京都府で着物買取ならぜひバイセルへ!

大切な着物、箪笥の奥などに眠っていませんか?

バイセルなら着物を無料出張買取させていただきます!しかも京都府全域に対応しております。

バイセルはどこよりも早く、高く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせを頂いています。

京都府にお住まいで、着物を売りたいとお考えの方、処分したい方はぜひお問い合わせをお待ちしております!

  • 着物買取京都府
  • 独自の販売ルートで着物を高額買取いたします!

    京都府で私たちバイセルが着物を高額買取できる理由の一つに、「独自の販売ルートを持っている」という点が挙げられます。

    IT技術を駆使したeコマースにより京都府に限らず、国内外問わず最も需要の見込めるマーケットへと販売することが可能となっています。

    加えて商品の価値を最大限に高めた状態で収益化することができるので、結果として着物をお売りいただくお客様への買取価格として還元、高額買取を可能としているのです。

    特に京都府の着物は、素材が上質な物が多く、状態の良くない着物にもしっかりと値段が付くというケースも多々ございます。

    タンスに眠っている不要な着物も、バイセルの査定員が納得の高額買取でご対応させていただきます。

  • 京都府で着物を売るなら価値の高まっている「今」がチャンスです!

    着物は古くから日本の伝統衣装で、茶道や日本舞踊、結婚式や成人式と着る機会も多く、現在文化的価値も考慮され需要が高まっています。

    さらに日本では2020年に東京オリンピックが控えており、着物を始めとした日本の文化は世界中にその裾野を広げています。

    中でも保存状態の良いものや、証紙(作家ものの証明)付き、珍しいデザインのものは非常に人気があります。

    また京都府では着物を着て観光をすると、様々な特典が受けられます。

    一部、タクシーやホテルの料金が割引になったり、カフェや寺院、美術館や博物館などでお得なサービスを受けたりすることができます。

    そうして需要が高まり、価値も高まっている着物ですが、実は湿気に弱く、タンスにしまい込んでいると容易にシミやカビができてしまいます。

    定期的に干して風を通す虫干しを行い湿気を取り除いてあげないと状態が劣化して、価値を落としてしまいます。

    着る機会がなくなりタンスに眠らせたままの着物があれば、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになることをおすすめします。

  • 着物買取京都府
  • 着物買取京都府
  • 不要な着物や反物は買取でリサイクルしませんか?

    京都府で着なくなった着物、不要な反物、ご自宅に眠らせていませんか?いらないからと処分してしまうことはおすすめしません。

    着物は、古くから日本の伝統和装であり、日本文化の象徴でもあります。国内外問わず需要も拡大中ですし、価値も高騰しています。

    処分をお考えの着物はまさに財産と呼ぶべきものなのです。

    また近年、日本全国のみならず京都府でも環境意識の高まりから、リユース、リサイクルへの関心は高まっています。

    特に京都府では、着物をレンタルして観光する方が多く、京都の着物買取市場では多くの着物が取引されています。

    そのため一度袖を通した着物でも改めて着てくれる人がいるのですから、処分してしまうのはもったいないのです。

    むしろ次に必要としてくれる人の元へ渡り、第二の活躍の場を与えてあげるのも着物にとってもいいことなのかもしれません。

    京都府にお住まいで、もし不要な着物があれば、買取に出してリサイクルするという選択肢もご検討してみてはいかがでしょうか。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

京都府内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 京都府地域
  • 京都府内(市)

    京都市、 福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市

    京都府内(郡)

    乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町

選べる3つの買取方法
送料・査定料すべて0円

顧客満足度ナンバーワンを目指す、着物買取専門店のバイセルでは3つの買取方法を用意しています。お好きな方法をお選びください。また、不明点はオペレーターへお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 出張買取ピクトグラム

    出張買取

    弊社査定員がご希望の場所まで査定にお伺いします。査定額にご納得いただけた場合、その場で現金をお渡しいたします。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    宅配買取

    「売りたいけれど時間がない・・・」そんなあなたにおすすめの買取方法。手数料も無料なのでお気軽にお使いいただけます。

    詳しくはこちら▶︎
  • 出張買取ピクトグラム

    お持込み買取

    査定希望の商品を弊社までお持ちいただきます。プライベート重視のため完全予約制の買取サービスです。

    詳しくはこちら▶︎

京都府の着物買取は「出張買取」がおすすめ!

