大阪府では、江戸時代中期は「大坂」と「大阪」を併用していました。明治新政府が「大阪府」を設置してから「大阪」が正式表記になったという歴史があります。大阪府といえば、「大阪城」「道頓堀」「ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)」などが全国的に有名です。そんな大阪府における着物買取についてご紹介します。

大阪府で着物を売るなら、私たちにお任せください!

私たちは「捨てる」ではなく、「売る」をご提案します!着物を捨ててしまえばそれまでですが、「売る」ことで、お客様の大切な思い出を引き継ぎ、新たな所有者へ渡ることになります。大阪府内で着物を売るなら、バイセルへ電話またはメールでお申し込みください!

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

大阪府内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 大阪府地域
  • 大阪府内(市)

    大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、箕面市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市

    大阪府内(郡)

    三島郡島本町、豊能郡豊能町、豊能郡能勢町、泉北郡忠岡町、泉南郡熊取町、泉南郡田尻町、泉南郡岬町、南河内郡太子町、南河内郡河南町、南河内郡千早赤阪村

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 出張買取ピクトグラム

    出張買取

    確かな鑑定眼をもった査定員がお客様のご自宅にお伺いして、商品の査定を行います。査定額に満足いただけた場合にはその場で現金をお渡しいたします。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    宅配買取

    大量の着物や帯などの買取で、日中ご自宅にいらっしゃらないお客様などにおすすめの買取方法です。手数料0円でお気軽にご利用いただけます。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    お持込み買取

    査定する商品を弊社までお持ち込みいただいて、買取ショップのように査定を行うサービスです。完全予約制でお待たせすることなくご利用いただけます。

    詳しくはこちら▶︎

大阪府の着物買取は「出張買取」がおすすめ!

  • 着物をしたためる
  • 着物の買取を依頼したいと思っても、箪笥から出すだけでも大変なのに、買取店にもっていくのは手間も労力もかかってしまいもっと大変です。もしかしたら、運んでいる途中で汚れてしまうことがあるかもしれません。

    特に、着物や帯はそれぞれに重さがあるため、ある程度まとまると数キロを超えてしまうこともあり、運ぶ際には細心の注意が必要です。

    そんな心配を気にしなくていいのが「出張買取」です。出張買取とは、買取店の査定員がお客様のご自宅までお伺いし、その場で対象の着物や帯を査定して買取を行うサービスです。

    玄関先などでも目の前で査定してもらえますし、査定の内訳などについても直接査定員に聞いてみることができ、査定内容を納得するまで確認することができます。

    大阪府なら道路事情もよく交通網も発達しており、普通なら査定する商品を運ぶのも難しくないかもしれません。しかし、着物類の場合には大きさと重さがあるため、実際に自宅から運び出すのは意外と面倒かもしれません。また汚すわけにはいかないため、大変な気を遣うことになってしまいます。

    さらにそれだけ大変な思いをして運んだのに、査定額に納得がいかず持ち帰ることになってしまうことになったら、と考えると、出張査定は着物買取ではおすすめの方法です。

    バイセルでは、出張買取の出張料などは一切かからず、また買取をキャンセルする際のキャンセル料もかかりません。

    まずは査定だけ、とお考えのお客様にお気軽にご利用いただけます。

    買取したい着物類をお持ちのお客様はぜひ出張買取をご利用ください。

大阪府の着物買取店

大阪府のリサイクルショップや着物買取専門業者の店舗をGoogleマップで調査してみました。 弊社は出張買取を強みとしている会社ですが、地域の店舗をご利用の場合はぜひご参考にしてください。

大阪府の着物買取店一覧

リサイクル着物 さくら〒542-0073大阪府大阪市中央区日本橋1丁目17−10
ながもち屋大丸梅田店〒530-8202大阪府大阪市北区梅田3丁目1−1
姉妹屋〒545-0011大阪府大阪市阿倍野区昭和町1丁目6−4
着物買取さいとう〒599-8241大阪府堺市中区福田990
着物買取アートトップ〒571-0045大阪府大阪府門真市殿島町殿島町7 7-16 ベルビュー三番館1階

※実際に切手のお取り扱いがあるかは店舗にお問い合わせ下さい。

大阪府のお客様の声

  • 不要な着物を売却しました

    出張買取 | 大阪市城東区| 50代 | 女性

    箪笥の中に、まったく着ることができない着物がたくさんありました。形見の羽織や訪問着、帯など、種類も豊富です。このまま放置しておくのはもったいないので、買取を依頼することにしました。大阪市城東区内で買取のショップも探してみましたが、結局はインターネットで見つけて依頼をしてみました。とても丁寧な対応で安心しました。家まで取りに来てもらえ、納得のいく価格でしたので利用して良かったです。

