宮城県で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら宮城県全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

宮城県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 宮城県地域
  • 宮城県内(市)

    仙台市
    (青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)

    石巻市、塩竈市、気仙沼市、白石市、名取市、角田市、多賀城市、岩沼市、登米市、栗原市、東松島市、大崎市


    宮城県内(郡)

    刈田郡蔵王町、刈田郡七ヶ宿町、柴田郡大河原町、柴田郡村田町、柴田郡柴田町、柴田郡川崎町、伊具郡丸森町、亘理郡亘理町、亘理郡山元町、宮城郡松島町、宮城郡七ヶ浜町、宮城郡利府町、黒川郡大和町、黒川郡大郷町、黒川郡富谷町、黒川郡大衡村、加美郡色麻町、加美郡加美町、遠田郡涌谷町、遠田郡美里町、牡鹿郡女川町、本吉郡南三陸町

宮城県のお客様の声

  • 着物を売却する際に証書があってよかったです

    出張買取 | 宮城県東松島市 | 60代 | 女性

    物持ちの良い母親が着物をたくさん持っていて、大事に取り扱っているのですが、着ることも減り、私に譲られても困るので、それなら数点大事なものはとって置いて、他を売ることにしました。WEBで見積もり依頼を複数社出してみて、良さそうなところに買取に来てもらうことにしました、査定の時に証書という鑑定書みたいなものを出せたのと、着物の痛みが少なかったので満足な価格で売却することが出来て良かったです。

  • 座って見ているだけでいいから便利でした

    出張買取 | 宮城県仙台市 | 70代 | 女性

    最初に電話で問い合わせたときの印象が良かったため、着物を買取してもらうことにしました。目の前で査定してくれるので、安心感がありました。私は座って見ているだけだったので、とても楽で便利なサービスだと思いました。

  • すぐ目の前で査定してくれるから安心でした

    出張買取 | 宮城県白石市 | 50代 | 女性

    着物をすべて持ち運びしてから査定されるのではないかと心配していましたが、すぐ目の前で査定してくれるので、とても安心しました。きちんと査定結果の根拠も説明してもらうことができたので、納得してから買取してもらうことができました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|宮城県の豆知識

  • 着物女性
  • 宮城県の着物と織物の買取の状況とは?

    宮城県は仙台で生産されている、精好仙台平は全国的に有名です。精好仙台平の起源は江戸時代に仙台藩四代目藩主伊達綱村公が産業振興のために京都から織師を招き織らせた事だと言われています。仙台平はこれ以降、代々藩主の手厚い保護を受け発展を続け、皇室や幕府及び他藩への贈り物とされ、全国的に名を馳せました。宮城県では起源を奈良時代に持つ栗駒正藍染、白石市で生産されている白石紙布、白井紙子なども有名です。 このように古くから伝統工芸として、着物や織物の生産が活発に行われてきた宮城県ですが、着物の買取の需要等についてはどのような状況なのでしょうか。 下記で見ていきましょう。

  • 宮城県の着物の需要と買取需要について

    タウンページで調べてみたところ、宮城県には呉服屋は325店あります。この店舗数は全国で32番目です。一見、順位が低いように感じますが、これは人口比が加味されていないためです。人口の多いところは店舗数が多いですからね。より正確な数字を知るために、人口1万人あたりの宮城県の呉服店数を計算してみると、1.4店となり、これは全国で22番目です。この数字から見てもわかるように、宮城県における着物の需要と着物の買取需要は、全国の中でも平均的なものであるといえます。このことから、宮城県の着物買取業者では、適正な価格で着物を買い取ってくれることがうかがえます。

  • 着物と帯締め
  • 祭りと着物
  • 宮城県の着物と織物の特徴

    仙台平は、絹で織られた袴地です。張りがありながらしなやかで、絹の光沢が美しさを生み出し、また、絹の肌触りが心地の良い織物です。国の重要無形文化財に指定されています。 栗駒正藍染は、ほかの地域にはない特殊な手法で藍染が行われます。一般的に藍染は藍瓶を火で温めながら染めますが、栗駒正藍染は人工的な保温、保湿を一切行わないのが特徴です。 白石紙布は、和紙を裁ってこより状にしたものを、織物の糸として使います。通気性に優れ、軽く、素材は和紙でありながら、丈夫さも併せもっています。夏の衣料として最高級の織物とされていました。 白井紙子は、和紙を裁ってこより状にしたものを、織物の糸として使うのですが、こちらは紙の状態のまま衣類に仕立てていきます。 宮城県伝統の着物や織物も、買取業者では積極的に取り扱っています。

  • 仙台平について

    甲田栄佑は、仙台平製織の名人といわれた佐山万次郎ならびに父親の陸三郎に師事し、精好仙台平の伝統技術を身につけました。21歳で宮城県仙台市にある甲田機業場を継ぎ、機械織が主流になっても手織機を続け、1956年に重要無形文化財「精好仙台平」の保持者に認定されました。精好織とは、縦糸に練糸、緯糸に撚りをかけていない糸を使い織り上げます。精好織では、縦糸を水で濡らして引き締め、さらに強く打ち込む折り方をしているので、絹地が充分な厚みを持ちながらも、しなやかという風合いを生み出します。この仙台平は、歌舞伎界や相撲界にも愛好者が多く、袴の最高峰のブランドとして幅広く支持されています。着物を整理する際、買取店で思わぬ高値で売却できる可能性があります。

  • 着物と老夫婦

お申し込みフォーム

必要事項を記入の上【無料査定に申込】
ボタンをクリックしてください

  • お名前
  • 電話番号
  • 郵便番号
  • 住所
  • メールアドレス
  • 希望査定品
  • ※以下よりお選びください
  • 上記の個人情報の利用目的に同意する

  • ※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。 お知らせメール配信 (会員規約)について