着物買取について

琉球絣とは?基本情報から高く買取してもらう方法

琉球絣とは?基本情報から高く買取してもらう方法

琉球絣(がすり)とは、沖縄で生産される着物の1種です。

模様がかすったように見えることから絣と名付けられ、全国にある絣織物の発端とされています。

本コラムでは、琉球絣についての解説を始め、高値で買い取ってもらうためのコツをご紹介します。

実際の買取事例も記載しましたので参考にして、買取業者に問い合わせてみてください。





絣とは?

絣とは?

絣の技法はインドで生まれ、東南アジアを経由して14~15世紀頃に琉球に伝わったと言われています。

絣織物は琉球で独自の文化や風土を交えながら発展した後、江戸時代に日本全土へ伝わります。

各地で盛んに生産されるようになり、薩摩絣・久留米絣・伊予絣・備後絣・伊勢崎絣・米沢絣など様々な絣が誕生しました。

サラリとした生地感なので、家族や友人との食事会やショッピングなど、ちょっとしたお出掛けに向いています。

着心地はベタつかず風通しが良く、暑い夏でも気持ちよく着られるのが絣の持ち味です。

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の重なりが複雑であり生地表面がボコボコとしているので、汗をかいてもペタっと肌に張り付きにくいのです。

模様は日本各地によって様々ですが、代表的なものは井桁(いげた)・十字・矢柄・亀甲などです。

柄になる部分だけ色が異なる糸を使い、できるだけ柄がズレないように織りますが、どうしても生じる微妙なズレこそ絣の柄の特徴です。

完璧でないデザインだからこそ手作り感があり、独特な温かみがある雰囲気を醸し出しています。

製作工程は約30にも及ぶほど職人が丁寧に仕上げるので、見た目の美しさや肌触りの滑らかさは正に一級品と言えるでしょう。

琉球絣とは?

琉球絣とは?

琉球絣は琉球の自然や生物を模したモチーフが特徴的で、図柄の数は600種もあります。

2羽の鳥が飛んでいる様子を表すトウイグワー、2輪の花を段違いに並べたハナアシー、夜空の星々を表現したブリブサー、吉祥文様である亀甲をなぞらえたビックーなど、自然とともに生きる琉球ならではのデザインが多いです。

琉球絣の主な産地は南風原(はえばる)という町で、現在は200人ほどの職人の手によって生産されています。

昔ながらの製法を大切にして丁寧に制作しているので、1日にわずか1~2メートルほどしか織り上げられません。

職人が手間暇をかけて織っているので、生地の肌触りの良さや模様の美しさは群を抜いています。

今では着物以外にも扇子やメガネケースなどにも使われており、日用品としても幅広く活用されています。

沖縄土産としても人気があり、涼しげな見た目や手触りが人気となっています。

琉球絣の買取相場はどれくらい?

琉球絣の買取相場はどれくらい?

着物買取市場での琉球絣の着物・帯の買取相場は、約15,000円という傾向が見られます。

もちろん、保存状態が良くシミやシワなどがなければ、更に高額での買取が望めます。

ですが、琉球絣の価値は証紙の有無より大きな差がつくケースが多く、証紙がなければ買取価格は下がりやすいでしょう。

琉球絣をしまっていた袋や箱の中を探し、証紙が残っていないか念のため確認しておきましょう。

琉球絣を高く買い取ってもらうためのコツ

琉球絣を高く買い取ってもらうためのコツ

絣や琉球絣について把握したところで、続いては琉球絣を少しでも高値で買い取ってもらうコツを紹介します。

査定に出す際に気を付けるべきことを解説しますので、査定前に確認しておきましょう。

証紙があること

本物の琉球絣であれば、新品購入時に証紙が付属します。証紙は品質を保証するための紙のことで、琉球絣の作家名・生産地・糸の素材などが記載されています。

本物である証明書になるので、査定してもらう際に査定員に見せれば買取価格アップが期待できます。

琉球絣に付けられる証紙は以下の4種類ですので、お持ちの琉球絣に付いているか確認してみましょう。

  • ・経済産業大臣指定伝統的工芸品証紙(意匠化された「伝」の字と日の丸のデザイン)