  • 着物をしたためる
  • 出張買取一番のメリットはなんといっても自宅まで査定員が来てくれるので、手間がかからないというところです。

    自宅で査定希望の着物を用意してあとは待つだけ。バイセルでは、依頼を頂いてから査定員が京都府のご自宅に伺うまで、最短30分。

    引っ越しや大掃除で大量の不用品が出てきてしまったときにも便利なサービスです。

    一方で京都府では着物を直接、買取店舗に持ち込んで買い取ってもらう方法もあります。

    目の前で査定してもらえますし、査定金額の内訳も気になることがあれば手軽に聞くこともできるので安心の買取方法かもしれません。

    ですが着物は一枚で1キロ前後にもなり、数が多ければ持ち運ぶのに一苦労となってしまうでしょう。

    せっかく苦労して持ち込んだのに買取価格に納得できなかったら・・・。

    そんなことにならないように京都府の着物買取は出張買取をおすすめします。

    京都府の出張買取でも、目の前で査定をし、査定金額の内訳も気になることがあれば手軽に聞くことができます。

    もちろん着物を持ち運ぶ必要はありません。

    バイセルの出張買取では手数料が一切かかりません。また買取金額にご納得いただけなかった場合にもキャンセル料は一切かかりません。

    査定だけしてもらいたいという方も気軽にご利用いただけます。

    京都府で不要な着物をお持ちの方はまずはぜひ出張買取をご利用してみてください!

着物買取実績

他店より買取金額が1円でも安ければ
全品返却いたします!
まずは私たちの買取実績と
買取品目の多さをご確認ください!

  • 名匠として名高い数々の作家による至極の逸品が100万円を超える買取価格
    着物
    参考買取金額1,210,000円

    名匠として名高い数々の作家による至極の逸品が100万円を超える買取価格に

  • 著名作家の着物や帯を始め名品の数々が全て証紙付き
    着物
    参考買取金額698,000円

    著名作家の着物や帯を始め名品の数々が全て証紙付きでなんと!

  • 人間国宝の品や老舗機屋の帯など
    着物
    参考買取金額350,000円

    人間国宝の品や老舗機屋の帯など希少品の数々をお譲り頂きました

  • 9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着
    着物
    参考買取金額185,000円

    9マルキ大島紬や珍しい刺繍が入った訪問着といった希少な着物を複数枚で

  • 十日町友禅の訪問着や伊勢型小紋など
    着物
    参考買取金額63,000円

    十日町友禅の訪問着や伊勢型小紋など、箪笥の整理で出てきた品々がここまで!

  • 山口美術帯や新小石丸の帯など買い取り
    着物
    参考買取金額71,000円

    山口美術帯や新小石丸の帯など希少性の高い品々をこの価格で買い取りです!

  • 未着用の着物や帯
    着物
    参考買取金額55,000円

    長い間眠っていたという未着用の着物や帯ばかり全て買取らせて頂きました

  • 証紙付きの大島紬や訪問着、博多織の帯
    着物
    参考買取金額150,000円

    証紙付きの大島紬や訪問着、博多織の帯など20着以上が良い状態で

※返品はクーリングオフ期間である8日間に限らせていただきます。

着物買取実績をもっと見る

京都府のお客様の声

  • 若い頃の着物を着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 京都府京都市 | 60代 | 女性

    今回、若い頃に着ていた着物を思い切ってこちらで買取ってもらうことにしました。その際に来てもらった査定員さんがとても丁寧な方で、感動しました。査定員の方が着物を一枚一枚手に取るたびに、当時の思い出が蘇ってしまい、話好きな私に心底耳を傾けて頂きました。あまりにも嬉しく、なんだか泣けてきちゃって、この人に買い取ってもらうために今日まで着物を眠らせていただんだなと確信しました。京都生まれ、京都育ちの私は、父が呉服屋を営んでいることもあって、幼いころから着物は体の一部でした。一時期は、京都でも着物を着ている方が少なくなってしまったなあという時代もあったのですが、最近は京都を歩くと、若い子たちが着物を着て観光を楽しんでいて、その姿を微笑ましく思っていました。着る機会が少なくなってしまい、眠らせてしまっている着物を売ろうと決心したのは、それが理由です。私の着物が、次の世代で活躍することを願っています。本当にありがとうございました。私の話に耳を傾けて頂いた素敵な査定員さんにも、宜しくお伝えください。