  • とっておいた振袖の着物をお願いしました

    出張買取 | 大阪府池田市 | 40代 | 女性

    池田市の成人式に総絞りの振袖の着物を両親に買ってもらいました。成人式と数回の結婚式しか着ることもなく、自分に娘ができたらと大事にしまっていました。しかし生まれたのは息子ばかり。孫までとっておくのもいかがなものかと買取をお願いしました。購入した時の金額は高かったのですが何十年も経っており、期待はしていませんでしたが、予想より高く買取っていただけました。ありがとうございました。

  • 着物数点を買取ってもらいました

    出張買取 | 大阪府寝屋川市 | 50代 | 女性

    昔から実家に着物が沢山あり、引越しを機に処分することにしました。寝屋川まで買取にきてもらえるとのことでとりあえずお願いしました。大事に保管していたためか、立派なお着物ですねと褒めていただき嬉しかったです。訪問着なども合わせて査定してもらいました。満足のいく価格で買取っていただけて嬉しかったです。また着物を手放す機会があれば、お願いしたいと思います。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|大阪府の豆知識

  • 大阪府ではリサイクルショップでは買取金額に期待できない
  • 大阪府ではリサイクルショップでは買取金額に期待できない

  • 着物を売りたいと思った時に、皆さんはどんな方法を思い浮かべるでしょうか。
    「業者への売却」や「ネットオークションに出す」など、着物を売る方法は様々あります。ネットを利用して売りに出す場合には、手続きの全てを自分で行わなければならず、少し面倒に感じることもありますが、業者に売却する場合には、連絡をすれば手続きは業者側で進めてくれますし、売る側としても手間がかからず気が楽です。
    買取業者は、主に「リサイクルショップ」と「専門買取業者」に分けられます。
    リサイクルショップは、生活用品や家電などを取り扱うことが多く、一般的には着物に詳しいスタッフがいるわけではありません。また店舗で普段から着物を販売することが少ないため、着物を買い求める客はあまり見込むことができず、商品としては売りづらいという理由から、着物の質にかかわらず、買取価格も低めとなってしまう傾向があります。
    着物の買取の場合には、着物専門の買取業者に依頼をした方がよいといえます。その理由は、着物専門の買取業者なら、査定するスタッフには着物の知識があり、査定の根拠を以って買取額を提示してくれるからです。また買取専門業者は、買い取った着物の販路を持っており確実に売ることができるため、質や状態の良い着物なら、高く買い取ってくれる可能性が高いのです。

  • 着物買取はどこで売るかが重要
  • 着物買取はどこで売るかが重要

    着物買取は、業者によって対応が異なりますので、後々トラブル等で後悔しないよう、事前にインターネットなどで調べておいた方がよいでしょう。
    また、着物には明確な買取の相場というものがありません。着物の査定は、業者の査定員の鑑定技術によるところが大きくなりますので、しっかりとした鑑定スキルを持った査定員がいる買取業者に任せることが重要です。
    以下に、業者選びのポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

    各サービスが無料か

    最近では「相談から査定や見積もりは無料」としている業者が増えてきており、買取も大変便利になってきています。しかし、同じ無料と謳っていても業者によって差異があるので注意が必要です。相談や査定、見積もりだけではなく、出張査定の出張料や宅配査定の宅配料、また買取手数料や査定後のキャンセル料など、業者によって有料な場合もあります。折角の買取ですから、なるべく無料なところを選ぶようにしましょう。

    様々な買取方法に対応しているか

    買取依頼で一番簡単なのは、自宅で商品を準備するだけで買取ができる「出張買取」ですが、自宅まで来る出張買取に抵抗がある場合は「持込み買取」、また、持ち運びできない程の量や重さがある場合には「宅配買取」など、可能な限り自分の都合に合わせて買取を依頼したいところです。そういった各種買取方法に対応しているかを事前に調べておきましょう。

    クーリング・オフに対応しているか

    買取した後、やっぱりキャンセルしたいことは意外と多いものです。そういった時に便利なのがクーリング・オフ制度です。クーリング・オフとは売却が確定した後の一定の期間内なら、申し込みの撤回や契約の解除ができるという制度です。もし利用する場合には手続きが必要になりますが、対応可能な業者に依頼をした方が安全でしょう。

    利用実績が多いかどうか

    一昔前は押し買いなど、一部の業者による強引な買取が横行した時期がありました。そういった業者にはリピーターなどの客はつかず、利用客は減少します。そんななかで利用実績が何千件、何万件と公表できる業者はそれだけ信頼されているということになります。利用実績をひとつの指標として見るのもよいでしょう。

    買取対応エリアに該当しているか

    どんなに条件がよく買取を依頼したいと思った業者があったとしても、自分の住んでいる地域がその業者の買取対応エリアから外れていれば買取の依頼はできません。その業者の買取対応エリアを事前に調べておきましょう。

  • こんな着物も買取しています!
  • こんな着物も買取しています!