  • ・沖縄県・伝統工芸品之証(赤い船体と黄色の帆のデザイン)

  • ・沖縄県織物検査済之証(首里城の守礼門に緑葉が覆い被さっているデザイン)

  • ・琉球絣事業協同組合証紙(組合名や製造者名などの記載がある)

色や柄が人気であること

色や柄が人気であること

一言で琉球絣と言っても、そのデザインや色味などは千差万別です。

中でもデザインは複雑であり、色味は明るくて夏らしいものが人気となっています。

デザインが複雑であることは制作した職人の技術力が高いことを示しますので、買取価格も高く提示される傾向にあります。

また、琉球絣は夏の暑い時期に着る着物ですので、黄色や水色などハッキリした発色のものが好まれます。

サイズが大きめであること

琉球絣を含めた着物のサイズは、大きめである方が需要が高いです。

日本の成人女性の平均身長は約160センチであり、着物の身丈が160センチ以上のものは多くの人が着られますので着物市場で人気です。

サイズが大きめであれば、おはしょりをすれば背が小さい人でも着こなせるため需要が高く、買取価格は上がりやすいでしょう。

着物の状態がいいこと

中古品と言えど、できるだけ新品に近い方が琉球絣の需要は高いので、査定時に高価買取が期待できます。

シミ・シワ・黄ばみ・ほつれ・カビなどがない状態の方が着物市場では需要がありますので、事前に琉球絣の様子を確認しておきましょう。

有名作家の作品や人気のデザインなどであれば買い取ってもらえる場合がありますので、まずは査定に出してみてください。

複数の買取業者に査定してもらうこと

少し面倒ではありますが、買取業者に査定を依頼する際は複数の買取業者で見積もりをもらいましょう。

1社だけの見積もりでは「査定した琉球絣の買取価格はその価値に見合っているのか」という点が不透明ですので、複数の買取業者から見積もりをもらって買取相場を把握するのが吉です。

この方法なら不当な安値で琉球絣を買い取られる心配は少なくなる上、最も高値を提示してくれた買取業者と取引すればお得です。

琉球絣を買い取ってくれるところはどこ?

琉球絣を買い取ってくれるところはどこ?

いざ琉球絣を売りに出そうと思っても、どこに出せば少しでも高値で売れるのか分からないですよね。

今回はネットオークション、リサイクルショップ、着物専門の買取業者の代表的な3つを取り上げ、それぞれを利用するメリット・デメリットを紹介します。

ネットオークション

メリット

ネットオークションのメリットはスマートフォンやパソコンが1台あれば、誰でもすぐに販売者になれるという点です。

近所にリサイクルショップがなかったり、人と対面でコミュニケーションを取ることが苦手だったりする人でも、いつでも琉球絣を売りに出すことができます。

また、即決落札価格を設定して出品しておけば、自分が希望する価格で琉球絣を即座に販売することも可能です。

デメリット

琉球絣の写真を撮る・説明分を記載する・販売開始価格または即決落札価格を設定する・落札されれば購入者と連絡を取る・琉球絣を梱包し配送するなどなど、着物が売れるまでに様々な工程を行わなければなりません。

また取引・配送中にトラブルが発生したら対応せねばならず、スムーズに琉球絣が売れるかは定かではありません。

時間と手間暇がかかるので、忙しい人には向いていない売却方法でしょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップ

