着物買取について

着物の処分は質屋と買取業者のどちらを選べばいいのか?

着物の処分は質屋と買取業者のどちらを選べばいいのか?

質屋で着物の買取を検討中とのことでしたら、着物専門の買取業者も選択肢として考えてみてはいかがでしょうか? その理由は、現代の質屋では着物を扱っているところが少なく、着物や帯の価値を適正に判断しないままに買い取ってしまう可能性があり、結果として損をする場合があるためです。

着物専門の買取業者は、着物の専門知識を持った査定員が、一つひとつの着物や帯を査定して適正な買取価格で買い取ってくれるので、安心して着物や帯を手放すことができます。

今回のコラムでは、質屋と着物専門の買取業者のそれぞれの特徴と違いについてご紹介をします。なるべくお持ちの着物を高く買い取ってもらうためには買取依頼をする会社選びはとても重要なことです。 今回の内容を参考に、なるべく着物を高く買い取ってもらう方法について考えてみましょう。





着物の処分なら質屋と買取業者のどちらがいいのか?

質屋と着物専門の買取業者どちらがいいのか?

現代は質屋や着物専門の買取業者などをはじめ、多くの買取方法が存在します。 鎌倉時代に誕生したとされている質屋を利用することも着物買取の手段としてはあります。ですが、数多の種類が存在する着物に対して適切な価格を提示してくれる質屋は、現代には少なくなっています。

そのため、着物買取で損をしないためにも、着物専門の買取業者も選択肢に入れて考えてみましょう。 まずはその理由について、質屋と着物専門の買取業者の違いからご紹介していきます。

質屋と買取業者の違い

結論から述べると、着物の買取をご検討されている場合は、着物専門の買取業者に依頼することをオススメします。 これは冒頭でもお伝えした通り、質屋は着物を扱っている業者が少なく、適正な価格で買い取ってもらえない場合があるからです。

ではどうして、質屋ではなく着物専門の買取業者の方が適正な価格で買い取ってもらえるのか。 質屋と着物買取業者の特徴・メリット・デメリットをまとめた以下の一覧をもとにご紹介をします。

         
特徴 メリット デメリット
質屋 ・「質入れ」と「買取」の2つのビジネスモデルを持っている
・着物を扱っている店舗が少ない
・貴金属や時計などの多くの種類を扱っている
・着物を担保にお金を借りることができる(期日までにお金を返せないと着物は戻らない) ・着物買取に特化していないため、商品の現金化の販路が少ない
着物専門買取業者 ・出張買取を行っている業者が多い
・着物を専門に扱っている業者がある
・出張買取の利用で、簡単に着物買取ができる
・着物専門の査定員が着物をみるため、適切な値段で買い取ってもらえる
・中には不当な買取値段を提示する悪徳な業者も存在する (現在、被害は少なくなっているようです)

質屋の特徴

質屋では「質入れ(所有者の実物資産を担保にお金を貸す)」と「買取」の2種類のビジネスモデルを持っています。 「質入れ」を生業として鎌倉時代に誕生した質屋は、絹などの高級な素材で作られた着物を多く扱っていましたが、時代の変化に合わせて着物を扱うことが少なくなってきました。

現在の質屋では貴金属・時計・ブランド品などの商品を多く扱うようになりました。その理由は、これらの商品は保管するスペースが小さくて済むことや、買取依頼する人と購入する人が増加していることが挙げられます。

また、質屋では持ち込み品の査定を主に行っていて、かさばる着物を質屋まで持ち込むのが面倒であることも、質屋で着物買取を依頼する人が減少したと考えられます。その結果として査定員の着物に関する知識や査定技術が乏しくなり、徐々に着物を扱う店舗が減ってしまったのでしょう。

ただ、質屋の中には今でも着物を担保にしてお金を貸してくれる(質入れ)店舗もあります。「大切な着物を手放したくはないけれど、今は現金が必要」という方にとっては助かるシステムです。もちろん、期日までにお金を返さないと着物は質屋の物になってしまうデメリットがあります。

