徳島県で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら徳島県全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

徳島県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 徳島県地域
  • 徳島県内(市)

    徳島市、鳴門市、小松島市、阿南市、吉野川市、阿波市、美馬市、三好市

    徳島県内(郡)

    勝浦郡勝浦町、勝浦郡上勝町、名東郡佐那河内村、名西郡石井町、名西郡神山町、那賀郡那賀町、海部郡牟岐町、海部郡美波町、海部郡海陽町、板野郡松茂町、板野郡北島町、板野郡藍住町、板野郡板野町、板野郡上板町、美馬郡つるぎ町、三好郡東みよし町

徳島県のお客様の声

  • 成人式で着た着物を買取していただきました

    出張買取 | 徳島県吉野川市 | 40代 | 女性

    人生のターニングポイントである成人式で着た着物をそれ以降着る機会が訪れず、眠ったままでした。そこで、母と相談し買取をお願いしました。母から受け継いだものなので、少し古いデザインでしたが、想像以上の値段がついたので驚きました。

  • 昔作って着なくなった着物を買取してもらいました

    出張買取 | 徳島県徳島市 | 60代 | 女性

    昔振袖を作ったのですが、もう何年も着ていませんでした。置いておくだけでも結構場所を取るので、売る事を決意しました。着物を買取してくれる業者さんを探していた時にこちらを見つけました。こんなにスムーズに着物が売れるのはすごく便利ですね。

  • 着る機会のない着物を売りました

    出張買取 | 徳島県美馬市 | 60代 | 女性

    徳島県美馬市在住の主婦です。1度だけ着て、その後ずっと押入れの奥底に眠っていた着物の買取を、この度お願いしました。丁寧かつ迅速な対応で、とても良かったです。外に出ることなく着物を査定していただける点が大変便利だと思いました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|徳島県の豆知識

  • たたずむ着物女性
  • 徳島県では藍染の着物買取が人気!

    徳島県は、四国の東部にあり瀬戸内海や太平洋などの雄大な海に臨む約79万人の都市です。県の総面積の約80%を山地が占めるなど、美しい自然の景観に恵まれています。 徳島では江戸時代に藍染が盛んに行われるようになり、最盛期には100を超える藍商人たちが商いを競っていました。特に吉野川の水運に恵まれた南町通りは、当時の商人たちの繁栄振りが感じられる 「うだつの町並み」 として、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。全国でも藍染めの着物は根強いファンが多く、着物の買取業者の間でも人気がある商品として扱われています。

  • 徳島では昔のきものが流行!

    徳島県の着物店の数は167軒で、全国では11番目に多い数になっています。徳島県では着物の良さを再発見してもらうために、着物に関するたくさんのイベントが開催されています。プロが選んだアンティークな着物と小物を着用して、情緒溢れる城下町を散策する催しが着物店を中心に行われ、多くの参加者が足を運び交流を深めています。またJAZZ喫茶では着物姿で食事会が行われるなど、飲食店でも着物ブームが巻き起こっています。徳島県では、アンティークな中古着物の人気が高まっており、着物市も定期的に開かれるなど着物買取の需要が高くなっています。

  • 着物生地
  • 室内で
  • 徳島発祥の着物といえば 「阿波しじら織」 が有名!

    徳島県で行われている藍染は、安土桃山時代に阿波の国主が藍の栽培を保護・奨励したことで本格的な産業として発展をしてきました。吉野川流域の肥沃な土地が藍の生育に適していたこともあり、江戸時代には藍と言えば阿波藍と謳われるほど日本一の産地として名を轟かせます。阿波しじら織はシボという凹凸を持つことが特徴で、縦糸と横糸の本数を調節しながら模様を整えていくので、熟練した技術と経験が必要とされます。 軽くて汗をかいても肌に張り付くことがなく、シボがあるので肌触りや着心地が良いことから夏の衣料として人気があります。徳島県の天然の阿波藍料を使用した阿波しじら織は、昭和53年に国の伝統的工芸品に指定され、着物買取業者も注目している商品です。

  • 加賀友禅の第一人者、毎田健治の着物

    徳島県の着物買取業者の間で人気がある着物作家に加賀友禅作家、毎田健治という人物がいます。加賀友禅の発祥は足利時代に遡り、加賀独特の梅染(無地染)に端を発します。17世紀中頃になると色が混ざり合うことを防ぐ防染糊の発明で、多彩な色彩の表現が可能となりました。着物の制作はすべて熟練の職人たちの手仕事で、10以上の製作工程を経て生まれる上品な美しさは高い評価を得ています。毎田健治の作品は、落ち着きのある上品な色使いと自然風物を写し取った文様表現で定評があり、新時代の加賀友禅のリーダー的存在になっています。

  • 着物の美しさ




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について