メリット

店頭で査定員に琉球絣を渡せば、あとは店舗内やその近所で時間を潰している間に査定が終わります。

査定のついでに買い物がしたい人は、時間を有効に使いながら買取ができるので便利です。

また、着物以外に買い取ってほしいものがあれば一緒に査定に出せる上、自分で琉球絣を梱包・配送などする手間もありません。

デメリット

リサイクルショップに持ち込んだ品数が多かったり、査定を依頼した先客がいて店内が混んでいたりすれば、長時間待たされるかもしれません。

また、自分でリサイクルショップまで琉球絣を持ち込まなくてはならず、持ち込む途中で傷がついたり糸がほつれたりして査定時に琉球絣の状態が悪化する可能性も捨てきれません。

加えて、幅広いジャンルの商品を取り扱っているリサイクルショップの査定員が、着物に特化して深い知識を持っているか分からず、琉球絣の本来の価値に見合わない買取価格を提示することも考えられます。

着物専門の買取業者

メリット

着物を専門に査定していますので、着物の相場や価値に見合う買取価格を提示してくれます。

自宅まで査定員が来てくれる出張買取サービスを利用すれば、自分で琉球絣を移動させる必要がないため傷がつきにくく、査定前に準備するものも特にないので簡単に査定してもらえます。

着物に関する専門知識を持った査定員がスピーディーに査定してくれるので、自宅で手間なく素早い取引が可能です。

デメリット

出張買取サービスを利用する場合、どうしても他人を自宅に上げることに抵抗がある人、他人と取引交渉をすることが煩わしいと感じる人にとってはデメリットになるでしょう。

また、買取実績が豊富ではなく実態が怪しい業者に査定依頼してしまうと、不当な買取価格で琉球絣を買い取られてしまう恐れがあります。

安心して査定を依頼できる買取業者を選び、信頼を置きながら取引できるようにしましょう。

信頼がおける着物専門の買取業者の選び方

信頼がおける着物専門の買取業者の選び方

上記で紹介した買取方法の中で、着物専用の買取業者を利用することが最も賢い選択であることが分かりましたね。

着物専用の買取業者を利用する際のデメリットが少なく、買取業者の査定員は琉球絣の真の価値を見抜いた上で買取相場を算出してくれるので、利用しない手はないと言えるでしょう。

ですが、いざ買取業者を選定しようと思っても、たくさんあるので選びきれませんよね。

どういった点に注意すれば良いのかお伝えしますので、以下の項目を買取業者選びの参考にしてみてください。

実績が豊富にある

着物専用の買取業者は数多ありますから、規模の大小や買取品目数の多寡など様々です。

小規模で買取品目が少ないところは、起業したばかりで実績が少ないでしょうし、査定や買取を任せるには不安が残ります。

できれば「買取対象品目が多い」「創業年数が古く老舗である」という点はもちろん、「総買取点数〇〇点」「〇〇部門第1位」など自社サービスに自信を持っている買取業者であれば頼り甲斐がありますよね。