    着物の買取業者では、様々な着物類を買い取っています。
    その中には、和装小物と呼ばれている小物類や、着物でも大量のもの、または古いものなど、種類は多岐にわたります。ここでは、その中からいくつか紹介します。

    大量の着物類

    買取業者では、数枚の着物だけでなく大量の着物と帯をまとめたものでも買取が可能です。ずっとしまったままで着る宛のない大量の着物類も、一気にまとめて売ることができます。ただ大量でしまっていたままの着物は、シワがついてしまったり、環境によってはカビが生えやすいことがありますので、査定に出す前には一枚ずつ確認をした方がよいでしょう。

    和装小物類

    和装小物類も買取対象となります。中でも宝石をあしらった帯留(おびどめ)などは高い査定額になる可能性があります。また櫛(くし)や簪(かんざし)も、例えばべっ甲や漆塗りなどの素材で作られているものは高額になる場合があります。

    柄や色が古いもの

    着物の中でも柄や色が古いものは、状態によって買取対象となる可能性があります。ただし、あまり需要が見込めない場合には買い取ってもらえない場合もありますので注意が必要です。また、古いうえに色褪せなどがある場合には買取を断られる場合も考えられますので、普段からの保管には気を付けましょう。

  • 着物と手
  • 大阪府は着物に縁が深い地域のひとつです。もちろん着物は全国的に様々な着物が存在していますが、特に大阪は着物の歴史という点においても独自に発展を遂げました。地方の人々の生活や慣習と共に発達してきたので、自然と違いが出ても不思議ではありません。
    歴史的にみても東京を代表とする関東と、大阪を代表とする関西では長い歴史の変遷によって食文化、言語、生活様式等々、あらゆる文化において違いが生まれてきました。
    関東と関西は生活習慣が異なる部分が多く見受けられますが、着物の着方や趣向においても同様に違いがあります。ここではその違いについて触れていき、大阪府の着物の買取に関してもお伝えしていきたいと思います。

  • 着物を着た女性
  • 着物における関東と関西による違いと買取需要

    大阪府をはじめ関西圏では着物の呼び方や風習が異なり、加えて着物に関しての特徴も変わります。着物は歴史も古いため、一般生活で感じる関西と関東の違い以上にルールが違うのです。ここでは着物をとりまく様々な種類を紹介し、主要な着物について関西と関東の違いをお伝えいたします。また、それぞれの種類は着物の買取においてどの程度需要があるのかもご紹介していきます。

    長襦袢には「関西衿」と「関東衿」が存在する

    長襦袢では、衽(おくみ)の部分があり、別衿がついている「関西衿」と、通し衿と呼ばれる衿が裾まで通じている「関東衿」があります。 好みによりますが、関西衿は衿が合わせやすく、一方で関東衿は衽の部分がない分、着た時に身幅が余らずスッと着られるというように、それぞれに特徴があります。襦袢は肌着の役割をなすものですが、未着用で丈のあるものなら買取対象とされるお店も多いです。

    帯の締め方は関西と関東では逆になる

    帯の締め方においても時計回りに巻く「関東巻き」、逆に「関西巻き」もしくは「上方巻き」は反時計回りに巻きます。 関東は武士の文化であったため、刀を差した際に引っかからないように時計回りに巻く巻き方をしていたのが一般庶民に広まったという説、関西は公家の文化であったため、お付きの人に巻いてもらうことが多く、巻く人が右ききで巻きやすいように次第にそうなったという説があります。そんな帯は着物の買取需要という点ではとても高く、種類も豊富です。着物を制作する作家や伝統工芸品の中にも価値の高い帯が存在しています。着用しない帯があるという場合には買取の相談を行ってみるのも良いでしょう。

