大阪府で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら大阪府全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

大阪府内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • ”大阪府地域”
  • 大阪府内(市)

    大阪市
    (都島区、福島区、此花区、西区、港区、大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、東淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、阿倍野区、住吉区、東住吉区、西成区、淀川区、鶴見区、住之江区、平野区、北区、中央区)

    堺市
    (堺区、中区、東区、西区、南区、北区、美原区)

    岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四條畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市

    大阪府内(郡)

    三島郡島本町、豊能郡豊能町、豊能郡能勢町、泉北郡忠岡町、泉南郡熊取町、泉南郡田尻町、泉南郡岬町、南河内郡太子町、南河内郡河南町、南河内郡千早赤阪村

大阪府のお客様の声

  • 不要な着物を売却しました

    出張買取 | 大阪市城東区| 50代 | 女性

    箪笥の中に、まったく着ることができない着物がたくさんありました。形見の羽織や訪問着、帯など、種類も豊富です。このまま放置しておくのはもったいないので、買取を依頼することにしました。まずはインターネットで見つけ、メールをしてみましたが、とても丁寧な対応で安心しました。家まで取りに来てもらえ、納得のいく価格でしたので利用して良かったです。

  • とっておいた振袖の着物をお願いしました

    出張買取 | 大阪府池田市 | 40代 | 女性

    成人式に総絞りの振袖の着物を両親に買ってもらいました。成人式と数回の結婚式しか着ることもなく、自分に娘ができたらと大事にしまっていました。しかし生まれたのは息子ばかり。孫にとまではとっておくのもいかがなものかと買取をお願いしました。購入した時の金額は高かったのですが何十年も経っており、期待はしていませんでしたが、予想より高く買取っていただけました。ありがとうございました。

  • 着物数点を買取ってもらいました

    出張買取 | 大阪府寝屋川市 | 50代 | 女性

    昔から実家に着物が沢山あり、引越しを機に処分することにしました。買取してもらえるとのことでとりあえず来てもらいました。大事に保管していたためか、立派なお着物ですねと褒めて頂き嬉しかったです。訪問着なども合わせて査定してもらいました。満足のいく価格で買取っていただけて嬉しかったです。また着物を手放す機会があれば、お願いしたいと思います。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|大阪府の豆知識

  • 着物と手
  • 全国には様々な着物が存在します。一口に着物といってもかなり違いがあります。 なぜならそれぞれの地域によって独特の着物が発展していったのも事実であり、地方の人々の生活や慣習と共に発達してきたので、自然と違いが出ても不思議ではありません。例えば着物の着方や趣向においても関東と関西では違いが生まれました。それではどのような違いがあるのでしょうか。

  • 着物を着た女性
  • 着物における関東と関西による違い

    【長襦袢の違い】

    長襦袢では、衽(おくみ)の部分があって別衿がついている「関西衿」と、通し衿と呼ばれる衿が裾まで通じている「関東衿」があります。 好みによりますが、関西衿は衿が合わせやすく、一方で関東衿は衽の部分がない分、着た時に身幅が余らずスッキリと着られるという、それぞれに特徴があります。

    【帯の締め方の違い】

    帯の締め方においても時計回りに巻く「関東巻き」、反時計回りに巻く「関西巻き」もしくは「上方巻き」があります。 関東は武士の文化であったため、刀を差す時に引っかからないようにこの巻き方をしていたのが庶民に広まったという説、関西は公家文化であったため、お付きの人に巻いてもらうことが多く、巻く人が右ききで巻きやすいように次第にそうなったという説があります。

    【喪服の違い】

    喪服では、関東の「羽二重」と関西の「縮緬(ちりめん)」があり、喪服の黒い生地の染色方法も関東は藍を染めてから黒を染める「藍下染め」、関西は紅を染めてから黒を染める「紅下染め」が主流です。それにより同じ黒でも微妙に違いが生まれ、関東と関西でも好みが分かれます。ただし現在ではこの限りではないようです。単に「黒」といってもその染色方法によって、微妙に色の深みややわらかさなどに違いが生まれるのです。

    【足袋の違い】

    足袋も、東京型と京型の二つがあります。 東京型は足が細く見えるようにわずかな表地を底に回し、全体的に細めの足元になるように作られ、逆に京型は丈夫であることに重きを置き、傷まないように表地を底に回さない全体的にふっくらとした形に作られます。

    【家紋の違い】

    家紋においても関西では女紋が存在します。家系に重きをおく関東と、血筋を重んじる関西では風習が違う様です。 「女紋」とは、家紋以外に女性のみが使うとされる紋ですが、関東ではお嫁入りの道具に実家の父親の家紋を、関西では女性から女性へと継承する女紋をつけることが一般的とされてきました。その理由としては、江戸時代には夫婦が離婚した場合には男は男の方に、女は女の方についたからという説や、関西の商家では外部から能力のある入り婿を迎えて家を継がせる女系相続が行われたためという説などがあります。いずれにしても、この風習は主に関西圏に存在するようです。

