着物の種類

アンティーク着物買取

着物買取で人気のアンティーク着物とは?

アンティーク着物とは、フランス語の「アンティーク(骨董品)」と日本語の「着物」を組み合わせた造語ですが、1934年に通商関税法で“アンティークの定義は「100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」を指す”とされました。

アンティーク着物に関して言えば「昭和初期以前に織られた反物で仕立てられた着物のうち、特に状態の良いもの・質の高いもの」という認識が一般的です。

アンティーク着物の場合、中古の着物が大半を占めていますが、中には稀ですが新品のまま現在まで残っているアンティーク着物もあります。

アンティーク着物の他にも、最近では着物のリサイクルが行われており、古い着物でリサイクル着物と呼ばれるものが多くあります。

しかし、リサイクル着物とアンティーク着物の違いが何なのかあまり分からず、混同している方も少なくないと思います。

リサイクル着物とアンティーク着物との違いは「100年未満はリサイクル着物、100年以上はアンティーク着物」に分けることができます。

また、時代毎で分ける場合には「”昭和初期以前の戦前に仕立てられた着物をアンティーク着物”、”昭和中期以降の戦後に仕立てられた着物のことをリサイクル着物”」と区別します。

近代の着物とは異なる柄や色合いをもち、魅力にあふれる逸品が多く存在するアンティーク着物は、昨今のリサイクルブームで着物買取が注目を集めつつある中でさらに脚光を浴びているようです。

ここではそんなアンティーク着物を詳しく説明し、着物買取を依頼する場合に高価買取になりうるポイントや条件、見分け方、そして査定の際のポイントを紹介します。





着物買取でアンティーク着物は
高額買取が期待できる

アンティーク着物の魅力は「現代の着物には見られない独特なデザインや特有の技法、上質な素材」にあります。

アンティーク着物が作られていた時代は、大正~昭和初期(戦前)とされ、ヨーロッパの文化が活発に入ってきた頃と重なります。

この頃は、大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる幾何学模様や西洋的な花柄、そしてアール・デコやアールヌーボーを意識した西洋美術の様式を取り入れたデザインなどが特に注目されているのです。

当時は大幅な技術革新もあり、染料や蚕(絹糸)の改良・より新しい染色技法の開発などが活発に行われる中、モダンで西洋的な柄の着物が多く生産・販売されました。

日本人が日常的に着物を着ていた時代に作られたアンティーク着物は、染めや縫製が丁寧で、なによりも日々の生活を意識した着やすさに工夫されているのも人気の理由なのでしょう。

特に足利銘仙や伊勢崎銘仙、秩父銘仙など、大正時代から昭和初期にかけて織られた銘仙は格別の風情を持ち、久留米絣や川越唐桟などの上質な品とともに人気があります。

近年のレトロブームの一方で、現代の技法でアンティーク着物を再現することは大変難しく、仮に同じ着物を作ろうとすると、驚くほど高い費用が必要となります。

だからこそ、現存するアンティーク着物を追い求める人が多く、中古品市場において高額での買取を見込める品なのです。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

「アンティーク着物買取」で
バイセルが選ばれる6つの理由

  • 安心買取

    わたしたちはアンティーク着物などの着物や帯、和装品を主軸としています。だから一般的なリサイクルショップで査定が難しい着物を買取できるのです。

  • 安心無料のサービス

    アンティーク着物などの着物にまつわるお悩みやご相談はなんでもお答えします。ご利用に関する料金はかかりません。

  • こだわりの顧客サポート

    少しでも気持ちよくご利用いただくためにサポート体制も充実。ご利用頂いた際に感じたご意見ご感想、ぜひお聞かせ下さい。

  • 満足買取

    アンティーク着物の買取でご満足いただける買取価格を目指します。査定サービスのクオリティには自信があります。

  • スピード対応

    あなたが「アンティーク着物を売りたい」と思ったらすぐにお伺いできるよう、経験豊富な査定員が全国各地でスタンバイ中。

  • 利用者も増えております

    アンティーク着物などの着物買取を行っているバイセルは豊富な査定実績を元に上質のサービスを提供できるよう努めています。わたしたちの取り組みが好評いただき毎月多くのお客様にご利用いただいております。

選べる3つの買取方法
送料・査定料0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、バイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせください。

※買取方法に関しては、ご希望に添えない場合もございますので、まずはオペレーターへお問い合わせください。
※宅配買取で返送をご希望の場合、着払い(お客様負担)での対応となりますので、予めご了承ください。
※古銭買取は法令により宅配での買取は対応いたしかねます。




アンティーク着物
買取対象エリア

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道|北海道
東北|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県
北陸・甲信越|富山県|石川県|福井県|新潟県|山梨県|長野県
関東|東京都|神奈川県|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県
東海|岐阜県|静岡県|愛知県|三重県
関西|大阪府|滋賀県|京都府|和歌山県|奈良県|兵庫県
中国|岡山県|鳥取県|広島県|島根県|山口県
四国|香川県|徳島県|愛媛県|高知県
九州|福岡県|大分県|宮崎県|熊本県|佐賀県|長崎県|鹿児島県
沖縄|沖縄県

枚数が多くても、状態がわからなくても構いません!お気軽にお問合せ下さい! ※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。
お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

アンティーク着物の買取相場は状態次第で驚きの高値も可能!