着物専門の買取業者の特徴

日本の伝統的な織物である着物は、地域によって織り方・染め方などが大きく異なったり、作家によっても価値が大きく異なります。数多に存在する着物の価値を査定して適切な査定額を提示するには、着物に関する専門的な知識が必要とされています。

着物専門の買取業者は、着物に関しての知識・査定技術・市場価値を熟知した査定員が多く在籍しています。そのため、質屋と比較して確かな技術で着物の価値を判断して、相応の買取金額を提示してくれることでしょう。

また、着物買取を行う業者の中には「出張買取」というサービスを行っている業者が存在します。

出張買取とは、電話やメールで着物や帯の査定の予約をして、希望日時に査定員が自宅に直接訪問をして、依頼品の査定から買取までを行ってくれるサービスのことです。「着物を運ぶのは面倒」と思っている利用者のニーズに合ったサービスとして人気があります。

加えて、受付時間を24時間対応していたり、出張費や査定費などの手数料を一切不要にしている着物買取業者もあるため、そういった点でも利用者にとっては安心して買取依頼ができるポイントです。

デメリットとしては不当な買取値段を提示して、押し買いを行う悪徳業者が極稀に存在することです。しかし、最近では社会問題化したこともあって被害は少なくなってきています。

買取相場の違い

買取においては質屋と着物買取業者も仕組みは同じであり、買取相場は業者によって違いはあるものの、基本的には変わりません。 上でもお伝えしましたが、質屋は「質入れ」と「買取」の2種類の仕組みがあり、買取業者は「買取」のみとなります。

どちらも「買取」においては査定方法は同じであるものの、質屋は買取に特化していないため買取品を現金化するための販路が着物買取業者に比べ少ないため、買取相場が着物買取業者と全く同じになるという保証はありません。

また、質屋は名前の通り「モノを預けてお金を貸してくれる場所」であるため、質屋側からすればお金を貸して利息を得たほうが手間もかかりません。

そのため質屋に着物を買取してほしいと持ち込んだとしても、場合によっては質入れを促される場合もありますので、あなたが着物を手放して現金化したいとお考えならば、買取業者を利用したほうが良いのではないでしょうか。

質屋と買取業者の違いまとめ

質屋と着物専門の買取業者の違いについてご紹介をしました。 「ひょっとしたらまた着るかもしれない」とお考えでしたら、質屋の質入れを利用することは現金を手に入れたい場合は、非常に便利なシステムです。しかし一定期間を過ぎると質屋によって売却されてしまうリスクもあります。

「着物を手放したい」とお思いでしたら、着物専門の買取業者を利用しましょう。着物に精通した査定員が着物をみますので、適正な価格で着物買取ができるはずです。

着物を買取業者に買い取ってもらう時に知っておきたいこと

質屋と着物専門の買取業者どちらがいいのか?

質屋と着物専門の買取業者の違いについて把握していただいたところで、ここからは着物専門の買取業者についてより詳しくご紹介します。

着物買取とは?

着物買取とは、不要になった着物や帯に値段をつけて買取をしてくれるサービスのことです。

リサイクルショップや質屋などと違い、着物に特化した着物買取業者は、着物専門の査定員が品物一つひとつを丁寧に査定して買取価格を提示します。

提示した値段について理由を説明してくれるので、納得感を持って着物や帯を手放すことができます。もし押し入れやタンスにしまったままになった着物や帯があるなら、着物買取はそれらを処分するのに適したサービスと言えるでしょう。

着物買取で基準にしている「着物の買取相場」とは

着物買取を専門に行っている査定員は「着物の買取相場」を基準に買取価格を付けます。 着物の買取相場の基準は着物や帯の種類によって様々です。たとえば「有名作家が制作している」「伝統工芸品である」など付加価値が付くことで、買取相場は高くなる傾向にあります。

