愛知県で着物買取ならお任せください!

大切な着物、眠っていませんか?スピード買取.jpなら愛知県全域で着物を無料出張買取させていただきます!スピード買取.jpはどこよりも高く、早く着物を買取させていただく事を信念としており、着物だけで月間1万件以上のお問い合わせをいただいています。着物を売りたいとお考えの方、ぜひお問い合わせをお待ちしています!

  • 出張買取ピクトグラム
  • 着物を売るなら、今がチャンスです!

    リメイクや外国人向けのお土産として注目されているだけでなく、茶道や日本舞踊などで着物を着る機会も増えています。また、江戸・明治・大正・昭和初期の作品は、文化財としての希少価値も高く評価されつつあります。

    「スピード買取.jp」では、独自の販売ルートに基づき、古くなった着物でもお値段をお付けすることができるのです。

  • 今、着物の需要が高まっています。

    2020年の東京オリンピック招致により、国内外で和装の象徴である着物が注目され、中古着物の価値が高騰しています。

    なかでも、珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古着物は非常に需要があります。

    ただ、中古着物は保存がとても難しく、保存の仕方を間違えたまま年月が経つと、どうしても染みやカビ等により価値が落ちてしまいます。

    もう着ないお着物をお持ちでしたら、状態が良いうちに、そして、着物の価値が高騰している「今」、お売りになられることをおすすめします。

  • 出張買取ピクトグラム

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

愛知県内

どこでもあなたの満足する価格で買い取ります

以下の買い取り対応地域をご覧ください。

  • 愛知県地域
  • 愛知県内(市)

    名古屋市豊橋市岡崎市一宮市瀬戸市半田市春日井市豊川市、 津島市、 碧南市、 刈谷市豊田市安城市西尾市、 蒲郡市、 犬山市、 常滑市、 江南市小牧市稲沢市、 新城市、 東海市、 大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市

    愛知県内(郡)

    愛知郡東郷町、愛知郡長久手町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村、知多郡阿久比町、知多郡東浦町、知多郡南知多町、知多郡美浜町、知多郡武豊町、幡豆郡一色町、幡豆郡吉良町、幡豆郡幡豆町、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村

愛知県のお客様の声

  • 処分に困っていた着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 愛知県名古屋市中川区 | 60代 | 女性

    処分に困っていた着物を買取してもらいました。購入時は高価な品物でしたが、着ることもないので処分することも考えていました。期待以上の価格をつけてもらうことができ、大変満足しています。自宅で待つだけでいいので簡単でした。

  • 友禅の着物を買取ってもらいました

    出張買取 | 愛知県名古屋市緑区 | 40代 | 女性

    祖母からもらった友禅の着物があったので買取ってもらおうと思いました。娘にネットで検索してもらい査定をお願いしました。連絡があり、出張査定もしていただけるとの事で来ていただきました。すぐに来てくれましたし、礼儀正しかったので安心できました。査定も手袋を使用して丁寧でした。提示された買取価格は予想よりも良かったので嬉しかったです。少し多めのお小遣いを作る事が出来ました。

  • 思い出の着物を託しました

    出張買取 | 愛知県豊橋市 | 50代 | 女性

    私は高齢の母と暮らしているのですが、家には母が若い頃に着ていた着物がたくさんあり、現在では着ないためその処分に困っていました。そこで出張買取をお願いすることにしました。これならば、直接家に来てくれるので日中私が仕事で不在のときも母一人で対応できました。その場ですぐに買取をしていただけ、しかも母の思い出の品に見合う買取価格でしたのでこれからも利用させていただきたいと思いました。

最短30分ご訪問最短30分ご訪問簡単申し込み簡単申し込みフリーダイアルフリーダイアル

着物買取|愛知県の豆知識

  • 帯締め
  • 名古屋発祥の着物にはどのようなものがあるのでしょうか?名古屋帯は特に有名ですが、それ以外にもあまり知られていない着物が多数あります。それぞれが長い歴史と伝統を持ち多くの改良を重ねて現在に至っています。着物の買取の際にも名古屋といえばこの着物というように知っておいて損はないでしょう。それではご紹介していきます。

