奈良県で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら奈良県全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

奈良県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 奈良県地域
  • 奈良県内(市)

    奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、五條市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、宇陀市

    奈良県内(郡)

    山辺郡山添村、生駒郡平群町、生駒郡三郷町、生駒郡斑鳩町、生駒郡安堵町、磯城郡川西町、磯城郡三宅町、磯城郡田原本町、宇陀郡曽爾村、宇陀郡御杖村、高市郡高取町、高市郡明日香村、北葛城郡上牧町、北葛城郡王寺町、北葛城郡広陵町、北葛城郡河合町、吉野郡吉野町、吉野郡大淀町、吉野郡下市町、吉野郡黒滝村、吉野郡天川村、吉野郡野迫川村、吉野郡十津川村、吉野郡下北山村、吉野郡上北山村、吉野郡川上村、吉野郡東吉野村

奈良県内のお客様の声

  • 帯や小物も買い取ってもらいました

    出張買取 | 奈良県奈良市 | 60代 | 女性

    訪問着と振袖と帯と小物を合わせて、全部で40点ほど着物の買取をしてもらいました。中には買取ってもらえないものもあるだろうと覚悟していましたが、問題なくすべて買取ってもらうことができました。そのため、とても満足しています。

  • 着物に詳しい方が査定してくれました

    出張買取 | 奈良県五條市 | 50代 | 女性

    着る予定でずっと保管していた着物でしたが、結局着る機会もなくなり、買取してもらうことにしました。どうせ二束三文にしかならないだろうと思っていましたが、着物に詳しい方が査定してくれたおかげで、想像よりも高い値段をつけてもらうことができました。

  • スピーディーな対応でした

    出張買取 | 奈良県天理市 | 50代 | 女性

    奈良県天理市在住の主婦です。クローゼットを整理していたら、叔母からいただいた訪問着が見つかりました。もう袖を通すことはないと思いましたので、着物の買取を決意しました。インターネットでスピード買取さんを探してから申し込んだところ、自宅まで取りに来てもらえて感激しました。価格には満足できたし、とても貴重な体験ができました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|奈良県内の豆知識

  • 奈良と着物女性
  • 着物の文化が深く根付く奈良での買取

    奈良県は人口約140万人を有する都市で、毎年数多くの観光客が訪れる日本有数の観光地です。奈良県は奈良時代の710年から784年までの間、平城京に都がおかれていたことから、東大寺や法隆寺、春日大社などの歴史的価値のあるスポットが数多く存在します。
    奈良県の観光地の一つである奈良公園内には、多くの国宝指定・世界遺産登録物件が存在し、年間を通じて日本国内のみならず外国からも多くの観光客が訪れ、日本を代表する観光地の一つとなっています。奈良の大仏や鹿は国際的にも有名で、奈良観光のメインとなっており、春には桜の名所として、日本さくら名所100選に選定されています。さらに現存する世界最古の木造建築物群として有名な西院伽藍を有する法隆寺は7世紀に創建され、聖徳太子ゆかりの寺院です。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられます。
    法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産に登録されました。観光地を着物姿でめぐることのできる着物レンタルや着物のイベントも積極的に行われており、日本文化を大切に育んでいる都市であることが見てとれます。歴史を重んじる都市、奈良では着物の買取も盛んに行われており、次世代に文化を引き継いでいこうという姿勢があちらこちらで見ることができる都市となっています。

  • 気軽に参加できる着物のイベント

    奈良県では数多くのイベントが開催されていますが、その中でも気軽に参加できる「奈良きもの日和」についてご紹介します。このイベントは奈良の街を着物をきて歩くことをコンセプトとしたイベントで、気軽に着物をきて奈良を楽しむことができるのが魅力となっています。着物一式を持ち込んだ場合着付けをワンコインで行ってもらえる手軽さが好評となっています。
    また、着物をもっていない方はイベントの協力店である着物レンタル店を紹介してもらえる為、安心して参加することができるのです。このようなイベントが開催されることで着物レンタル店の需要拡大にも繋がり、着物買取も盛んに行われるのです。

  • 着物類
  • 奈良と着物女性
  • 奈良を代表する織物奈良晒

    奈良地方で生産されてきた高級麻織物「奈良晒」の起源は鎌倉時代とされています。16世紀後半、清須美源四郎が奈良で晒を始め、その晒をつくる技法の改良に成功したことで奈良を代表する産業となったとされています。また、奈良晒の発展に伴い糸づくりや織布が周辺の農村部で盛んに行われてきたことも確認されており、奈良晒は織物の発展に大きな影響を与えたとされています。
    奈良晒の紡織技術は1979年に無形文化財の指定をうけており、奈良の重要な伝統のある織物とされています。このように織物と深い関係を持つ奈良では、着物の買取の際には適正な目で着物の評価をしてくれるのです。このように奈良には歴史と伝統の町であることが良く分かります。

  • 染め着物に影響を与える奈良の歴史

    奈良と染め着物の歴史には密接な関係があります。模様染の歴史は奈良時代に遡り、正倉院に残る裂布に3つの技法が存在していることが確認できます。正倉院は、奈良県奈良市の東大寺大仏殿の北北西に位置する、校倉造(あぜくらづくり)の大規模な高床式倉庫です。聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた建物で、1997年に国宝に指定され、翌1998年にユネスコの世界遺産に登録されています。
    正倉院に残る裂布にある3つの技法のうち一つ目は、板締めによる絞りの技法で、模様が掘られた凹凸の板の間に布を挟み染料を注ぐことで模様を生み出す技法です。
    次は蝋を使用した染色技法で、生地の上に溶かした蝋を置き固まったところで染色することで防染によって模様を作る方法です。
    最後は、生地を糸で縛ることで防染し模様を作る絞り染めの技法があげられます。これらの染色技法は現代の染め着物に大きく影響を及ぼしています。染色技法の発祥地ともいえる奈良では、染め着物を次世代に伝えるためにも積極的に買取を行っているのです。

  • 黄昏る女性




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について