着物の種類

【振袖買取】相場や需要は手放す前に知っておこう

  • 振袖買取
  • 振袖といえば成人式で女性が着用する着物、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
    主に振袖は未婚女性が着用できる最も華やかな着物で、きらびやかな柄と特徴ある柄は美しく彩ってくれます。新品で購入しようものなら当然ながらお値段も張りますが、着物に親しむ方が減りつつある昨今、頻繁に出番があるわけではありませんね。

    いざ購入したものの、着る機会がなく箪笥に眠ったまま、なんて方も多いのではないでしょうか。ここでは着るチャンスがなくなってしまい眠らせている振袖にスポットを当て、振袖の買取や相場と需要など、振袖に関しての知識や手放すことを決め買取に出す時に知っておきたいことを紹介してまいります。

    振袖は1種類ではない?長さによって名称も変わる

  • 振袖は1種類ではない
  • 振袖(ふりそで)は、未婚女性向けの着物の中で最も格式高い、袖の長い着物を指します。身頃と袖との縫いつけ部分を少なくして“振り”を作った袖を持ち、華やかで若々しい色使いや柄の物が多いのが特徴です。“振り”とは“振八つ口”とも呼ばれており、身頃に近い方の袖端を縫い付けずに開口している部位のことを言います。

    袖に、腕が入る方向に対して垂直方向の長さが袖丈で、振袖はその袖丈の長さにより「大振袖(本振袖)」(袖丈114cm前後)、「中振袖」(袖丈100cm前後)、「小振袖」(袖丈85cm前後)に分類されていますが、現在の風潮では「大振袖」「中振袖」をまとめて「振袖」と呼ぶ傾向にあります。近年では最も袖丈の短い小振袖はほとんど着用されていませんが、格式がある柄付けならば、きちんと第一礼装にあたりますので、大振袖と比較して格が落ちるというようなことはありません。また、振袖の中には稀に柄のついた物も存在し、そういった振袖は「振付御振袖」「振口(布)付振袖」といい、より高級とされており当然ながら相場も高いです。

    既婚女性で言う黒留袖や色留袖、訪問着に相当する格式のある礼装ですので、成人式や結婚式の披露宴と言った、慶事に着用される機会が多いのをご存じの方も多いのではないでしょうか。実際の処、未婚/既婚で振袖/留袖を分ける訳ではなく、主に既婚者もしくは30代半ばを過ぎた女性は留袖を用いるのが通例となっていることから、振袖はあくまでも若年層の和服だということになります。例外として、演歌歌手などの芸能に携わる女性は年齢・既婚などに関係なく公演等で振袖を着る場合もありますが、それは芸能の世界だからのことで、一般的な風潮とは事情が異なるのが実情です。

    このように、曖昧ながら年齢に合わせて着物の型を使い分けるのは、洋服でも年齢によってスタイルを変えていくことと同様と言えます。着物がさほど身近で無い人も増えた昨今でも、礼装である振袖には高価な品が多く、着物の買取においても高額の査定を期待できるのに変わりはありません。

    振袖はリサイクルに出したら場合の買取相場は?

  • 振袖はリサイクルに出したら買取価格はいくら
  • 振袖はリサイクルに出すと着物よりも評価されやすい相場傾向です。振袖そのもののダメージが少ないことが前提となるものの、振袖はそこまで多くの着数をお持ちにならない傾向が強いことや1着あたりの仕立てに関わる金額がとても高く、稀少性が高いことが理由で相場が高いのです。そういった点から、振袖の買取価格は一概に出しずらいというのが実情で、それと同時に相場の需要もあります。しかし上記理由からよほど状態が悪くない限り、査定に出してみる価値はあるでしょう。

    次に、振袖を買取に出す場所についてですが、振袖を買取してくれる場所はリサイクルショップや買取専門業者かどちらがベストなのか?ということですが、着物は専門的で限りなく深い知識が必要とされます。よって様々な古物を全般的に買取を行うリサイクルショップでも良いのですが、振袖の価値に詳しくない可能性も考えられます。そういった観点で考えると、本来見極めてもらえるべき価値を見抜けない可能性があります。ですから着物は専門業者に任せた方が良いかもしれませんね。

