東京都で着物買取ならぜひスピード買取.jpへ!

大切な着物、箪笥の奥などに眠っていませんか?

スピード買取.jpなら着物を無料出張買取させていただきます!
しかも東京都全域に対応しております。

スピード買取.jpはどこよりも早く、高く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。

着物を売りたいとお考えの方、処分したい方はぜひお問い合わせをお待ちしております!

  • 着物買取東京都
  • 独自の販売ルートで着物を高額買取いたします!

    私たちスピード買取.jpが着物を高額買取できる理由の一つに、「独自の販売ルートを持っている」という点が挙げられます。

    IT技術を駆使したeコマースにより国内外問わず最も需要の見込めるマーケットへと販売することが可能となっています。

    加えて商品の価値を最大限に高めた状態で収益化することができるので、結果として着物をお売りいただくお客様への買取価格として還元、高額買取を可能としているのです。

    また販路が広いので、状態の良くない着物にもしっかりと値段が付くというケースも多々ございます。

    タンスに眠っている不要な着物も、スピード買取.jpの査定員が納得の高額買取でご対応させていただきます。

  • 着物を売るなら価値の高まっている「今」がチャンスです!

    着物は古くから日本の伝統衣装で、茶道や日本舞踊、結婚式や成人式と着る機会も多く、現在文化的価値も考慮され需要が高まっています。

    さらに日本では2020年に東京オリンピックが控えており、着物を始めとした日本の文化は世界中にその裾野を広げています。

    中でも保存状態の良いものや、証紙(作家ものの証明)付き、珍しいデザインのものは非常に人気があります。

    需要が高まり、価値も高まっている着物ですが、実は湿気に弱く、タンスにしまい込んでいると容易にシミやカビができてしまいます。

    定期的に干して風を通す(虫干し)を行い湿気を取り除いてあげないと状態が劣化して、価値を落としてしまいます。

    着る機会がなくなりタンスに眠らせたままの着物があれば、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになることをおすすめします。

  • 着物買取東京都
  • 着物買取東京都
  • 不要な着物や反物は買取でリサイクルしませんか?

    着なくなった着物、不要な反物、ご自宅に眠らせていませんか?いらないからと処分してしまうことはおすすめしません。

    着物は、古くから日本の伝統和装であり、日本文化の象徴でもあります。国内外問わず需要も拡大中ですし、価値も高騰しています。

    処分をお考えの着物はまさに財産と呼ぶべきものなのです。

    また近年、環境意識の高まりから、リユース、リサイクルへの関心は高まっています。

    一度袖を通した着物でも改めて着てくれる人がいるのですから、処分してしまうのはもったいないのです。

    むしろ次に必要としてくれる人の元へ渡り、第二の活躍の場を与えてあげるのも着物にとってもいいことなのかもしれません。

    もし不要な着物があれば、買取に出してリサイクルするという選択肢もご検討してみてはいかがでしょうか。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

東京都内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のスピード買取.jpでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 出張買取ピクトグラム

    出張買取

    弊社査定員がご希望の場所まで査定にお伺いします。査定額にご納得いただけた場合、その場で現金をお渡しいたします。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    宅配買取

    「売りたいけれど時間がない・・・」そんなあなたにおすすめの買取方法。手数料も無料なのでお気軽にお使いいただけます。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    お持込み買取

    査定希望の商品を弊社までお持ちいただきます。プライベート重視のため完全予約制の買取サービスです。

    詳しくはこちら▶︎

東京都の着物買取は「出張買取」がおすすめ!

  • 着物をしたためる
  • 出張買取の一番のメリットはなんといっても自宅まで査定員が来てくれるので、手間がかからないというところです。

    自宅で査定希望の着物を用意してあとは待つだけ。引っ越しや大掃除で大量の不用品が出てきてしまったときにも便利なサービスです。

    着物は買取店舗に持ち込んで買い取ってもらう方法もあります。

    目の前で査定してもらえますし、査定金額の内訳も気になることがあれば手軽に聞くこともできるので安心の買取方法かもしれません。

    ですが着物は一枚で1キロ前後にもなり、数が多ければ持ち運ぶのに一苦労となってしまうでしょう。

    東京都内ですと車を出して移動するのは意外と億劫だったりもしますし、そもそも車を所有しておらず基本的に電車移動だという方も多いのではないでしょうか。

    せっかく苦労して持ち込んだのに買取価格に納得できなかったら・・・。

    そんなことにならないように東京都の着物買取は出張買取をおすすめします。

    スピード買取.jpの出張買取では手数料が一切かかりません。また買取金額にご納得いただけなかった場合にもキャンセル料は一切かかりません。

    査定だけしてもらいたいという方も気軽にご利用いただけます。

    不要な着物をお持ちの方はまずはぜひ出張買取をご利用してみてください!

