着物買取について

志村ふくみの着物・帯の買取相場と高く売るコツ

志村ふくみとは?志村ふくみの着物を買い取ってもらう時に知っておきたい情報を完全網羅!

志村ふくみは、90歳を超えた今でも精力的に作品の創作や、技術の伝承を行っている染織家です。

1990年には重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されるほどの美しい着物をを世に発表してきました。

人気のある作家ですので、コレクターも多数存在する志村ふくみの着物ですが、一体どのくらいの価値があり、何に注意をして着物買取をすればよいのかなど、気になるところがあるのではないでしょうか?

今回のコラムでは、志村ふくみの半生を振り返りながら、着物の特徴について触れます。

その後に、より高く着物の買い取ってもらうためのコツや買取相場についてもご紹介いたします。

志村ふくみの着物をお持ちでしたら、今回の内容を参考に買取を検討いただければと思います。





志村ふくみとは?

志村ふくみとは?

志村ふくみは、1924年(大正13年)生まれの御年90歳を超える現役の女性着物作家です。

染織家でありながら、随筆家としての一面も併せ持っています。

彼女は1924年(大正13年)に滋賀県近江八幡市に生まれ、わずか2歳の時に養女として出され幼少期を叔母のもとで生活を送ることとなります。

その後、結婚と離婚を経験し2人の子供をもつシングルマザーと生きていた志村ふくみは、31歳の時に染織と出会い、徐々にその技術を学びます。

染織を学び始めて4年後の1957年(昭和32年)には第4回日本伝統工芸展への初出品で入選を果たし、その後も朝日新聞社賞や文化財保護委員会委員長賞などを受賞しました。

農村の手仕事とされていた紬織の着物を芸術の域へと高めたことが評価を受け、1990年(平成2年)には重要無形文化財保持者(人間国宝)の保持者に認定されるまでに至りました。

人間国宝になった後も勢力な活動を続け、2013年(平成25年)に娘で染織作家の志村洋子とともにArs Shimura(アルスシムラ)を設立しました。

芸術体験を通して学べる場を提供し、自身の技術を後継に伝えることにも尽力しています。

志村ふくみの着物の特徴と代表作

志村ふくみの着物の特徴と代表作

志村ふくみの着物の特徴は、「紬織り(つむぎおり)」や「草木染め(くさきぞめ)」の技法を用いて着物を制作することです。

志村ふくみは、もともと民藝運動の先導者であった柳宗悦(やなぎ よしむね)の影響を受けて染織を学んでいた実母のもとで染織技術を習得しました。

彼女は民藝運動の考えである「自然の素材を用いること」「日常使いにこだわる」などの創作方針に共感をし、自身の作品にそれらの考えを反映していきました。

志村ふくみの着物の特徴である紬織りと草木染めの技法についてと、それら技法を用いた彼女の代表作をご紹介いたします。

志村ふくみの着物の特徴① 丈夫な仕上がりとなる「紬織り」

「紬織り」とは紬糸で織られた絹織物のことを指し、蚕の繭から糸を繰り出して、撚(よ)りをかけて丈夫に仕上げた糸で平織(ひらおり)をつくり、平織の生地から作られたのが『紬織り』の着物です。