    喪服では関東の「羽二重」と関西の「縮緬(ちりめん)」がある

    喪服では、関東の「羽二重」と関西の「縮緬(ちりめん)」があり、喪服の黒い生地の染色方法も、関東では藍を染めたあとに黒を染める「藍下染め」、関西は紅を染めたあとに黒を染める「紅下染め」が主流となっています。それにより同じ黒でも微妙に違いが生まれ、関東と関西でもそれぞれ好みが分かれます。ただし現在ではこの限りではないようです。単に「黒」といってもその染色方法によって、色の深みや柔らかさなどに微妙な違いが生まれるのです。買取という点においては喪服は着物の中で特段高い傾向があるわけではありません。しかし着物の買取サービスを実施している業者は査定対象となっています。

    シルエット重視の東京型足袋と、実用性重視の京型足袋

    足袋も、東京型と京型の二つがあります。 東京型は足が細く見えるようにわずかにある表地を底に回すようにし、足元が全体的に細めに見えるように作られ、逆に京型は丈夫であることに重きを置き、傷まないように表地を底に回さない全体的にふっくらとした形に作られます。買取において足袋も査定対象の業者も存在しているのは事実です。しかしながら足袋は和装小物に該当するので着物や帯と違いやや値段が付きづらい可能性も考えられます。

    関西と関東では家紋に関する価値観が大きく違う

    家紋においても関西では女紋が存在します。関東は家系に重きをおき、関西では血筋を重んじる風習があり、それぞれ違うからです。「女紋」とは、家紋以外に女性のみが使うとされる紋ですが、関東では嫁入り道具に実家の父親の家紋をつけ、関西では女性から女性へと継承する女紋をつけることが一般的とされてきました。なぜなら江戸時代には夫婦が離婚した場合には男は男の方に、女は女の方についたからという説や、関西の商家では外部から能力のある入り婿を迎えて家を継がせる女系相続が行われたためであるという説があります。いずれにしても、女紋をつける風習は主に関西圏に存在するようです。

    似ているようで大きく違う公家文化と武家文化

    関西と関東の着物を知る上で押さえておきたいこと、それは公家文化と武家文化の違いに関してです。これらはすべて、はんなりした雅やかな関西の「公家文化」と、粋を大事にする関東の「武家文化」の違いから生まれたとする説があります。生活や慣習の違いに端を発し、その価値観によって好みが決定され、それゆえ実用的な部分での違いとなっているのです。

    江戸小紋と京友禅においては、この好みの違いがはっきりとあらわれています。江戸小紋は淡色で渋い色のものが多くシンプルな装いを、そして京友禅は明るい色合いと鮮やかな色が使われ、特徴として柔らかな雅を表現する着物が多いのです。さらに東の江戸小紋文化、西の色無地文化と言われる場合もあります。

    関東地方においては武士の裃に使われている柄である江戸小紋も、色無地と同様の用途で用いることができますが、関西地方においては江戸小紋は色無地ではなく「小紋」の位置づけがなされている場合もあるようです。つまり東西によって認識の差があるのです。それにより関東では江戸小紋の人気が高く、関西では無地のほうが好まれる傾向があるのです。 江戸小紋は、関東では紋付色無地、関西では紋付小紋として扱われることもあります。江戸小紋は関東では色無地だったりそれ以上とされるようですが、関西ではあくまで小紋の扱いにもなるようです。
    そして留袖の文様は江戸褄文様と言う裾模様ですが、関東は上の部分は無地で裾にだけ柄を入れています。それに対して関西では島原文様という肩や袖にもある裾模様が好まれました。

  • 折鶴と着物
  • 着物の好みは浮世絵にも表れている

    着物の好みの違いは江戸時代に描かれた浮世絵からも見て取れます。浮世絵の江戸と上方の好みの違いを見ると、関東と関西とで着物の好みが違うのと同じということが一目でわかります。同じ時に同じ役者を同じ構図で描いた2枚の役者絵があり、1枚は江戸で描かれたもので、もう1枚は上方で描かれたものです。

    江戸の方は、頭の大きさが小さく顎がとんがっており、身体の線は直線的で全体的にスマートさを感じます。着物も色数が少なく落ちついています。上方の方は、頭が5頭身くらいの大きさで顎も丸め、身体の線も含めて全体的に丸みを帯びたイメージです。着物は色数が多く柄付きも派手めで華やかです。

    関東ではスッキリとしたスタイリッシュな着物の着こなしというような落ち着いた装いが好まれるようで、関西では柄着物に柄帯を合わせるような華やかな着こなしが好まれます。江戸時代には既に地域の好みが確立されていて、それは現代においても変わっていないようです。役者絵は現在のアイドルのブロマイドのようなものです。売れるようにするためには一般的に求められる絵にする必要性があったのです。ということは、江戸ではスッキリとしたもの、上方でははんなりした画風が好まれたということです。