  • スムーズな着物買取に満足

    出張買取 | 京都府長岡京市 | 50代 | 女性

    京都府長岡京市在住の主婦です。若い頃に着ていた訪問着などの着物を着る機会もないので思いきって売ることにしました。しかし梱包するのも手間がかかるし、重いしかさばるしで、中々京都の店に持っていけずに放置していました。そんな時に家まで着物を買取に来てくださる業者さんがあることを知り、早速買取依頼をしたのですが、スムーズな対応であっという間に取引完了しました。全て思い入れのある着物だったので丁寧に査定していただき安心しました。ついでに和装小物の買取もお願いしました。古いものなので買取してもらえるかと不安もありましたが全て買取ってもらうことができ良かったです。家にいながらにして査定をしてくださるのでこちらの手間がなく本当に楽でした。また機会があれば利用したいと思います。

  • お茶用の着物を売りました

    出張買取 | 京都府京都市 | 30代 | 女性

    京都でお茶を習っていたのですが、娘が生まれて稽古に行けなくなったので、お茶で着ていた着物を売ることにしました。娘が大きくなるまで、着物を取っておこうと思っていたのですが、娘が大きくなる頃にどんな着物が流行っているのかわからないし、着てもらえなかったら悲しいから、着物が高く売れる今、売ることにしました。母と祖母からもらった着物は、取っておくことにしたのですが、箪笥に着物がたくさん入っていて、出すのも面倒な状況だったのですが、着て頂いた査定員が、着物を外に出してくれて助かりました。さすがにこれは着れないだろうという着物にも、値段を付けて頂いて、本当にありがたかったです。また来て頂いた査定員が、本当に誠実な方で、安心して着物を任すことができました。子供が大きくなった時に、また着物を整理しようと思いますので、その時は宜しくお願いします。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|京都市の豆知識

  • 着物
  • 京都が誇る友禅と西陣の着物買取における希少性

    京都市は京都府南部に位置する都市で、日本で8番目に人口の多い都市とされています。 その人口は、254.3万人となっています。 また京都市には歴史的価値のある重要文化財や観光地が数多く点在しており、日本人のみならず海外の観光客からも絶大な支持を得ている都市であると言えます。 そもそも京都の歴史は古く、西暦794年、新都「平安京」が誕生しました。 それまでの都はせいぜい数十年という短さだったのですが、平安京からその後は約千年間、日本の首都であり続けました。 平安時代、都が置かれていたことも影響しており、京都市と着物は密接な関係を持っていると言えます。 江戸時代になると、徳川家康の江戸幕府により、京都は政治の中心からは外れましたが、京都は全国の文化、工業の中心地であり続けました。 特に、西陣織のような高級な産物が続々と生み出され、全国に出荷されていきました。 京都は、政治の都である江戸、商業の都である大坂と並んで「三都」と呼ばれ、繁栄を続けたのです。 現在でも京都市には数多くの問屋や買取業者、アンティーク着物店が立ち並んでおり、観光客には着物を着て観光地を巡る着物レンタルが好評です。 日本の観光客はもちろん、外国人観光客も多数訪れる京都では、着物をレンタルして観光する方が数多くいます。 そのため、京都では着物の需要が高まっており、着物買取市場では、多くの着物が取引されています。 着物の在り方は違えど、京都は昔も今も着物の文化と共に発展していると言えるのです。

  • 京都発祥の西陣織

    京都の着物文化は平安時代にさかのぼります。 日本の織物の代表格とも言える西陣織は京都市上京区に現在も置かれており、西陣という言葉が誕生したのは遥か昔の5、6世紀頃であると言われています。 1477年に応仁の乱が終わると、戦火を逃れた職人たちは、両軍の本陣の跡地である東陣・西陣に帰り、当時の中国である明などの新たな技術も加えて京織物を再興しました。 西陣織は大陸より伝えられた高機という技法を基にしたものであり、そこから様々な手法や技術が発達し現在の西陣織に至るとされています。 「大舎人座」とは、西陣で織物生産を営んでいた秦氏ゆかりの綾織物職人集団であり、東陣の白雲村の練貫職人集団と京都での営業権を争いました。 しかし1513年の下知によって大舎人座が京都での絹織物の生産を独占するようになり、1548年に大舎人座の職人の内31人が足利家の官となり「西陣」としてのブランドが確立されました。 「西陣」の織物は富裕町人の圧倒的な支持を受け、18世紀初頭の元禄~享保年間に最盛期を迎えるようになります。 西陣織は宮廷に納められる献上品であったことから、上質な絹織物として発展してきた経緯があり、現在においても着物買取では希少品として扱われるのです。 京都市にある持ち込み可能な6店舗の買取業者では、貴重な着物として認識されているのです。