平織とは経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交互に組み合わせて織られた織物のことです。

紬織りの特徴は、撚りをかける際に糸の太さが一定せずに節があるため、織上がりの風合いがざっくりとして手作り感があることです。

着るごとに絹のつやが出てくるので、独特の経年変化を楽しむことができます。

また、紬織りは撚りをかけた丈夫な糸で織られた平織の生地で織られるため、丈夫で染めやすいのも特徴です。

紬織りは木綿などでも着物は織られますが、志村ふくみの着物は総じて絹(正絹)から作られる絹織物です。

志村ふくみの着物の特徴② 天然の色素で着物を染める「草木染め」

志村ふくみの着物の特徴② 天然の色素で着物を染める「草木染め」

「草木染め」はその名の通り、草木などの天然の色素を使って染められる、伝統工芸品などにも用いられる染色技術のひとつです。

草木染めでは様々な色素がふくまれている草木を染料として用いるため、奥行きがありながらも素朴な色合いを持った着物が仕上がるのが特徴です。

また志村ふくみの制作する草木染めでも、野山から採取した草木で染めた糸が使われています。

工房を京都・嵯峨野(さがの)という嵐山近くに置き、工房の庭に咲く草木を染料にすることも多いと言われています。

志村ふくみは草木染めを「草木が抱く色をいただく」と表現するなど、自然に対して真摯に向き合って着物を制作していることが伺えます。

志村ふくみが人間国宝と評価されたのも、自然への畏敬の念をもって自身の草木染めを日々模索し、表現し続けたための結果でしょう。

志村ふくみの代表的な着物

志村ふくみの代表的な作品は、1960年(昭和35年)に制作された「紬織着物 七夕」や、1985年(昭和62年)「紬織着物 おだまき」のなどです。

彼女が生み出す色彩は「志村の色」と評され、どちらの作品も草木染め特有の絵の具などの染色では表現できないような色合いが、見る人を魅了します。

例えば「紬織着物 おだまき」は、4月5月に青紫色の花を咲かせる苧環(おだまき)をイメージして作られた作品です。

青紫色の縦と横にのびる格子柄で、苧環が咲く春の情景が表現されています。

志村ふくみの着物の相場と損をしないための買取方法

志村ふくみの着物の相場と損をしないための買取方法

志村ふくみは人間国宝ということもあり、テレビや雑誌でも紹介されるなど、染織職人のなかでも非常に有名で人気があり、彼女の作品のファンであることを公言する有名人も多く存在します。

そのため、非常に人気がある志村ふくみの着物は高い価格で取引がされながらも、すぐに買い手が決まってしまうほどです。

人気のある志村ふくみの着物の相場と、買取をする際に損をしないための買取方法についてご紹介します。

志村ふくみの着物の買取相場は?

志村ふくみの着物は、過去の着物市場の買取相場を見ると約15万円となっています。

志村ふくみ作品には落款や証紙などがないので、たとう紙など本人が作ったことを証明できるものがあれば、高額での買取が期待できるかもしれません。

しかし、着物にシミやカビが発生している、締め跡が残っているなど状態が悪いと価値が下がるので買取価格に影響する可能性があります。

買取価格は参考程度に留めておき、実際に着物買取のプロに査定を依頼して買取価格をつけてもらいましょう。

着物専門の買取業者に査定してもらおう

もし、お手元の志村ふくみの着物をリサイクルショップや古着屋に出してしまっては、志村ふくみの価値を正確に判断される可能性は低く、適正な価格で取引することは難しいでしょう。

なぜなら、リサイクルショップや古着屋などでは着物に関する知識を持ったお店の人が少なく、適正な鑑定・査定が行われることは非常に希です。

そのため、市場よりも安い価格で買い取られてしまう場合があるでしょう。

やはり価値のある志村ふくみの着物ですから、専門的な知識を持った査定員に見てもらうようにしましょう。

専門的な知識を持った査定員とは、着物の査定と買取を専門的に行っている着物専門の買取業者などです。

着物専門の買取業者には無料で着物査定を承っている業者が存在するので、お持ちの着物の価値を把握するためにも、一度査定に出してみて、買取価格を把握しておくのも一つの方法です。