    振袖を買取に出す時にもう一つ押さえておくべきポイントがあり、振袖の状態と丈には特に注意してください。買取に出される振袖の多くは箪笥に眠っていたため、保管状態次第では湿気でシミやカビなどダメージが付く場合もあります。ダメージが見受けられた場合は相場も通常より下回る可能性があります。そして丈というのは上項でお伝えした振袖の袖の長さや振り袖そのものの大きさで、サイズが小さいものよりは大きなものの方が買取需要や相場が高まります。

留袖を買取させていただいたお客様の声

  • 40代 女性
    タンスの肥やしになっていた振袖を買取してもらいました
    ネットで着物の出張買取サービスを見つけて、ずっとタンスの肥やしになっていた古い着物のことを思い出し、買取をお願いすることにしました。即日対応してくれて、あっという間に片付いて良かったです。またお願いします。
    この度はスピード買取に査定のご依頼いただきありがとうございました
    長年箪笥に眠っていたということもあり、中には振袖だけでなく小紋や訪問着、さらには帯や小物に至るまで多数の品を査定させて頂きました。ご両親様から譲り受けたという振袖は赤地に鮮やかな柄が特徴的でした。20年以上前に購入された振袖だったとのことですが、今回査定させて頂いた振袖に描かれた色調や柄は、買取需要の高い傾向があります。 査定結果をお伝えしたところ、お客様の想定を超える買取価格が付いたとのことで大変嬉しく思います。古い着物でも査定に出してみるとご自身の予想を上回る買取価格が付く場合もありますので、まずは一度スピード買取の24時間受付窓口までお気軽にお問い合わせ下さいませ。
  • 30代 女性
    使わない総刺繍振り袖を含む着物を買取してもらえました
    自宅まで買取に来てくれるので、持ち出す手間が省けて便利でした。着物の種類などがわからず、とりあえず使わない着物や振り袖を全部査定してもらいましたが、一枚一枚値段をつけてもらい、すべて買取してもらうことができました。
    日本の伝統技術を十二分に感じる総絞り刺繍の振袖を査定させて頂きました
    立体的な模様が特徴的で柄行も愛らしい雰囲気がたっぷりの振袖でした。振袖以外も素敵な着物をたくさん査定させて頂きました。 振袖は特に一度着なくなるとそのままタンスにしまったままで何年も経ってしまうことが多いです。買取に出してみたら思わぬ副収入になることもございますので、ご自宅に着物を眠らせてございましたらスピード買取までお気軽にお問い合わせ下さい!どんな着物でも一品一品丁寧に査定いたします!
  • 60代 女性
    娘が着ていた振袖を本格的に査定してもらえたことに驚きました
    思っていたより査定結果が良かったことに驚きました。買取に出した着物の中には振袖もありましたが二束三文程度にしかならないと思っていたので、まさかこんなに本格的に査定してもらえると思っていませんでした。買取対応も早くて、ネットサービスならではという感じでした。
    吉川染匠の振袖や着物数点買取させていただきました
    伝統的な京都手書き友禅の染めの技術が遺憾無く発揮されていて、華やかさと迫力が大いに感じられる素敵な振袖でした。伝統的な京都手書き友禅という点において価値や需要もあり、ご満足いただける買取価格をご提示させていただきました。お値段、満足していただけてよかったです! 証紙が無い着物でも、スピード買取では知識豊富なスタッフが査定にお伺いさせて頂きます。あまり着物に詳しくないという方にも丁寧に説明いたしますので安心してお任せください。

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について 

着物買取なら
スピード買取にお任せください!

お電話での申込みもOK!
0120-938-105
【365日・24時間受付】

知っておきたい!今から使える買取お役立ち情報