着物買取実績

他店より買取金額が1円でも安ければ
全品返却いたします!
まずは私たちの買取実績と
買取品目の多さをご確認ください!

  • 名匠として名高い数々の作家による至極の逸品が100万円を超える買取価格
    着物
    参考買取金額1,210,000円

    名匠として名高い数々の作家による至極の逸品が100万円を超える買取価格に

  • 著名作家の着物や帯を始め名品の数々が全て証紙付き
    着物
    参考買取金額698,000円

    著名作家の着物や帯を始め名品の数々が全て証紙付きでなんと!

  • 人間国宝の品や老舗機屋の帯など
    着物
    参考買取金額350,000円

    人間国宝の品や老舗機屋の帯など希少品の数々をお譲り頂きました

  • 9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着
    着物
    参考買取金額185,000円

    9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着といった希少な着物を複数枚で

  • 十日町友禅の訪問着や伊勢型小紋など
    着物
    参考買取金額63,000円

    十日町友禅の訪問着や伊勢型小紋など、箪笥の整理で出てきた品々がここまで!

  • 山口美術帯や新小石丸の帯など買い取り
    着物
    参考買取金額71,000円

    山口美術帯や新小石丸の帯など希少性の高い品々をこの価格で買い取りです!

  • 未着用の着物や帯
    着物
    参考買取金額55,000円

    長い間眠っていたという未着用の着物や帯ばかり全て買取らせて頂きました

  • 証紙付きの大島紬や訪問着、博多織の帯
    着物
    参考買取金額150,000円

    証紙付きの大島紬や訪問着、博多織の帯など20着以上が良い状態で

※返品はクーリングオフ期間である8日間に限らせていただきます。

着物買取実績をもっと見る

東京都のお客様の声

  • 昔着ていた着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 東京都新宿区 | 60代 | 女性

    若い頃に着ていた訪問着などの着物を着る機会もないので思いきって売ることにしました。梱包するのも手間がかかるので出張買取で来ていただけて本当に助かりました。全て思い入れのある着物だったので丁寧に査定していただき安心しました。ついでに和装小物の買取もお願いしました。古いものなので買取してもらえるかと不安もありましたが全て買取ってもらうことができ良かったです。また機会があれば利用したいと思います。

  • 着物買取でわざわざ家まで来てくださり助かりました

    出張買取 | 東京都町田市 | 50代 | 女性

    東京都町田市在住の主婦です。売りたい着物があったのですが、重いしかさばるし中々店に持っていけずに放置していました。そんな時に家まで着物を買取に来てくださる業者さんがあることを知り、早速買取依頼をしたのですが、スムーズな対応であっという間に取引完了しました。家にいながらにして査定をしてくださるのでこちらの手間がなく本当に楽でした。

  • お茶用の着物を売りました

    出張買取 | 東京都世田谷区 | 30代 | 女性

    お茶を習っていたのですが、子供が生まれて稽古に行けなくなったので、お茶で着ていた着物を売ることにしました。持ち歩かなくて済む自宅へ来てくれる着物買取業者へお願いすることにしました。タンスから数着の着物を出して見てもらいました。発表会用の着物は思ったよりいい値段を付けていただき、ベビー用品を買うお金ができました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|東京都の豆知識

  • 東京都の着物買取豆知識
  • 東京にお住まいの皆様は普段あまり着物と接する機会が多くはないかもしれません。成人式や卒業式等の式典の際などに着物を着る機会が限られるかと思います。

    東京発祥の着物というとなかなか思い浮かばないかもしれませんが、実は着物には色々な種類があることをご存知でしょうか。もしご実家に着物が眠っていて、使い道に困っており、将来的には買取に出すことも検討されているようでしたら着物を買取ってもらうことを考えて知っておいた方が得することがあるかもしれません。

