着物買取について

山田貢の着物を高く買い取ってもらう方法とは?基本情報から高く売るコツまで徹底解説!

山田貢の着物を高く買い取ってもらう方法とは?

人間国宝の「友禅」技術保持者である山田貢(みつぎ)は、独自の制作技法を生み出し、その後の染織界に大きく影響を与えた人物として有名な着物作家です。

山田貢の着物をお持ちであれば、その着物の価値を知りたいという方は多いと思います。

ただし、着物を買取に出す場合は相場への理解や高く売るために必要な方法を知っておかないと損をしてしまう可能性があるのです。

本記事では山田貢の経歴、作品の特徴と売るために必要な買取相場や買取前に必要な知識をご紹介します。





山田貢とはどのような人物か?

山田貢とはどのような人物か?

1912年に岐阜県で生まれた染色家であり、無形文化遺産「友禅」の保持者として人間国宝に認定されています。

1926年に15歳で叔父の紹介で名古屋・松坂屋で友禅制作をする中村勝馬に師事し、手描き友禅や模様部分をろうで防染して染色するろうけつ染めの技法を学びます。

その後、中村勝馬と一緒に上京しますが1945年に山梨県に疎開しました。

疎開先で移住しながら創作活動を続けた山田貢は1947年に二科展で初入選を果たしたことを皮切りに二科展に連続入賞して才能を開花させ、1951年には友禅作家として独り立ちしました。

1968年以降は創作活動を続けながら1971年から79年までは東京芸術大学美術学部で教鞭を執り、1987年には再び金沢美術工芸大学の非常勤講師となって作家の卵たちの指導に尽力します。

これらの時期に制作した作品である友禅染着物「夕凪(ゆうなぎ)」と友禅訪問着「波」は後に山田貢の代表作として知名度を上げます。

さらに作家活動や学生への指導にとどまらず、1981年に日本工芸会が主催した「茶屋染帷子(ちゃやぞめかたびら)」という藍の濃淡だけで花鳥や風景の模様を染め上げた麻の着物の復元事業に参加し、糸目糊(いとめのり)担当として指導も行うほどでした。

ついに、作品の受賞歴から卓越した友禅技術が実を結び1984年には「友禅」で重要無形文化財保持者に認定され、山田貢は友禅作家として右に出るものはいないほどです。

1990年には第2回・茶屋染帷子の復元事業に参加、糸目糊の研究に専念してその成果を示します。そして94年、95年には復元事業の「友禅」伝承者養成の講師として伝統技法の保存・公開・育成に尽力していました。

山田貢は2002年に惜しまれながら90歳で亡くなりますが日本伝統工芸展の審査委員を長年務め、様々な方法で友禅を伝えてきた功績は偉大です。

1947年 第32回二科展工芸部に初入選 以後連続入選を果たす
1957年 日本伝統工芸展に出品
1968年 日本工芸会常任理事、染織部会長に就く
1977年 第24回日本伝統工芸展で友禅染着物「夕凪」が日本工芸会賞(奨励賞)受賞 
 (能装束の鱗文をヒントに網干の三角模様を連続させた風景模様を描いた作品)
1981年 第28回日本伝統工芸展に友禅訪問着「波」を出品 
 日本工芸会が主催「茶屋染帷子」の復元事業に参加し、糸目糊の担当として指導
1982年 世田谷区特別文化功労賞
1983年 勲四等瑞宝章を受章
1984年 重要無形文化財「友禅」保持者に認定
1985年 日本工芸会参与に就任
1995年 小田急百貨店で個展開催
1998年 岐阜市ふるさと文化賞受賞
1999年 文化学園服飾博物館で「友禅 東京派五〇年の軌跡 
 ―中村勝馬・山田貢・田島比呂子・中村光哉―」展を開催

山田貢作品にある3つの特徴

山田貢作品にある3つの特徴

作り方に独自性がある

山田貢作品は大胆な構図を細い線で緻密に表現しているところが特徴です。

制作過程にも信念があり、手描き友禅作家は分業制で制作しますが山田貢は「好きな線を引くため」と全工程を一人で行っていました。

制作は下絵から糊置きまでに5回の線を引きます。下絵の段階で4回も線を重ねる訳は自らの手に「線」の感覚を研ぎ澄ますことで、山田自身が理想とする線を再現するためには必要な作業でした。

