着物の種類

振袖買取で高額の査定が期待できる

振袖

  • 振袖(ふりそで)は、未婚女性向けの着物の中で最も格式高い、袖の長い着物を指します。

    身頃と袖との縫いつけ部分を少なくして“振り”を作った袖を持ち、華やかで若々しい色使いや柄の物が多いのが特徴です。“振り”とは“振八つ口”とも呼ばれており、身頃に近い方の袖端を縫い付けずに開口している部位のことを言います。 袖に、腕が入る方向に対して垂直方向の長さが袖丈で、振袖はその袖丈の長さにより「大振袖(本振袖)」(袖丈114cm前後)、「中振袖」(袖丈100cm前後)、「小振袖」(袖丈85cm前後)に分類されていますが、現在の風潮では「大振袖」「中振袖」をまとめて「振袖」と呼ぶ傾向にあります。近年では最も袖丈の短い小振袖はほとんど着用されていませんが、格式がある柄付けならば、きちんと第一礼装にあたりますので、大振袖と比較して格が落ちるというようなことはありません。既婚女性で言う黒留袖や色留袖、訪問着に相当する格式のある礼装ですので、成人式や結婚式の披露宴と言った、慶事に着用される機会が多いのをご存じの方も多いのではないでしょうか。実際の処、未婚/既婚で振袖/留袖を分ける訳ではなく、主に既婚者もしくは30代半ばを過ぎた女性は留袖を用いるのが通例となっていることから、振袖はあくまでも若い女性の和服だということになります。例外として、演歌歌手などの芸能に携わる女性は年齢・既婚などに関係なく公演等で振袖を着る場合もありますが、それは芸能の世界だからのことで、一般的な風潮とは事情が異なるのが実情です。

    このように、曖昧ながら年齢に合わせて着物の型を使い分けるのは、洋服でも年齢によってスタイルを変えていくことと同様と言えます。着物がさほど身近で無い人も増えた昨今でも、礼装である振袖には高価な品が多く、着物の買取においても高額の査定を期待できるのに変わりはありません。

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報