    東京とはいえ、今のような世界都市、あるいは大都会としての東京が存在する以前には華やかで優雅な文化が育まれた江戸の町が栄えていたことを忘れてはいけません。

    江戸の伝統を直に受け継ぐ着物の美しさや洗練された着心地のよさが、いかにして工夫が凝らされ、脈々と引き継がれる現在の東京で形になったのかについて具体的な着物の歴史とともに見ていきましょう。

東京の着物や織物の文化

東京友禅

「東京友禅」とは別名「江戸友禅」ともいいます。東京友禅の始まりとされる江戸時代中期、江戸は既に百万を越える人口を抱える世界有数の大都市となっていました。

江戸時代には各藩の大名が参勤交代で江戸に来ていた為、大名のお抱えの多くの染め職人達が京都から江戸に移り住むようになり、友禅染めが広まりました。

江戸友禅と京友禅との大きな違いは江戸の生活感覚や美意識によるものといえます。大名の奥方や裕福な町方の子女は、お抱えの職人達に独自の絵柄を注文し染める事が流行しました。

当時の江戸は文化的にも北斎や写楽、広重などの画家達が人気を博し、大田蜀山人や式亭三馬などの文人も活躍しており、庶民文化が爛熟期に達していました。そのため江戸の着物意匠も大きな影響を受け、京都風の色柄とはひと味違う、洒落た趣味のものが好まれるようになり、当時の町方では「粋な着物」とされる着物の種類が発展するようになりました。

一方の山の手では品格の漂う江戸解模様に加え自然を写実的に描画した柄まで、上流階級のみならず、すべての階層の人々がそれぞれの階層において着物文化の開花をすすめ、進化を遂げてきました。

さらに国内外からも多様な文化の影響を受け、着物の意匠にも洋風やオリエント風の紋様・色合いを伺わせるものも多くなり、また古典と現代風の見事な調和を感じさせる「江戸前の粋」とされる紋様など、次第に洗練されていきました。

江戸は武家中心の文化だった為、江戸友禅も柄や色合いが落ち着いた雰囲気が好まれました。江戸の友禅職人達は友禅染めに必要な水を確保するため隅田川や神田川の河川流域に住んでいたそうです。

そして江戸時代以降、東京となる現在に至るまで、国内最大の消費地となった東京において、友禅染も意匠のみならず技術的表現方法も多様化していきました。

東京友禅は、現在行われている手描友禅の防染糊に使う材料によって、ゴム糸目による友禅染と真糊糸目による友禅染めに分けられます。 ゴム糸目友禅とは防染糊(糸目糊)に生ゴムを溶剤で溶かした糊を主に使い、手描き友禅製作者にとっても技術的に真糊による友禅より扱い易く、着物の普及に大きく貢献しました。

江戸真糊糸目友禅とは、餅粉を炊いて造る糊を防染糊(糸目糊)とする江戸時代中期から伝わる古典的な友禅の技法です。東京友禅はこの真糊による防染法にこだわりを持っている制作者が多いのが特徴です。

真糊糸目による上品な仕上がりのものは最上の東京友禅とされています。 さらに「東京手描友禅」の証紙があるものは、伝統工芸品としての証明になりますので、買取金額にも期待が持てるでしょう。

東京友禅の熟練した職人たちは下絵・糸目糊・友禅・引染・刺繍・仕上げなど各工程を分業化し、各々の伝統技術をまとめ上げることにより特徴ある東京友禅を染めるのです。

このように、東京友禅は江戸中期からの古典的な染色技法の一つである「真糊糸目に依る友禅」の伝統を守り続けています。

江戸小紋

東京を代表する着物は東京友禅だけではありません。「江戸小紋」というものがあります。「江戸小紋」は「東京染小紋」ともよばれています。

小紋とは室町時代発祥で、江戸時代に広まった型染めです。大紋型染め、中型染めがあり、それに対して、柄の細かい模様や小さな柄を染めた着物のことを小紋型染めと呼んでいました。

そのなかでも江戸小紋は特に細密で精緻な型紙を使った染め物です。小紋は江戸時代初期に武士の裃(かみしも)に細かな模様が染められるようになって発展していきました。

江戸には全国の諸大名家の江戸屋敷が置かれたことから江戸の町に多くの武士階級が増え、小紋の需要も増えていきました。諸大名家ではそれぞれ特定の文様柄を決めて着用していました。 しかし大名家が裃の柄の絢爛さを競い合っていたために幕府から規制されるようになり、各大名家は遠くからは一見無地に見えるように柄を細かく染める工夫を凝らすようになりました。