また、良質な友禅染めとは糊の質と糊置きが仕上がりを決めるとも言われており、例え良い図案でも糊を置いた「糸目(いとめ)」が良くなければ完成品の価値は下がってしまうからです。

山田貢の手による下絵と糊置きによって絵の輪郭に力強さが表れるのは、独自に作られた技法として高い評価を得ています。

持ち前の探求心を活かした糸目模様

山田貢は友禅作家として独立したあとは装束(しょうぞく)の品格を理想として能装束・狂言装束のデザインと模様の研究を行い、抽象画や紋章、ふるさとである岐阜県をイメージした作品を作るなどとして作風の幅を広げていきました。

その探求心が作品にも反映され写生を基にした波模様、麦穂模様(むぎほ)、魚網模様(ぎょもう)、古典的な模様である巴模様尾を題材にしており、凪(なぎ)シリーズが代表作です。

伝統的なもち米糊による糸目、堰出し(せき)、たたきの手法を用いて染色していく作風で山田貢は糸目糊の達人と評されています。

代表作が後世に残されるほど価値が高い

山田貢独自の技法は後の染織界に大きな影響を与えました。その証明として後世に残すべき美術工芸品として国が選定して買い上げた作品である「朝凪・夕凪」は、東京国立近代美術館に保存されています。

また、他にも山田貢作品は文化庁、東京芸術大学などにも収蔵され、さらには故郷・岐阜では代表的な作家として挙げられ今日まで功績が語り継がれています。

山田貢が亡くなってから17年経っていることから保存状態の良い着物は少ないことから希少価値も高まっていることでしょう。

山田貢の買取相場とは?

山田貢の買取相場とは?

山田貢の着物や帯の買取相場ですが、近年の着物買取市場の傾向でも、高いものであれば150,000円前後という高値がつくケースが多いです。

買取相場を見ても、さすが人間国宝といったところでしょうか。

ただし、傷やシミ・シワ・カビがあるなど、保存状態によっては買取価格が下がってしまう可能性があります。

普段の保管から、着物や帯の保存状態には十分注意しておきましょう。

これはあくまで相場ですので、お持ちの着物や帯の正確な価値が知りたい場合は着物専門の買取業者に相談してみましょう。

山田貢作品を高く売るための方法

山田貢作品を高く売るための方法

査定前に証紙があるかを確認する

証紙とは「着物の価値を示す証拠」として、作家物や高級着物の多くには必ずあります。

査定時に証紙があるかないかで買取金額を左右する重要な項目の一つで、ない場合ですと買取金額に開きが出る可能性があります。

山田貢の着物は高価なのに証紙がないというだけで価値が下がってしまったら、とてももったいないですよね。

普段使わないので捨てがちな証紙ですが、着物を収納している場所をくまなくチェックしてから査定に出すと良いでしょう。

着物の状態をきれいに保つ

着物は保存状態が良いほど高値がつきやすく、山田貢ぐらい有名作家の着物はよりきれいにしておかないともったいないと言えます。

着終わった着物はたたむ前に風通しのいい日陰で数時間干し、溜まった湿気を飛ばします。次に柔らかい素材のタオルをブラシ代わりにして着物に付いているホコリを優しく払うとより清潔感が上がります。

着物をしまう場所には湿気を吸収する桐箪笥が良く、湿度が高くなると湿気を吸い取って膨らみ、低く案ると湿気を逃がして収縮する優れものです。

桐箪笥が湿度の調整をすることによってカビの発生を抑えたり虫が付きにくい役割をし、さらに防腐剤を入れておくとより虫を近づけない対策ができます。

干した着物を折り目に沿って丁寧にたたみ、たとう紙に包んでしまいましょう。

着物買取専門店に査定をしてもらう

山田貢作品は専門知識を持つ着物買取専門店に査定してもらいましょう。

着物の買取は査定箇所が多く、「素材」「着物の状態」「証紙があるかどうか」などを考慮しながら買取金額を算出しています。

また、着物買取専門店は着物の専門店であるがゆえに、着物に詳しい査定員が多く在籍し、着物本来の価値をしっかりと見極めてくれます。

利用者が大切にしていた着物を価値を分かってくれる人に査定してもらい、本来の着物の価値を見出し、利用者にも喜ばれるように尽力してます。

着物と一緒に付属品を査定に出す

新品で着物を購入したときに箱や保存袋などの付属品が付いてくるので、査定時もそれらが揃っていると買取金額が上がりやすくなります。

例えば、和装バッグ、草履、帯締め、扇子があります。一つ一つの買取金額は微々たるものかもしれませんが、着物と一緒に付属品を査定に出すと買取金額に加算される可能性があるでしょう。