査定員はそれら着物や帯の特徴を正確に把握・査定し、買取相場を基準に買取額を提示します。 ただし、着物の状態があまりにも悪い(シミやカビがひどいなど)と買取相場からかなり価格が下がってしまうこともあるので注意が必要です。

その理由は、着物は絹(正絹)などのデリケート素材で作られている場合が多く、押し入れなどに長い間収納していることで、経年劣化で少しずつシミ・カビが付いてしまう可能性があるためです。

そのため、押し入れの奥に大切に収納していたとしても、徐々に着物本来がもつ風合いが失われて、結果として買取価格が付きづらくなってしまいます。

着物や帯を高く買い取ってもらうために必要な6つのこと

着物を実際に買取に出す際、具体的にどのようなポイントに気を付ければ、着物や帯を高く買い取ってもらえるのか。 着物や帯を高く買い取ってもらうために必要なポイントを6つご紹介します。

ポイント1:状態の良い着物や帯

着物にシミや汚れがあると、買取価格を下げてしまう可能性があります。 しかし、着物や帯の多くが絹(正絹)というデリケートな素材でできることが多く、一度袖を通すだけでシミやカビの原因となる、汗による湿気を含んでしまうため買取価格に影響する可能性があります。また、着付け時の食べこぼしなども着物を汚してしまう要因となってしまいます。

帯についても着物で最も汗をかくのは帯を巻く胴回りのため、帯であったとして汗などを原因にシミやカビが発生する可能性があります。 状態が良ければ高い価格での買取を期待することができますが、たとえ新品・未使用であっても、適切な収納方法と定期的なお手入れを行わないと、シミ・カビ・色あせなどの被害に遭ってしまい着物や帯の買取価格に影響する場合があります。 着物の状態をきれいに保つ方法については後述いたします。

ポイント2:証紙や落款があること

証紙や落款は制作者の名前や製造元の工房名が載っていて、着物や帯の品質を保証する証拠になる大切な印です。証紙や落款は品物が本物であることを証明する証拠となるので、着物や帯の価値を判断する査定員も必ず確認する項目としています。

例えば、お持ちの着物が伝統工芸品であることを証明する場合は、地元の伝統工芸品組合が発行する証紙が発行されている場合があります。落款は、着物や帯の制作者が「自身の作品」であることを証明するための印のことで、制作工房や作者を特定することが可能です。

落款は着物や帯に刻印されているので失くす心配はありませんが、証紙に関してはハギレなど、着物や帯とは別になっていることがあるため紛失してしまう可能性があります。

証紙が発行されている着物や帯でしたら、購入時に付属してくるので、一緒に収納していないかを確認しておきましょう。 仮に見つけることができなかった場合、査定額に影響はしますが、着物専門の買取業者でしたら買い取ってくれます。諦めずに買取をお願いしましょう。

ポイント3:経験豊富でサービスが充実している着物専門の買取業者を選ぶこと

着物や帯の買取を検討される場合、経験豊富でサービスが充実した着物専門の買取業者を選びましょう。 経験豊富な買取業者に依頼する理由は、着物や帯の査定には専門的な知識を必要とするためで、着物や帯の査定を多く行ってきた業者ほど適正な査定額を提示してくれます。

経験豊富な買取業者の判断基準は、お問い合わせ数や買取数などの実績数を見てみるといいでしょう。今まで扱ってきた件数が多いほど経験豊富と言えます。

サービスが充実した買取業者というのは、例えば出張費用に係る手数料を無料にしていることや、買取依頼をする申し込み窓口とは別に、実際に出張買取サービスを利用されたお客様の相談窓口を設置しているなどです。