武家の装束の中で次第と江戸小紋が形式化して行く中で、はじめは武士だけの裃小紋でしたが江戸時代中期から町人文化が栄えると、小紋染めは庶民生活に必要な着物や羽織等に染め上げるようになり需要が拡大し、身の回りの品からおめでたい文様まで様々な柄が作られ始めました。

型紙を使った染め自体は江戸時代前から存在していましたが、武士の江戸城内における公式の礼装着となった無地の裃に、黒や茶、藍色といった色で細かな小紋柄が使われるようになっていき、江戸時代の後期になって型紙や型彫りの為の刃物の技術革新などによりその精緻さが増してきました。

明治時代、江戸から東京になると、断髪令や西洋文化の影響により男子の小紋の需要は大幅に減りました。しかし女性の着物として広まっていき、明治中頃には小紋に動物や植物の形の模様を描いた訪問着等が出てきました。

江戸小紋の特徴は型紙を使い染めることですが、当時この型紙は江戸で作ることが出来ず伊勢に注文していました。現在、江戸小紋は東京で型彫りをし染めるものを指します。 この型彫りは「錐彫り」「突き彫り」「道具彫り」等の種類がありますが、錐と小刀を使用し文様を彫り、細かく孔を開けていきます。

3.3センチ四方に八百~千二百個の穴をあける極鮫とよばれる柄のように細かい柄のものもあります。 「鮫」「行儀」「通し」という文様は「江戸小紋三役」と呼ばれており、江戸小紋を代表する文様です。

特に「極」と名のつくものは非常に細かい文様で最も格が高いものとされているので、買取査定の際にも期待が持てるでしょう。 このような細やかな柄が小紋の美しさに結びついているのです。

黄八丈

「黄八丈(きはちじょう)」は、八丈島に古くから伝わる草木染めの絹織物で、八丈刈安(コブナグサ)で染めた明るい黄色が特徴であり、島に自生する植物性の天然染料、具体的には煮汁で黄色、鳶色、黒に染めた糸を平織りもしくは綾織りにし、縞模様や格子模様にしたものです。

八丈島は、伊豆諸島の島であり、行政区分は東京都八丈町です。 天然染料を煎じた液で染色した後、黄色や茶色はサカキやツバキの木を焼いた灰で作った液につけ、また黒色は鉄分を含んだ沼の泥をこした水につけて糸を染めます。染色した生糸を、昔ながらの高機(たかはた)で手投げ杼(ひ)を用いて織り上げます。

黄八丈は八丈島が本場ですが、秋田県でも黄八丈が織られているため、秋田の八丈を「秋田黄八丈」、八丈島で織られる八丈を「本場黄八丈」と呼んで区別しています。 日本地図の作成に取り組んだことでその名を残した本居宣長が書き残したことから、黄八丈が八丈島の島名の由来になったとされています。

黄八丈は室町時代から貢絹の記録があり、江戸時代の中期頃より格子縞、縦縞が織られるようになりました。 さらに1977年に国の伝統工芸品に指定され、1984年には山下めゆ氏が東京都の無形文化財に指定されました。

特に山下家の3代目である山下八百子氏の作品は黄八丈の中でも最高級品とされているため、高額買取の可能性が高いといえます。

このように東京発祥の着物は意外とたくさんあり、有名な着物も存在することがわかります。 東京を代表する着物として東京友禅、江戸小紋、黄八丈はあまりにも有名ですが、やはり長い歴史の中で、地方からの流行や技術が江戸の町に伝わり、さらにそれ以前の時代から融合し洗練されつつ広まっていったことがよくわかります。

江戸の文化に育まれた伝統と技術は長い歴史を経て、現在の東京においてゆるぎない逸品を創り上げています。

多摩織

多摩織の発祥の地は現在の八王子であるといわれています。平安時代末期から、現在の八王子に当たる地域では絹織物が盛んでした。滝山織や横山紬といった織物があり、庶民の生活にも欠かせないものとして普及していたようです。

室町時代後期になると、多摩川ほとりを治めていた北条氏が、領民の産業として奨励、絹織物の産地としての基盤は盤石なものとなりました。

さらに明治時代以降は文明開化の波を受け、織物の技術はさらなる開花を遂げます。そこに独自の技術が調和することで今日の多摩織が生まれることとなりました。

また多摩織の中には、お召織(めしおり)、紬織、風通織(ふうつうおり)、変り綴(かわりつづれ)、綟り織(もじりおり)などの種類があります。

多摩織といえば、独特な製法で渋く武骨なデザインが特徴ですが、最近では伝統的な手作業から作られるシンプルさに加え、洗練されたデザインで新しい感覚の取り入れられた作品も数多く製造されています。