  • 名古屋帯
  • 名古屋発祥の名古屋帯とは

    名古屋帯は名古屋発祥の女帯の一種です。 袋帯を簡略化させたものなので正装には向きません。 一重太鼓結びにする長さの帯のため袋帯より長さが短く、軽くて締めやすいという特徴があります。 当初は染め帯でしたが織り帯も作られるようになりました。
    柄付けも帯全体が柄の全通、六割柄の六通、ポイント部分に柄をのせたお太鼓柄があります。

    名古屋帯は、名古屋在住の飯田志ようという人が考案し、中部の工芸展覧会に出品したものが入賞して、文化帯の名で広まり、後に名古屋帯となったとする説もありますが、 大正末期に名古屋女学校(現在の名古屋女子大学)の創始者である越原春子が考案したとする説もあります。 当時、名古屋にあった松坂屋が売りだして全国的に広まりました。 名古屋帯は九寸名古屋帯と八寸名古屋帯のほぼ2つの種類に分けられます。時代の変遷により寸法が変化し、現在はお太鼓の部分の仕立て上がり幅は鯨尺8寸2分となります。

    九寸名古屋帯は仕立てる前の幅が鯨尺9寸で、お太鼓の部分を8寸2分幅にし、残りの部分は半幅に折りたたんで帆布や綿の帯芯を入れ仕立て、未仕立ての巻物として売られています。 染め帯はお洒落用ですが、金銀の箔が入った織り帯は格が上がります。 素材と色柄が豊富にあり、染め帯と織り帯があります。

    八寸名古屋帯は鯨尺8寸2分の幅で織られた厚めの生地の織り帯です。 お太鼓の部分を折り返して二重にし、帯芯を入れずに仕立てるように作られています。 袋名古屋帯やかがり帯など様々な名称で呼ばれており、格調ある綴織などは準礼装に使用しますが、紬や小紋に合わせるのが一般的です。 昭和初期頃から使われはじめて、昭和30年代に人気となりました。 名古屋帯を買取業者に買取してもらうのであれば、名古屋帯の種類の中でも博多織や南部茜染の名古屋帯は高値で買取ってもらえる可能性があります。

    さらに豆知識となりますが、「名古屋帯」と「名護屋帯」は全く別物です。 名護屋帯は豊臣秀吉が朝鮮に出兵した文禄の役の際、出兵の拠点であった肥前(現在の佐賀県)の名護屋に朝鮮からもたらされた韓組みの技法で作った帯で、桃山時代から江戸初期にかけて流行した丸組紐の帯です。唐糸を組んで縄に似ている両端には長い房があり、縄帯とも呼ばれていたそうです。

  • 帯締め
  • 模様表現が魅力の有松・鳴海絞り

    有松・鳴海絞り(ありまつ・なるみしぼり)は、愛知県名古屋市の有松・鳴海地域を中心に生産される絞り染めです。 江戸時代以降、日本国内における絞り製品のほとんどを生産するに至っています。
    代表的な木綿布を藍で染めたものがあり、約60種の絞り技法による多様な模様表現が魅力です。 主な技法に縫絞り、蜘蛛絞り、三浦絞り、鹿の子絞り、雪花絞りなどがあります。 国の伝統工芸品にも指定されています。 有松鳴海絞りは、江戸時代の初めに尾張藩が有松鳴海絞りを藩の特産品として絞り開祖である竹田庄九郎を御用商人に取り立て、保護したことからはじまりました。そして竹田庄九郎が始めた「九九利染」をもとに多彩な絞り技法が生まれ、伝統の技法を守りつつ今日まで発展してきました。
    有松での絞り染めが盛んになるにつれて、周辺地域の鳴海などでも絞り染めが生産されるようになっていき、1781年には有松絞りを保護するため、尾張藩は有松の業者に絞りの営業独占権を与え、幕末までその独占権は続きました。