    【公家文化と武家文化】

    これらはすべて関西の雅やかではんなりした「公家文化」と関東の粋を大事にする「武家文化」の違いから生まれたとする説があります。生活や慣習の違いに端を発し、その価値観によって好みが決定され、それゆえ実用的な部分での違いとなっているのです。
    この好みの違いがはっきりとあらわれているのは江戸小紋と京友禅です。江戸小紋は淡色で渋い色のものが多くシンプルな装いを、そして京友禅は色鮮やかで明るい色合いが使われ、柔らかな雅を表現する着物が多いのが特徴です。 さらに東の江戸小紋文化、西の色無地文化と言われる場合もあります。

    関東地方においては武士の裃に使われている柄である「江戸小紋」も、色無地と同様の用途で用いることができますが、関西地方においては江戸小紋は色無地ではなく「小紋」の位置づけがなされている場合もあるようです。つまり東西によって認識の差があるのです。それにより関東では江戸小紋の人気が高く、関西では無地のほうが好まれる傾向があるのです。 江戸小紋は、関東では紋付色無地、関西では紋付小紋として扱われることもあります。江戸小紋は関東では色無地だったりそれ以上とされるようですが、関西ではあくまで小紋の扱いにもなるようです。

    そして留袖の文様は江戸褄文様と言う裾模様ですが、関東は上の部分は無地で裾にだけ柄を入れています。それに対して関西では島原文様という肩や袖にもある裾模様が好まれました。

  • 折鶴と着物
  • 着物の好みは浮世絵にも表れている

    着物の好みの違いは江戸時代に描かれた浮世絵からも見て取れます。浮世絵の江戸と上方の好みの違いを見ると、関東と関西とで着物の好みが違うのと同じということが一目でわかります。同じ時に同じ役者を同じ構図で描いた2枚の役者絵があり、1枚は江戸で描かれたもので、もう1枚は上方で描かれたものです。
    江戸の方は、頭の大きさが小さく顎がとんがっており、身体の線は直線的で全体的にスマートさを感じます。着物も色数が少なく落ちついています。
    上方の方は、頭が5頭身くらいの大きさで顎も丸め、身体の線も含めて全体的に丸みを帯びたイメージです。着物は色数が多く柄付きも派手めで華やかです。

    関東ではスッキリとしたスタイリッシュな着物の着こなしというような落ち着いた装いが好まれるようで、関西では柄着物に柄帯を合わせるような華やかな着こなしが好まれます。江戸時代には既に地域の好みが確立されていて、それは現代においても変わっていないようです。 役者絵は現在のアイドルのブロマイドのようなものです。売れるようにするためには一般的に求められる絵にする必要性があったのです。ということは、江戸ではスッキリとしたもの、上方でははんなりした画風が好まれたということです。

  • 風情のある街角
  • 関東と関西の着物における好みの歴史

    さらに染物でも江戸は仕上がりの映えるものを好みました。 上方は色どめをし「蒸し」をかける。蒸すことで持ちがよくなるという利点もありましたが、それにより色をいったん深いところに沈めることができたのです。 上方の衣装は外見は粗末に見せて、内容を贅沢にしていました。表面は木綿に見えて、飛び切りの値打ちものである本結城などは上方人の好みに合ったのです。

    しかし、幕府によってぜいたくが禁止されていたので、絹の着物は着ることができなかったため、表はあっさりと見える紬や唐桟等を着て、中には絹よりも高価なものを着る人もいました。 女性も表は地味にして下地や裏地を派手にし、ぜいを尽くしていました。 しかし単なる地味では田舎じみていて、野暮であり、大阪ではもっさり、もっちゃりといって低くしか評価されませんでした。要するの「渋み」が生きていなければならなかったのです。深いところに隠された味、それが大阪町人の美意識だったのです。 「粋」ははっきりとしていて明るく、渋みは黙して内に潜むが奥に深い味があるわけです。

    着物の自由化がなされた明治になっても、伝統に根ざした好みは歴然と残っていました。 東京山の手と下町の差は、山の手が小紋の三枚重ねに六分ふき、背の高い塗りの駒下駄なら、下町は、もっばら前垂掛、掛衿を特徴としていました。 肩掛、ショール、東コートが、明治三十六年に現われ、夏の日傘の流行を呼び、それまで下町では、羽織は女性の着るものではないとされ、寒い日でも絶対に着けませんでした。 当時の男女は、ともに衣類を春夏秋冬、きちんと着け、帯は固く結びました。ただ男性の場合、夏はじんべいを着たり、上流では麻や帷子を着ました。半袖の着用は大阪で始まったのです。

    関東と関西の違いをいくつか見てみましたが、これは地域による個性ともいえます。 しかしながら地域によって慣習や好みに違いがあるとはいえ、日本人として着物の伝統文化を受け継ぎ、今後も次世代へ伝えていくことは非常に大切です。

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について