東京都で着物買取ならぜひスピード買取.jpへ!

大切な着物、箪笥の奥などに眠っていませんか?スピード買取.jpなら着物を無料出張買取させていただきます!しかも東京都全域に対応しております。スピード買取.jpはどこよりも早く、高く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、処分したい方はぜひお問い合わせをお待ちしております!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    着物は昔から茶道や日本舞踊などで着る機会も多く、現在でも文化的価値を踏まえて根強い人気や需要があります。さらにリメイクや海外からの旅行者である外国人向けのお土産として注目されています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができます。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック決定により、国内のみならず海外でも和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、保存状態のいい良質な中古着物や珍しい柄や作家物は非常に人気があります。

    着物は染みやカビ等から守りつつ保存するのが非常に難しく、状態が良くなければ価値が落ちてしまいます。

    もう着ていないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

東京都内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

東京都のお客様の声

  • 昔着ていた着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 東京都新宿区 | 60代 | 女性

    若い頃に着ていた訪問着などの着物を着る機会もないので思いきって売ることにしました。梱包するのも手間がかかるので出張買取で来ていただけて本当に助かりました。全て思い入れのある着物だったので丁寧に査定していただき安心しました。ついでに和装小物の買取もお願いしました。古いものなので買取してもらえるかと不安もありましたが全て買取ってもらうことができ良かったです。また機会があれば利用したいと思います。

  • 着物買取でわざわざ家まで来てくださり助かりました

    出張買取 | 東京都町田市 | 50代 | 女性

    東京都町田市在住の主婦です。売りたい着物があったのですが、重いしかさばるし中々店に持っていけずに放置していました。そんな時に家まで着物を買取に来てくださる業者さんがあることを知り、早速買取依頼をしたのですが、スムーズな対応であっという間に取引完了しました。家にいながらにして査定をしてくださるのでこちらの手間がなく本当に楽でした。

  • お茶用の着物を売りました

    出張買取 | 東京都世田谷区 | 30代 | 女性

    お茶を習っていたのですが、子供が生まれて稽古に行けなくなったので、お茶で着ていた着物を売ることにしました。持ち歩かなくて済む自宅へ来てくれる着物買取業者へお願いすることにしました。タンスから数着の着物を出して見てもらいました。発表会用の着物は思ったよりいい値段を付けていただき、ベビー用品を買うお金ができました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|東京都の豆知識

  • 着物をしたためる
  • 東京にお住まいの皆様は普段あまり着物と接する機会が多くはないかもしれません。成人式や卒業式等の式典の際などに着物を着る機会が限られるかと思います。東京発祥の着物というとなかなか思い浮かばないかもしれませんが、実は着物には色々な種類があることをご存知でしょうか。もしご実家に着物が眠っていて、使い道に困っており、将来的には買取に出すことも検討されているようでしたら着物を買取ってもらうことを考えて知っておいた方が得することがあるかもしれません。東京とはいえ、今のような世界都市、あるいは大都会としての東京が存在する以前には華やかで優雅な文化が育まれた江戸の町が栄えていたことを忘れてはいけません。江戸の伝統を直に受け継ぐ着物の美しさや洗練された着心地のよさが、いかにして工夫が凝らされ、脈々と引き継がれる現在の東京で形になったのかについて具体的な着物の歴史とともに見ていきましょう。

  • 紫陽花と女性
  • 江戸着物文化の象徴である東京友禅

    「東京友禅」とは別名「江戸友禅」ともいいます。東京友禅の始まりとされる江戸時代中期、江戸は既に百万を越える人口を抱える世界有数の大都市となっていました。 江戸時代には各藩の大名が参勤交代で江戸に来ていた為、大名のお抱えの多くの染め職人達が京都から江戸に移り住むようになり、友禅染めが広まりました。 江戸友禅と京友禅との大きな違いは江戸の生活感覚や美意識によるものといえます。 大名の奥方や裕福な町方の子女は、お抱えの職人達に独自の絵柄を注文し染める事が流行しました。
    当時の江戸は文化的にも北斎写楽広重などの画家達が人気を博し、大田蜀山人や式亭三馬などの文人も活躍しており、庶民文化が爛熟期に達していました。そのため江戸の着物意匠も大きな影響を受け、京都風の色柄とはひと味違う、洒落た趣味のものが好まれるようになり、当時の町方では「粋な着物」とされる着物の種類が発展するようになり、一方の山の手では品格の漂う江戸解模様に加え自然を写実的に描画した柄まで、上流階級のみならず、すべての階層の人々がそれぞれの階層において着物文化の開花をすすめ、進化を遂げてきました。 さらに国内外からも多様な文化の影響を受け、着物の意匠にも洋風やオリエント風の紋様・色合いを伺わせるものも多くなり、また古典と現代風の見事な調和を感じさせる「江戸前の粋」とされる紋様など、次第に洗練されていきました。

    江戸は武家中心の文化だった為、江戸友禅も柄や色合いが落ち着いた雰囲気が好まれました。 江戸の友禅職人達は友禅染めに必要な水を確保するため隅田川や神田川の河川流域に住んでいたそうです。 そして江戸時代以降、東京となる現在に至るまで、国内最大の消費地となった東京において、友禅染も意匠のみならず技術的表現方法も多様化していきました。