出張買取を利用されるお客様のことを考えたサービスが充実している点も、満足感を持って着物買取をしたいと思う場合は、業者を選ぶ基準の一つにしたいところです。

ポイント4:絹などの希少な素材で作られている着物・帯であること

使用されている素材の希少性も、買取価格に大きく影響するポイントです。 着物や帯の素材で使用されるのは、木綿や麻などがありますが、その中で最も価値が高いのは正絹です。正絹とは絹を100%使用して織られた生地のことで、まじりもののない絹地・絹織物のことを指します。

素材の中で最も高値が付きやすいのは正絹ですが、裏を返せばそれ以外の素材の着物・帯には値段が付きにくい傾向にあります。 証紙をお持ちでしたら、その着物や帯に使用されている素材の情報が証紙に記載されていますので、こちらも事前に確認しておきましょう。

ポイント5:有名な着物・帯かどうかを確認すること

日本全国で古くからつくられてきた着物や帯は、各地域によって様々な種類、また作家が存在します。着物や帯の買取において、種類や作家の違いは買取価格にも大きく影響します。

例えば、有名な作家や人間国宝級の作家が作成した作品は、多くの着物ファンからの認知度も高くなるため買取相場も高く傾向にあります。

同じ理由で、人気のある伝統工芸の着物や帯である場合も買取価格は高くなります。また、一枚を仕上げるまでの作業工程が高度であったり、作れる職人の人数が少ない理由で流通している数が少ない場合も、希少性が高いという理由で買取値が高くなります。

そのため、お持ちの着物・帯が有名な伝統工芸品・作家ものであるのかを確認しておきましょう。 なお、具体的な着物・帯の種類と買取相場については、後ほどご紹介します。

ポイント6:適切な時期に売ること

着物にも洋服と同じように季節や時期によって需要が増える傾向にあるため、需要が高まる時期の少し前に買取をすると、高い価格で買い取ってもらえる可能性があります。

需要が高まる時期としては、例えば大学の卒業式や入学式などのイベントごとが多い春は、訪問着や袴の需要が多くなります。 そのため、訪問着などの買取を検討されている場合は、1月頃が売り時の時期と言えるでしょう。着物買取業者としても春頃の需要増加に備えて品物を揃えておきたいと考えているため、積極的に買い取ってくれる可能性があります。

しかし「ポイント1」でもお伝えしましたが、着物は絹(正絹)というデリケートな素材でできていることが多く、経年劣化によって買取価格は徐々に下がる傾向にあります。そのため、保存方法や手入れに時間を割いてまで適切な時期を待つよりは、なるべき早めに売った方が適切と言えます。

着物の価値が下がってしまうマイナスポイントとその対処法

着物・帯の高く買い取ってもらうためのポイントとして状態をきれいに保つことをお伝えしました。 では、どのようなことに注意すれば、着物や帯をきれいな状態に保つことができるのでしょうか。 その注意点と対処法についてお伝えします。

マイナスポイント1:使用してしまった着物

使用してしまった着物・帯は未使用品に比べると、型崩れが起きたり、汗や食べこぼしが原因でシミ・カビ・汚れがついてしまい買取価格を落とす要因になります。

なるべく買取価格を落とさないようにするために、着用後はハンガー(着物用のハンガーがあればなお良いです)にかけて、風通しのよいところで可能でしたら日中帯(10~15時)に陰干しをしましょう。

正絹は紫外線によって色あせを起こしてしまう可能性があるので、必ず直射日光は避けるようにしましょう。また、蛍光灯の光も紫外線を発するので、陰干しをする際はカーテンを閉めて電気を消すのが得策です。

押し入れにしまう際には正しくたたみ、シワなどが付かないようにしましょう。「正しい畳み方がわからない」という場合は、着物や帯の種類によっても異なるので、購入したお店に確認をしましょう。

着物・帯から湿気を取り除いたとしても押し入れにしまっておくことで、室内環境によっては少しずつ湿気を含んでしまいます。着物・帯を収納する際はたとう紙に包んでからしまうことで、着物などが湿気を吸収することを防いでくれます。