  • 西陣織
  • 着物友禅
  • 京都が誇る友禅

    着物の染色技法には、友禅、絞り染、型染、臈纈といった様々な技法があり、現代に受け継がれています。 ここでは京都でつくられる着物友禅の技法についてご説明します。 手描き友禅とはすべての工程を手作業で行う着物の染色技法であり、洗練された技術と繊細で細やかなセンスを必要とします。 最初につゆ草から絞った汁で下絵を描き、その上に糊を置いていきます。その中に色を置いていくことで美しい模様があらわれるのです。 そもそも友禅の名は、江戸時代の京の扇絵師である宮崎友禅斎に由来します。当時、友禅の描く扇絵は人気があり、その扇絵の画風を小袖の文様に応用して染色したのが友禅染です。 友禅とは日本が誇る素晴らしい染色技法であり、友禅の着物は買取する際にも希少価値の高いものとして喜ばれるのです。

  • 京都で活躍した手描き友禅作家、羽田登喜男

    素晴らしい友禅着物を生み出す人間国宝にも認定されている「羽田登喜男」(1911-2008)の着物は京都市北区でつくられます。 羽田登喜男は南野耕月に加賀友禅を、曲子光峰に京友禅を学びました。 そして昭和63年に友禅で人間国宝となり、平成8年にフランスのリヨンで京友禅展を開きました。 羽田登喜男の着物は、花鳥風月をモチーフとした美しい着物で、京友禅の着物として高い人気を誇っています。特に独特の鴛鴦模様は息をのむような美しさで、希少価値の高い着物であると言えます。 重要無形文化財保持者の羽田登喜男は、京都府、そして日本を代表してダイアナ妃に振袖を贈った経歴をもつ、京都屈指の着物作家であると言えるのです。 豪華で人々を魅了する羽田登喜男の友禅の着物は、買取においても高い価値を見出せる着物です。 実際に、羽田登喜男のように有名作家の着物を買取依頼する際は、証紙の有り無しを確認しておくと良いでしょう。 生産地や作家を証明する証紙は、査定をするうえで、重要な参考資料となります。 そのため査定前に予め、準備しておくと、スムーズに査定を進めることができます。 この場合注意しておきたいのが、証紙が有るからと言って、必ずしも高額買取に至る訳ではございません。 反対に、証紙が無い場合でも高額買取に至るケースも多数ございます。 京都にお住まいで、着物の価値を知りたい方は、一度プロの査定士に見てもらうことをオススメします。

  • 京友禅羽田登喜男
  • 京都着物
  • 京都は着物の聖地

    京小紋

    江戸小紋に対する語が『京小紋』です。 京小紋の大きな特徴は、京友禅の柄と型染めを融合させた華やかな柄にあります。 京都では、元来より型染め技法を使って着物を作ることが多く、何枚もの型紙を使って多色染めが主流となります。 また京小紋は、江戸小紋よりもひとつひとつの柄が大きく、その色彩に多くの人が魅了されています。

    丹後ちりめん

    丹後ちりめんは細かい凸凹のシボが大きな特徴で、このシボを作るまでに3000回前後(1メートルあたり)の強い撚りをかけた糸を交互に織り込んで創り上げていきます。 また丹後ちりめんは、シワが寄りにくく、深みのある風合いがあり、心地よい手触りを感じることができました。 そのため、現在でも根強い人気があり、京都のみならず、日本全国で多くの人が丹後ちりめんの着物を着用しています。

    藤布

    藤の皮の繊維から糸を作り、その糸で織った布を『藤布』といいます。 そもそも藤とは、綺麗な花を咲かせるマメ科の植物で、藤の木は樹齢1200年を超えるものもあります。 古来より生産されてきた藤布は、現在は京都府の丹後地方で生産されていることがほとんどで、生産技術を引き継ぐ者が少なく、その希少性から国の重要有形民俗文化財にも指定されています。

    京黒紋付染

    京黒紋付染は元々、僧侶の法服や武家の紋服などに用いられていましたが、明治に入って、次第に冠婚葬祭の文化が根付き、隆盛しました。 葬儀のときに着る喪服をはじめ、婚礼のときに着る黒留袖など、黒色に染める京都の伝統技術を『京黒紋付染』と言います。 京黒紋付染は、京都府京都市と京都府亀岡市でメインに作られており、上質な黒色に染め上げるのが大きな魅力です。