アンティーク着物は今の着物にはない魅力がとても多いということはご理解いただけたかと存じます。

近年のリサイクルブームによってアンティーク着物が注目されるようになり、今では若年層や外国人をはじめ、当時の柄をモチーフにしたデザインや柄を取りいれた「レトロモダン」という新たな流行も生まれつつあるようです。

古い中古着物にも関わらず稀少価値が高い理由には、もちろんアンティーク着物の歴史的価値という側面もありますが、一番の要因は「再現性の難しさ」にあると言えます。

アンティーク着物に描かれた独特な柄や染め方・織り方などは、現在の技術を駆使しても全く同じ着物を作ることは不可能だとも言われています。

それだけに稀少価値が高いアンティーク着物は、中古品買取に出せば驚きの高額買取も期待できます。

アンティーク着物の買取価格はどうやって決まる?

アンティーク着物と言えど、やはり高額になりやすい着物やなりにくい着物もあるようです。

では実際に査定員がアンティーク着物のどういったポイントを見て、買取価格を決めているのでしょうか。

その査定時のポイントをご紹介します。

ポイント①:アンティーク着物の状態が良いかどうか

アンティーク着物は、基本的に100年以上前の着物のことを言いますが、古いと言えど状態が良ければ良いほど高額になる傾向があります。

アンティーク着物には上質な素材が使われているデリケートな着物も多く、どれだけ保管方法に気を付けていても、100年も経てば黄ばみや変色などが生じてしまいます。

当時は今ほど画期的な防虫剤や除湿剤といったケア用品はなかったのはもちろんのこと、物資が少ない時代でしたから、その他ケア用品も少なく満足な着物の保管も難しかったのではないでしょうか。

だからこそ、汚れや傷みがなければない綺麗な状態のアンティーク着物は高額になりやすく、購入当時の付属品があれば尚高値となる傾向があります。

ポイント②:アンティーク着物のサイズ

アンティーク着物はサイズが大きければ大きいほど、買取価格が高くなる傾向があります。

アンティーク着物は大正~昭和初期前期の着物ですが、当時の成人女性の平均身長は約150cm前後と言われており、それ身長に合わせて着物も作られていたので、現在と比較するとサイズが小さめの着物が主流でした。

ちなみに、現代女性の平均身長は約160cmと当時と比べて、約10cm程平均身長が高いです。

そのためサイズが小さければ、それだけ着れる人が限られてしまい、需要も多いとは言えないため、必然的にサイズが小さくなればなるほど買取価格が下がっていく傾向があります。

やはりサイズが大きい着物であればあるほど、仕立てて直すことができるので、体型関係なく、仕立て直すことが可能となりますので、サイズが大きいアンティーク着物ほど需要も多く、買取価格も高額になりやすいのです。

そういった背景もあり、サイズが大きいアンティーク着物ほど需要も多く、買取価格も高額になりやすいです。

ポイント③:有名な産地や有名な作家の着物

銘仙をはじめとするアンティーク着物の中でも、有名な産地や有名な作家が手掛けた着物は今でも人気が非常に高く、買取価格も高額となる傾向があります。

古くからある銘仙の産地として有名なのが、併用絣銘仙という手法で作られた「伊勢崎銘仙」、解し絣という技法が用いられた「足利銘仙」、"桐生は日本の機どころ"という上毛かるたでも有名な「桐生銘仙着物」、ほぐし捺染という技法が特徴的な「秩父銘仙着物」、カピタン織りという他の地域とは全く異なる織り方で作られた「八王子銘仙」の5大銘仙産地が挙げられます。

これらの有名な産地の着物は他の産地と比較しても人気があり、比較的高く買い取られるケースが多いです。

またこれらのアンティーク着物(銘仙)には産地などが記載されている証紙が付いている場合も多く、それがあるのとないのとでは買取価格も大きく異なる可能性もあるため、万が一証紙が残っている場合はアンティーク着物を査定に出す際に、一緒に提示することをおすすめします。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込