その理由は、たとう紙には通気性と吸湿性の機能があるためです。また、たとう紙に包むことでほこりからも守ってくれます。たとう紙を持っていない場合は、和服を扱っている百貨店・呉服店で購入ができます。

マイナスポイント2:年数が経過している着物や帯

一度も袖を通していない未使用の着物や帯であっても、引き出しなどに長い間しまっていることでシミ・カビ・色ヤケなどが進行して気付かないうちに着物の価値が下がってしまいます。

そのため、しばらくの間引き出しの中から着物・帯を取り出していないとのことでしたら、まずは取り出してみて、着物・帯の状態を確認するようにしましょう。一度でも袖を通したことがあるとのことでしたら、汗や泥などが付着しやすい、「衿(えり)」「袖口(そでぐち)」「裾(すそ)」「前身頃(まえみごろ)」を入念に確認するようにしましょう。

もちろん、色ヤケなどの被害に遭っている可能性もあるので、着物・帯全体を満遍なく確認するようにしましょう。

仮にシミ・カビ・色ヤケを発見したとしても自身での無理な補修は避けるようにしましょう。その理由は、無理な補修を行うと生地を傷つけてしまう可能性があり、補修したつもりが反対に買取価格に影響を与えてしまう結果になるかもしれないからです。

シミ・カビの発生原因となる湿気対策について、先ほど陰干しとたとう紙を利用することをご紹介しましたが、着物・帯は室内環境によっては半年以上など長期間収納していることで、湿気を含んでしまい徐々にシミやカビが発生する危険性があります。

そのため、もう少し買取するかを考えたい場合は定期的な手入れが必要となります。 例えば、たとう紙に包んで大切に保存していいたとしても、定期的に陰干しをするようにしましょう。

定期的な陰干しで適切な時期としては「7月下旬~8月上旬」「9月下旬~10月中旬」「1月下旬~2月上旬」の各期間中に各1回(計3回)がベストです。

また、たとう紙も長期間使用していると、吸湿性の機能が薄まりカビが発生する可能性があります。そのため、着物・帯の陰干しに合わせてたとう紙も交換しましょう。

また、色ヤケの被害にも注意が必要です。色ヤケは、蛍光灯などによる紫外線や暖房機から発生するガスによって化学反応をおこして着物・帯を変色させてしまう可能性があります。対処法としては普段は入らない暗室に保存するか、もう着ないのであればなるべく早く買取依頼をするのが良いでしょう。

マイナスポイント3:希少性がない着物・帯

機械化が進んだ現代では、大量生産によって安く着物や帯が購入できるようになりました。 しかしその反面で、職人の手で作られていない大量生産品の着物や帯は市場で多く流通しているうえに、使用されている素材も化学繊維で作られている場合があります。

このような市場に多く流通してる大量生産品は、買取価格が低くなる可能性が高く、着物・帯の状態や素材によっては買い値がつかない場合があります。

お持ちの着物・帯が大量生産品であるか判断できない場合は、一度着物専門の買取業者にお問い合わせをして、実際に買取可能な品物なのかを確認すると良いでしょう。

買い取ってもらえる代表例と買取相場

着物や帯と言ってもその種類は様々です。 種類によっては、価格が付きやすいものも多くあります。特に人間国宝などの著名な作家が作成した着物や帯などは、高い値段で買い取ってもらえる傾向にあります。 ではどのような種類の着物や帯に買取価格が付きやすいのかご紹介いたします。

着物の種類と価格相場

着物に関しては、以下の種類の着物が買い取ってもらえる代表的な種類の着物です。

・訪問着
・友禅(加賀友禅や京友禅などがあります)
・振袖
・小紋(全体に細かな模様が入っている着物です)
・付け下げ(柄の付け方が訪問着とは異なる着物です)
・留袖(黒留袖や色留袖)
・色無地