  • 風情のある街角
  • 大阪府の着物買取で需要の高い伝統工芸品

    大阪府も含め、着物は日本全国で活発に買取が行われています。この背景には近年のリサイクルブームをはじめ日本文化が注目されてきたことが要因です。以前は着物は需要が減り続け、特に昔ながらの技法で織られた伝統工芸品と呼ばれる着物や帯は職人の高齢化と需要の低下で技法が途絶えてしまうのではないかとも言われていました。しかしここ数年での着物に再び注目が集まってきている傾向は昔を知っている愛好者は嬉しく感じるかもしれませんね。

    ひとえに伝統工芸といっても、その技法や種類には様々あり、一概に何が良いのかというのは一言では言い尽くせない程の奥深さがあります。着物買取において、着物の価値を決めるポイントは価値や着物の状態が関係しています。こういった着物の価値や買取価格を総じて「買取相場」と呼びますが、この相場は伝統工芸品などに見られる、大量生産ができない着物や帯に該当する場合が多くみられる傾向が強いです。これは、それだけ手間を時間をかけてつくられた着物ですから、機械を使った大量生産品とは違った独特の美しさがあるのです。

    また、こういった昔ながらの技法で織られた稀少価値の高い着物や帯の多くは箪笥在庫と呼ばれ、一般家庭の箪笥の中に眠っているケースが多いのです。さらに、こういった箪笥の中に眠っている着物は、今現在着物の買取市場に出ている着物の量とは比較にならない程と言われ、20兆円もの着物が眠っていると言われます。

    中古の着物の多くは古い品ですから、お持ちになられている方は価値を知らない方や、古いからと捨ててしまうなんていうケースもあります。しかしこれはとてももったいないことで、査定させていただく着物の中には、査定をしてみた結果お客様が驚く程の稀少価値の高い着物が眠っていた、なんていうこともあります。もしご自宅の箪笥に着物が眠っており今後着用する予定がないならば、一度査定に出してみても良いかもしれませんね。

着物で行きたい大阪府の名所

景観や食文化など観光スポットも多い大阪府。
着物をお持ちの方なら、ぜひ一度は着物を着て行ってみたいおすすめの名所をご紹介します。

  • 着物で行きたい大阪府の名所
  • 大阪府には景観や食べ物など観光名所が沢山ありますが、その中の有名な観光地のひとつとして「大阪城」が挙げられます。
    大阪城は言わずと知れた、豊臣秀吉が築いたとされるお城です。お城は400年程前の大坂夏の陣で一度焼失していますが、昭和初期(80年程前)に復興されています。
    大阪城の近辺には着物のレンタルを行っている店舗がいくつかあり、着物を着て大阪城周辺を散策したり、大阪城をバックに記念写真を撮ったりして楽しむことができます。また着物を着るのに併せて、ヘアメイクや写真撮影のサービスまで準備している店舗もあります。各サービスの値段についてはお店のホームページなどで事前に確認したほうがよいでしょう。
    もうひとつの有名な観光地として「住吉大社」があります。住吉大社は古代ヤマト王権の時代に祀られた約1800年の長い歴史がある神社です。年始には着物を着て初詣にくる女性も多く見受けられます。また、住吉大社敷地内の住吉大社吉祥殿では、白無垢や色打掛などの和装等で結婚式を挙げることも可能で、神前結婚式を挙げている新夫婦を時折見かけることもあります。また、大阪城と同様に、着物レンタルを利用して、境内を散策することもできますので、利用してみてはいかがでしょうか。




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道北海道
東北青森県秋田県岩手県宮城県山形県福島県
北陸・甲信越富山県石川県福井県新潟県山梨県長野県
関東東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県
東海岐阜県静岡県愛知県三重県
関西大阪府滋賀県京都府和歌山県奈良県兵庫県
中国岡山県鳥取県広島県島根県山口県
四国香川県徳島県愛媛県高知県
九州福岡県大分県宮崎県熊本県佐賀県長崎県鹿児島県
沖縄沖縄県

出張買取は着物をお持ちのお客様に喜ばれる買取方法です。お申込みから最短30分の訪問も可能です。

※最短30分はお問い合わせから訪問までの目安です。また、一部地域は宅配査定対応となる場合もあります。
受付は24時間365日対応ですのでまずはオペレーターまでお気軽にお問い合わせ下さい。