買取実績が豊富にある大手の買取業者を選べば、納得して買取を任せられるでしょう。

テレビや新聞などで大々的に広告を打ち出しているところであれば、尚のこと安心できますね。

とはいえ「テレビCMを見たから」という短絡的な理由だけで選ぶと、査定時や買取後に予期せぬトラブルに巻き込まれたり後悔したりするかもしれません。

ですので、しっかりホームページを確認したりコールセンターに電話してみたりして、本当に納得して着物査定を任せられる買取業者か確かめてください。

手数料が一切かからない

手数料が一切かからない

買取業者の中には、買取の成立の可否にかかわらず、出張料や査定料など手数料を請求するところもあります。

査定に出した琉球絣に都度、各種手数料を払っていては赤字になってしまうかもしれません。

ましてや複数の買取業者に査定依頼した際に、すべての業者で手数料を払えば大損する恐れがあります。

せっかく手間暇かけて琉球絣を買取に出したのに、これでは意味がありませんよね。

手数料が一切かからない買取業者を選べば、その心配がなくなります。

査定・買取で余計な出費をしなくて済むように、是非とも気をつけておきたいポイントです。

出張対応地域が全国規模

出張買取においては、買取業者によって出張できる地域が限られている場合があります。

「関東圏内のみ」「西日本だけ」など出張対象地域が限定されていると、ご自身が対象外の地域に住んでいた場合は利用できず不便ですよね。

「47都道府県で出張買取可能」などと謳っていて全国規模で運営している買取業者であれば、ご自身がどこに住んでいても安心して利用できます。

また、全国各地から様々な品物を買い取っていることが予想できるので、その分実績が豊富であることが伺え、大手の買取業者であることが分かります。

出張買取サービスを利用するなら、全国展開している買取業者を選ぶことが吉ですね。

汚れがある・古い着物でも査定可能

汚れがある・古い着物でも査定可能

着物専用の買取業者の中には、新品・未使用品のみを買取対象としている買取業者もあります。

お持ちの琉球絣が使用済みの中古品である場合、こういった買取業者には査定依頼ができません。

また、新品の着物は買取後の販路もある程度絞られますので、業者として規模が大きくないのかもしれません。

中古品でも買取対象としている買取業者を選べば、少しシワや汚れがあったり、製造年代が古かったりしても、場合によっては琉球絣を買い取ってもらえる可能性が高いです。

また汚れがある・古い着物でも査定可能である買取業者は、中古品でも再販できるルートを多く持っているため、規模が大きいところであると言えます。

お持ちの琉球絣が新品でなければ、「汚れのある着物OK」「古い着物も査定します」と謳っている着物専用の買取業者を選ぶことをおすすめします。

コールセンターや査定員の対応が丁寧

ホームページや口コミなどを確認して査定依頼したい買取業者が絞れたら、次はいよいよ買取業者に連絡して査定をお願いします。

この時、会社の窓口となるコールセンターの受付人の対応が、良心的で丁寧かをしっかり確認してください。

「買取の流れを説明しない」「明確な理由がないのに、質問に対して曖昧な返答をする」など不誠実な対応を取られれば、安心できる買取業者とは言えないでしょう。

もちろん、実際に来訪した査定員にも同じことが言えます。

「査定に出した品物を隅々まで見ない」「何故その買取価格になったのか説明ができない」など横暴な態度であれば、悪徳業者の可能性が高いです。

利用者に明快・丁寧・誠実に接してくれる買取業者は、安全・安心できる業者でしょう。

サービス面だけでなく、その業者の「人となり」をよく見ておきましょう。

バイセル(BUYSELL)が実際にお客様に選ばれている6つの理由

バイセル(BUYSELL)が実際にお客様に選ばれている6つの理由

着物専門の買取業者に査定をお願いすることが、最も琉球絣の価値に見合った買値をつけてもらえる可能性が高いことが分かりましたね。

この項目では、いくつもある着物専門の買取業者の中でもバイセルをおすすめする理由を紹介します。

依頼の連絡があったお客様に限り買取対応

バイセルは査定や買取の依頼があるお客様にのみ対応しています。

査定・買取希望の連絡があった方にのみお電話や査定をしますので、安心してご利用いただけます。

無店舗経営によりお客様へ買取金額を還元

バイセルは出張買取サービスをメインの買取方法としています。

店舗を持つと査定員の人件費・テナント費・光熱費などがかかるため、どうしても買取金額が低くなってしまいます。

出張買取の主な経費は社用車のガソリン代と査定員1名分の人件費であり、店舗経営に比べると低コストでの買取が可能です。

