴です。はんなりとした雅やかな雰囲気を持ち、色使いにも伝統的なやさしさと気品があふれています。

    普段着寄りの立ち位置にある小紋ですが、京小紋の持つ独特な雰囲気は「ちょっとおしゃれ度合いの高い着物」として現在も人気が高く、仲の良い友人の集まりやお出かけ、身内だけのちょっとした席で楽しめる気軽な着物ですから需要も高いのです。お茶会や慶事などでの着用は世代によって賛否がわかれるようですので、プライベートの領域で存分に楽しんでいただくのがお勧めです。気軽に着られる素敵な着物だからこその需要も高く、状態が良いものならば買取額も期待できるでしょう。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報