京都府で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら京都府全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

京都府内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 京都府地域
  • 京都府内(市)

    京都市、 福知山市、舞鶴市、綾部市、宇治市、宮津市、亀岡市、城陽市、向日市、長岡京市、八幡市、京田辺市、京丹後市、南丹市、木津川市

    京都府内(郡)

    乙訓郡大山崎町、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、綴喜郡宇治田原町、相楽郡笠置町、相楽郡和束町、相楽郡精華町、相楽郡南山城村、船井郡京丹波町、与謝郡伊根町、与謝郡与謝野町

京都府のお客様の声

  • 不要になった着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 京都府宇治市 | 60代 | 女性

    不要になった着物の買取をお願いしてみました。思った以上に査定価格も高く、対応も非常に丁寧だったので、また利用したいと思いました。電話一本入れれば、自宅まで来てくれるので、わざわざ出向くこともなくとても便利でした。

  • 古い着物もしっかり値段を付けてくれました

    出張買取 | 京都府舞鶴市 | 50代 | 女性

    歳をとって着物も着れなくなったので、今回処分しました。初めて買取を利用したのですが、ネットで予約できるので簡単でした。出張買取で玄関先まで来てもらえるので、楽で助かりました。結果的に満足のいく金額で買取ってもらえたのでまた機会があったら利用したいと思いました。とても丁寧に対応してもらえたのもよかったです。ありがとうございました。

  • 出張買取は本当に便利でした

    出張買取 | 京都府京都市左京区 | 70代 | 女性

    家の箪笥に眠っている、もう着なくなった着物を簡単に依頼でき買取ってもらえました。出張買取は最初は知らない人が来るということもあって不安かもしれませんが、一度やってみるとそのお手軽さの虜です。家の中の整理もできて、とてもおすすめです。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|京都府の豆知識

  • 着物
  • 京都が誇る友禅と西陣の着物買取における希少性

    京都市は京都府南部に位置する都市で、日本で8番目に人口の多い都市とされています。京都市には歴史的価値のある重要文化財や観光地が数多く点在しており、日本人のみならず海外の観光客からも絶大な支持を得ている都市であると言えます。西暦794年、新都「平安京」が誕生しました。それまでの都はせいぜい数十年という短さだったのですが、平安京からその後は約千年間、日本の首都であり続けました。
    平安時代、都が置かれていたことも影響しており、京都市と着物は密接な関係を持っていると言えます。 江戸時代になると、徳川家康の江戸幕府により、京都は政治の中心からは外れましたが、京都は全国の文化、工業の中心地であり続けました。特に、西陣織のような高級な産物が続々と生み出され、全国に出荷されていきました。京都は、政治の都である江戸、商業の都である大坂と並んで「三都」と呼ばれ、繁栄を続けたのです。
    現在でも京都市には数多くの問屋や買取業者、アンティーク着物店が立ち並んでおり、観光客には着物を着て観光地を巡る着物レンタルが好評です。京都市は昔も今も着物の文化と共に発展していると言えるのです。

  • 西陣織
  • 京都発祥の西陣織

    京都の着物文化は平安時代にさかのぼります。日本の織物の代表格とも言える西陣織は京都市上京区に現在も置かれており、西陣という言葉が誕生したのは遥か昔の5、6世紀頃であると言われています。
    1477年に応仁の乱が終わると、戦火を逃れた職人たちは、両軍の本陣の跡地である東陣・西陣に帰り、当時の中国である明などの新たな技術も加えて京織物を再興しました。 西陣織は大陸より伝えられた高機という技法を基にしたものであり、そこから様々な手法や技術が発達し現在の西陣織に至るとされています。
    「大舎人座」とは、西陣で織物生産を営んでいた秦氏ゆかりの綾織物職人集団であり、東陣の白雲村の練貫職人集団と京都での営業権を争いました。しかし1513年の下知によって大舎人座が京都での絹織物の生産を独占するようになり、1548年に大舎人座の職人の内31人が足利家の官となり「西陣」としてのブランドが確立されました。「西陣」の織物は富裕町人の圧倒的な支持を受け、18世紀初頭の元禄~享保年間に最盛期を迎えるようになります。 西陣織は宮廷に納められる献上品であったことから、上質な絹織物として発展してきた経緯があり、現在においても着物買取では希少品として扱われるのです。京都市にある持ち込み可能な6店舗の買取業者では、貴重な着物として認識されているのです。

  • 着物友禅
  • 京都が誇る友禅

    着物の染色技法には、友禅、絞り染、型染、臈纈といった様々な技法があり、現代に受け継がれています。ここでは京都でつくられる着物友禅の技法についてご説明します。
    手描き友禅とはすべての工程を手作業で行う着物の染色技法であり、洗練された技術と繊細で細やかなセンスを必要とします。最初につゆ草から絞った汁で下絵を描き、その上に糊を置いていきます。その中に色を置いていくことで美しい模様があらわれるのです。
    そもそも友禅の名は、江戸時代の京の扇絵師である宮崎友禅斎に由来します。当時、友禅の描く扇絵は人気があり、その扇絵の画風を小袖の文様に応用して染色したのが友禅染です。 友禅とは日本が誇る素晴らしい染色技法であり、友禅の着物は買取する際にも希少価値の高いものとして喜ばれるのです。

  • 京友禅羽田登喜男
  • 手描き友禅作家、羽田登喜男

    素晴らしい友禅着物を生み出す人間国宝にも認定されている「羽田登喜男」(1911-2008)の着物は京都市北区でつくられます。羽田登喜男は南野耕月に加賀友禅を、曲子光峰に京友禅を学びました。 そして昭和63年に友禅で人間国宝となり、平成8年にフランスのリヨンで京友禅展を開きました。
    羽田登喜男の着物は、花鳥風月をモチーフとした美しい着物で、京友禅の着物として高い人気を誇っています。特に独特の鴛鴦模様は息をのむような美しさで、希少価値の高い着物であると言えます。重要無形文化財保持者の羽田登喜男は、京都府、そして日本を代表してダイアナ妃に振袖を贈った経歴をもつ、京都屈指の着物作家であると言えるのです。豪華で人々を魅了する羽田登喜男の友禅の着物は、買取においても高い価値を見出せる着物です。

無料査定お申込みフォーム

希望査定品
※以下よりお選びください(複数選択可)


※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について