コストを削減した出張買取サービスだからこそ、お客様へ買取金額として還元できます。

スピーディーに査定・買取

スピーディーに査定・買取

査定する品数が多くても、バイセルではスピーディーに査定と買取を行います。

査定員は日頃から査定技術向上のための研修を受けていますので、精度の高い査定が素早くできます。

お客様の空いた時間にピンポイントで査定の予約を入れていただくことも可能ですので、忙しい方でもご利用いただけます。

買取価格が高額でも、現金をその場でお支払い

買取金額が高い場合でも、査定したその場で現金でお支払いします。

すぐに現金が手に入るので、心配や不安のない明瞭な取引が可能です。

もちろん大金を受け取ることが不安であれば、各種金融機関を通じての支払い(振込手数料はバイセルが負担)もできますので、安心してサービスを利用できます。

決済・フォローコールで安心して取引ができる

査定後に売買手続きを行う前には、必ずコンプライアンス部門からお客様へ電話で直接お話させていただき、契約内容の確認や売却意思などをお聞きします。

また査定員がお客様のご自宅から退出した後、再度コンプライアンス部門からお客様の了承を得た上でお電話を差し上げ、査定員の対応や買取で気になった点などをお伺いします。

査定員とお客様の2人だけで取引が行われないので、悪質な買取価格や取引を防止して透明性が高い成約ができます。

買取実績が多数

バイセルは月間約20,000件のお問い合わせ(※2018年度当社合計の問い合わせ数(当社調べ))をいただき、毎月多くの品物のの買取を行っており、業界最大規模の実績を誇ります。

また、「出張買取価格満足度」「出張買取顧客満足度」「安心して利用できる出張買取サービス」各部門で1位を獲得(実査委託先:ゼネラルリサーチ)し、多くのお客様に安心・信頼・満足して取引していただけるように心がけています。

琉球絣を高く買い取ってもらう方法おさらい

琉球絣を高く買い取ってもらう方法おさらい

琉球絣を高く買い取ってもらう方法を改めて紹介します。

買取業者に査定をお願いする前に、しっかり確認しておきましょう。

すべて大切なことですので、忘れないようにしてくださいね。

琉球絣に関する情報を把握する

そもそも絣や琉球絣が何なのかを把握し、その買取相場を確かめておきましょう。

買取相場が不明だと、買取業者に提示された買取価格を鵜呑みにして取引してしまう可能性があり、あまりに安値で買い取られた結果損するかもしれません。

せっかく貴重な琉球絣を売却するのですから、価値に見合った適当な買取価格をつけてもらい、自分が納得できた上で買い取ってもらいましょう。

ただし、買取相場はあくまで相場であり、どの業者でも絶対にその価格で買い取ってもらえるという訳ではありません。

買取相場を査定前に知っておくことは、破格の安さで買い取られて買取業者に騙されないようにするための予防線であることを忘れず、目安程度に留めておいてくださいね。

琉球絣を高く買い取ってもらうことができるコツを把握する

本物の琉球絣であれば、新品で買えば何万円・何十万円もする高級品です。

安くはない買い物をしたのですから、せっかく売るなら少しでも高値をつけてもらえた方が嬉しいですよね。

日頃から琉球絣をお手入れしてカビやシミができることを予防するなど、大切に保管して少しでも良い状態を保ちましょう。

もちろん、査定に出すときは本物であることの証明書になる証紙の提出を忘れないようにしてください。

琉球絣とは?基本情報から高く買取してもらう方法までを完全網羅!:まとめ

琉球絣とは?基本情報から高く買取してもらう方法までを完全網羅!:まとめ

琉球絣は爽やかな見た目や着心地が人気の着物であり、着物市場で高い人気を誇ります。

模様は万人受けするシンプルなものが多く、状態が良ければ何世代にも渡って着ることができます。

生産した職人の情熱がこもった織物ですので、もう着ないからと捨ててしまうのはもったいないです。

上記では出張買取サービスやバイセルを利用することをおすすめしましたが、あくまでも買取方法の一例であり、必ず出張買取で琉球絣を売らねばならないということではありません。

売却方法として出張買取はメリットが多いということをご紹介したが、自分の生活環境や心情を優先してくださいね。

もしどんな査定方法が自分に合っているか悩んだら、買取業者の相談窓口などに連絡して、オペレーターへ相談するもの一手です。

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

お申し込み・ご相談はこちら
0800-817-2539
簡単メール申込

                   
着物処分で悩んでいませんか?バイセルが高額買取を目指します!無料査定はコチラ!