山田貢作品を今すぐに買い取ってもらうには早さが自慢のバイセルへ

山田貢作品を今すぐに買い取ってもらうには早さが自慢のバイセルへ

着物をすぐに買い取ってもらいたいお客様にはバイセルの出張買取はいかがでしょうか。

バイセルでは全社員が「お客様を第一に考える」ことをモットーに、訪問までのスピードや査定額を出すに至るまで様々な工夫をこらしています。

そのような「お客様を第一に考える」取り組みの精度を上げてきた結果、出張買取における顧客満足度第一位(※実査委託先:ゼネラルリサーチ)に選ばれました。

「安心感」と「スピード感」を兼ね備えたバイセルの取り組みについてご紹介します。

バイセルがスピード買取ができる理由3つ

お客様からの問い合わせが即時共有される仕組みがある

バイセルではお客様から問い合わせと申し込みがされた段階で、要望が全国各地で活動する査定員まで即時共有され、お客様宅の近くにいる査定員が迅速に伺えます。

出張買取の対応地域は全国可能

バイセルはどの地域にお住いの方にも気軽に着物買取をしていただきたい思いから、全国どこでも無料で出張買取をしています。

バイセルでは全国にお客様を抱えているため、お客様宅の近くにもバイセルの支店があるかもしれません。

出張買取は着物一着から買取を受け付けていますので、山田貢の着物買取をご希望の際はお気軽にご相談ください。

熟練した査定員の鑑識眼

着物買取は査定時に見るポイントがあり、バイセルの査定員には多くの商品を査定してきたからこそ培われた技術によって時間をかけずに査定し、着物本来の価値をしっかりと見極める鑑識眼があります。

より商品の状態に合った買取金額を出すべく、査定員たちは日々の技術向上をし、お客様宅へのマナーにも配慮をした接客のプロとしての技術も兼ね備えているスペシャリストです。

査定が早くてもバイセルは安心できる理由3つ

バイセルではお客様がお問い合わせから買取までを安心して行えるよう、買取時に必ず取り組んでいることを説明します。

事前にお客様から承諾をいただいた商品のみ査定

過去、着物買取業界においてお客様が完全に納得されていないにもかかわらず買取の契約をしていまい、後悔されるケースが多くありました。

だからこそバイセルでは買取希望時に伺っている品物のみ査定・買取をしています。

査定員やオペレーターからお客様に、品物について査定や買取の強引な勧誘は一切いたしません。ただし、お客様からの要望があった場合は喜んで査定します。

決済コールとフォローコールがあるので安心

バイセルではお客様のご要望を尊重したいため、査定員の独断で契約することはありません。

「決済コール」という買取契約をされる前に必ずコンプライアンス専門部署から電話をし、お客様が納得された上での契約かどうかを再度確認します。

また、「フォローコール」という買取後に同部署から出張買取について意見・感想をお伺いしています。

お客様はそこで査定員の接客態度や買取金額への満足度、査定員には直接言いにくいことがありましたら感想をお聞かせください。

これによってお客様の納得のいかない買取を防げ、「バイセルなら安心して買取をしてくれる」という信頼度を高めるよう努めています。

契約から8日間の完全返品保証

お客様に対して慎重に買取の契約を行っていますが、それでも「どうしても返品してほしい」というご要望をいただくことが少なからずあります。

バイセルではクーリング・オフ制度に基づき、買取の契約から8日間の返品に無条件で対応しており、お客様から預かった商品は保管専用室で厳正に管理し、返品受付から返品完了まで責任をもって対応します。

山田貢を高く買い取ってもらうために必要なことまとめ

山田貢を高く買い取ってもらうために必要なことまとめ

制作活動をつづけながら未来の着物作家志望へ友禅の技法を教え、下絵と糊置きにこだわり続け、まさに「友禅」の人間国宝として認定されている山田貢は、友禅のために尽力した生涯と言えます。

山田貢の着物は状態によっては高額買取される可能性があります。高値で買い取ってもらうには事前に証紙を用意したり、着物のお手入れをしてなるべくきれいな状態を保つことが重要です。

山田貢の着物をお持ちであれば、是非一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!