  • 足袋
  • 尾張文化から生まれた名古屋友禅

    名古屋友禅は、徳川宗春が尾張藩主であった18世紀の前半に、現在の名古屋市を中心とした地域では尾張文化が華やかで、京都や江戸などから友禅師に代表される各種の職人が往来しており、友禅の技法もその頃伝えられました。しかし次第に質素倹約が励行されるようになり、模様の配色も色数を控えたものへと変化していきしました。 京友禅のような華やかさ、加賀友禅の繊細さに対して、名古屋友禅は名古屋地方の質素倹約を気風とする土地柄を反映して、一つの色の濃淡で絵柄を描くような単彩濃淡調の色使いのなかに幽玄さを秘めた渋さをその本質とし、独特の“渋”が特徴です。古典的で奇抜な色を使用せずに落ち着いた色を使うという特徴があります。

    名古屋友禅の主な製品としては、訪問着や着尺地、留袖などがあります。 手法は「手描友禅」と「型友禅」があり、手描友禅は一つ一つ手で描いていき、さらに図案、下絵、糊置、色挿し、仕上げまで、 製作において一人の作者が一貫して作業を行う一品手作りです。それに対し型友禅は、模様を型彫りにした型紙を用いて絵柄をつけていく友禅技法です。

    実際は1983年まで名古屋友禅という言葉は存在しませんでした。あくまで京友禅の分業という位置付けであり、作られたものは京友禅として流通していました。 現在は伝統的な渋さの中に、現代的な華やかさを加えた新しい感覚の名古屋友禅も出てくるようになりました。 

  • 着物
  • 艶のある黒色が美しい名古屋黒紋付染

    名古屋黒紋付染(なごやくろもんつきぞめ)は、江戸時代の初めに現在の名古屋市を中心にした地域の尾張藩士小坂井家が、徳川家康により尾張の紺屋頭に認められ、藩の旗印、幟(のぼり)などの染色品製造を行うようになったことから始まった染織品です。その後、婚礼や葬儀の際に着用されている黒紋付染が行われるようになり、現在につながる紋型紙板締めの技法が考案され、名古屋では江戸時代から藩士や一般市民の間で親しまれてきました。

    染色方法には、浸染(ひたしぞめ)と引染(ひきぞめ)の2種類があります。浸染では紋当網付技法を用い、家紋の型を使って家紋の形を染め抜きます。染液の温度を高温に、濃度を薄めにし時間をかけて染色するため、堅牢度の高い黒色を得ることができます。家紋を入れる部分に防染糊を施して家紋をあとから手描きする引染では、深い艶のある黒色の「トロ引黒染」または「三ッ引黒染」の技法を用いるという特徴があります。 

  • 着物と赤い傘
  • 歴史の古い三河木綿

    三河木綿は、興福寺の大乗院に残っている「永正年忠記」に年貢180文の分として三川木綿をとったとして永正7年(1510年)に記されており、これが国産木綿が文献に登場した最初です。 そもそも日本への綿の伝来の歴史を見ると、西暦799年の「類聚国史」や「日本後記」に、当時のインド人が愛知県幡豆郡福地村(現在の西尾市)に漂着し、助けてもらったお礼に綿の種と栽培方法を伝えたとあります。 そして15世紀中頃に明国(現材の中国)綿種が輸入され、中部地区以西に広まりました。この綿種はいち早く三河地方に伝わり栽培・生産されはじめたのです。 日本の木綿産業が最初に定着発展したのが三河であり、永正年間(1504~1520年)にはすでに綿織物業がおこっています。江戸時代には三河地方で綿の栽培と綿織物が地域の基幹産業になり、綿耕作・糸紡ぎ・機織り・木綿販売、それぞれが機業組織化されて「三白木綿」として江戸に送られるようになりました。
    さらに明治時代に入ると「三河木綿」「三河縞」というブランド名で庶民の暮らしの布となり、地域の重要な産業となっていきました。 厚手の三河木綿を使った独特な刺し子織りは耐久性、耐火性、保温性、吸湿性に優れた質の良い綿織物として現在まで受け継がれています。

    このように名古屋を取り巻く着物の種類やその歴史は、地理的な位置関係も相まって長い年月をかけて交流し発展してきました。その間、他の地域の文化や技術、流行を取り入れ、さらにまた他の地域に伝えていき、技術革新なども行われていきました。そして古くからの伝統技術や教えを今に伝えているのです。




無料査定お申込みフォーム












※ご入力いただく個人情報の送信については、SSLによる暗号化で保護されています。
お知らせメール配信(会員規約)について