宮崎県で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら宮崎県全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

宮崎県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 宮崎県地域
  • 宮崎県内(市)

    宮崎市、都城市、延岡市、日南市、小林市、日向市、串間市、西都市、えびの市

    宮崎県内(郡)

    宮崎郡清武町、北諸県郡三股町、西諸県郡高原町、西諸県郡野尻町、東諸県郡国富町、東諸県郡綾町、児湯郡高鍋町、児湯郡新富町、児湯郡西米良村、児湯郡木城町、児湯郡川南町、児湯郡都農町、東臼杵郡門川町、東臼杵郡諸塚村、東臼杵郡椎葉村、東臼杵郡美郷町、西臼杵郡高千穂町、西臼杵郡日之影町、西臼杵郡五ヶ瀬町

宮崎県のお客様の声

  • 着なくなった着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 宮崎県宮崎市 | 60代 | 女性

    捨てるには勿体なくて着る機会がほとんどなくなった成人式に買って貰った着物が邪魔になっていたので、着物の出張買取サービスに電話予約しました。担当の方が後日来られ、穴や汚れなどの状態を丁寧にチェックして査定してくれました。査定額も満足価格だったので即決で売りました。もっと早くお願いするとよかったと後悔しました。

  • 貫禄のある着物を買取って頂きました

    出張買取 | 宮崎県都城市 | 50代 | 女性

    呉服屋を営む叔父から正月用の着物を頂き長い間着ていましたが、古くなり処分する事にしました。ネットで着物買取見て来て貰い査定をお願いしましたが、ゆったりとした感じの着物は何となく貫禄があり、良い値段を頂きました。

  • 着物を持っていかないで済むのは楽です

    出張買取 | 宮崎県日向市 | 50代 | 女性

    親戚中を回ってきた振袖が3着ほどあり、私の成人式で使い収めとなりました。親戚の方が「処分して良いよ」と言ってくれたので、友達に教えてもらった出張買取でお願いしました。着物は箱に入れても多いのに3着はかなりかさばります。なので、来てくれて本当に助かりました。私より少し年上の査定員の方でしたが、分からないことは本部に確認していたので安心して取引できました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|宮崎県の豆知識

  • 着物女性
  • 宮崎県は着物の買取が盛んな地域

    宮崎県は、九州地方南東部に位置する県であり、県庁所在地は宮崎市にあります。 総人口は約110万人、土地の広さは7735平方キロメートルです。 県の木がフェニックスであることに代表されるように、気候は温暖な傾向が強く、プロ野球の春のキャンプ地に使われているのも特徴として挙げられます。 宮崎県のキャラクターは「みやざき犬」、3匹の犬で、名前は「ひぃ、むぅ、かぁ」です。 宮崎発祥のグルメには、チキン南蛮が存在しています、そんな宮崎県、気候が温暖多湿な傾向にありながらも、着物の製造、販売、買取に関わる店舗は200店舗以上存在し、また、着物に関わる歴史や各種イベントなども多数存在しています。

  • 至高の織物と呼ばれる薩摩絣とは

    先に申しあげたように宮崎県には着物関連の製造、販売、買取に関する店舗が200店舗以上存在します。 そんな宮崎を代表とする着物が、「薩摩絣(さつまがすり)」です。 薩摩絣のルーツは江戸時代にまで遡らなければならず、その歴史は古いものであり、一時は衰退をしたものの、明治初期に同じく宮崎をルーツとする、島津藩主「島津斉彬」の手によって紡績工場が建設されてからは、またその勢いを取り戻しました。 薩摩絣の質の高さは、明治の薩摩絣の名匠である「永井明夫」が、時の為政者「武者小路実篤」に薩摩絣を献上した時に感嘆の声を上げたことからも窺い知ることが出来る綿着物の逸品です。現在においても薩摩絣は、着物愛好者の中でもすぐに名をあげられるほどです。

  • 着物女性とアジサイ
  • 着物女性
  • 着物に関わるイベント等を紹介します

    そんな薩摩絣を代表とする着物の歴史を有する宮崎県は、着物に関わるお祭りなどの各種イベント等も頻繁に開催されています。 宮崎県日南市で行われるお祭りの「飫肥城下まつり」は、武者達の市中パレードや郷土芸能などを堪能できるお祭りで、着物姿が美しいとされるミスお姫様を決めるコンテスト等も開催されています。 また、宮崎県児湯郡高鍋町では、「高鍋城灯篭祭り」が開催されており、公募等によってあつめられた約1万基の灯篭を着物姿で楽しむことができるお祭りです。 また宮崎県出身の歌人であり、着物の愛好家としても知られる「若山牧水」にちなんだ「牧水祭」や牧水の資料等の展示会も頻繁に行われています。 このように宮崎においても、その風土に基づいた着物のお祭りは多数存在しており、それに対応して着物の買取の需要は存在しています。

  • 宮崎県の名匠秋山眞和の作品等も買取させていただきます

    着物に関わる歴史も長く、着物等に関わる各種イベントも盛んに行われている宮崎県ですが、着物に関わる芸術家も出現しています。 その芸術家の名前は「秋山眞和」、綾町に工房を構えており国に現代の名工として認められ、黄綬褒章の受賞等の勲章を授与されており、海外でもその名を知られる芸術家です。 「秋山眞和」の作品の特徴は、天然の蚕から取れる糸の使用、独自の藍染め技術、微量の染料しかとることが出来ない「貝紫」を独自の技術で美麗に仕上げた紫染め、これらすべてを手作業で行うことが挙げられ、着物の愛する様々な方々から絶大な人気を博している芸術家です。 そんな「秋山眞和」の見事な作品群をはじめとして、宮崎では着物の買取を広く行っております。

  • 着物の美しさ




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について