状態にもよりますが、上記の着物でしたら買取価格の査定時に値段が付きやすい傾向にあります。 着物の種類と一般的な買取相場を一覧でご紹介いたします。なお、一覧はあくまで目安の価格になります。帯の傷やシワの有無や経年劣化などの状態によって買取価格は大きく変動いたしますので、ご認識ください。

代表的な着物の買取相場一覧

着物の種類(有名作家物の場合) 買取相場(※) 備考
訪問着 ~200,000円 使用されている素材等にもよりますが、様々な場面に合わせることができ、需要が高いため、比較的高い価格で買い取ってもらえる傾向にあります。
加賀友禅 ~180,000円 金沢が発祥の地の友禅で、写実的に草木などを題材に模様を描くのが特徴です。
京友禅 ~150,000円 京都にある有名な友禅です。鮮やかな色彩の着物が多いのが特徴です。
記載外の友禅 ~200,000円 手描き友禅はより高い査定額になる可能性があります。
振袖 ~140,000円 絹などの希少な素材や手間のかかる手法で作られた振袖ほど、価値は高いです。
小紋 ~100,000円 細かな柄を全体にあしらわれた着物で、状態が良いほど高く買い取ってもらえます。
付け下げ ~80,000円 訪問着の製法を簡略化した付け下げは、準正装とい立ち位置にあります。 買取価格は低めとなりますが、カジュアルな場面で着れるため需要が高く人気があります。
黒留袖 ~70,000円 既婚女性が着る格式高い着物として人気のある着物です。
色留袖 ~70,000円 既婚女性が着る格式高い着物として人気のある着物です。
色無地 ~20,000円 紋がある色無地が格が高く、買取価格も上げる傾向にあります。

※着物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く染着物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※丈が小さい染着物など丈が長い染着物と比べて買取相場に影響いたします。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。
※丈や袖の長さをつぎ足したものは買取相場に影響いたします。

帯・上着・和装小物の種類と買取相場

帯について、特に名古屋帯や袋帯などは人気があるため、買取価格でもよい値段が付く傾向にあります。 もちろん帯に関しても、シミや汚れ、キズなどがあると買取値に影響が出ます。

和装小物は着物や帯と比べると買取値が付きづらい場合が多いですが、バッグや帯締め、帯留などの種類によっては需要があるため買い取ってもらえるケースもあります。

以下の一覧が帯・上着・小物の種類と買取相場です。

帯・上着・和装小物の種類(有名作家物の場合) 買取相場(※)
袋帯 ~200,000円
名古屋帯 ~120,000円
丸帯 ~120,000円
半幅帯 ~20,000円
角帯 ~40,000円
羽織 ~30,000円
道行(みちゆき) ~15,000円
道中着(どうちゅうぎ) ~60,000円
和装小物 ~120,00円

※帯や小物の状態によってはお値段が付かない場合もございます。
※査定させて頂く帯や小物の状態次第では買取相場は上記に比べ大きく変動しますのでご了承ください。
※帯の長さが短いものは買取相場に影響します。
※色や加工にもよって買取相場の幅が大きく変動する場合があります。

着物の処分は質屋と買取業者のどちらを選べばいいのか?:まとめ

質屋と着物専門の買取業者どちらがいいのか?

質屋と着物専門の買取業者の違いについてご紹介しました。 質屋は貴金属や時計などを主に扱う業態のため、着物を売るなら着物専門の買取業者に依頼するのが適切であることがお分かりいただけたかと思います。

着物専門の買取業者だったら、着物や帯について豊富な知識を持った査定員が自宅まで伺い、査定をしてくれるので、楽に納得した価格で買い取ってもらうことができるでしょう。

今回の記事を参考に、質屋と着物専門の買取業者の違いを理解したうえで自分にあった着物・帯の買取方法を検討いただければと思います。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取致します!無料査定はコチラ!