志村ふくみの作品を高く売るコツ

志村ふくみの作品を高く売るコツ

志村ふくみの着物にはコレクターがいるほど人気のある着物です。

そのためリサイクルショップや古着屋など、査定員が着物に対する知識が豊富ではない可能性がある業者にみてもらうことはお勧めできません。

必ず着物の価値を把握している着物買取業者に査定依頼をするようにしましょう。

査定においても、いくつかのポイントを知っていればより高い値段で着物を買い取ってもらえる可能性が上がります。

ここからは志村ふくみの作品を高く売るコツをお伝えします。

売る前に必ず現在の価値を見極めてもらう

新品の状態でも販売価格に幅がある志村ふくみの着物です。

お持ちの着物の価値をご自身でも把握しておくためにも、一度は着物の知識を持った業者に鑑定してもらうことをオススメします。

着物の状態にもよりますが、振袖や訪問などの制作に時間と労力が掛かる作品ほど買取価格も高くなる傾向にあります。

しかし、着物の専門的な知識がないと適正な価値を判断して値段をつけることはできません。

着物を専門に扱っている買取業者であれば、日々から多くの着物や帯を査定しているため、確かな着物への知識と査定技術を持っています。

有名な志村ふくみの作品であったとしても、着物に対する知見や着物の市場について詳しくないと、適切な価格で買い取ることは難しいでしょう。

そのため、着物専門の買取業者にまずは査定を依頼して、お持ちの志村ふくみの価値を把握することから始めることをおすすめします。

状態が良いこと

状態が良いこと

すべての着物に共通して言えることですが、状態のよい着物ほど高い価格で買い取ってもらえる傾向にあり、志村ふくみの着物も例外ではありません。

志村ふくみの着物や帯は丈夫な作りをしている紬織りですが、使用している生地はデリケートな絹(正絹)です。

シミ・カビ・虫食いの被害に遭いやすい生地であるため、買取に出す前には状態を確認しておきましょう。

例えば、一度でも袖を通した場合は汗や食べこぼしが付着し、シミ・カビ・虫食いの発生原因になります。

今でも押し入れの中で保管している場合は一度取り出して、着物や帯の状態を確認するようにしましょう。

汚れが付きやすい箇所についてご説明します。

着物で確認すべき箇所

一度でも袖を通している着物の場合は、特に以下の部分に汚れが付きやすいので入念に確認をるようにしましょう。

・衿(えり)

首まわりを囲んでいる部分です。衿まわりの汚れの原因は、汗・皮脂汚れ・ファンデーションなどが挙げられます。

・袖口(そでぐち)

袖から腕を出すために開いた部分のことです。腕を振ることで手首周辺の皮脂が付着することで汚れの原因になります。

・裾(すそ)

着物の一番下の部分です。地面と一番近い部分のため、泥や雨水などが付着してしまう可能性がある部分です。時間が経つにつれて泥・雨水の汚れは取れにくくなります。

・前身頃(まえみごろ)

着物の前部の身頃です。食べこぼしなどが付着しやすい部分のため、着用時から気を付けていないと思いもよらないシミができてしまう可能性があります。

帯で確認すべき箇所

帯の状態を確認する際は裏地を入念に確認をしましょう。

帯の裏地は着物と接触する部分であるため、蒸発した汗が帯の裏地に付着してしまっている可能性がありためです。

もちろん表地側の汚れも査定額に影響する部分であるので、忘れずに確認するようにしましょう。

なるべく早く買い取ってもらう

なるべく早く買い取ってもらう

着物や帯は、定期的なお手入れを行っていれば経年劣化の進行を遅らせることはできますが、完全にシミやカビの発生を食い止めるのは非常に難しいとされています。

そのため、買取を検討されているようでしたらシミやカビが発生する前に買取をすることをオススメします。

また、着物の種類によっては季節によって買取価格が変動することがありますが、適切な時期を待つまで手入れの手間や、経年劣化のリスクを考慮に入れたとしても、なるべく早めに買取をした方がお得になる可能性があります。