    京組紐(きょうくみひも)

    複雑かつ繊細な編み目と京組紐から放たれる光沢は、ワンポイントアイテムとして、多くの人から人気を博しています。 そんな京組紐は、京都府京都市と京都府宇治市でメインに作られており、歴史は古く、平安時代から生産されていました。 優雅で繊細なデザインにもかかわらず、強度はとても高く、しっかりとした締め具合に定評があります。

着物で行きたい京都府の名所

文化や伝統が詰まった観光スポットも多い京都府。
着物をお持ちの方なら、ぜひ一度は着物を着て行ってみたいおすすめの名所をご紹介します。

  • 着物買取京都府嵐山
  • 嵐山(京都府京都市右京区)

    京都府京都市右京区と西京区にまたがる山で、標高は381.5メートルとなります。

    季節によって多様な表情を魅せる嵐山は、観光客を飽きさせず、その周辺には多くの食べ歩きスポットがあります。

    そのため、着物を着て食べ歩きをする方がおり、密かなブームとなっています。

  • 清水寺(京都府京都市東山区)

    京都の代名詞とまで呼ばれている清水寺は、現在も多くの人々が参拝に来ています。

    1397年に建設された歴史の古い清水寺の風情は格別で、世界文化遺産に登録されている日本有数の文化財のひとつです。

    着物レンタルが流行っている今、着物を着て参拝に来る方も多く、さらに風情を感じれることでしょう。

  • 着物買取京都府清水寺
  • 着物買取京都府金閣寺
  • 鹿苑寺(京都府京都市北区)

    鹿苑寺(ろくおんじ)は、1397年、足利義満により建設されました。

    この鹿苑寺は、実はあの有名な『金閣寺』の正式名称となっています。

    鹿苑寺にも着物を着て観光される方は多く、京都に観光をしに行く機会がある方は着物を着て鹿苑寺を参拝してみても良いでしょう。

  • 慈照寺(京都府京都市左京区)

    京都府の鹿苑寺に続き、慈照寺は、実は『銀閣寺』の正式名称となっています。

    また、慈照寺は足利義満の孫である足利義政によって建設され、古い歴史を持っています。

    とくに銀閣寺の境内は圧巻で、さらなる風情を感じるために着物を着て参拝してみることをオススメします。

  • 着物買取京都府銀閣寺
  • 着物買取京都府伏見稲荷大社
  • 伏見稲荷大社(京都府京都市伏見区)

    京都府の伏見稲荷大社は、年間数十万人の観光客が訪れる観光スポットとなります。

    伏見稲荷大社の大きな特徴は、テレビやSNSでも取り上げられている千本鳥居ではないでしょうか。

    その幻想的な光景に魅力を感じたことがきっかけで、京都に移住することを決めた方も少なくないようです。

    またこの伏見稲荷大社では、着物を着て観光する方が多く見受けられ、機会がある方は着物を来て訪れることをオススメします。

  • 京都府立植物園(京都府京都市左京区)

    大正13年に開園された日本初の公立総合植物園として有名な京都府立植物園。

    現在も憩いの場として、多くの観光客を癒しています。

    とくに秋の京都府立植物園が絶景で、着物を着て観光をすれば、より京都の風情を感じることができるでしょう。

    また秋の京都観光は少し肌寒くなっているため、羽織やショールなどを着て、普段とは違う着物ファッションを楽しんでみても良いでしょう。

  • 着物買取京都府立植物園




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について

バイセルは全国のお客様を対象に
幅広い品目の買取を行っています。

北海道北海道
東北青森県秋田県岩手県宮城県山形県福島県
北陸・甲信越富山県石川県福井県新潟県山梨県長野県
関東東京都神奈川県千葉県埼玉県茨城県栃木県群馬県
東海岐阜県静岡県愛知県三重県
関西大阪府滋賀県京都府和歌山県奈良県兵庫県
中国岡山県鳥取県広島県島根県山口県
四国香川県徳島県愛媛県高知県
九州福岡県大分県宮崎県熊本県佐賀県長崎県鹿児島県
沖縄沖縄県

出張買取は着物をお持ちのお客様に喜ばれる買取方法です。お申込みから最短30分の訪問も可能です。

※最短30分はお問い合わせから訪問までの目安です。また、一部地域は宅配査定対応となる場合もあります。
受付は24時間365日対応ですのでまずはオペレーターまでお気軽にお問い合わせ下さい。