着物の種類

訪問着は絵羽模様が特徴

訪問着

  • 訪問着(ほうもんぎ)とは、大正末期からある正装の一つで、未婚・既婚を問わず着られる絵羽模様の社交着のことを言います。当初は三つ紋を入れることが慣例でしたが、現在ではその風潮も徐々に薄れ、紋を入れないことも増えました。

    最大の特徴は絵羽模様で、帯の上にも下にも柄があり、その全てが縫い目を跨いで綺麗に繋がっているものです。この模様をつけるには、仮絵羽といって白生地を着物の形に仮仕立てを行い、白生地に下絵の模様を描きます。それを解いて再び一枚の状態に戻し、下絵通りに友禅染やろうけつ染め(模様部分を蝋で防染し染色する伝統的な染色法)などさまざまな技法で色を付け、改めて着物の形に仕立てられます。これにより、裾全体、袖から身頃、衿から肩に掛けての柄が縫い目を渡って描くことができるので、全体に豪華な柄つけの訪問着が完成するのです。

    また、訪問着の裾回しは表地と同じ生地を使い、「共八掛」として表地と同色で染められているケースがほとんどです。お洒落を目的として染められている八掛であれば、上前の衽裏の部分に表地の柄と関連した模様が入っている場合もあります。

    訪問着は、色留袖に次いでフォーマルな着物であり、結婚披露宴、パーティー、同窓会、食事会、茶会、他家への訪問など「改まった装いを…」という場所には欠かせない着物です。

    このように幅広い着用機会がある為、訪問着そのものの需要も高く、多様な種類のデザインや作家ものの訪問着が日本全国にあります。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報