帯などの付属品も一緒に査定してもらう

志村ふくみの作品は着物が有名ですが、帯も制作しています。

着物以外に志村ふくみの帯もお持ちでしたら、着物と一緒に査定に出しましょう。

仮にお持ちの帯が志村ふくみの帯でなくとも、せっかくの査定の機会ですので、一緒に査定をお願いしましょう。

一度の査定でお持ちの着物・帯の価値を把握することもできるので、査定額に満足できればその場で買取もしてくれます。

また、帯留や和装バッグなども中古の着物市場では人気の商品ですので、着物や帯と一緒に査定に出すことも忘れないようにしましょう。

「バイセル(BUYSELL)」が選ばれている5つの理由

「バイセル(BUYSELL)」が選ばれている5つの理由

バイセルは、着物をはじめとする古銭・切手・ブランド品などの買取から販売までを行っている買取業者です。

着物買取市場においてバイセルは、全国のお客様より毎月2万件以上のお問い合わせをいただいており、その一つひとつに丁寧にご対応させていただいています。

ここからは、どうしてバイセルが全国のお客様より着物買取のお問い合わせを多くいただいているのか、5つの理由をご紹介いたします。

選ばれる理由① スピーディな対応

バイセルの最大の強みとして、着物買取業界トップクラスのスピーディな対応があります。

バイセルは全国のお客様より日々お問い合わせをいただいておりますが、お申込みの受付からご自宅への査定員の訪問までの時間を即日設定することが可能です。

お問い合わせいただく時間帯や査定の混雑状況によっては、お申し込み当日の査定にも柔軟に対応させていただけます。

また、着物の専門知識を持った査定員の丁寧で迅速な査定技術にも自信があります。

選ばれる理由② プロの査定員による丁寧な査定

選ばれる理由② プロの査定員による丁寧な査定

バイセルでは、直接お客様と接する査定員の教育に力を入れています。

着物に関する商品知識や査定技術に関する研修はもちろんのこと、マナーや礼儀などの研修も大切にしています。

その理由は、査定員はサービスをご利用されるお客様との信頼関係の構築が重要と考えているため、買取に関してお客様が抱えていらっしゃる不安や疑問を解消していただき、納得した上での買取を実現するためです。

少しでもお持ちの着物についてご不安なことがあれば、バイセルに一度お問い合わせいただければと思います。

選ばれる理由③ 安心無料宣言

バイセルでは、お客様により安心してサービスをご利用いただくために、買取サービスにかかる費用を無料とさせていただいております。

「査定・鑑定料」「出張訪問料」「宅配査定の送料」「買取手数料」「ご相談・お見積り」「キャンセル料」の6つを無料とさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

選ばれる理由④ サービスの向上につながるお客様相談室

なるべく早く買い取ってもらう

バイセルでは、買取のお申込みなどを担当する窓口とは別に、お客様のご相談に対応させていただく専用の窓口を設置しております。

お客様相談窓口では、サービスに対する疑問やご相談、買取商品の返品やお伺いさせていただいた査定員のご指摘などを承っています。

初めての着物買取をされるお客様は、いろいろと買取に関する疑問やご不安をお抱えかと思います。

それらを解消し、安心してサービスをご利用いただけることが、バイセルがお客様にお選びいただいている理由です。

選ばれる理由⑤ お客様の満足第一

バイセルの出張買取は、査定員の判断だけで契約を進めることはありません。

売買契約の前にはお客様の意思を確認する決済コールと、出張買取をご利用され査定員が退出した後にお客様の意見をお伺いするフォローコールをご用意しています。

お客様のご自宅にお伺いした査定員の判断だけではなく、コンプライアンス専門部署がお客様とお話をさせていただき、買取にご納得いただいたうえで契約を結んでいただけるか判断させていただいています。

そのため、査定後でも契約を結ぶまでに、一度手放した着物や帯について改めて考えることができるので、気が変わった際はお手元に戻すことが可能です。

査定員以外の部署からお客様からご意見を伺うことも、よりお客様にご満足いただける良いサービスにつながっています。

志村ふくみとは?志村ふくみの着物を買い取ってもらう時に知っておきたい情報を完全網羅!:まとめ

志村ふくみとは?志村ふくみの着物を買い取ってもらう時に知っておきたい情報を完全網羅!:まとめ

人間国宝・志村ふくみの経歴から着物の特徴についてご紹介しました。

シングルマザーとして2人の子供を持つ傍らで、自身の染織技術を確立させた彼女の作品は、著名人にも愛される魅力あふれる草木染めの着物・帯をつくり続けています。

そんな多くの着物ファンを抱える志村ふくみの作品であったとしても、買取方法について気を付けないと査定額に影響する可能性があります。

今回の内容をご参考に、志村ふくみの着物買取をしていただければと思います。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!