村山大島紬

狭山丘陵南麓の村山地域は、江戸時代から木綿絣(こんかすり)の産地として有名です。

明治から大正にかけて、木綿絣は活発に製造がおこなわれ、生産量も増えていました。ところが大正8年になると、板締染色と呼ばれる技法が群馬県の伊勢崎から伝来したのを機に、絹織物が主流となりました。

そして、大正10年に八王子織物同業組合に村山大島部会が発足。昭和初頭には「村山織物同業組合」として独立しました。

村山大島紬の製造工程は細分化すると40工程を超えるともいわれています。

織物に一般的な経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の中に、さらに無地となる地糸(じいと)と板締(いたじ)め染色をした絣糸(かすりいと)に分類されます。計4種の糸がそれぞれ異なる工程で撚られ織機にかけられます。

多数の工程と時間を経て製造される精緻な村山大島紬は、品質の高さから人気も高く高額買取の期待ができる着物といってもいいでしょう。

着物で行きたい東京都の名所

文化や伝統が詰まった観光スポットも多い東京都。
着物をお持ちの方なら、ぜひ一度は着物を着て行ってみたいおすすめの名所をご紹介します。

  • 着物買取東京浅草
  • 浅草、浅草寺

    浅草は古い街並みが揃った昔ながらの江戸風情が感じられる観光名所です。雷門がある浅草寺が有名で、浅草寺まで続く仲見世通りには名物の人形焼きやおせんべい、あげまんじゅうなど食べ歩きも楽しめます。

    外国人観光客にとっても都内では一番人気の観光スポットで、平日週末問わず多くの観光客でにぎわっています。

    また浅草には東京都が指定する、保存を推進された歴史的建造物も多く、昔ながらの景観の保全が努められています。

    やはり江戸風情の残った浅草の景観には着物が似合います。夏には隅田川の花火大会もありますし、仲見世通り、浅草寺、スカイツリーと近辺の観光名所を着物で散策して、日本の文化を肌で感じていてはいかがでしょうか?

  • 日本橋

    江戸時代から商業、文化の中心地として栄え、伝統と新しさを兼ね備えた日本橋。

    古き良き日本の建造物と現代の日本の景観共存しており、着物ででかければ異世界に迷い込んだ感覚になってしまいます。

    さらにさまざまな伝統文化を受け継いだ店が数多く現存しており、食事やショッピングも楽しめるのが日本橋の魅力です。

    また夏には有名な金魚の祭典が催されており、金魚すくいなどのイベントも体験できますし、打ち水のイベントには毎年多くの着物姿の女性が訪れます。

  • 着物買取東京日本橋
  • 着物買取東京銀座
  • 銀座

    着物での外出に慣れてきたらぜひ行ってみたいスポットが銀座です。

    大人の街、銀座では着こなしもハイレベルな和服女性たちが集まります。季節に合わせた柄合わせ、帯。着こなしを見ているだけでも着物好きには楽しめるでしょう。

    また、少し歩けば東銀座まで行くことができます。東銀座には歌舞伎座が直結しており、着物姿のまま公演を観るのも風流ですね。

    ぜひ着物で銀座を散策して、着物上級者の楽しみ方をしてみてください。




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

スピード買取.jpは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道北海道
東北青森県秋田県岩手県宮城県山形県福島県
北陸・甲信越富山県石川県福井県新潟県山梨県長野県
関東東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県
東海岐阜県静岡県愛知県三重県
関西大阪府滋賀県京都府和歌山県奈良県兵庫県
中国岡山県鳥取県広島県島根県山口県
四国香川県徳島県愛媛県高知県
九州福岡県大分県宮崎県熊本県佐賀県長崎県鹿児島県
沖縄沖縄県

出張買取は着物をお持ちのお客様に喜ばれる買取方法です。お申込みから最短30分の訪問も可能です。

※最短30分はお問い合わせから訪問までの目安です。また、一部地域は宅配査定対応となる場合もあります。
受付は24時間365日対応ですのでまずはオペレーターまでお気軽にお問い合わせ下さい。