    東京友禅は、現在行われている手描友禅の防染糊に使う材料によって、ゴム糸目による友禅染と真糊糸目による友禅染めに分けられます。 ゴム糸目友禅とは防染糊(糸目糊)に生ゴムを溶剤で溶かした糊を主に使い、手描き友禅製作者にとっても技術的に真糊による友禅より扱い易く、着物の普及に大きく貢献しました。 江戸真糊糸目友禅とは、餅粉を炊いて造る糊を防染糊(糸目糊)とする江戸時代中期から伝わる古典的な友禅の技法です。東京友禅はこの真糊による防染法にこだわりを持っている制作者が多いのが特徴です。真糊糸目による上品な仕上がりのものは最上の東京友禅とされています。 さらに「東京手描友禅」の証紙があるものは、伝統工芸品としての証明になりますので、買取金額にも期待が持てるでしょう。
    東京友禅の熟練した職人たちは下絵・糸目糊・友禅・引染・刺繍・仕上げなど各工程を分業化し、各々の伝統技術をまとめ上げることにより特徴ある東京友禅を染めるのです。 このように、東京友禅は江戸中期からの古典的な染色技法の一つである「真糊糸目に依る友禅」の伝統を守り続けています。

  • 江戸小紋
  • 東京着物の代表の一つ江戸小紋

    東京を代表する着物は東京友禅だけではありません。「江戸小紋」というものがあります。「江戸小紋」は「東京染小紋」ともよばれています。 小紋とは室町時代発祥で、江戸時代に広まった型染めです。大紋型染め、中型染めがあり、それに対して、柄の細かい模様や小さな柄を染めた着物のことを小紋型染めと呼んでいました。そのなかでも江戸小紋は特に細密で精緻な型紙を使った染め物です。小紋は江戸時代初期に武士の裃(かみしも)に細かな模様が染められるようになって発展していきました。

    江戸には全国の諸大名家の江戸屋敷が置かれたことから江戸の町に多くの武士階級が増え、小紋の需要も増えていきました。諸大名家ではそれぞれ特定の文様柄を決めて着用していました。 しかし大名家が裃の柄の絢爛さを競い合っていたために幕府から規制されるようになり、各大名家は遠くからは一見無地に見えるように柄を細かく染める工夫を凝らすようになりました。 武家の装束の中で次第と江戸小紋が形式化して行く中で、はじめは武士だけの裃小紋でしたが江戸時代中期から町人文化が栄えると、小紋染めは庶民生活に必要な着物や羽織等に染め上げるようになり需要が拡大し、身の回りの品からおめでたい文様まで様々な柄が作られ始めました。 型紙を使った染め自体は江戸時代前から存在していましたが、武士の江戸城内における公式の礼装着となった無地の裃に、黒や茶、藍色といった色で細かな小紋柄が使われるようになっていき、江戸時代の後期になって型紙型彫りの為の刃物の技術革新などによりその精緻さが増してきました。

    明治時代、江戸から東京になると、断髪令西洋文化の影響により男子の小紋の需要は大幅に減りました。しかし女性の着物として広まっていき、明治中頃には小紋に動物や植物の形の模様を描いた訪問着等が出てきました。 江戸小紋の特徴は型紙を使い染めることですが、当時この型紙は江戸で作ることが出来ず伊勢に注文していました。現在、江戸小紋は東京で型彫りをし染めるものを指します。 この型彫りは「錐彫り」「突き彫り」「道具彫り」等の種類がありますが、錐と小刀を使用し文様を彫り、細かく孔を開けていきます。3.3センチ四方に八百~千二百個の穴をあける極鮫とよばれる柄のように細かい柄のものもあります。 「鮫」「行儀」「通し」という文様は「江戸小紋三役」と呼ばれており、江戸小紋を代表する文様です。 特に「極」と名のつくものは非常に細かい文様で最も格が高いものとされているので、買取査定の際にも期待が持てるでしょう。 このような細やかな柄が小紋の美しさに結びついているのです。

  • 黄八丈
  • 黄八丈は八丈島の伝統着物

    「黄八丈(きはちじょう)」は、八丈島に古くから伝わる草木染めの絹織物で、八丈刈安(コブナグサ)で染めた明るい黄色が特徴であり、島に自生する植物性の天然染料、具体的には煮汁で黄色、鳶色、黒に染めた糸を平織りもしくは綾織りにし、縞模様や格子模様にしたものです。八丈島は、伊豆諸島の島であり、行政区分は東京都八丈町です。 天然染料を煎じた液で染色した後、黄色や茶色はサカキやツバキの木を焼いた灰で作った液につけ、また黒色は鉄分を含んだ沼の泥をこした水につけて糸を染めます。染色した生糸を、昔ながらの高機(たかはた)で手投げ杼(ひ)を用いて織り上げます。
    黄八丈は八丈島が本場ですが、秋田県でも黄八丈が織られているため、秋田の八丈を「秋田黄八丈」、八丈島で織られる八丈を「本場黄八丈」と呼んで区別しています。 日本地図の作成に取り組んだことでその名を残した本居宣長が書き残したことから、黄八丈が八丈島の島名の由来になったとされています。
    黄八丈は室町時代から貢絹の記録があり、江戸時代の中期頃より格子縞、縦縞が織られるようになりました。 さらに1977年に国の伝統工芸品に指定され、1984年には山下めゆ氏が東京都の無形文化財に指定されました。 特に山下家の3代目である山下八百子氏の作品は黄八丈の中でも最高級品とされているため、高額買取の可能性が高いといえます。

    このように東京発祥の着物は意外とたくさんあり、有名な着物も存在することがわかります。 東京を代表する着物として東京友禅江戸小紋黄八丈はあまりにも有名ですが、やはり長い歴史の中で、地方からの流行や技術が江戸の町に伝わり、さらにそれ以前の時代から融合し洗練されつつ広まっていったことがよくわかります。江戸の文化に育まれた伝統と技術は長い歴史を経て、現在の東京においてゆるぎない逸品を創り上げています。




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について